検索結果 5000件

検索条件 メディア アラビア語メディア全て 
ジャンル 政治記事 
特集ジャンル 全て
期間
キーワード
2018-01-19 シリア:米国は国境治安部隊創設を否定、トルコはロシアとロジャヴァ支配下のアフリーン攻撃での航空兵器使用の是非を協議、ロジャヴァはデモで抗議、シリア政府はトルコ軍戦闘機を撃墜すると脅迫 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は9件の違反を確認(2018年1月18日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月18日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県2件、ラタキア県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも9件(イドリブ県4件、ダマスカス県・ ...   http://syriaarabspring.info/?p=45495      ■ティラーソン米国務長官「ダーイシュ復活阻 全文をよむ

2018-01-19 ヨルダン:米国の圧力を受け、突如イスラエルとの和解へ (al-Quds al-Arabi紙)

■米国の圧力を受け、ヨルダンとイスラエルが突如和解      【アンマン:本紙】      ヨルダン政府は、ムハンマド・ムーミニー政府報道官の発表をもって、イスラエル右派内閣との外交コンタクトの再開に向けて動き出した。同報道官は、ヨルダン国民が殺害された2件の殺人事件について、両国の関係正常化の一環として、イスラエル政府が陳謝し、謝罪と自責の念を伝えたことを受け、以降はヨルダンの国益に合致する措置がとられるだろうと発表した。      「最善の利益」という表現は、二国間の外交関係再開、閉鎖中の在 全文をよむ

2018-01-18 米国:ロジャヴァ支配下のアフリーンを見捨てる (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2018年1月17日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月17日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県1件、ヒムス県1件、ラタキア県4件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも5件(ダマスカス県・ダ ...   http://syriaarabspring.info/?p=45462      ■ダーイシュはシャーム解放委員会などからな 全文をよむ

2018-01-18 ヨルダン:運輸大臣が突然の辞任、政府によるパン値上げ決定の翌日 (al-Hayat紙)

■ヨルダン運輸大臣、突然の辞任      【アンマン:本紙】      アンマンで昨日(17日)、ヨルダンのジャミール・ムジャーヒド運輸大臣の辞表が受理されたことが発表された。後任には、ワリード・マスリー地方自治大臣が就任する。同大臣は、アブドゥッラー2世国王の御前で服務の宣誓を行った後、地方自治相と運輸相を兼任することとなる。      辞任した運輸大臣は電話での取材に一切応じなかったが、同大臣の側近らは本紙に対し、「大臣は自発的に辞表を提出した」と述べた。      ハーニー・ムルキー内閣に 全文をよむ

2018-01-17 シリア:イラン、反体制派の最高交渉委員会も米国による国境治安部隊創設を非難、トルコ大統領はトランプ政権との断交を宣言 (その他紙)

■米主導の有志連合は1月5~1月11日までの7日間でシリア領内で93回の空爆を実施(2018年1月17日)   米中央軍(CENTCOM)は、1月5~1月11日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 1月5日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し3回の空爆を実施、このうちシリア領内で ...   http://syriaarabspring.info/?p=45433      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件 全文をよむ

2018-01-17 ヨルダン:政府が大幅増税を決定、パンの価格は約2倍に (al-Hayat紙)

■「アラブの春」後の危機、ヨルダン人のパンが値上がり      【アンマン:ムハンマド・ハイル・ラワーシダ】      ヨルダン国民は昨日(16日)、各種生活必需品・サービスの値上げに関する政府の決定を聞いて目を覚ました。決定は、上院議会(ヨルダン国会の第二院)が一昨日(15日)一般予算法を可決したことを受けてなされた。      2018年予算法は、生活必需品・サービスに対する5億7000万ディナール相当の政府補助金をなくすことを決定した。しかし、同法は同時に、低所得者に向けた社会的セーフティ 全文をよむ

2018-01-15 シリア:米主導の有志連合がYPG主体の「国境治安部隊」を対トルコ国境に展開させようとするなか、トルコはアレッポ県北西部のPYD掃討に向けた作戦を準備 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2018年1月14日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月14日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県3件、ラタキア県4件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 トルコ側の監視チームは停戦 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45386      ■シリア軍はアレッポ県南部で西進を続け、シ 全文をよむ

2018-01-15 パレスチナ:レバノン南部でハマース幹部の暗殺未遂、九死に一生を得る (al-Hayat紙)

■レバノン南部でハマース幹部の暗殺未遂、九死に一生を得る      【ベイルート:本紙】      サイダー市(レバノン南部)のハマース・パレスチナ人幹部ムハンマド・ウマル・ハムダーン氏は昨日(14日)、暗殺未遂にあったが命は助かった。ハムダーン氏が自身の居住するブスターン・カビール地区の建物の駐車場で車に乗り込もうとしたところ、自動車が爆発した。爆発により同氏は片足を負傷し、自動車は大破、建物も損壊した。この建物は、バラード地区から数十キロ離れたところに位置していた。同地区では、2006年7月 全文をよむ

2018-01-15 パレスチナ:欧州5か国がパレスチナ自治政府にオスロ合意の破棄とイスラエルへの国家承認撤回を踏み留まるよう求める (al-Hayat紙)

■欧州5か国がパレスチナ自治政府にオスロ合意の破棄とイスラエルへの国家承認撤回を踏み留まるよう求める      【ガザ、ラーマッラー:ファトヒー・サッバーフ、ムハンマド・ユーニス】      ラーマッラーのパレスチナ解放機構(PLO)中央評議会は、ドナルド・トランプ米大統領のエルサレム首都宣言の影響について二日間に渡って協議した。本紙が得た情報によると、欧州主要5か国はその間に、パレスチナ自治政府に対してオスロ合意の破棄またはイスラエルへの国家承認の撤回を評議会で決定しないよう求めた。5か国は「 全文をよむ

2018-01-14 シリア:トルコのエルドアン大統領「米国は1週間でPYDが根絶されるのを目にすることになろう」 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2018年1月13日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月13日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県3件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも11件(ダマスカス県・ダマスカス郊外 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45363      ■大統領夫人の父で在英医師のファウワーズ・ 全文をよむ

2018-01-13 シリア:シリア軍はアレッポ県北部のアンダーン山一帯、ハイヤーン町一帯に進入しようとしたトルコ軍部隊を砲撃、トルコ軍兵士1人が負傷 (その他紙)

■米軍統合参謀本部報道官「有志連合はイラクとシリアでダーイシュが再び活性化しないようにするためにすべき任務がある」(2018年1月11日)   米軍統合参謀本部のケネス・マッケンジー報道官は、記者会見で、シリアとイラクでダーイシュ(イスラーム国)を殲滅した後の有志連合の両国での任務に関して、「イラクとシリアでダーイシュが再び活性化しないようにするためにすべき任務 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45344      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視 全文をよむ

2018-01-12 シリア:反体制派はアブー・ズフール航空基地に迫るシリア軍を撃退するなか、ダーイシュも戦闘に参入し、シリア軍を攻撃 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は7件の違反を確認(2018年1月11日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月11日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(アレッポ県2件、ラタキア県4件、ヒムス県2県、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ側 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45313      ■アサド大統領はロシアのラヴレンティフ・シ 全文をよむ

2018-01-11 シリア:イドリブ県におけるアル=カーイダ系のシャーム解放委員会の一大拠点アブー・ズフール航空基地にシリア軍が迫るなか、トルコ、フランス、カタール、反体制武装集団はシリア軍の進軍停止を求める (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は7件の違反を確認(2018年1月10日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月10日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県4件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも7件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45294      ■ハサカ市で兵役・予備役忌避者195人の免 全文をよむ

2018-01-11 イスラエル:西岸に1100棟以上の入植計画 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルがヨルダン川西岸に1100棟以上の入植住宅を建設することを決定      【占領下エルサレム】      イスラエルは、占領下ヨルダン川西岸で1100棟以上の入植住宅の建設にゴーサインを出した。一方、イスラエルのNGO「ピース・ナウ」は入植地建設への抗議を表明した。      このNGOは、住宅の数は全部で1122棟、承認は9日に行われており、各手続き段階に入ったと発表した。      325棟はすでに最終承認を得ているという。これは遅かれ早かれ建設事業が始まることを意味する。一方で 全文をよむ

2018-01-10 シリア:ロシアはフマイミーム航空基地への無人航空機による攻撃で米国を、米国はシリア南東部のダーイシュ温存でロシアを、トルコはイドリブ県での戦闘激化でロシアとシリアを非難 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2018年1月9日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月9日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県4件、ラタキア県2件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2件(ダマスカス県・ダマ ...    http://syriaarabspring.info/?p=45263      ■米国防総省報道官「ロシア軍の施設に対する 全文をよむ

2018-01-09 シリア:トルコ日刊紙はUAE、サウジアラビアが、米国に異議を唱えるシャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍の幹部らの暗殺に関与したと伝える (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2018年1月8日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月8日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(アレッポ県6件、ラタキア県2件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも5 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45231      ■ロシア国防省は6日にフマイミーム航空基地と 全文をよむ

2018-01-09 エジプト:政府は終わりなき存続の地固めに忙殺。国民は女性の受け入れ強制される (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト政権、終わりなき存続の地固めに忙殺。国民は女性の受け入れ強制される      【ハサナイニ・カルーム:本紙】      昨日1月8日(月曜日)に発行されたエジプトの新聞、はたまたテレビ番組の主なテーマは怒涛の祝いだった。例外なく全ての県がクリスマスを祝った。これは、アブドゥルファッターフ・シーシー大統領が未完成にもかかわらず新行政都市にあるキリスト降誕教会を訪問したことから始まる。彼はいつもの調子でエジプト人の統合、誰もエジウト人を分かつことは出来ないと強調した。   軍と警察の部隊が 全文をよむ

2018-01-08 シリア:シリア軍はイドリブ県南部のスィンジャール町一帯を制圧、シャーム解放委員会の一大拠点であるアブー・ズフール航空基地から15キロの距離まで接近 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2018年1月7日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月7日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県3件、ラタキア県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも4件(イドリブ県1件、アレッポ県1件、 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45204      ■シリア軍はイドリブ県南部のスィンジャール町 全文をよむ

2018-01-08 イラク:電力供給の民営化に対するデモ (al-Hayat紙)

■ジーカール県で電力の民営化に対し抗議デモ      【ジーカール:アフマド・ワヒード】       ジーカール県(バグダードから南へ360キロメートル)のデモ参加者は、同県と首都バグダードをつなぐ幹線道路を占有した。同地域で電力サービス料金徴収を民営化する制度が適用されたからだ。デモは県の中心部で始まり、電力省に対しこの処置の撤回を求めた。       ガラフ地域地方議会のターリブ・アッバース議長は、「本紙」に対し以下のように語った。「デモ参加者はジーカール県と首都バグダードをつなぐ幹線道路の 全文をよむ

2018-01-07 シリア:所属不明の無人航空機がシリア駐留ロシア軍司令部のあるフマイミーム航空基地爆撃を試みるも、ロシア軍が迎撃、1機を撃墜 (その他紙)

■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会の複数幹部が離反と新組織結成、そしてアル=カーイダへの再忠誠を画策(2018年1月6日)   反体制系サイトのイナブ・バラディー(1月6日付)は、アル=カーイダ系のシャーム解放委員会に近い消息筋の話として、組織内の複数幹部が離反し、アル=カーイダ総司令部のアイマン・ザワーヒリー氏に改めてバイア(忠誠)を誓い、新た ...   http://syriaarabspring.info/?p=45200      ■ダーイシュはダイル・ザウル県東部でYPG主体のシ 全文をよむ

2018-01-07 パレスチナ:東方正教徒がエルサレム総主教の解任を求めて立ち上がる (al-Hayat紙)

■パレスチナの正教徒が総主教に対して蜂起      【ラーマッラー、ガザ:本紙】      パレスチナの東方正教徒のデモ隊は昨日(6日)、降誕教会で東方正教のクリスマスを祝うためにベツレヘムに入ろうとするセオフィロス3世エルサレム総主教の車列を襲った。デモ隊は、総主教が複数の入植者協会に教会所有の資産を横流ししたと非難している。      警察はデモ隊が総主教に接近し襲い掛かるのを防いだが、デモ参加者数名は車列車両数台の窓を破壊し、一部の車両に石やゴミ、卵を投げつけた。ベツレヘム、ベイト・サーフ 全文をよむ

2018-01-06 シリア:ダマスカス郊外県ビビーラー市とバイト・サフム市の住民数百人が街頭デモで地元和解を妨害する反体制武装集団に抗議 (その他紙)

■フランスのマクロン大統領「シリアの危機は一部の勢力だけによっては解決への道を見出すことなどできない」(2018年1月4日)   フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、シリア情勢に関して「シリアの危機は一部の勢力だけによっては解決への道を見出すことなどできない」と述べ、アスタナ会議を主導するロシアを暗に批判した。   http://syriaarabspring.info/?p=45165      ■米主導の有志連合は12月29~1月4日までの7日間でシリア領内で52回の空爆を実施(201 全文をよむ

2018-01-05 パレスチナ:ハマースはPLOに武器を引き渡す意思を表明 (al-Hayat紙)

■ハマースはアッバース大統領に武器をパレスチナ解放機構へ引き渡す用意があることを伝える      『ハヤート紙』が得た情報によると、ハマースは、パレスチナ解放機構(PLO)に加入した場合、PLOの指揮下で武器を置く用意がある旨をパレスチナ自治政府に伝えた。ハマースはまた、国民和解に対する自らの立場を撤回しないこと、そしてパレスチナ中央評議会に出席する意思があると強調した。      ハマースは、パレスチナの政治体制への参画に向け、再び注力を始めたようだ。これは、米国が聖地エルサレムを「イスラエル 全文をよむ

