オリンピック女子陸上3000メートル、がっかり
2012年08月04日付 Hurriyet紙

ロンドンオリンピックで、陸上女子3000メートル障害走に出場したビンナズ・ウスル選手、ギュルナン・ムングル選手、オズレム・カヤ選手は予選を突破できなかった。

オリンピック・スタジアムで行われ、総勢44人の選手が競う競技で、トルコ代表からビンナズ・ウスル選手は1レース目に、ギュルナン・ムングル選手は2レース目に、オズレム・カヤ選手は3レース目にフィールドに立った。

レースの序盤、集団の真ん中あたりを走っていたビンナズ・ウスル選手はリズムを崩し、最後尾まで後退し予選落ちした。10:31.00のタイムで1レース目を終えたウスル選手は、ゴールラインに来た瞬間、観客からの拍手に迎えられた。

このレースではドイツのゲサ・フェリジタス・クラウス選手が9:24.91で自己新を出し、決勝に進んだ。

今年ヘルシンキで行われたヨーロッパ選手権で9:32.96の記録を出し金メダルを獲得したギュルナン・ムングル選手は、2レース目でいいスタートを切っ た。しかし長く随走していた先頭集団から遅れを取ると、9:47.35でレースを終えた。15人中10位だった。ムングル選手はこの結果で決勝に進むチャンスを失った。

2レース目はエチオピア代表のソフィア・アッセファ選手が9:25.42で一位となった。

観客席が満員の80万人で埋まっているオリンピックスタジアムで、最終レースに出場したオズレム・カヤ選手は、10:03.52の記録で13位で予選落ちした。このレースではヒョート・アヤリュー選手が9:24.01で一位だった。

トルコ代表中ビンナズ・ウスル選手は、全体順位では44位、ギュルナン・ムングル選手は28位、オズレム・カヤ選手は40位だった。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:藤井彩香)
(記事ID:27264)