ガラタサライ、日本の本田選手を獲得か?
2013年03月02日付 Milliyet紙


ヴェスレイ・スナイデル選手とディディエ・ドログバ選手の移籍の後、ガラタサライは移籍市場の著名チームの一つとなった。ヨーロッパの主要な名門チームと共に名を連ねるガラタサライは、シーズン後にトルコサッカー連盟の外国人ルールで徐々に進んでいる制限も考慮しながら、まずメンバーにいる外国人選手を除き、後に著名外国人の移籍を行う予定だ。

■ニコンとの契約もある!

この著名選手移籍の契約のうちの一人は、本田圭祐選手であるといわれている。日本企業ニコンと3年間のスポンサー契約で合意したガラタサライは、ここの所、本田選手に関心を持ち、この移籍のためにもニコンとの契約を必要としていたことが知られている。CSKAモスクワとの契約期間がシーズン終了時に終了する本田選手は、ごく最近のインタビューでチームから離れると述べており、また最大の目標はヨーロッパでしのぎを削っているチームでプレーすることだと語っていた。

■本当の狙いはアジア市場

以前から日本の星・本田選手の成り行きを見守っていたガラタサライ幹部は、シーズンの終わりにニコンとも連携しながら移籍の完了を計画してい る。本田選手の移籍でアジア市場へも進出を図りたいガラタサライは、東京でガラタサライ・ストアの開店、日本でのガラタサライTVプロジェクトの実現を考えており、このような重要な案件の相互作用を狙う。

ガラタサライは、今シーズンの頭にインドネシアで予定されていたキャンプへの参加を検討しており、インドネシアとマレーシアのナショナルチームに加えエヴァートンFCとも対戦する予定だった。しかし最終決定でキャンプ参加は見送られた。ガラタサライの来シーズンの頭には必ず東アジアツアーの計画が予想されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:佐藤悠香)
(記事ID:29405)