2018-01-05 シリア:著名な市民ジャーナリスト、トルコの支援を受ける「シリア国民軍」がイドリブ県、ハマー県で苦戦を強いられるアル=カーイダへの加勢を主唱 (その他紙)

■反体制組織のアラウィー自由人運動は2011年以降のアラウィー派死者数が13万人以上にのぼると発表(2018年1月3日)   反体制組織のアラウィー自由人運動はフェイスブックを通じて声明( ...   http://syriaarabspring.info/?p=45125      ■ダルアー県でダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍とナワー自由人師団が交戦(2018年1月3日)   ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月4日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓う 全文をよむ

2018-01-05 エジプト、スーダン:スーダン、駐エジプト大使召還…二国間の緊張高まる (al-Quds al-Arabi紙)

■エジプト、スーダン:スーダン政府、駐エジプト大使召還…背景に二国間関係の緊張      【カイロ:ターミル・ハンダーウィー】      スーダン外務省は、協議のため駐エジプト大使を召還することを発表した。なお、召還の理由については明かさなかった。      エジプト政府とスーダン政府間の関係には、ここ最近緊張が走っている。その原因は、係争中のハラーイブ・トライアングルとシャラーティーンをめぐる領土問題や、エチオピア・ルネッサンス・ダムの問題がある。このダムの件について、エジプト政府は、スーダン 全文をよむ

2018-01-04 エジプト:ISISの衰退とともに高まるローンウルフ型テロの脅威 (al-Hayat紙)

■エジプト:ISISの細胞組織能力低下とともに「ISISローンウルフ」の脅威が高まるとの推測      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      エジプトの治安機関はこの数週間、クリスマスの祝賀行事に合わせて治安機関施設やキリスト教関連の事務所を標的とした一連の攻撃を未然に防いだ。治安機関は、カイロに隣接するアジトに潜伏していた過激派集団を逮捕・殺害し、武器や高性能爆薬を押収した。しかし、こうした取組にもかかわらず、テロリストたちは依然として攻撃の実行力を有していると専門家らは見ている。専門家ら 全文をよむ

2018-01-04 レバノン:ヒズブッラーのナスルッラー書記長「シリアでの戦争は1、2年で終わる。ヒズブッラーのシリアからの撤退は戦争の結果にかかわっている…。イランの抗議デモは数日中に終息する」 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦違反を、トルコ側は11件の違反を確認(2018年1月3日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月3日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を10件(アレッポ県8件、ラタキア県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも11件(ダマスカス県・ダマスカス郊外 ...   http://syriaarabspring.info/?p=45098      ■アル=カーイダ主導の反体制派がダマスカ 全文をよむ

2018-01-03 シリア:シリア軍はダマスカス郊外県南西部での反体制派との戦いを終える (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は6件の違反を確認(2018年1月2日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(1月2日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県3件、ラタキア県5件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも6件(アレッポ県2件、ダマスカス県・ダ ...   http://syriaarabspring.info/?p=45054      ■シリア軍はシャーム解放委員会などからなる武 全文をよむ

2018-01-03 パレスチナ:イスラエル立法府が「エルサレム統一」法を可決、和平交渉の新たな障害に… (al-Hayat紙)

■「エルサレム統一」法はイスラエルによる解決方法の強制のはじまり      【ラーマッラー:ムハンマド・ユーニス;ナザレ:アスアド・ティルハミー】      パレスチナ当局は、イスラエルの立法府クネセトが可決した「統一エルサレム」法を非難した。この法律により、エルサレムの一部を放棄することが制限される。パレスチナ当局はこれをパレスチナ人に対する「宣戦布告」とみなし、イスラエルが政治的解決を事実上強制し始めたことに警告を発した。また、エジプトの情報筋は本紙に対し、アラブ諸国は和平プロセスを全体的に 全文をよむ

2018-01-02 シリア:ISは世界の指導者10人の斬首を予告する一方、アル=カーイダ系組織と自由シリア軍諸派はイドリブ県防衛に向けて合同作戦司令室設置 (その他紙)

■トルコ軍がロジャヴァ支配地域近くのシリア領内に対空ミサイル・システムを配備(2018年12月31日)      http://syriaarabspring.info/?p=45031      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年1月1日)      http://syriaarabspring.info/?p=45041      ■アサド大統領は内閣改造で国防、情報、工業大臣を交代(2018年1月1日) 全文をよむ

2018-01-02 レバノン:避難民らが帰還、ないしは帰還準備、初夏にかけて帰還ラッシュか(1) (al-Hayat紙)

レバノン:避難民らが帰還、ないしは帰還準備、初夏にかけて帰還ラッシュか(1)      ■避難民らは帰還、その他も帰還準備をしており、マルアビー避難民問題担当国務大臣は夏の初め頃に帰還ラッシュを予測している。(1)      【ベイルート:ガーリブ・アシュマル】       ここ最近、レバノン国内でシリア人難民の数が減少したという話が増えている。そうした中、複数の情報筋、とりわけ国連難民高等弁務官事務所によれば、2014年以来シリア人難民の数は初めて100万人を下回った。駐レバノン国連難民高等弁 全文をよむ

2018-01-02 レバノン:避難民らが帰還、ないしは帰還準備、初夏にかけて帰還ラッシュか(2) (al-Hayat紙)

   ■避難民らは帰還、その他も帰還の準備をしており、ムルアビー避難民問題担当国務大臣は夏の初め頃に帰還ラッシュを予測。(2)      【ベイルート:ガーリブ・アシュマル】       同大臣は、今後の国連に関係する政治が現状を維持していくだろうとの考えを示す一方、支援はレバノンに届いておらず、単に国連や難民への配給を行う関係諸機関にだけ流れていることに注意を促した。       難民の数値が食い違っていることに鑑みると、レバノン政府は国内の避難民の数を科学的、かつ正確に測る現地での作業を完遂 全文をよむ

2018-01-01 シリア:イドリブ県、ダマスカス郊外県でシリア軍とシャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動などからなる武装集団が激しく交戦 (その他紙)

■南部戦線所属2組織はダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍メンバーに1ヶ月の猶予を与え、投降を呼びかける(2017年12月30日)   ダルアー県で活動する自由シリア軍南部戦線所属のナワー自由人師団と殉教者ジャミールアブー・ザイン師団は共同声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓い、県南西部のヤルムーク川河畔地帯を支配下に置くハーリド・ブン・ワリ ...   http://syriaarabspring.info/?p=45016      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員 全文をよむ

2017-12-31 エジプト:ISISが教会襲撃の犯行声明を発表、当局は騒乱回避に備える (al-Hayat紙)

■ダーイシュが教会への襲撃について犯行声明、エジプト政府は「騒乱」回避に備える      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      エジプト検察の捜査によると、(カイロ南郊)ヘルワーンにあるマール・ミナ教会を襲撃したテロリストは、教会を訪れていた人々や同教会の警備隊および周辺の居住建築物に向けて機関銃を発砲し、弾丸150発を発射した。一方、ダーイシュ(注:イスラーム国のアラビア語での略語)が傘下のアアマーク通信を通じて声明を発表し、今回の攻撃の犯行声明を出したことを受け、(エジプト国内に)騒乱 全文をよむ

2017-12-31 シリア:米軍のシリア残留はイランの影響力拡大阻止のため (その他紙)

■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制派はハマー県北部、イドリブ県南部、ダマスカス郊外県東グータ地方でシリア軍と交戦(2017年12月30日)   ハマー県では、SANA(12月30日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに県北部およびイドリブ県南部でシャーム解放委員会などからなる武装集団と交戦し、イドリブ県に面するアトシャーン村、ハムダーニーヤ村、サッルーミーヤ村 ...   http://syriaarabspring.info/?p=4499 全文をよむ

2017-12-30 シリア:イスラエル国境に近いダマスカス郊外県南西部からアル=カーイダ系のシャーム解放委員会と「自由シリア軍」諸派戦闘員が重火器を放棄し、イドリブ県、ダルアー市に退去 (その他紙)

■SANA:米軍ヘリコプターがダイル・ザウル県での空挺作戦でダーイシュ幹部を救出し、ロジャヴァ支配下のハサカ県に移送(2017年12月28日)   SANA(12月28日付)は、米軍ヘリコプター複数機が28日、ダイル・ザウル県内で空挺作戦を実施、その後ハサカ県南部に飛び去った、と伝えた。作戦に参加した米軍ヘリコプターは、ハサカ県南部のサッド避難民キャンプで目撃されたという。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44941      ■ロシア国防省:ロシア・ト 全文をよむ

2017-12-30 イエメン:フーシー派はサヌアの孤児院を襲撃、子供たちを戦争へと徴兵 (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン消息筋:フーシー派がサヌアの「孤児院」を襲撃、子どもの収容者複数名を戦争に駆り出す      【ロンドン:本紙、ムハンマド・ジャミーフ】      イエメンの首都サヌアにいるイエメン人消息筋によると、首都と複数の県を制圧しているフーシー派民兵が、ルカイヤ・フジュリー前大統領夫人の姉妹が首都サヌアで運営していた孤児院を襲撃した。      また、匿名希望の同消息筋は昨日金曜日(12月29日)、本紙への声明の中で「フーシー派の複数の集団がサヌアの孤児院を襲撃し、同孤児院に収容されている13 全文をよむ

2017-12-29 パレスチナ:国民和解に進展…アッバースとハニーヤが近く会談 (al-Hayat紙)

■和解、二つの案件に進展…アッバースとハニーヤが近く会談      【ガザ:ファトヒー・サッバーフ、カイロ:本紙】      国民和解における突破口を開くためにパレスチナが本気で取り組んでいることを指し示すものとして、本紙は、ファタハとハマースが双方の指導部間で会談を行うことで一致した他、難航中の和解条項のうち二つの案件において前進があったという情報を得た。なお、会談にはマフムード・アッバース大統領とハマースのイスマーイール・ハニーヤ政治局長も出席する。      アッバース大統領が昨日(28日 全文をよむ

2017-12-29 シリア:ダマスカス郊外県東グータ地方で反体制派が拘束していた人質16人が釈放される一方、バイト・ジン村一帯からのシャーム解放委員会などの戦闘員の退去は延期 (al-Hayat紙)

■米主導の有志連合はシリア空爆で「意図せず死亡したとされる民間人」は2017年11月末の段階で1,799人、うち死亡が確認されたのは817人と発表(2017年12月28日)   有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、2017年11月にシリア、イラク両国領内での航空作戦に伴う民間人犠牲者発生にかかる9件の新たな報告を受け、すでに報告されている695案件と併せて調査を行い、1 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44914      ■ロ 全文をよむ

2017-12-29 イラク:シーア派最高権威スィースターニー氏の代理人、政府の「失敗」を強調 (al-Hayat紙)

■スィースターニー氏、イラク政府の「失敗」を強調      【バグダード:本紙】      シーア派最高権威のアーヤトッラー・アリー・スィースターニー氏の代理人はカルバラーで「政府の施政は失敗している」と述べ、「それを認めることが必要である」と強調した。また、宗教指導者のアーヤトッラー・ムハンマド・タキー・ムダッリスィー師は、中東で最も良いものとなるよう、政治体制の発展させるよう民衆に訴えた。      スィースターニー師の代理人シャイフ・アブドゥルマフディー・カルバラーイー師は声明において、イ 全文をよむ

2017-12-28 シリア:イスラエルの懸念空しく、シャーム解放委員会と「自由シリア軍」諸派はシリア軍とヘルモン山山麓からの退去に向け最終協議 (その他紙)

■米中央軍は革命特殊任務軍がシリア南東のハマド砂漠でダーイシュ掃討のための浄化作戦を実施したと発表(2017年12月27日)   中央軍(CENTCOM)は、米主導の有志連合が不法に占拠を続けるヒムス県タンフ国境通行所一帯を拠点とする協力部隊(partner forces)の一つである革命特殊任務軍(MaT)が23日、同県南東部およびダマスカス郊 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44887      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側 全文をよむ

2017-12-28 パレスチナ:「エルサレム首都宣言」前、トランプはアッバースに「歴史的決定」を予告 (al-Hayat紙)

■「エルサレム宣言」前、トランプはアッバースに「歴史的決定」を予告      【ガザ:ファトヒー・サッバーフ】      二聖都の守護者サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ・サウジアラビア国王は昨日(27日)、トルコのビナリ・ユルドゥルム首相を迎え、二国間関係とその強化方法、および最近の地域情勢を振り返り協議した。トルコ政府は、同会談では「歴史に根付く(両国間の)関係」に言及がなされ、「エルサレムの地位」に関する意見交換が行われたと発表した。サウジ政府は来月(1月)6日にヨルダンで開かれるアラ 全文をよむ

2017-12-27 シリア:ハマー県で、自由イドリブ軍、シャーム自由人イスラーム運動、シャーム解放委員会に近いイバー通信はシリア軍戦闘機を撃墜したと発表 (その他紙)

■米主導の有志連合は12月18~12月21日までの4日間でシリア領内で9回の空爆を実施(2017年12月26日)   米中央軍(CENTCOM)は22日付で、12月18~21日の4日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 12月18日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し3回の空爆を実施、このう ...   http://syriaarabspring.info/?p=44793      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チーム 全文をよむ

2017-12-26 イラク:選挙延期せよと内外から圧力 (al-Hayat紙)

■イラク、選挙延期せよと内外から圧力      【バグダード:本紙】      イラクのハイデル・アバーディー首相は、国会選挙の延期を目的とする内外からの圧力にさらされている。同選挙は、基本的には来年(2018年)5月中旬に実施が予定されている。イラク情報筋によると、クルド二大政党に加え、法治国家連合(注:与党イスラーム・ダアワ党が主体となって形成するシーア派政党連合)やスンナ派勢力の連合といった大規模な政治勢力が、各々の事情から、少なくとも6か月は選挙を延期することを支持している。      全文をよむ

