マンチャスターUファン、チャクル主審を警察に訴える
2013年03月07日付 Hurriyet紙


欧州チャンピオンズリーグ2012-13決勝トーナメント1回戦マンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)対レアル・マドリードの第2戦、ジュネイト・チャクル主審がマンUのナニ選手を退場処分としたことにマンUファンは怒り、チャクル氏を訴えた。

イギリス・ノッティンガム在住のマンUサポーター(18)が緊急電話を掛け、ナニ選手を退場としたチャクル氏を犯罪者だと通報した。

テレグラフ紙によると、イングランドサポーターは、警察に対し、チャクル氏の今回の判定に怒りを爆発させ、後に、興奮にまかせてこのような行動につながったと述べ、謝罪した。

ノッティンガム警察は、匿名の若者が、通報後に、思慮を欠いた行動で警察が動く必要はないと謝罪した、とコメントした。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山根卓朗)
(記事ID:29443)