エジプト:エルバラダイは沈黙のうちにウィーンへ
2013年08月18日付 Al-Ahram紙


■エルバラダイはウィーンへ。空港では記者と話すことを拒否。

【本紙】

副大統領職を辞したムハンマド・エルバラダイ氏は、今日、正午にカイロ空港を出て、エジプト航空797便でウィーンに向かった。空港では、外務省の出張所が氏の旅の手続きを行った。

カイロ空港会社は、この便の遅れに伴い、氏をVIP用のラウンジに迎えた。氏は空港でこの旅について、そして近いうちに再度カイロに戻ってくるかどうかについて、記者と話すことを拒否した。



本記事はAsahi 中東マガジンでも紹介されています。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:八木久美子)
(記事ID:31213)