2017-12-26 シリア:国内で活動を続ける主要な反体制武装集団40組織はソチでのシリア国民対話大会(シリア諸国民大会)を「断固拒否」 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年12月25日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月25日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を10件(アレッポ県9件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも4件(アレッポ県1件、イドリブ県1 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44778      ■シリア軍はダマスカス郊外県南西部、イ 全文をよむ

2017-12-25 サウジアラビア:国際チェス連盟に参加予定のイスラエル人選手へのビザ発給拒否 (al-Hayat紙)

■サウジアラビアはイスラエル人へのビザ発給拒否      【アテネ、リヤド:ロイター、本紙】      サウジアラビア王国は今月26日から30日にかけてリヤドで開催予定の国際チェス大会に参加するイスラエル人選手7人へのビザ発給を拒否した。      国際チェス連盟のイスラエル・ジェルファー副代表は昨日、サウジアラビアが大会に参加するイスラエル人7人の入国ビザを拒否したとしたうえで、「彼らには過去も、そして今後もビザは発給されないだろう」と述べた。      サウジアラビアはこれまで、いかなるイス 全文をよむ

2017-12-25 パレスチナ:祝賀ムード消えたベツレヘムのクリスマス…エルサレムの悲しみに寄り添う (al-Hayat紙)

■祝賀ムード消えたベツレヘムのクリスマス…エルサレムに寄り添う      【ベツレヘム:ムハンマド・ユーニス】      ベツレヘムの降誕教会の広場は、例年のこの時期とは異なる様子を見せ、クリスマスの祝賀ムードは冷めていた。例年は、同協会の広場で世界中から集まった芸術パフォーマンス団体のショーが行われ、広場は参拝者でいっぱいになるのだが、今年は祝賀ムードが消え失せ、イベントは宗教儀式と地元スカウト運動団体による小規模なショーのみに限られた。パレスチナ人キリスト教徒も自宅に留まることを選んだ。降誕 全文をよむ

2017-12-25 シリア:米軍中央司令部司令官「シリア国内で反体制武装集団を「国境警備部隊」に改編するための新規拡大教練計画を準備中」 (その他紙)

■自由シリア警察は英国からの資金援助が再開したと発表(2017年12月23日)   自由イドリブ警察と自由アレッポ県警察はそれぞれ声明を出し、英国からの資金援助が再開したと発表した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44754      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年12月24日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月24日)で、「緊張緩和地帯設置に 全文をよむ

2017-12-24 イスラエル:米国のエルサレム首都承認を非難したUNESCOからの脱退を決意 (al-Hayat紙)

■イスラエルはUNESCO脱退を決意      【ナザレ:本紙】      イスラエルは同盟国である米国に続いて、国連教育科学文化機関(UNESCO)から脱退すると発表した。これは、エルサレムの法的地位変更を拒否する決議の採決を受けたもので、採決は、米政府がこの聖地をユダヤ人国家の首都と承認したことに対する国際社会の明白な非難の意思表明となった。      イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は金曜日、UNECSOからの脱退を決意したと発表し、カルメル・ハコーヘン(Carmel Hacohe 全文をよむ

2017-12-24 パレスチナ:政治プロセスに戻る条件は国際的な承認と国際連合への完全な加盟だ(1) (al-Hayat紙)

■政治プロセスに戻る条件は国際的な承認と国際連合への完全な加盟だ      【ラマッラー:ムハンマド・ユーニス】      国連総会において、193カ国中の128カ国の過半数がエルサレムの法的地位の変更と、アメリカがイスラエルの首都としてエルサレムを承認したことを拒否する決議に投票した。これによってパレスチナ指導部は今後、何らかの政治プロセスを辿る前にパレスチナの国際的な承認を集めることに注力する推進力と免罪符を得た。      リヤード・マーリキーパレスチナ自治政府外務庁長官は12月23日、以 全文をよむ

2017-12-24 シリア:北シリア民主連邦の各地区で共同議長選出 (その他紙)

北シリア民主連邦ジャズィーラ地域カーミシュロー地区、ハサカ地区共同議長選出(2017年12月19日)   北シリア民主連邦執行委員会は、ラッカ県カーミシュリー市で、ジャズィーラ地域カーミシュロー(カーミシュリー)地区の共同議長を選出するための会合を招集した。 会合には、執行委員会メンバー、カーミシュロー地区選挙当選者らが出席 …   http://syriaarabspring.info/?p=44702      北シリア民主連邦ユーフラテス地域コバネ地区共同議長選出(2017年12月20日) 全文をよむ

2017-12-24 パレスチナ:政治プロセスに戻る条件は国際的な承認と国際連合への完全な加盟だ(2) (al-Hayat紙)

■政治プロセスに戻る条件は国際的な承認と国際連合への完全な加盟だ      【ラマッラー:ムハンマド・ユーニス】      マフムード・アッバース大統領はパレスチナ問題とエルサレムを首都とする独立国家の樹立に働きかける姿勢をめぐりトルコとイエメンから支持を受けた。これはアッバース大統領がレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領とアブド・ラッボ・マンスール・ハーディ大統領それぞれと行った電話会談でのことだ。アッバース大統領は22日(金曜日)のフランス訪問中、この方面で歩を進めた。エマニュエル・マク 全文をよむ

2017-12-24 サウジアラビア:拘置者らがリッツ・カールトン・ホテルでの拘置の状況を暴露 (Al-Nahar紙)

■動画:サウジ人がリッツ・カールトン・ホテルでの拘置の状況を暴露      【サウジアラビア:ツイッター】      サウジ通信会社のサウード・ドゥワイシュ前社長は、サウジアラビアの首都リヤドにあるリッツ・カールトンでの彼をはじめとする逮捕者の拘置の様子について語った初のサウジアラビア人となった。彼らは公金職問題で逮捕されていた。複数の活動家は、ドゥワイシュ氏が登場し、彼の拘置からの釈放を祝っていると思われる動画をSNSのツイッターで拡散した。      ドゥワイシュ氏は動画のなかで「王国独自の 全文をよむ

2017-12-23 シリア:アスタナ8会議閉幕、ロシア、トルコ、イランは1月29~30日にソチでのシリア国民対話大会(シリア諸国民大会)開催を決定、シリア政府は参加表明、PYDは排除、反体制派は態度保留 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは1件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年12月22日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月22日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を1件(アレッポ県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(イドリブ県2件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44681      ■ロシアのショイグ国防大臣はロシア軍によ 全文をよむ

2017-12-23 レバノン:なぜサンタクロースを怖がって泣く子供がいるのか? (Al-Nahar紙)

■なぜサンタクロースを怖がり、彼を見て泣く子供がいるのか?      【本紙:ベイルート】      サンタクロースに恐怖を感じる子供がいる。敢えて近づこうとせず、見て泣きだす子供もいる。しかし、サンタクロースという老人の存在は、いつでも子供の心や考え方とよいかたちでつながっています。彼が幸福と喜びの象徴であり、とくに子供とつながりがある存在であるにもかかわらず、子供を恐怖に陥らせる理由は何なのでしょう?      社会心理学者のハーシム・フサイニー博士は、本紙の取材に次のように述べている。「驚 全文をよむ

2017-12-22 シリア:アスタナ8会議開幕、反体制派は逮捕者釈放問題の争点化をめざす一方、ロシアとトルコはシリア諸国民大会へのクルド人代表参加是非を最終調整 (その他紙)

■エジプトのマルカビー電力大臣「シリアとエジプトの間で送電計画を策定に向けた交渉が行われている」(2017年12月21日)   エジプトのムハンマド・シャーキル・マルカビー電力大臣は、『ブールサ』(12月19日付)に対し、「シリアとエジプトの間で送電計画を策定に向けた交渉が行われており、その総工費は18億ドルに達する」と述べた。 マルカビー電力大 …   http://syriaarabspring.info/?p=44638      ■YPGはダイル・ザウル県東部のバカーラ大隊支配下の2カ村 全文をよむ

2017-12-22 イラク:連邦政府によるクルディスタン地域への軍事介入に警告 (al-Hayat紙)

■イラク連邦政府によるクルディスタン地域への軍事介入に警告      【バグダード:本紙】      クルディスタン地域での抗議運動は昨日(21日)で4日目に突入したが、当局がデモ参加者を組織的に連続逮捕したことを受け、抗議運動の勢いは衰えた。一方、イラク連邦政府は、サドル潮流(※イラクのシーア派法学者ムクタダー・サドルが率いる反米イスラーム主義政治組織)の支援を受ける市民社会組織(CSO)が呼びかけたデモの再開に備えている。      クルディスタン地域政府(KRG)の高官らは、イラク連邦政府 全文をよむ

2017-12-22 サウジアラビア・イエメン:プーチン大統領とサウジ国王が電話会談、フーシー派のミサイル攻撃に対する非難を表明 (al-Hayat紙)

■プーチン大統領がサウジ国王にフーシー派のミサイルに対する非難を表明      【リヤド、アデン:本紙】      ロシアのウラジミール・プーチン大統領は二聖都の守護者サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王との電話会談で、フーシー派のリヤドに対する弾道ミサイル発射について、ロシア政府はこれを非難すると表明した。同大統領は、ロシアは「サウジアラビア王国が安全保障上の危機にさらされることを一切」拒否することを強調した。      一方、イエメン国軍はフーシー派指導者アブドゥルマリク・フーシー師の 全文をよむ

2017-12-22 レバノン:レバノン大統領がエルサレムをめぐる国連決議を称賛 (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン大統領:国連決議は「真実の勝利であり、エルサレム問題をめぐる言明だ」      【ベイルート:ワシーム・サイフッディーン】      ベイルートのミシェル・アウン大統領は今日(金曜日)、占領下エルサレム情勢をめぐる国連総会の決議は、「真実の勝利であり、エルサレム問題をめぐる言明」であると述べた。      またアウン大統領は声明にて、「昨日の国連総会におけるレバノンを含む過半数を超える128カ国による圧倒的な投票は、アメリカ合衆国にエルサレムをイスラエルの首都とする決定を取り消すよう要 全文をよむ

2017-12-22 レバノン:クリスマスに家族が子供にプレゼントを贈るのをさぼったら何が起こる? (Al-Nahar紙)

■クリスマスに家族が子供にプレゼントを贈るのをさぼったら何が起こる?      【本紙:ベイルート】      多くの家庭が、クリスマス期間中に毎年子供たちにプレゼントを贈ることの大切さをおそらく意識していない。彼らは、プレゼントを1年ぐらい贈らなくても、繰り返される毎年の儀式に影響はないと思っている。しかし、問題は子供に与える影響である。子供は、サンタクロースが訪れたあとに、プレゼントが何を象徴しているのかを見るのでなく、プレゼントがどのようなものなのかにしか関心を示さくなってしまう。     全文をよむ

2017-12-22 シリア:反体制派活動家が目を負傷した赤ちゃんの写真を拡散、レバノンのハリーリー首相らが連帯表明 (Al-Nahar紙)

■ シリア人のカリーム君が世界の世論をひきつけている…彼と連帯するために目を覆って      【n.p.:テレグラフ】       イギリスの『テレグラフ』 紙電子版の報道によると、シリアの体制による攻撃のなか、シリア人の赤ちゃん、カリームくんが頭蓋骨を損傷し、片目を失明、同時に母親を亡くしたという。      カリーム君の写真が拡散されると、彼は抵抗運動の世界的な象徴となった。彼は10月下旬、体制による東グータ地方(ダマスカス郊外県)への攻撃で負傷した。      生後3か月のシリア人の赤ちゃ 全文をよむ

2017-12-21 シリア:自由シリア軍はジャズィーラ・チャンネルで機密情報を暴露したザカリヤー大佐の処罰をなぜかトルコに求める (その他紙)

■ムアッリム外務在外居住者大臣「緊張緩和地帯が今のままで維持されることは認められない」(2017年12月19日)    ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は人民議会本会議で、シリアをめぐる内外情勢、とりわけ「テロとの戦い」の進捗や「緊張緩和地帯」の動静についての報告を行った。 ムアッリム外務在外居住者大臣はそのなかで、「シリア ...    http://syriaarabspring.info/?p=44609      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チ 全文をよむ

2017-12-21 バハレーン:パレスチナ問題は「周縁的な問題」で、エルサレム首都認定問題をめぐって米国と対立するのは得策でない (al-Quds al-Arabi紙)

■バハレーン外相はパレスチナを「周縁的な問題」とみなす       【n.d.:本紙】      バハレーンのハーリド・ビン・アフマド・アール・ハリーファ外務大臣は水曜日、「パレスチナ問題は周縁的な問題で、この問題をめぐって米国と意見対立するのは得策ではない」と述べた。      ハーリド外務大臣は、SNSのTwitterの自身のアカウントで投稿したツイートでそう綴った。      ハーリド外務大臣は自身のツイートで、イランを示唆して「「ファシスト神権イスラーム共和国」という明白な現下の危険と我 全文をよむ

2017-12-21 イラク:クルディスタン地域分裂の恐れ (al-Hayat紙)

■クルディスタン地域分裂の恐れ      【バグダード:本紙】      支配層に反対するデモがエスカレートする中、クルディスタン地域の経済危機は、国家機関の一体性に影響を及ぼしかねないほど、政治的次元においても危険な域に達し始めた。変革運動とクルディスタン・イスラーム集団(KIG)が政府から脱退した一方で、クルディスタン愛国同盟(PUK)はスレイマーニーヤにおける勢力基盤を失うことを恐れ、組織内の足並みを揃えることに腐心した。スレイマーニーヤでは最も激しい抗議運動が起きている。当局は新世代運動 全文をよむ

