オリンピック、女子バスケット準々決勝進出
2012年08月04日付 Hurriyet紙


女子バスケット・トルコ代表チームは、2012年ロンドンオリンピックのAグループで4試合目となる最も重要な対中国戦で、82-55で中国を破った。「バスケットの妖精たち(Potanın Perileri)」は、この勝利で準々決勝進出を決め、Aグループ2位に向け大きな一歩を踏み出した。

「バスケットの妖精たち」は、2012年ロンドンオリンピックで、最初の対アンゴラ戦で72-50で勝利し、第2戦ではチェコ共和国を61-57で破り、2戦2勝とした。トルコ代表チームは、Aグループの第3戦では、最近の4回のオリンピックで金メダルを獲得しているアメリカ合衆国と対戦し、8-89で敗れた。この結果、Aグループで3戦3勝したアメリカ、中国に続き、第3位につけた。トルコ女子チームは、Aグループで3戦3勝だった中国を82-55で破った。

「バスケットの妖精たち」は、8月5日(日)に、グループの最終戦をクロアチアと戦う。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:富田祐子)
(記事ID:27254)