トルコ・スーパーリーグ、ガラタサライ優勝!
2013年05月06日付 Hurriyet紙


スポルトト・スーパーリーグの32週目で、ガラタサライはチュルク・テレコム・アリーナ・スタジアム(TTアリーナ)で迎えたシヴァス・スポルを4-2で破 り19回目の優勝を決めた。黄色と赤のユニフォームの選手たちは(リーグ)終了まで2週を残し、追うフェナルバフチェに10ポイント差をつけた。ガラタサライのクラブ経営陣、指導陣、選手らは夜、クラブ・レイナで優勝を祝った。

スポルトト・スーパーリーグ32週目でシヴァス・スポルを4-2で破ったガラタサライは、2012-2013シーズンの優勝を決め、19回目の王者に輝いた。(ガラタサライは)シヴァス・スポルを相手にセルチュク・イナン選手とブラク・ユルマズ選手の(それぞれ)2つのゴールで勝利した。一方、シヴァス・スポルはカーディル・ベクメズジ選手とジハン・オズカラ選手が得点した。ガラタサライの選手たちは、シーズン終了まで2週間を残し優勝を確定させた。

セルチュク・イナン選手は、シヴァス・スポルのネットに蹴りこんだゴールにより、今シーズンのゴール数を6に伸ばし、ブラク・ユルマズ選手もやはり獲得した二つのゴールで計22のゴールとなった。ブラク選手は、前の週のガズィアンテプ・スポルとの試合でチームを勝利に導く得点を挙げており、「得点王」レース最大のライバルであるカスムパシャ所属のカル・ウチェ選手に3点差をつけた。

■レイナで祝いの宴

スポルトト・スーパーリーグの32週目でシヴァス・スポルを4-2で破り優勝を確定させたガラタサライのクラブ経営陣、指導陣、選手は夜、クラブ・レイナで優勝を祝った。シヴァス・スポルとの試合の後、チュルク・テレコム・アリーナでサポーターとともに優勝を祝った(ガラタサライの)選手らは、スタジアムを離れた後、レイナに集った。ウナル・アイサル会長とともにフロントメンバー、ファーティフ・テリム監督、アシスタント、選手たちは妻たちと祝いの席に参加した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岸田圭司)
(記事ID:29880)