2017-12-20 シリア:シリア政府の許可を得ない国連関連機関による陸路での人道支援の期間延長を定めた国連安保理決議第2393号採択、ロシア、中国、ボリビアは棄権 (その他紙)

■ダマスカス郊外県西カラムーン地方で活動を続ける反体制派が「西カラムーン連合」として糾合したと発表(2017年12月18日)   ダマスカス郊外県の西カラムーン地方で活動する反体制武装活動家らは、ビデオ声明を出し、「西カラムーン連合」の名で新たな組織を結成したと発表した。 ムハンマド・バラーキー氏によって読み上げられた声明によると、西カラムーン地方 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44588      ■米中央軍はシリア・イラク領内での作戦でダーイシュ幹 全文をよむ

2017-12-20 エジプト:ムスリム同胞団の計画 (al-Watan紙)

■ムスリム同胞団がカタルの資金援助によって『自由シリア軍』兵士の訓練を計画      【諸通信社】諸通信社      カイロは、ムハンマド・モルシ元大統領がムスリム同胞団の計画に関与していたと明らかにした。この計画は、カタルがシリアの『自由シリア軍』を支援し、エジプトが同派の兵士の訓練を行うものだという。      『RT』のウェブサイトは、エジプトのアブドゥルメネイム・トラス軍事担当大統領補佐官とカイロで行った会談の際の同士の言として以下を報じた。「エジプト軍指導部、アブドゥルファッターフ・シ 全文をよむ

2017-12-20 パレスチナ:国連総会明日開会、トランプの拒否権行使に対し「拘束力伴う」決議採択へ (al-Hayat紙)

■国連総会明日開会、トランプの拒否権行使に対し「拘束力伴う」決議採択へ      【パリ:ランダ・タキー・ディーン;ガザ:ファトヒー・サッバーフ;カイロ:ムハンマド・シャーズリー】      国連総会は明日(21日)緊急会合を開き、ドナルド・トランプ大統領のエルサレム「イスラエル首都」認定を拒否する決議案の投票を行う。これは、月曜日(18日)から火曜日(19日)にかけての深夜に、米国が安保理で同決議案に対し拒否権を行使したことを受けてのことだ。アブドゥッラー2世ヨルダン国王は昨日(19日)、バチ 全文をよむ

2017-12-19 シリア:ロゴージン副首相がアサド大統領と会談 (al-Hayat紙)

■アサドはフランスを攻撃:フランスの手はシリアの血に染まっている      【ロンドン:本紙】       シリアのバシャール・アサド大統領は昨日、「テロとの戦い」はシリアでまだ終わっていないと述べた。また同大統領は昨日、ロシアのドミトリー・ロゴージン副首相と会談した折、「イスラーム国」に対する先般の勝利だけに焦点を当てることは、シリアに存在する「ヌスラ前線」から「目を逸らすこと」だとの考えを示した。さらにアサド大統領は、フランスの手はシリア人の血に染まっているとし、同国を非難した。これはフラン 全文をよむ

2017-12-19 パレスチナ:安保理はエルサレム首都宣言撤回決議案を否決、米が拒否権 (al-Hayat紙)

■14か国の賛成票に対し米が拒否権、アラブ側が提出したエルサレムに関する決議案を否決      【ガザ:ファトヒー・サッバーフ;ニューヨーク:本紙】      ドナルド・トランプ大統領がエルサレムを「イスラエルの首都」と認定し、米国大使館をエルサレムに移転させるとした決定について、アラブ側はこの決定の撤回を求めて安保理決議案を提出したが、これに対し米国は予想されていた通り拒否権を行使した。これにより、同決議案を直接国連総会に付託し、「平和のための結集」決議の下これを可決することで、安保理を含む全 全文をよむ

2017-12-19 シリア:アサド大統領「テロとの戦いはテロリストを一人残らず殲滅するまで終わらない…米国のために活動するすべてのYPG主体のシリア民主軍は反逆者」 (その他紙)

■ダーイシュ戦闘員と家族数十人がダイル・ザウル県でYPG主体のシリア民主軍に投降(2017年12月17日)   ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(12月18日付)によると、県東部に潜伏していたダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員とその家族数十人が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍の諜報機関に投降し ...   http://syriaarabspring.info/?p=44550      ■トルコ紙は米軍がダーイシュのバグダーディー指導者をシリア国内で拘置し 全文をよむ

2017-12-19 チュニジア:投票率5%以下、チュニジア革命時の著名な活動家が当選 (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジア革命の活動家の一人が議会補欠選挙で勝利し、連立与党に衝撃を与える      【チュニス:本紙、ハサン・サルマーン】      チュニジア革命の著名な活動家の一人が、ドイツ選挙区の議会補欠選挙で、「チュニジアの呼びかけ党」(ニダー・チュニス)の候補者に僅差で勝利し、連立与党に大きな衝撃を与えた。連立与党は、ムンスィフ・マルズーキー前大統領から私的なサポートを受けている同候補が勝利したことに関する責任の所在をめぐり、非難の応酬を繰り広げた。一方、野党は、同氏の勝利は与党の「敗北」であると 全文をよむ

2017-12-19 日本:抽選の当選者たちはメスの赤ちゃんパンダを初めて見る権利を得る (その他紙)

【Akhbaar 24、ロイター:東京】      抽選当選者は火曜日、メスの赤ちゃんパンダ「シャンシャン」を初めて見る権利を得る一方、抽選に当選に外れた人たちは、生後6カ月になる赤ちゃんパンダとその母親を東京上野動物園が配信するビデオ生中継を通して観覧した。      シャンシャンは、上野動物園で生まれ、約30年ぶりにここまで大きくなったパンダで、笹を食べ、母親にじゃれると、訪れた人たちは「可愛い」と連呼し、2頭の撮影、動物園の職員の誘導によって、その場を後にした。      タカミチ・マスイ 全文をよむ

2017-12-18 シリア:イランはヘテランから、イラク、シリアを経由して地中海に至る陸運路の利用開始 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年12月17日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月17日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を11件(アレッポ県7件、クナイトラ県2件、ヒムス県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(ダマスカス ...   http://syriaarabspring.info/?p=44530      ■シリア赤新月社、ロジャヴァ傘下のラッ 全文をよむ

2017-12-17 シリア:ロシアは米国がクルド支配地域でイスラーム国戦闘員を教練し「新シリア軍」を結成しようとしていると暴露 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年12月16日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県3件、ラタキア県2件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ダマスカス県・ ...   http://syriaarabspring.info/?p=44510      ■SANAは中国特殊部隊のシリア展開を否 全文をよむ

2017-12-17 イラク:国会選挙の実施に関する論争(1) (al-Quds al-Arabi紙)

イラク:国会選挙の実施に関する論争      ■イラクのスンナ派勢力は避難民300万人の帰還に先立った国会選挙の実施を拒否(1)      【バグダード:アフマド・ファラージー】      スンナ派の主要な政治勢力であるイラク国民勢力連合は15日金曜、約300万の避難民がいる状態では公平な国会選挙は実施できないと表明した。避難民の大半はイラク北部および西部のスンナ派居住地域の出身だという。      イラク政府は、当初2018年4月初旬に予定されていた国会選挙の日程を、2018年5月中旬に定めた 全文をよむ

2017-12-17 イラク:中央政府とクルド自治政府の和解は選挙を待ってから開始 (al-Hayat紙)

■中央政府とクルド自治政府の和解は選挙を待ってから開始      【バグダード:本紙】      政治情勢に詳しい消息筋が本紙に伝えたところによると、イラク中央政府とクルド自治政府は双方とも、両者間の和解につながり得る本格的な交渉を現時点では望んでいない。両政府は、2018年3月に当面実施予定のクルディスタン地域議会選挙及び大統領選挙、そして来年半ばに実施予定のイラク国内総選挙の結果を待ってから、交渉を行いたいと考えている。この総選挙では、イラク中央政府の首相が決定する。      同情報筋は、 全文をよむ

2017-12-17 イスラエル:イスラエルはパレスチナ人の「死刑」を許可する (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルの連立与党はパレスチナ人の「死刑」を許可する法案に合意する      【アナドル通信社】      イスラエルのメディアによれば、イスラエルの連立与党は日曜日(12月17日)夕方、パレスチナ人の作戦実行者に対する「死刑」執行を許可する法案を提出し、議会で投票にかけることを承認したという。      イスラエルの『ハアレツ』紙はホームページ上で、諸政党は法案に合意したこと、またこれがアヴィグドール・リーベルマン国防相の要請によるものだと報じた。リーベルマン国防相はイスラエルにおける死刑 全文をよむ

2017-12-17 イラク:国会選挙の実施に関する論争(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■イラクのスンナ派勢力は避難民300万人の帰還に先立った国会選挙の実施を拒否(2)      スンナ派の界隈では国会選挙の参加の是非をめぐり意見が割れている。(選挙への)主体的な参加が避難民の帰還と解放された街の復興を保証する新たな希望の光と考える者がいる。その一方で、選挙プロセスは公平さを欠いており、投票によって選出される議会と次期イラク政府の閣僚の中でスンナ派を代表する政治ブロックが弱いと視る者もいる。さらに、国民と政治家間の信頼の欠如によって、スンナ派から成る大衆による選挙ボイコットという 全文をよむ

2017-12-16 シリア:米軍戦闘機がブーカマール市近郊のユーフラテス川左岸(東岸)領空に進入したロシア軍戦闘機に対して実弾威嚇射撃 (その他紙)

■米軍戦闘機がブーカマール市近郊のユーフラテス川左岸(東岸)領空に進入したロシア軍戦闘機に対して実弾威嚇射撃(2017年12月14日)   米国防総省のエリック・ペイホン報道官は、米主導の有志連合が、シリア領空でロシア軍戦闘機に対して実弾警告射撃を行ったと発表した。 ペイホン報道官は、米軍のF-22戦闘機2機が13日、ロシア軍Su-25戦闘機2機が、有志連合 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44487      ■米主導の有志連合は12月11~12月14 全文をよむ

2017-12-15 シリア:米主導の有志連合はダーイシュ掃討戦が終わっているはずのダイル・ザウル県東部を爆撃し、民間人20人を殺害 (その他紙)

■ロジャヴァの選挙管理委員会は北シリア民主連邦ジャスィーラ地域の自治体議会の議席配分を発表(2017年12月9日)   西クルディスタン移行期民政局支配下のハサカ県、ラッカ県、アレッポ県各所での北シリア民主連邦自治体(村、町、区、市、郡、地区)議会選挙を監督する選挙管理委員会(最高選挙委員会)は、ハサカ県アームーダー市の本部で、ジャズィー …   http://syriaarabspring.info/?p=44444      ■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表「ロシアはアサド政権に新 全文をよむ

2017-12-15 エジプト:代議員議長、米国によるエルサレムのイスラエル首都認定を批判 (Al-Ahram紙)

■アラブ列国議会同盟にて代議員議長「アメリカのエルサレムのイスラエル首都認定はイスラーム教徒とキリスト教徒の感情をないがしろにする」      【本紙:サーミフ・ラーシーン】      エジプトのアリー・アブデルアール代議員議長は、米国政府によって在イスラエル米大使館をエルサレムに移転するとの決定が発効される直前、エジプト全土は苦痛と悲しみ、そして苦々しさを感じていると強調した。      同議長は昨日モロッコで行われたアラブ列国議会同盟の緊急会議で行った演説の中で、世界最大の国にして和平のパー 全文をよむ

2017-12-14 シリア:首都ダマスカス、ダイル・ザウル県ブーカマール市北のシリア政府支配地域にダーイシュが侵攻 (その他紙)

■トランプ米大統領「我々はシリアとイラクでダーイシュに勝利したが、彼らは他の地位に散らばっている」(2017年12月12日)   ドナルド・トランプ米大統領は、2018年度の防衛予算案に署名に際して、ダーイシュ(イスラーム国)に対する「テロとの戦い」について言及、そのなかで「我々はシリアで勝利した。また我々はイラクで勝利した。しかし、彼らはほかの地 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44418      ■米NSC報道官「ダーイシュを敗北させたとするロシア 全文をよむ

2017-12-14 カイロ:学生選挙が終了。アブドゥルガファール氏:行政首都に海外の大学の支部を設置 (Al-Ahram紙)

■カイロ:本日学生選挙が終了。アブドゥルガッファール氏:行政首都に海外の大学の支部を設置      【カイロ:ヒバ・アリー・ハーフェズ】       本日(12月14日)、国立大学での学生選挙が終わる。選挙により、大学連盟のトップらとその補佐が決まる。       その一方で、ハーリドゥ・アブドゥルガッファール高等教育科学研究省大臣は、高等教育科学研究省が、行政首都に海外の大学の支部設置の拡大を望んでいると明らかにした。これは、高等教育に関する国家戦略の実施と大学間のさらなる多様性、競争力や質の 全文をよむ

2017-12-13 シリア:ロジャヴァ支配下で実施された北シリア民主連邦自治体選挙の詳細な結果発表 (その他紙)

■ロジャヴァの選挙管理委員会は北シリア民主連邦アフリーン地域の自治体議会の議席配分を発表(2017年12月11日)   西クルディスタン移行期民政局支配下のハサカ県、ラッカ県、アレッポ県各所での北シリア民主連邦自治体(村、町、区、市、郡、地区)議会選挙を監督する選挙管理委員会(最高選挙委員会)は、アレッポ県北西部のアフリーン地域における議 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44381      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チー 全文をよむ

2017-12-12 シリア:アル=カーイダ系のシャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動、「穏健反体制派」のアフラール軍、ヌールッディーン・ザンキー運動は、アサド政権とダーイシュに対抗するためファトフ軍再活性化に向 (その他紙)

