シリアPKK系PYD、シリア・トルコ国境に「旗」掲げる
2013年07月19日付 Yeni Safak紙


PKKの在シリア組織といわれるPYDは、ジェイランプナル国境に自らの旗を掲げた。旗は、国境から50メートルの位置にある事務所の屋上に掲げられた。

PKKの在シリア組織PYDと、(アル=カイーダ系の)アル・ナスラ軍の間の衝突は続いている。3日間続く衝突ののち、PYDは、今日早朝に国境から50メートルの場所にある事務棟に旗をかかげた。事務棟のなかには狙撃手が待機している。旗は、狙撃手により守られている。レスライン郡全域はPYDの支配下にはいっており、衝突は、レスライン郡の5キロ南にある村で続いている。銃撃戦の音は、ジェイランプナルにもよく聞こえる。国境地帯での衝突がつづいているため、トルコ国軍兵は、国境線上での警備を続けている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:30893)