ギュル大統領、アップル社副社長らと面会、トルコ語キーボード問題など話題に
2013年02月01日付 Cumhuriyet紙


ギュル大統領は、大統領官邸においてアップル社の副社長ジョン・コーチと面会した。アップル製品に、Fキーボード配列や、いくつかのサービスにトルコ語が含まれていないこと、またトルコが主要販売国に含まれていない問題などが話しあわれた。

会見に参加した官邸関係者によると、アップル社の代表団は、Fキーボードについては文字の配列に関する問題があること、また、いくつかのサービスにトルコ語が含まれていないことやトルコが主要販売国に含まれていないことに言及した。

ギュル大統領は、これに対し、今週初めに行われたソーシャルメディアの関係者との食事会で、アップル社との会見の予定が話題となり、Fキーボード問題への要望がでたとのべ、「この件については、アップル社に伝えますと(ソーシャルメディア関係者に)いったのです」と述べた。

アップル社に代表団のうちの1人は、「トルコ語のキーボードをはじめいくつかの問題があることは了解しています。修正のために、作業をはじめした」とのべた。また、アップル社のジョン・コーチ副社長も、「ティム・クック(アップル社CEO)に、この件でemail を送りました」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:29101)