■米主導の有志連合は12月8~12月10日までの3日間でシリア領内で13回の空爆を実施(2017年12月11日)   米中央軍(CENTCOM)は、12月8~10日の3日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 12月8日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し2回の空爆を実施、このうちシリア領内で ...   http://syriaarabspring.info/?p=44348      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チーム 全文をよむ

2017-12-12 アメリカ:国内で聖地を巡るトランプ氏の決定への抗議デモが継続中 (al-Quds al-Arabi紙)

■国内で聖地を巡るトランプ氏の決定への抗議デモが継続中      【ワシントン:本紙】      アメリカ合衆国内では、一昨日から数千の抗議者がドナルド・エルサレムに関する決定をめぐるトランプ大統領に対する抗議デモに参加している。彼らはパレスチナの旗を振り「パレスチナは自由だ」とのスローガンを繰り返した。      また数百人がサウスフロリダ大学付近に集合した。合衆国が占領地エルサレムの街をイスラエルの首都であると認めるトランプ氏の先日の発表に抗議するためだ。アメリカ・イスラーム関係評議会フロリ 全文をよむ

2017-12-12 パレスチナ:サウジ・ヨルダン首脳会談、トランプの決定がもたらす影響を議論 (al-Hayat紙)

■サウジ・ヨルダン首脳会談、トランプの決定がもたらす影響を議論      【アンマン:ムハンマド・ハイル・ラワーシダ;ブリュッセル:ヌールッディーン・ファリーディー;ラーマッラー:ムハンマド・ユーニス;カイロ:本紙】      トランプがエルサレムをイスラエルの首都に承認した決定に対する反応について協議すべく、昨日(11日)アラブ諸国によるハイレベルの会合が速やかに行われた。ヨルダン政府外交筋が昨日伝えたところによると、アブドゥッラー2世ヨルダン国王は二聖都の守護者サルマーン・ビン・アブドゥルア 全文をよむ

2017-12-11 イスラエル:ネタニヤフ首相 エルサレムのイスラエル首都認定は和平を可能にする (al-Quds al-Arabi紙)

■ネタニヤフ首相:エルサレムのイスラエルの首都認定は和平を可能にする      【ブリュッセル:AFP】      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は月曜(12/11)ブリュッセルにて、ドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都として認定したことは、中東における「平和を可能にする」と表明した。      ネタニヤフ首相は、フェデリカ・モゲリーニEU外相と並び「エルサレムはイスラエルの首都である。誰もこれを否定することは出来ない…これは和平を可能にする。何故なら現実を認めること 全文をよむ

2017-12-11 シリア:シリア軍はアル=カーイダ系のシャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)などと交戦の末、ハマー県北東部の7カ村を制圧 (その他紙)

■シャーム自由人イスラーム運動はダマスカス郊外県東グータ地方での戦果を鼓舞(2017年12月9日)   アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動は、ダマスカス郊外県東グータ地域で継続中の「彼らが不正を働いた」の戦い(11月15日開始)の戦果をインフォグラフィアで発表した。 それによると、約1ヶ月の戦闘で、シリア軍 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44330      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違 全文をよむ

2017-12-10 シリア:シリア政府支配地域と反体制派支配地域の双方でパレスチナ難民とシリア人がトランプ米大統領によるエルサレム首都承認に抗議するデモに参加 (その他紙)

■ダーイシュがダイル・ザウル県でYPG主導のシリア民主軍を奇襲(2017年12月8日)   ダイル・ザウル県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月9日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がウマル油田南部のダルナジュ村でダーイシュ(イスラーム国)の奇襲を受け、隊員15人が死亡した ...   http://syriaarabspring.info/?p=44299      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ 全文をよむ

2017-12-10 シリア:「ダーイシュ」がイドリブに再進出した。 (Al-Ahram紙)

■「ダーイシュ」がイドリブに再進出した。      【ベイルート:AFP】      「イスラーム国」(ダーイシュ)の戦闘員は、シリア北部イドリブ県の一部を再度制圧することに成功した。同派と「シャーム解放委員会」(以前のヌスラ戦線)との武力衝突を受けてのことだ。今回の再制圧は、同派の戦闘員が当地域から追い出されてから約4年ぶりのことである。      「シリア人権監視団」は昨日(土曜日)、「イスラーム国」は「シャーム解放委員会」と衝突した後、バシュクン村を制圧したと述べた。同監視団によれば、同村 全文をよむ

2017-12-10 レバノン:アメリカ大使館移転に対するデモ (al-Hayat紙)

■レバノン治安部隊はアメリカ大使館付近のデモ鎮圧のために催涙ガス弾を使用。      【ベイルート】      レバノンの治安部隊は10日(日曜日)、エルサレムをイスラエルの首都と認めるアメリカのドナルド・トランプ大統領の決定に対するデモの間、在レバノン米大使館付近のデモ隊を解散させるために催涙ガス弾と放水法を使用した。      ベイルート北部のアウカル地域ではデモ参加者が、アメリカ大使館に通じる大通りに展開する治安部隊に向けて放火や投石を行った。一部のデモ参加者はパレスチナの旗を振っていた。 全文をよむ

2017-12-10 アルジェリア:中国から人工衛星を打ち上げ② (Al-Ahram紙)

■アルジェリアは通信や諜報活動への対策として中国から人工衛星を打ち上げ      【アルジェリア:アブドゥッラザーク・ベン・アブドゥッラー】      「NASA Space Flight」は自身のウェブ上で、アルジェリア宇宙庁が今後運営するこの衛星は、「放送サービス、インターネットや電話通信のサービス供給に取り組む」と述べた。      ドイツの専門サイト「Space Sky Rocket」についていえば、この衛星の仕様について詳しい説明している。その中で、「中国で育成されたアルジェリアのエン 全文をよむ

2017-12-09 シリア:米国はトルコへの誓約に反してYPGに新たな軍事支援 (その他紙)

■シリア軍はダイル・ザウル県ユーフラテス川右岸での対ダーイシュ掃討作戦を終了(2017年12月7日)   SANA(12月8日付)は、シリア軍が同盟部隊とともに、ダイル・ザウル県のユーフラテス川右岸(西岸)に残されていたダーイシュ(イスラーム国)の最後の支配地域(27の村と農場)を制圧し、シリア東部における対ダーイシュ掃討作 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44283      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦 全文をよむ

2017-12-09 サウジ:国有地での違法建築問題 (al-Hayat紙)

⬛ジャウフ州の委員会は国有地での違法建築の撤去を開始      【サカーカ:本紙】      ジャウフ州の国有地・違法建築撤去監督委員会はアーイシャ・ウンム・ムウミニーン通りから、キング・サルマーン・ロード東にあるaldressガソリンスタンド間に位置するフェンスやプレハブハウス、プレハブ小屋の撤去を行った。またマグザル・ロータリーからアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアジーズ・ロードを南に下った終点までの道路の両側面でも撤去作業が行われた。      ジャウフ州のアブドゥルアジーズ・ハマワーン報 全文をよむ

2017-12-09 エジプト:テロ集団が混乱を惹起すべく情勢の利用を企図 (Al-Ahram紙)

■テロ集団が混乱を惹起すべく情勢の利用を企図      【ファーティマ・デソウキー、マフムード・ファアード】      国家治安機関は、テロリスト同胞団組織(ムスリム同胞団)に対し痛烈な一撃を加えた。アメリカが自国の安定のために米大使館のエルサレムへの移転を決定したのに乗じて、暴力や混乱を引き起こそうとする同胞団の計画をとん挫させたことを受けての一撃だ。      具体的に言えば、国家治安機関は「ガラーバ運動」傘下のテロ集団の構成員を発見することに成功した。彼らは、金曜礼拝に合わせて、礼拝者の中 全文をよむ

2017-12-09 パレスチナ:アラブとイスラームの怒り、抗議デモ…国際社会は「宗教的過激化」に警告を発する (al-Hayat紙)

■パレスチナ:アラブとイスラームの怒り、抗議デモ…国際社会は「宗教的過激化」に警告を発する      【ワシントン、ロンドン、ラーマッラー、ガザ、カイロ:本紙】      国連は昨日(8日)、ドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都として一方的に承認する宣言を行ったことを受けて安保理緊急会合を開き、「暴力が激化する危険に対する深刻な懸念」を表明した。アラブ世界およびイスラーム世界において怒りが高まり、欧州のパートナー国が異議を唱える中、米政府はトランプ氏の決定がもたらす影響の緩和 全文をよむ

2017-12-08 シリア:エルサレムをめぐるトランプ大統領の決定に対して、ヌスラ戦線はイラン、アサド政権への武装闘争継続を、ヒズブッラーはアラブ・イスラーム諸国に対立解消を呼びかける (その他紙)

■ハマー県東部でシャーム解放委員会とダーイシュが交戦(2017年12月6日)   ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月7日付)によると、県東部のアブー・アウジャ村一帯でシャーム解放委員会とダーイシュ(イスラーム国)が交戦した。   http://syriaarabspring.info/?p=44253      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年12月7日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時 全文をよむ

2017-12-07 シリア:米仏はロシアに対してシリア政府の交渉復帰へ圧力をかけるよう意志表明 (al-Hayat紙)

■米仏両政府、ロシア政府に対してシリア政府の交渉復帰へ圧力をかけるよう意志表明      【ロンドン:本紙】      米仏両政府はロシア政府に対しシリア政府に圧力をかけるよう呼びかけた。これはシリア危機に対する政治的解決の検討を目的とした和平協議を、反体制派統一代表団と再開するためにシリア政府代表団をジュネーブに派遣することを目的としている。シリア政府代表団不在のなか一昨日協議は再開され、ステファン・デ・ミストゥラ国連代表は統一代表団との個別の交渉実施を強いられた。またレックス・ティラーソン米 全文をよむ

2017-12-07 シリア:ロシア軍はYPG主体のシリア民主軍を航空支援、ダイル・ザウル県ユーフラテス川左岸(東岸)を爆撃し、多数の民間人を殺傷 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年12月6日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月6日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県3件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ダマスカス ...   http://syriaarabspring.info/?p=44227      ■ロシア国防省はシリアでのダーイシュに対す 全文をよむ

2017-12-07 モーリタニア:シンゲッティ近代大学理事長が米大使館のエルサレム移転を非難 (al-Quds al-Arabi紙)

■オウルド・バフ理事:エルサレムへの米大使館移転はムスリム15億人の軽蔑を受ける。      【ヌアクショット:本紙】      シンゲッティ近代大学理事長兼イスラーム諸国会議機構(現イスラーム協力機構)元事務局長補佐官のモハメド・ムフタール・オウルド・バフ氏は、駐イスラエル米国大使館をエルサレムに移転するというトランプ政権の決定は、15億人のムスリムから軽蔑を受けると強調した。      エルサレムを擁護する最も著名な学者の一人であるオウルド・バフ氏は、米大使館が移転された場合、これは今回の措 全文をよむ

2017-12-07 パレスチナ:トランプの決定に世界中が懸念、エルサレムの現状の尊重を呼びかける (al-Hayat紙)

■パレスチナ:トランプの決定に世界中が懸念、エルサレムの現状の尊重を呼びかける      【バチカン、エルサレム、ブリュッセル、モスクワ、イスタンブール、リヤド、ベイルート、ロンドン:本紙、AFP、ロイター】      バチカンのフランシスコ・ローマ教皇は昨日(6日)、エルサレムの現状を尊重し「賢明かつ慎重」に行動することを呼びかけた。これは、ドナルド・トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受けてローマ教皇から発せられたものであり、ローマ教皇は聖地に住む「すべての者の権利を 全文をよむ

2017-12-06 シリア:エルドアン大統領が「米国はテロ支援をしている」と批判する一方、米国防総省はシリア駐留を継続すると発表 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年12月5日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月5日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県3件、ラタキア県1件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(ダマスカス県・ダ ...   http://syriaarabspring.info/?p=44195      ■住民帰還を促すため、ダイル・ザウル県シュ 全文をよむ

2017-12-05 シリア:シリア・ロシア両軍、シリア赤新月社、赤十字国際委員会の支援チームがロジャヴァの拠点都市アフリーン市に人道支援物資搬入 (その他紙)

■米主導の有志連合によるイラク・シリアでの空爆による民間人犠牲者の推計は公式発表の7倍以上の5,900人(2017年12月1日)#アメリカ #有志連合 #イラク #シリア   『ニューズウィーク』(12月1日付)は、米主導の有志連合が2014年8月にイラクで、同年9月にシリアで開始したダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆によって「意図せず犠牲となった民間人」の数が、有志連合の発表よりも大幅に …   http://syriaarabspring.info/?p=44163      ■『デイリ 全文をよむ

2017-12-05 イエメン:フーシー派が降伏したサーリフ元大統領を処刑、フーシー派指導者はこれを「歴史的な日」と讃える (al-Hayat紙)

■イエメン:フーシー派が降伏したサーリフ元大統領を処刑、フーシー派指導者はこれを「歴史的な日」と讃える      【リヤド、アデン、ニューヨーク:本紙】      国民全体会議党(GPC)党首を務めるアリー・アブドゥッラー・サーリフ元大統領が、フーシー派により殺害された。フーシー派は先週水曜日(11月29日)まで、事実上の権益を背景にサーリフ元大統領と連携していた。サーリフ元大統領とGPC幹部複数は昨日(4日)午前、3台以下の警護車列で首都サナアを発った。同日正午、クマイム・モール付近サフル通り 全文をよむ

2017-12-04 ヨルダン:政府がICカード・サービスにおける国内企業の入札参加を禁止 (al-Hayat紙)

