ガラタサライ、優勝をTTアリーナで祝う!
2013年05月18日付 Radikal紙


2012年はカドゥキョイで「暗闇」の中、優勝カップを手にしたガラタサライだが、今回は自分たちのホームでサポーターの目の前で優勝杯を受け取る喜びを経験した。

スポル・トト・スーパーリーグ2013シーズン勝者となったガラタサライは、第19回優勝杯をサポーターの前で勝ち取った。
黄赤のユニホームをまとったガラタサライの選手らは、リーグ32週目にシヴァス・スポルを4-2で打ち負かし、優勝を決めた。
以前からの発表どおり、優勝杯はトラブゾン・スポルの試合終了後、チュルク・テレコム・アリーナでガラタサライに授与された。

黄と赤がチームカラーのガラタサライは2012年の勝者でもあるが、昨年はスーパー・ファイナル(プレイオフ)の最後に、カドゥキョイで行われたフェネルバフチェとのダービーマッチで優勝を決めている。
その際には、試合後フェネルバフチェのサポーターがフィールドに乱入して大規模な騒ぎとなり、ガラタサライは、数時間も待った後に、スタジアムが消灯されたため、暗闇の中で優勝杯受け取るという事件もあった。

なお、ガラタサライ・クラブは、先週、レイハンルで51名の死者を出した爆発事件と、フェネルバフチェ対ガラタサライ試合後のサポーター同士の諍いで、フェネルバフチェのサポーターだったブラク・ユルドゥルムさんが殺害された事件を受けて、祝賀はキャンセルし、簡素な授与式で優勝杯を受け取ることを発表している。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:30009)