ヌーリー・シャーヒン、リヴァプールに移籍
2012年08月26日付 Zaman紙


レアルマドリードに在籍していたヌーリー・シャーヒン選手の移籍先が公表された。今週アーセナルFCとの契約交渉に臨んだヌーリー選手だったが、プレミアリーグの有名チームである リヴァプールへの移籍が決まった。新しいチームと1年の契約を結んだヌーリー選手は、リヴァプールでプレーする初めてのトルコ人選手であることを嬉しく思うと心境を語った。

数ヶ月間スペインとイギリスをはじめ、ヨーロッパのメディアで多くのチームへの移籍が噂されていたヌーリー・シャーヒン選手の正式な移籍先が公表された。昨シーズ ン移籍したレアルマドリードでは望み通りにいかなかったヌーリー選手だが、プレミアリーグの名門チームであるリヴァプールへの移籍が決定した。アーセナル FCも長い間獲得に乗り出していた23歳のスターサッカー選手は、1年間のレンタルで、リヴァプールにおいてプレーする。リヴァプールの運営部は、移籍の詳細に関する説明は行わなかったが、イギリスの報道によるとヌーリー・シャーヒン選手には毎週14万5千ユーロが支払われるという。

新チームとの契約後の会見でヌーリー・シャーヒン選手は、リヴァプールで優勝したいと語った。ヌーリー選手はリヴァプールの公式ウェブサイトに掲載されたインタヴューで、「シャビ・ア ロンソ選手がアンフィールドは世界一のスタジアムで、サポーターは君のことを好きになると言った」と述べ、ジェラード選手を敬愛していると話した。また「一度ジェラード選手と対戦したことがあったが、今は同じチームでプレーすることを楽しみにしている」と述べた。トルコ人選手として初めてリヴァプールでプレーすることに関しては「リヴァプールのような名門チームでユニフォームを着る初めてのトルコ人であることを誇りに思う」と語った。イギリスのチームと1年間のレンタル契約を結んだヌーリー選手は「リヴァプールが2005年にチャンピオンズリーグで優勝したとき、私もオリンピックスタジアムにいた」と述べ、新しいチームで優勝カップを勝ち取りたいと話した。

ヌーリー・シャーヒン選手は、背番号4番のユニフォームを着る予定である。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:松永拓人)
(記事ID:27449)