■ヨルダン:政府がICカード・サービスにおける国内企業の入札参加を禁止      【アンマン:ノーマ・ニアマート】      (ヨルダンの)ICT企業協会「int@j」理事会会長を務めるバッシャール・ハワームダ氏は、ヨルダン通信情報技術省が国民IDカード(ICカード)運用管理サービスの入札参加について、国内企業の参加を拒否し(入札参加)申請を外国企業に限定すると決定したことに対し、協会を代表して遺憾の意を表明した。      ハワームダ会長は同協会のファーディー・クタイシャート書記官、ニダール・ 全文をよむ

2017-12-04 シリア:YPGは、ロシア軍使節団が見守るなか、ダイル・ザウル県ユーフラテス川東岸(左岸)をダーイシュから完全解放したと発表、ロシア軍の支援に謝意 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年12月3日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月3日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(ヒムス県2件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件、イドリブ県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも4 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44138      ■ダルアー県北部で活動していた反体制武装集 全文をよむ

2017-12-03 イスラエル:イスラエル軍がダマスカス郊外県にあるイラン・ヒズブッラーの軍事拠点をミサイル攻撃、シリア軍が迎撃 (その他紙)

■マティス米国防長官「YPGへの武器供与を停止する」(2017年12月1日)#シリア #アメリカ #クルド   ジェームズ・マティス米国防長官は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊(YPG)に対する武器供与を停止する意思を示した。 マティス国防長官は、エジプトの首都カイロに向かう途中の機内で、記者団に対して、「YPGは武装し ...   http://syriaarabspring.info/?p=44113      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは1件 全文をよむ

2017-12-02 シリア:ジュネーブ8会議第1ラウンド閉幕。シリア政府代表団はリヤド2会合の閉幕声明が撤回されなければ直接協議を行わないと主張するとともに、デミストゥラ氏を「職権の範囲を超えている」と批判 (その他紙)

■YPG主体のシリア民主軍がダイル・ザウル県の部族長と会合を開き、難民・避難民問題などを協議(2017年11月30日)   ANHA(12月1日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、ダイル・ザウル県(詳細な場所は不明)でバカーラ部族、アカイダート部族の部族長や名士と会合を開き、ダーイシュ(イスラーム国)の ...   http://syriaarabspring.info/?p=44075      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督 全文をよむ

2017-12-01 シリア:米海兵隊、ロシア空軍は撤退を準備、トルコ軍はバーブへの特殊部隊派遣を決定、中国特殊部隊はタルトゥースに到着 (その他紙)

■米主導の有志連合はシリア空爆で「意図せず死亡したとされる民間人」は2017年10月末の段階で1,790人、撃ち死亡が確認されたのは801人と発表(2017年11月30日)   有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、民間人犠牲者調査チーム(Civilian Casualty Assessment Team)が2017年10月から11月初めにかけて、作戦地域(シリアおよびイ ...   http://syriaarabspring.info/?p=44044      ■ロ 全文をよむ

2017-11-30 エジプト:スィースィー大統領が軍に対し3か月でシナイ半島のテロリストを殲滅するよう指示 (al-Hayat紙)

■エジプト:スィースィー大統領が軍に対し3か月でシナイ半島のテロリストを殲滅するよう指示      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は軍に対し、3か月以内にシナイ半島のテロリストを殲滅するよう指示した。同大統領は軍参謀長のムハンマド・ファリード・ヒジャーズィー中将に対し、目的達成のために「容赦ない暴力を行使して過激派対処にあたる」ことを許可した。      預言者生誕祭を祝う公式行事でのスピーチで、大統領がこのような任務を期限付きで 全文をよむ

2017-11-30 シリア:ロシアはアサド政権の許可を経ない反体制派およびロジャヴァ支配地域へ人道支援継続に難色 (その他紙)

■アレッポ県アフリーン市近郊の国境地帯でYPGとトルコ軍が交戦(2017年11月28日)   アレッポ県では、CNN Turk(11月29日付)などによると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊が28日深夜、アフリーン市近郊の国境地帯に設置されているトルコ軍の陣地に向かって発砲、トルコ軍兵士1人が負傷した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=44016      ■シリア政府はロシアによる東グータ地方での2日間の停戦に合意(2017年11月28日)   全文をよむ

2017-11-30 イラク:米軍がキルクーク西部に集結する (al-Hayat紙)

■米軍がキルクーク西部に集結する      【本紙:バグダード】      イラク連邦議会でキルクーク選出のクルド人議員は、有志連合の米軍が同県へ到着したと明らかにした。一方で複数の政府筋は、キルクークの紛争当事者が高官の解任と新地元政府の発足に関して「基本」合意に達したと強調した。      「クルディスタン同盟ブロック」のムハンマド・ウスマーン議員は昨日(11月29日)出した声明で、「米軍がキルクークに入り、同県北西部の「K1」軍事基地に駐留した」と述べた。一方で、「米軍にはキルクークでのイ 全文をよむ

2017-11-29 シリア:アル=カーイダのザワーヒリー指導者はヌスラ戦線がアル=カーイダとの関係を絶ったことを認めずに批判 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年11月28日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月28日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県1件、ラタキア県1件、ヒムス県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ ...   http://syriaarabspring.info/?p=43984      ■シリア赤新月社と国連の支援チームが東グ 全文をよむ

2017-11-29 イエメン:イエメン危機の解決に向けロンドンで五者協議 (al-Hayat紙)

■イエメン:イエメン危機の解決に向けロンドンで五者協議      【リヤド:アブカル・シャリーフ、ロンドン:本紙】      イエメン情勢について協議するための五者協議が昨日(28日)、外務・英連邦省で行われた。協議はボリス・ジョンソン英国外務・英連邦大臣の呼びかけで実施され、同大臣が議長を務めた。協議にはアーディル・アル=ジュベイル・サウジアラビア王国外務大臣、アブドゥッラー・ビン・ザーイド・アラブ首長国連邦(UAE)外務・国際協力大臣、ユーセフ・ビン・アラウィー・アブドゥッラー・オマーン国外 全文をよむ

2017-11-28 シリア:シリア政府はリヤド2会合の閉幕声明に疑義を呈し、28日開幕予定のジュネーブ8会議に参加予定の代表団のスイス渡航を延期 (その他紙)

■米主導の有志連合は20~26日の7日間でシリア領内で13回の空爆を実施(2017年11月27日)   米中央軍(CENTCOM)は、11月20~23日の4日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 11月20日は、シリア領内での空爆は1回で、ブーカマール市近郊に対して行われた。イラク領内で空 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43961      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは0件の停戦違 全文をよむ

2017-11-28 イラク:イラク国民同盟は、クルディスタン地域政府がイラク最高裁決定を承認する義務を強調 (al-Sabah al-Jadid紙)

■「イラク国民同盟」:クルディスタン地域には最高裁の決定を承認し、住民投票の結果を取り消す義務がある。      【バグダード:本紙】       イラク国民同盟は昨日(火曜11月28日)、住民投票危機の解決に係るクルディスタン地域との交渉に反抗する二つの障害の存在を強調した。また対話が発表されたことは、イラク連邦政府による係争地や国境地帯、空港の放棄を意味しないと説明し、それらの問題は終結したこと、さらにこれに対する反駁は、最高裁判所の門扉を通してのみ可能であると強調した。        また 全文をよむ

2017-11-27 シリア:YPG主体のシリア民主軍の政治母体「シリア民主評議会」の共同議長「内戦が終わったら、シリア民主軍はシリア軍に加わる」 (その他紙)

■シリア人権監視団:シリア内戦での死者推計が34万人を超える(2017年11月25日)   英国で活動する反体制NGOのシリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、AFP(11月25日付)に対して、シリア内戦の死者推計が34万人を超えたことを明らかにした アブドゥッラフマーン代表によると、2011年 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43923      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ 全文をよむ

2017-11-27 サウジアラビア:ムハンマド皇太子「テロはイスラームの名を汚した」 (al-Hayat紙)

■サウジアラビア:ムハンマド皇太子「テロはイスラームの名を汚した」      【リヤド:アブカル・シャリーフ】      サウジアラビア副首相兼国防大臣のムハンマド・ビン・サルマーン皇太子は、テロが成す最大の脅威はイスラームの名を汚しムスリムの信仰を歪めることであると述べ、テロリストを追い詰め地球上から消滅させることを強調した。      ムハンマド皇太子は昨日(26日)リヤドで開かれた対テロイスラーム軍事同盟第1回国防相会議の開会スピーチで、「テロや過激主義が成す最大の脅威は罪のない人々の殺害 全文をよむ

2017-11-26 エジプト:シナイ半島の部族がダーイシュへの報復を掲げて団結 (al-Hayat紙)

■エジプト:シナイ半島の部族がダーイシュへの報復を掲げて団結      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      シナイ半島北部におけるテロとの闘いの当事者らは昨日(25日)、ビイル・アブドにあるラウダ村のモスクで起きた虐殺事件を受け、状況を再度見直す準備に入る姿勢を見せた。当局の発表によると、事件の犠牲者は死者305人、負傷者128人に上った。シナイ半島の部族の長老・指導者らの間で連絡・調整が行われ、地域の過激派武装組織に対処するため一致団結しようとする試みがなされた。また、シナイ半島で武装 全文をよむ

2017-11-26 イエメン:国際医療救援がサヌア国際空港に到着 (al-Hayat紙)

■国際医療救援がサヌア空港に到着      【ジュネーブ、サヌア、アデン:本紙、ロイター】      国連職員らが語ったところによると、昨日(25日)イエメンの首都サヌアの空港に人道支援スタッフが医療物資とともに到着した。国際救援の現場で活動する組織は、支援物資の搬入を許可したアラブ連合軍の決定を歓迎した。      国連児童基金(ユニセフ)は、到着した便の一つに「15トン以上」のワクチンが積まれており、これにより約60万人の子供たちにジフテリアや破傷風、その他の病気のワクチンを打つことができる 全文をよむ

2017-11-26 シリア:エルドアン大統領は、アサド政権と協議せずにロジャヴァに越境攻撃しないと、プーチン大統領、ロウハーニー大統領に約束 (その他紙)

■最高交渉委員会幹部のシハーブッディーン氏がリヤド2会合長後に脱会を宣言(2017年11月24日)   ドゥラル・シャーミーヤ(11月25日付)によると、最高交渉委員会の幹部の一人ハーリド・シハーブッディーン氏が脱会を宣言した。 脱会の理由に関して、シハーブッディーン氏は、サウジアラビアの首都リヤドで開催された反体制派全体 .   http://syriaarabspring.info/?p=43897      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を 全文をよむ

2017-11-25 シリア:ロシア、トルコ、イランがシリア諸国民大会に参加する反対派を人選 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は9件の違反を確認(2017年11月24日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月24日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県3件、ラタキア県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム ...   http://syriaarabspring.info/?p=43874      ■ロシア軍戦略爆撃機がダイル・ザウル県の 全文をよむ

2017-11-24 シリア:反体制派全体会合(リヤド2会合)は、反体制派統合を実現しないまま、移行期開始前のアサド政権退陣とイランの役割を拒否して閉幕 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年11月23日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月23日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(アレッポ県5件、ラタキア県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム ...   http://syriaarabspring.info/?p=43845      ■ロシア空軍長距離戦略爆撃機Tu-22M 全文をよむ

2017-11-24 パレスチナ:カイロでの「失望」に満ちた対話を受けパレスチナ人の間に衝撃と怒りが広がる (al-Hayat紙)

■パレスチナ:カイロでの「失望」に満ちた対話を受けパレスチナ人の間に衝撃と怒りが広がる      【ガザ:ファトゥヒー・サッバーフ】      ガザ地区の住民をはじめとするパレスチナの人々は、カイロで行われたファタハとハマースを含む様々なグループ間の対話で何ら特筆すべき結果が得られなかったことに対し、大きな衝撃と怒りを覚えた。      13のグループの代表者らは、今週の火曜日(21日)から水曜日(22日)にかけて20時間以上を費やし、カイロにあるエジプト総合諜報庁本部で対話を行った。その後4ペ 全文をよむ

2017-11-23 シリア:プーチン大統領、ロウハーニー大統領、エルドアン大統領はPYDを排除したかたちでシリア政府と反体制派の和平に向けた「シリア諸国民大会」を開催することで合意 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは1件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年11月22日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月22日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を1件(アレッポ県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県)の停戦違反を確認 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43818      ■シリア軍はマヤーディーン市・ブーカマー 全文をよむ

2017-11-23 エジプト:トルコ政府が「ムスリム同胞団」の権力奪取を計画していたと非難 (al-Hayat紙)

■エジプト政府はトルコ政府が「ムスリム同胞団」の権力奪取を計画していたと非難      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      エジプト政府は、トルコの国家情報機構(MiT)が、国際組織「ムスリム同胞団」とエジプトにおいて権力を奪取する計画にについて合意したと公式に非難した。エジプトの総合情報局は、トルコとの「情報をやり取りするネットワーク」を作ったとの容疑で29人を逮捕したが、それ以外のメンバーらは逃亡した。      エジプトのナビール・サーディク検察総長は昨日、「この計画」の様相の一部 全文をよむ

2017-11-22 シリア:ソチでのロシア・イラン・トルコの首脳会談、リヤドでの反体制派全体会合を前にアサド大統領がロシアを電撃訪問、「シリア諸国民大会」について協議 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は10件の違反を確認(2017年11月21日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月21日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県3件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも10件(アレッ ...   http://syriaarabspring.info/?p=43772      ■アサド大統領が電撃訪問したソチで、ロ 全文をよむ

2017-11-22 パレスチナ:内部対話がカイロで始動、「不穏な」空気が漂う (al-Hayat紙)

