オリンピックで初のメダル―120キロ級グレコローマンレスリングで銅
2012年08月06日付 Yeni Safak紙


120キロ級でグルジア代表のフェルセリッゼ選手を破ったルザー・カヤアルプ選手は銅メダルを手にした。オリンピックでトルコ初のメダルを勝ち取った国民的レスリング選手はほろ苦い喜びを語った。

トルコの2012年ロンドンオリンピックにおける初のメダルは、グレコ・ローマン・レスリングのルザー・カヤアルプ選手が勝ち取った。ルザー・カヤアルプ選手はグレコ・ローマン・レスリング120キロ級でグルジア代表のフェルセリッゼ選手と銅メダルをかけて闘い、2対0で負かし、トルコに銅メダルをもたらした。対戦で、第一ラウンドを1対0でリードしたルザー・カヤアルプ選手は、第二ラウンドも1対0でリードし、試合に2対0で勝利し銅メダルを手にした。試合後ルザー・カヤアルプ選手は大いに喜び、トルコ国旗を手にしてリングを歩いた。観客席にいたトルコ人の観客も拍手と称賛で彼を祝った。ルザー・カヤアルプ選手は、第一試合は不戦勝で通過、第二試合はウクライナ代表のエヴゲニ・オルロフ選手を、準々決勝ではアメリカ代表ドレミエル・デション・バイエルス選手を倒し準決勝に進出した。国民的レスリング選手であるカヤアルプ選手は準決勝で、以前に世界選手権で勝利したキューバ代表の(ミハイン・)ロペス・ヌネズ選手に敗北した。120キロ級ではキューバ代表のロペス・ヌネズ選手が金メダルをとり、エストニア代表のナビ・ヘイキ選手が銀メダルをとった。ルザー・カヤアルプ選手は、金メダルを目指してやってきたロンドンオリンピックで銅メダルをとったことは悔しくもあり、うれしくもあると話した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:百合野愛)
(記事ID:27287)