カーバ神殿拡張計画、オスマン時代の回廊撤去は取りやめに
2012年12月08日付 Yeni Safak紙


カーバ神殿拡張プロジェクトが進む中、オスマン時代の回廊が撤去されるかどうか議論が続いていたが、サウジアラビアのアブドゥッラー国王が撤去の取りやめの命令を出したことが分かった。

カーバ神殿拡張プロジェクトの一環で、数日前から一部回廊の撤去が始まったが、(撤去されたのは)10年前に作られた非歴史的建造物であるという。この工事は、あるトルコの建設会社が400人編成で行っている。

本紙がカーバ神殿内部を取り囲むマスジト・ハラームを撮影中、カーバ神殿の門の向かい側にあるメルヴェ丘付近の回廊撤去が始まったのが確認されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:松永拓人)
(記事ID:28503)