■パレスチナ:内部対話がカイロで始動、「不穏な」空気が漂う      【ガザ:ファトゥヒー・サッバーフ】      包括的パレスチナ国民対話の新たな会合が昨日(21日)カイロで始まり、いくつかの政治課題やその実施メカニズムにつき協議が行われた。話し合いは、ファタハとハマースの両組織が激しく対立する中、先月(10月)の12日に結ばれた合意に基づき行われた。      初回の会合はエジプト総合諜報庁のマズハル・イーサー少将によって開かれ、13のパレスチナ人グループの代表団が出席した。これらのグループ 全文をよむ

2017-11-21 シリア:反体制派全体会合を目前に、西側が支援してきた最高交渉委員会の幹部が続々離反 (その他紙)

■米主導の有志連合は17~19日までの3日間での空爆実績を発表、初めて空爆を実施しなかったことを明らかにする(2017年11月20日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月17~19日の3日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 11月17日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し9回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43742      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員 全文をよむ

2017-11-20 シリア:シリア軍はシリア国内におけるダーイシュ最後の拠点ブーカマール市を再び完全制圧 (その他紙)

■ハリーリー首相はサウジアラビアからフランスへ(2017年11月18日)   フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、辞意表明(11月4日)後でサウジアラビアで軟禁されていると噂されていたサアド・ハリーリー首相夫妻がパリに到着したのを受け、同首相を出迎え会談した。 パリ訪問はマクロン大統領の招待 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43718      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反 全文をよむ

2017-11-19 シリア:日本は国連とOPCWの合同査察機構(JIM)の任期を30日延長する決議案を提出するも、ロシアが拒否権を発動、シリアでの化学兵器使用疑惑調査はこれにて幕引き (その他紙)

■日本は国連とOPCWの合同査察機構(JIM)の任期を30日延長する決議案を提出するも、ロシアが拒否権を発動、JIMは任期を終える(2017年11月17日)   国連安保理で、シリアでの化学兵器使用に関する調査を行う国連および化学兵器禁止機関(OPCW)の合同査察機構(Joint Investigation Mechanism、JIM)の任期(2017年11月18日)延長に関して ...   http://syriaarabspring.info/?p=43696      ■ロシア国防省:ロシ 全文をよむ

2017-11-19 【社説】パレスチナ:パレスチナ人をサウジ・イラン間の対立の中に投げ入れる (その他紙)

■パレスチナ:パレスチナ人をサウジ・イラン間の対立の中に投げ込む      【アル=アラビー・アル=ジャディード紙:フッサーム・カナファーニー】      アラブ諸国、中東地域、国際社会がレバノンのサアド・アル=ハリーリー首相をめぐる問題、および同首相の辞任と彼がリヤドにいる話に注意を惹きつけられる中、同時期にパレスチナのマフムード・アッバース大統領がリヤドを訪問し、ムハンマド・ビンサルマーン皇太子と会談を行ったことは、メディアの目に留まることなく何事もなかったかのようにさっと過ぎ去っていった。 全文をよむ

2017-11-18 シリア:トルコ軍の支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室(いわゆる自由シリア軍)は支配地域へのシリア赤新月社、国連、赤十字国際委員会の人道支援を拒否 (その他紙)

■米主導の有志連合は13~16日までの4日間でダイル・ザウル市近郊などに13回の空爆を実施(2017年11月17日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月13~16日の4日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 11月13日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し7回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43671      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チ 全文をよむ

2017-11-18 パレスチナ:米政府がワシントンのパレスチナ代表部閉鎖を警告 (al-Hayat紙)

■パレスチナ:米政府がワシントンのパレスチナ代表部閉鎖を警告      【ワシントン、ドバイ:AP通信、本紙】      ドナルド・トランプ米大統領政権は昨日(金曜日)ワシントンのパレスチナ代表部に対し、米政府が中東の和平合意を推進する中、パレスチナがイスラエルとの和平交渉に本気で応じなければ、90日以内に(ワシントンにある)同代表部の事務所を閉鎖する意向を伝えた。      米国務省当局者が語ったところによると、レックス・ティラーソン国務長官は、パレスチナが国際刑事裁判所(ICC)にイスラエル 全文をよむ

2017-11-17 シリア:国連安保理はシリアでの化学兵器使用調査のための国連・POCW合同査察機構の任期延長に失敗 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2017年11月16日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を1件(アレッポ県)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも5件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県)の停戦違反を確認 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43635      ■「シリア革命の首都」とされたヒムス市中 全文をよむ

2017-11-16 シリア:トルコの謀略でYPG主体のシリア民主軍報道官が離反する一方、有志連合報道官はトルコとシリア民主軍が交戦した場合、後者を支援しないと明言 (その他紙)

■米主導の有志連合報道官はトルコとYPG主体のシリア民主軍が交戦した場合、後者を支援しないと明言(2017年11月14日)   米主導の有志連合のライアン・ディロン報道官(大佐)は、西クルディスタン移行期民政局の支配地域であるアレッポ県北西部のアフリーン市一帯に対して、『デイリー・サバフ』(11月14日付)に対して、同県西部やイドリブ県北東部にト ...   http://syriaarabspring.info/?p=43590      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側 全文をよむ

2017-11-16 シリア:アメリカ軍の駐留をロシア政府が非難 (al-Watan紙)

■クルド民主統一党は占領継続を要求-プシュコフ議員「アメリカ人のただのひとりにも、シリア国内に駐留する権利は与えられていない」      【各種報道】      ロシア政府はシリア国内の米軍駐留に関するアメリカのジェームズ・マティス国防長官の最新の発表を再度批難し、アメリカ人には誰一人としてシリア国内に駐屯する権利は与えられていないと強調した。一方、クルド民主統一党はシリア国内におけるアメリカの占領継続を求めた。      ロシアの通信社「スプートニク」が伝えたところによると、ロシアのアレクセイ 全文をよむ

2017-11-15 シリア:ロシア・トルコ首脳会談の翌日、両国は米国がシリア国内でダーイシュを支援しているとそろって非難 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年11月14日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月14日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(アレッポ県2件、ヒムス県2件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも ...   http://syriaarabspring.info/?p=43555      ■ダマスカス郊外県、ハマー県などでシリア 全文をよむ

2017-11-14 シリア:ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が会談、ロジャヴァの拠点都市アフリーン市の処遇などについて協議 (その他紙)

■世界ロボット・オリンピックでシリアの学生チームが3位を受賞(2017年11月12日)#シリア   コスタリカのサンホセで11月10日から開催されていた世界ロボット・オリンピック(WRO)の「オープン・カテゴリー」上級グループでシリアの学生チームが3位を受賞した。 WROは、世界50か国以上の小中高校生が競う自律型ロボ ...   http://syriaarabspring.info/?p=43528      ■米主導の有志連合は1週間ぶりにシリア、イラクでの空爆実績を発表、12日までの7日 全文をよむ

2017-11-13 シリア:シリア軍のブーカマール市喪失の原因は「地雷と撮影班」 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年11月12日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月12日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県4件、ラタキア県1件、ヒムス県1件、ダルアー県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表し ...   http://syriaarabspring.info/?p=43499      ■シリア軍はラフマーン軍団支配下のダマ 全文をよむ

2017-11-12 シリア:反体制派内の外国人イスラーム過激派はアル=カーイダ系武装集団どうしの対立に中立を表明 (その他紙)

■BBC:イランが首都ダマスカスの南部に軍事施設を建設(2017年11月10日)   BBC(11月10日付)は、イランが首都ダマスカス県の南部に軍事私設を建設していると伝え、その衛星画像を公開した。 この軍事私設は、2017年1月から10月までの間に、ダマスカス郊外県キスワ市郊外にあるシリア軍基地内に建 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43475      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を、トルコ側は 全文をよむ

2017-11-11 シリア:ブーカマール市内でイラク人民動員隊とヒズブッラーが交戦する一方、ダーイシュは同市の40%をシリア軍から奪還 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年11月10日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月10日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を10件(アレッポ県9件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2件(ダマスカス県・ダマスカス郊外 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43440      ■YPG主体のシリア民主軍はシリア政府 全文をよむ

2017-11-10 シリア:YPG主体のシリア民主軍報道官はシリア軍によるブーカマール市制圧を受けて「解放した地域をいかなる勢力にも譲歩しない」と表明 (その他紙)

■カナダのマッケナ環境大臣はシリアのパリ協定批准に祝意を表明した同国環境省のツイートについて謝罪「私はアサド政権が行っている犯罪行為を誰よりも良く知っています」(2017年11月8日)   カナダのキャサリン・マッケナ環境気候変動担当大臣は、同国環境省がツイッターの公式アカウントで、ボンでのCOP23でパリ協定への批准をシリア政府が表明したことに「カナダは…シリアに祝意を示す」と書き込んだことに関して、自身 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43415   全文をよむ

2017-11-09 サウジアラビア:反汚職キャンペーンで容疑者逮捕続く (al-Hayat紙)

■反汚職キャンペーンで容疑者逮捕続く      【リヤド:本紙】      サウジアラビアでの汚職問題をめぐって容疑者の逮捕が依然として続いている。汚職撲滅最高委員会の捜査を通じてさらなる容疑者逮捕が行われ、その動きは同国の(前職・現職の)大臣や大物官僚に加え、複数の政府機関の局長や下級官僚にまで及んでいる。      一方、逮捕者らは、資金洗浄、贈賄、横領、個人的利益のための職権乱用の容疑を向けられている。ロイター通信は、地方銀行幹部の話として、サウジアラビア通貨庁(SAMA)が、銀行に対して 全文をよむ

2017-11-09 シリア:シリア・イラク両軍がユーフラテス河畔国境地帯で歓喜の対面を果たすなか、米軍はダーイシュ戦闘員をなぜか同地からヘリで連行 (その他紙)

■シャーム解放委員会はイドリブ県でダーイシュの拠点を急襲し、4人殺害(2017年11月8日)   イドリブ県では、イバー通信(11月8日付)によると、シャーム解放委員会の治安局がナイラブ村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を急襲し、メンバー4人を殺害した。   http://syriaarabspring.info/?p=43359      ■シリアはCOP23でパリ協定批准を表明、非批准国は米国のみに(2017年11月7日)   ドイツのボンで開かれている第23回国連気候変動枠組み条約締結国 全文をよむ

2017-11-09 サウジアラビア:ワリード・ビン・タラール王子、逮捕前のジャーナリストへのメッセージ (al-Quds al-Arabi紙)

ハーシャクジー:ワリード・ビン・タラール王子は逮捕される数日前、「ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子と共にサウジアラビアを築く」ため、自分に帰国を呼びかけた。      【本紙】       サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマール・ハーシャクジー氏は大富豪のワリード・ビン・タラール王子と彼の逮捕数日前にメッセージを交わしたことを明らかにした。同王子は、ハーシャクジー氏がワシントン・ポスト紙で発表したサウジアラビア王国の現状に関する記事について同氏を非難した後、最終的にはサウジへの帰国を呼びか 全文をよむ

2017-11-08 シリア:トルキスタン・イスラーム党は軍事パレードの映像を公開し、中国を非難 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年11月7日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月7日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(アレッポ県7件、ヒムス県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43323      ■アサド大統領は、シリア訪問中のイランのヴ 全文をよむ

2017-11-07 ヨルダン:金融事件を解決するための司法局 (al-Hayat紙)

ヨルダン:財政問題を解決するための司法経済局      【アンマン:ノルマー・ニウマート】      ヨルダンでは専門の経済司法局の設置が必須となった。その背後には、現在、とりわけ世界的な諸金融危機の後に発生した経済や財政問題の増加と拡大がある。これら金融危機はほとんどの国の経済を疲弊させ、ヨルダンもその影響を受けた。危機の結果として、事業主、証券会社、有限会社などの企業の間で経済的、財政的な対立が発生した。      経済局の設置に関して、アンマン商工会議所のイーサー・ハイダル・ムラード氏は、 全文をよむ

2017-11-07 イラク:イラク軍地上部隊と人民動員隊がダーイシュ掃討のためアンバール県に隣接するシリア領内に進攻 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月3日、ダイル・ザウル市などに対して4回の空爆を実施(2017年11月6日)   米中央軍(CENTCOM)は、11月3日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して15回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43294      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦 全文をよむ

2017-11-06 シリア:シリア・イラク両軍はダーイシュ最後の拠点ブーカマール市を挟撃 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年11月5日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月5日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を5件(ラタキア県1件、ヒムス県3件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43272      ■ロジャヴァ支配下のマンビジュ市(アレッポ 全文をよむ

2017-11-05 シリア:イラク人民動員隊(ヒズブッラー大隊)はブーカマール市(ダイル・ザウル県)でのダーイシュに対する戦いに参加すると表明 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年11月4日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(11月4日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(アレッポ県5件、ハマー県1件、ヒムス県1件、クナイトラ県1件、ダルアー県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43251      ■ロシア空軍の長距離戦略爆撃機がダイル・ザ 全文をよむ

2017-11-04 シリア:シリア軍がダイル・ザウル市をダーイシュから完全解放する一方、アル=カーイダはイスラエル占領下のゴラン高原に隣接する地域で攻撃を激化 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月2日、ダイル・ザウル市などに対して9回の空爆を実施(2017年11月3日)   米中央軍(CENTCOM)は、11月2日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して13回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43221      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停 全文をよむ

2017-11-03 シリア:イスラエルのカッツ諜報大臣「ヒズブッラーへの武器密輸は我々にとってレッド・ライン」 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月1日、ダイル・ザウル市などに対して5回の空爆を実施(2017年11月2日)   米中央軍(CENTCOM)は、11月1日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して11回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43198      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦 全文をよむ

2017-11-02 パレスチナ:ハマースがファタハにガザ地区内の通行所を引き渡す (al-Hayat紙)

