2兆トマーン規模のタバコ市場、外国企業の手に握られる
2013年05月01日付 Mardomsalari紙

 イラン・タバコ社のナジャフィヤーン代表取締役は、今年に入って最初の月〔=ファルヴァルディーン月、2013年3月21日〜4月20日〕のタバコの国内生産量が66%増加したことを発表した。

 ISNA(イラン学生通信)の報道によると、同氏はさらに「今年のファルヴァルディーン月には12億4300万本もの国産タバコがイラン・タバコ社によって製造された。これは7億5千万本だった前年同時期比で66%以上の増加であることを示している」と付け加えた。

 同氏はまた、

現在、国内のタバコ消費量610億本のうち、イラン・タバコ社のシェアは半分にすぎず、残りの市場ニーズの半分は密輸もしくは正規の輸入によって賄われている。イラン・タバコ社によるいかなる怠慢も、海外企業によるタバコ市場のさらなる支配を招いてしまうだろう。実際、〔国内のタバコ市場では〕しっかりとした計画もなく、一部の非経済的視点が支配したために、われわれは2兆トマーン〔約571億円〕規模の市場を容易に〔外国の〕ライバルたちの手に譲り渡してしまったのである。

と述べた。

Tweet
シェア


関連記事(国内で一日300万本の密輸タバコが回収に)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8410186)
(記事ID:29945)