メーデー祝賀、イスタンブルは催涙弾の嵐
2013年05月02日付 Milliyet紙
催涙弾を吸った労働者らは倒れこんだ
催涙弾を吸った労働者らは倒れこんだ

世界とトルコの大部分において、昨日5月1日のメーデー(労働と団結の日)が祝われる中、イスタンブル市民は自宅に缶詰めとなった。内務省が行った決定にしたがい、タクスィム広場へ行くことは不可能となり、大都市交通における心臓部が機能不全となったことにより、メトロバス、路線バス、市内各線の便の運行は行われなかった。

渋滞で交通は麻痺し、救急車でさえ道を進むことができなかった。祝日でも働くことを余儀なくされた人たちも通勤途中で立ち往生となった。さらに組合員らに よる抵抗が加わり、ベシクタシュ、シシュリ、メジディイェキョイは戦場と化した。警察は社会事件対策特別車両(TOMA)での高圧放水、ガス弾により、タ クスィム広場へ向かおうとするグループを「諦めさせるため」に対抗に及んだ。祝日を祝おうとした労働者ら、たまたま通りかかった人、行商人、記者、さらに は「任務を受けた」警察もまた催涙ガスを吸い、高圧放水で濡れた。イスタンブルの一部はガスの雲に覆われた。

イスタンブルで昨日は3年の空白があったものの過去の騒ぎを思いださせるような5月1日となった。組合員らと政府側がタクスィム広場を取り合ったことで都市生活は麻痺した。工事中であるからという理由でタクスィム広場は「5月1日労働と団結の日」には労働者らは立入禁止とされていた。閉鎖は広場だけにとど まらず、メトロ、船、メトロバスの各便もキャンセルされた。またベシクタシュ、メジディイェキョイ、シシュリ、オクメイダヌ、シシュハーネといったタクスィムへの移動を可能にする地区も多くの人間が締め出された。大通りへ通じる全ての路地にも機動隊のバリケードがあった。警察はタクスィムへ向かおうとす るグループへ厳しく対処した。

■最初の介入は共和人民党(CHP)へ

最初の警察による介入は午前7時頃ベシクタシュ共和人民党郡本部の前で行われた。タクスィムへ徒歩で向かおうとした党員らへ警察は高圧放水と催涙ガスで対 抗し、横道で再び集まったグループと一日中衝突した。共和人民党員らは警察の介入に対し座り込みにて抗議を行った。続いて緊張はバルバロス大通りとキョイ チへと移った。「解散せよ」との警告へ石や瓶を投げて対抗するデモ隊に、警察は再度ガス弾で対処した。騒動のさなか喘息症のデモ参加者がガスにより発作を 起こし、救急車で病院へ運ばれた。ギュルセル・テキン共和人民党副党首もバルバロス大通りで車両から降りたところ、ガスの被害にあった。体調不良となった テキン副党首とエルジャン・カラカシュ共和人民党議員は病院へ運ばれた。

■トルコ革新労働組合連盟会長へもガス

トルコ革新労働組合連盟本部があるシシュリは、緊張と衝突が最も激しい地区だった。カーニ・ベコ同組合連盟会長をリーダーとするデモ団がタクスィムへ向か おうとハラスカルガーズィ通りへ出たところ、警察が「解散せよ」との警告を行った。デモ団は行進を続けようとしたため、警察はガス弾と放水砲にて対抗した。

ガスや水から逃れるため路地へ向かった者は店舗やアパートへ避難した。ガスを被った者の中にベコ会長も含まれた。組合連盟本部も怪我人であふれた。警察はなおも同組合連盟本部にガス弾を撃ち続けた。ガスが建物内部で効果を発揮し、体調不良となった者は床に倒れた。エネルギー組合のアリ・ドゥマン組合長は頭を怪我した。またトルコ革新労働組合連盟本部前の通りにバリケードを築いたデモ参加者が警察の装甲車へ投石した。ガス弾が一発、同組合連盟本部に隣接する アパートに直撃した。

■ガスに対抗して鉄玉

シシュリの路地からビュユクデレ通りに出ようとしていた、顔をマスクで覆った一団と警察の間で長時間衝突が起きた。革命家人民解放党戦線の一団がオクメイダヌからシシュリへ来たことで地区の緊張が著しく高まった。一団は警察の介入に対し石や鉄玉を投げ対抗した。シシュリ・ジャーミイ前、アビデイ・ヒュッリイェト通り、クルトゥルシュ、ドラプデレで長時間警察と衝突した一団は次から次へと道沿いのゴミ箱、ベンチ、板を使ってバーケードを築いた。投石やガス弾により多くの家屋や職場のガラスが割れた。同地区のガスが非常に強烈だったために、救急救命チームでさえガスマスクを装着しなければならなかった。ある店舗ではデモ隊が投げた火炎瓶が原因で火事が発生したが、店員らによって消し止められた。また、デモ隊の投げた火炎瓶で他のギフトショップは灰塵となった。火事を聞きつけ事件現場にやってきたオーナーは激怒していた。

■カフェテリアも燃やした

メジディイェキョイの広場に出る路地を取り締まっていた警察のチームは近づいてくる複数のデモ隊にガスで対抗した。約三時間にわたる事件の間に、デモ隊はビュユクデレ通りにバリケードを築いた。一団は周辺の食堂やカフェテリアから取ってきた机や椅子を火にくべていたが、警察がバリケードを破壊し始めると逃走 しだした。警察によるガス弾でショッピングセンターへ向かっていた市民も被害を受けた。


(以下、写真説明文)
催涙弾を吸った労働者らは倒れこんだ。

あるデモ参加者らはスカーフで自衛を図った。

市民は店舗に避難せざるを得なかった。

催涙弾の被害を受けた者は道が封鎖されていたために、抱きかかえられて病院へ運ばれた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:山口 南)
(記事ID:29873)