ドキュメンタリー番組「歴史に名を残した17人の女性」放映へ
2012年12月24日付 Milliyet紙


家族社会政策省は、「女性への暴力と戦う」プログラムの一環として、トルコで各職業の最初の一人、あるいは先導的役割を果たした19人の人生の物語を映画化し、その名をオスマン語で「女性」を意味する「Nisvan」というドキュメンタリー番組の、スポンサーになった。

ドキュメンタリーでは歴史に名を刻んだ19人をヒュルヤ・コチイート、ハレ・ソイガジ、ドゥイグ・イェティシ、エリフ・タイハンのような有名なテレビ・映画女優たちが演じた。

■式典は12月27日

500人以上のテレビ・映画俳優が演じた17回からなるドキュメントは、2年間に渡りトルコ国営放送にて放送される。ドキュメントの式典は12月27日にイスタンブルコンベンションセンターで行われる。式典ではゼリン・オゼルと女性ミュージシャンのみで構成されるフェミニスタンブルFeministanbulオーケストラグループがコンサートを行う。
ドキュメントではトルコで最初の映画女優ベディア・ムバーヒド、最初の女性映画監督ジャヒデ・ソンク、最初の女性弁護士スュレイヤ・アアオール、最初の女性脳神経外科医アイシマ・アトノックとユルドゥズ・ヤルチンラル、最初の免許所得女性であり最初の自動車レーサーチャンピオンサミイェ・モルカヤ、最初の女性警察署長フェリハ・サネルク、最初の女性市長ミュフィデ・イルハン、最初の学術的女性カメラマンユルドゥズ・モラン、最初の女性戦場カメラマンセミハ・エシ、共和国最初の女性教師レフェト・アングン、ペルハン・オンガン、ペリハン・バカンオール、最初の女性エンジニアセヘル・アイタチ、最初の女性FIFA認定資格所持女性審判ラーレ・オルタ、最初の女性国会議員サトゥ・カドゥン、最初の女性小説家かつ哲学者ファトマ・アリイェ氏、最初の女性オーケストラ指揮者インジ・オズディル、最初の女性彫刻家サビハ・ベンギュタシュの人生ストーリーが取り上げられた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:池田桃香)
(記事ID:28690)