伝メフメト2世の「落書き帳」、パノラマ博物館で展示へ
2013年04月02日付 Yeni Safak紙


シュヘイリ・ウンベル教授によって1961年に発見され、メフメト2世が書いたものとされる「帳面」がパノラマ1453年歴史博物館で初公開される。

パノラマ1453年歴史博物館で行われた発表によると、メフメト2世が絵や文章を書いたとされる「帳面」の数ページの写真がパノラマ博物館でパネル展示されるという。

トプカプ宮殿文書館にあったこの「落書き帳」はシュヘイリ・ウンベル教授の調べのもと、1961年に初めて「メフメト2世の落書き帳」と名づけられ公に発表された。

帳面はメフメト2世の父親であるムラト2世の治世に書かれたものとされ、紙はイタリア製であることが明らかになっている。メフメト2世がまだ皇子の頃に書いたと思われる絵や文章が見受けられる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小幡あい)
(記事ID:29602)