イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)、ゴール!―チャンピオンズリーグ決勝
2013年05月25日付 Hurriyet紙


ボルシア・ドルトムントでプレイするトルコ系のイルカイ・ギュンドアン選手が、チャンピオンズリーグ決勝試合で歴史的なゴールを放った。

ウェンブリー・スタジアムで行われた決勝で、イルカイ選手は同点に追いつくゴールを決めた。同選手は、このゴールで優勝のかかった決勝試合でゴールを決めた初のトルコ人となった。

68分、(ドルトムントに)与えられたペナルティキックで、23歳のギュンドアン選手は、バイエルンのキーパー、マヌエル・ノイアール選手を見事に打ち倒した。

■「トルコ代表として」

イルカイ選手は、ユルドゥライ・バシュテュルク選手、ハミト・アルトゥントップ選手に次いで、UEFAチャンピオンズリーグ決勝でプレイした名誉ある3人目のトルコ人選手である。彼は決勝前、「今日の決勝はトルコをも代表しているような気分です。アッラーが僕たちの祈りを聞き入れてくれますように。トルコのみんながそばにいると思うと力が湧いてきます。がっかりさせないようにしたい」と話していたという。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:30091)