■パレスチナ自治政府はガザ地区の通行所を移譲される…ハマースは「憤慨」      【ガザ:ファトフィー・サッバーフ、ラマッラー:ムハンマド・ユーヌス】      「勝者」の微笑みを浮かべながら、パレスチナ自治政府高官は昨日、ガザ地区内の通行所、すなわち、エジプトに面するラファ通行所、イスラエルに面するケレム・シャロム通商通行所(ガザ地区南部)、そして同じくイスラエルに面するバイト・ハーヌーン(エレツ)通行所(ガザ地区北部)を移譲された。      とくにラファ通行所では、パレスチナとエジプトの旗 全文をよむ

2017-11-02 クウェート:腐敗のない新政府の樹立に向けた議論 (al-Hayat紙)

■クウェート議会の「協力」は、「清廉」な政府の樹立次第      【ドバイ:本紙】      クウェートの国会議員らは、新政府の組閣をめぐる協議に先立って、有能で、次の段階で困難に対応できる人物を閣僚に指名することを要求した。大臣の選出が、議会と政府の関係を協力に向かわせるか、緊張に向かわせるかを左右するのは明らかであるという。      クウェートの地元メディアは、ジャービル・ムバーラク首相に向けられたサファ・ハーシム議員の言として、以下のように伝えた。「あなたは、サバーフ・アフマド・ジャービ 全文をよむ

2017-11-02 シリア:反体制武装集団、シリア国民連合、リヤド・プラットフォーム、カイロ・プラットフォームは「シリア国民大会」への参加を拒否 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月31日、ダイル・ザウル市などに対して8回の空爆を実施(2017年11月1日)   米中央軍(CENTCOM)は、11月31日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して13回の空爆を実施、このうちシリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=43150      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停 全文をよむ

2017-11-01 シリア:アスタナ7会議はロシア提案の「シリア国民大会」開催で合意 (その他紙)

■米主導の有志連合は10月30日、ダイル・ザウル市などに対して1回の空爆を実施(2017年10月31日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月30日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して8回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43129      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の 全文をよむ

2017-10-31 シリア:アスタナ7会議開幕の傍らでロシアのプーチン大統領提案の「シリア国民大会」は11月のソチでの開催に向け準備が進む (その他紙)

■米主導の有志連合は10月27日、ダイル・ザウル市に対して1回の空爆を実施(2017年10月28日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月27日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して8回の空爆を実施、このうちシリア領 …   http://syriaarabspring.info/?p=43093      ■米主導の有志連合は10月28~29日、ダイル・ザウル市に対して1回の空爆を実施 全文をよむ

2017-10-30 シリア:アスタナ7会議には、停戦を拒否してきたアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動を含む反体制武装集団の代表団が参加 (その他紙)

■アレッポ市西部でシャーム軍団とシリア軍が交戦(2017年10月28日)   アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月29日付)によると、シャーム軍団がアレッポ市西部郊外のラーシディーン地区でシリア軍と交戦した。   http://syriaarabspring.info/?p=43070      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年10月29日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(10月29 全文をよむ

2017-10-29 シリア:ダルアー県のパレスチナ難民、ゴラン高原避難者が反体制派支配地域の住民と分け隔てのない支援を求めてデモ (その他紙)

■ダルアー県のパレスチナ難民、ゴラン高原避難者が反体制派支配地域の住民と分け隔てのない支援を求めてデモ(2017年10月27日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(10月28日付)によると、ダルアー・パレスチナ難民キャンプに身を寄せるパレスチナ人やゴラン高原出身者がデモを行い、キャンプ住民とダルアー県内の反体制派支配地域に分け隔てのない人道支 ...   http://syriaarabspring.info/?p=43050      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロ 全文をよむ

2017-10-28 シリア:国連とOPCWの合同調査機構(JIM)は報告書で4月のハーン・シャイフーン市でシリア軍が化学兵器(サリン・ガス)を使用したと断定 (その他紙)

■ダイル・ザウル県から敗走してきたダーイシュの外国人司令官5人とその家族がシリア民主軍テロ撲滅部隊に投降(2017年10月25日)   ANHA(10月27日付)は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が「ユーフラテスの嵐」作戦を続行するダイル・ザウル県でのから敗走したダーイシュ(イスラーム国)の外国人司令官5人とその家族が、シリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=43018      ■米主導の有志連合は10月26日、ダイル・ザウ 全文をよむ

2017-10-27 ティラーソン米国務長官「アサド政権崩壊は時間の問題!!!…アサド軍の戦果はロシアの支援なしには実現せず、イランの勝利を意味しない」 (その他紙)

■米主導の有志連合は10月25日、ダイル・ザウル市などに対して7回の空爆を実施(2017年10月26日)      http://syriaarabspring.info/?p=42985      ■米主導の有志連合の空爆で死亡したとされる民間人の数は1,266人に(2017年10月26日)      http://syriaarabspring.info/?p=42987      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認 全文をよむ

2017-10-26 イラク:アバーディー政権は石油利権からのクルディスタン自治政府排除を狙う (al-Hayat紙)

■イラク政府は石油利権からのクルドの排除を狙う      【バグダード:本紙】      イラク政府は、クルディスタン自治政府との交渉開始を前に、係争地における石油管理の支配権を再び獲得し、トルコの協力のもとクルド人を排除しようとしている。一方、クルディスタンの高官らは、11月初めの任期満了を控えるマスウード・バールザーニー議長勇退の雰囲気を醸成しようとしている。      9月25日に行われた独立の是非を問うクルド人の住民投票が引き起こした危機は、イラク政府とトルコ政府を接近させた。イラクのハ 全文をよむ

2017-10-26 エジプト:険しい地形 襲撃関係者の追跡困難 (al-Hayat紙)

■険しい地形によりバハレイヤオアシス襲撃の関係者の追跡が困難に      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      エジプト治安部隊は西方砂漠で作戦を継続している。バハレイヤ・オアシス(首都西南350キロに位置)での衝突に関与した武装勢力を追跡するためだ。この衝突で、内務省の特殊部隊に所属する将校と兵士が計16人死亡し、過激派武装勢力側は15人が死傷した。特殊部隊は同地域にある複数の洞窟を襲撃した。      今般の衝突は、先週金曜(20日)、治安部隊がテロリストの潜伏拠点に対する襲撃地点に到着 全文をよむ

2017-10-26 シリア:ロシアが提案したシリア国民大会には1,500人が出席する (その他紙)

■イドリブ県でシャーム自由人イスラーム運動、シャーム軍団メンバーが相次いで暗殺(2017年10月24日)      http://syriaarabspring.info/?p=42963      ■米主導の有志連合は10月24日、ダイル・ザウル市に対して2回の空爆を実施(2017年10月25日)#シリア #イスラーム国 #有志連合      http://syriaarabspring.info/?p=42965      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7 全文をよむ

2017-10-25 シリア:米主導の有志連合と思われる戦闘機がダイル・ザウル市内のシリア政府支配地域を爆撃し14人が死亡、米国は関与を否定 (その他紙)

■スワイダー県で親政権武装集団がアスラハ村を襲撃し、1人死亡(2017年10月23日)   スワイダー県では、クッルナー・シュラカー(10月24日付)によると、「アシャーウィシュ」を名乗るサアラ村の親政権武装集団がアスラハ村を襲撃し、住民と交戦、1人が死亡、2人が負傷した。   http://syriaarabspring.info/?p=42924      ■トルコ軍の車列がアレッポ県西部の監視拠点の交替要員や物資を輸送するためにシリア領内に進入(2017年10月23日)   クッルナー・シ 全文をよむ

2017-10-24 イスラエル:ネタニヤフ首相への捜査を禁じる新法案の制定に失敗 (al-Hayat紙)

■与党リクードが首相への捜査を禁じる新法案の制定に失敗      【ナザレ:アスアド・タルハミー】      イスラエル政府のアビハイ・マンデルブリト司法長官は、ベンヤミン・ネタニヤフ首相と彼の率いるリクード党に「一撃」を与えた。同長官は、リクード党議員が提出した、首相が在任中は警察が首相に対して捜査しないように規定する新しい法案(フランスと台湾における法と同様)を拒否した。また、同長官は、これは違憲であり、法の支配の原則と全ての人々の平等の原則に著しく抵触するとみなした。シャイ・ニッツァン検事 全文をよむ

2017-10-24 シリア:有志連合支配地域でダーイシュが「障害なく」に往来するなか、シリア民主軍は「交渉」によりユーフラテス川左岸からダーイシュを撤退させることに成功 (その他紙)

■米主導の有志連合の警告を受け、シリア軍はタンフ国境通行所に近い国境監視所6カ所から撤退(2017年10月22日)   ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(10月22日付)によると、米国など有志連合諸国が不法に占拠し、拠点化しているタンフ国境通行所に近い拠点複数カ所から、シリア軍部隊が撤退した。 シリア軍は最近になってタンフ国境通行所か ...   http://syriaarabspring.info/?p=42892      ■ハマー県東部でシャーム解放委員会の司令官が爆死(2017年1 全文をよむ

2017-10-24 イラク:クルド3政党がクルディスタン地域の大統領職解任を要求 (al-Sabah al-Jadid紙)

■クルド3政党がクルディスタン地域の大統領職解任を要求している      【バグダード:本紙】         ゴラン運動とクルド・イスラーム団、さらにバルハム・サーリフ氏を党首とする民主主義と正義のための同盟は、10月24日火曜日の共同声明で、「現在、マスウード・バルザーニ・クルディスタン地域大統領が占有している」同地域の執政機関の解体と、法律に従って関係諸機関に執政権を付与することを要求した。       上記3政党は、同声明で、「政治過程の軌道を正し、キルクーク、トゥーズ・フールマートゥー 全文をよむ

2017-10-23 シリア:YPG主体のシリア民主党はシリア最大の油田をダーイシュから解放 (その他紙)

■フランスのル・ドリアン外務大臣はラッカ市での人道支援のため1,500万ユーロの支援を行うと発表(2017年10月21日)   フランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン外務大臣は、20日に西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が解放を正式に宣言したラッカ市に対して、1,500万ユーロ相当の追加支援を行い、同地への食料物資、飲料水の ...   http://syriaarabspring.info/?p=42864      ■ロシア軍はシャーム解放委員会がダーイシュから奪還した 全文をよむ

2017-10-22 シリア:イスラエル軍が再びクナイトラ県のシリア軍拠点を砲撃、シリア軍は「攻撃はテロリストとの連携の一環」と非難 (その他紙)

■アラブ人部族は、オジャランPKK指導者の写真掲揚とラッカ市解放戦時の有志連合の誤爆に抗議し、シリア民主軍によるラッカ市解放宣言祝典への出席をボイコット(2017年10月19日)   ジールーン(10月21日付)は、シリア革命反体制勢力国民連立のムハンマド・ハジャーリー氏(ラッカ県評議会議長)の話として、ラッカ市の県立競技場(アスワド競技場)で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42850      全文をよむ

2017-10-21 シリア:トルコ軍に続き、ロシア軍もアレッポ県西部のマンナグ航空基地からYPGと革命家軍を撤退させ、同地に進駐 (その他紙)

■シャーム解放委員会はハマー県東部の1カ村をダーイシュから奪還(2017年10月19日)   ハマー県では、イバー通信(10月20日付)によると、シャーム解放委員会が県東部でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、バークースィーヤ村を制圧した。   http://syriaarabspring.info/?p=42822      ■ロシア軍はイラク国境に近いダーイシュ支配下のブーカマール市の渡船場を爆撃し、住民20人が死亡(2017年10月19日)   ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポス 全文をよむ

2017-10-20 シリア:イスラーム国戦闘員がトルコ実効支配下のシリア北部で反体制派に賄賂を支払い、トルコに密入国 (その他紙)

■ダルアー県でダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍がカラーマ旅団メンバー2人を戦闘で殺害(2017年10月18日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(10月19日付)によると、県西部のヤルムーク川河畔一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍がカラーマ旅団などからなる反体制武装集団と交戦し、カラーマ ...   http://syriaarabspring.info/?p=42790      ■米主導の有志連合は10月18日、ダイル・ザウル市近郊に対 全文をよむ

2017-10-20 シリア:ダーイシュ掃討作戦大詰めを迎え、和平会議の呼びかけ (al-Hayat紙)

■プーチン大統領は、シリア人のための和平会議を提案      【モスクワ、ロンドン:本紙】      シリアで「ダーイシュ」支配下となっていた地域が縮小し、同派はラッカから駆逐された後、最後の大きな要塞の一つダイル・ザウルで包囲されている。これに伴いロシアのウラジミール・プーチン大統領は、「ダーイシュ」後のシリアをめぐる政治構想を策定した。同構想は、政治的交渉手段の推進、あらゆるエスニックグループの代表者を擁する和平会議の開催に基礎を置く。さらに、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、スタファン 全文をよむ

2017-10-19 シリア:ラッカ市解放の翌日、有志連合は正式発足3周年を迎える (その他紙)

■米主導の有志連合は10月17日、ブーカマール市近郊に対して2回の空爆を実施(2017年10月18日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月17日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して8回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42762      ■有志連合(CJTF-OIR)がラッカ市完全解放と時を同じくして創設3周年 全文をよむ

2017-10-19 カタール:アラブ4カ国のボイコットはダーイシュに対するテロとの戦い、米軍基地への兵站支援に悪影響を与えている (al-Hayat紙)

■カタール首長:対話準備が整い、我々は皆敗者である      【リヤド:本紙】      カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長は、アジア外遊の締めくくりとして、同国が苦しんでいるアラブ四カ国(サウジアラビア・バハレーン・UAE・エジプト)のボイコットの圧力を緩和しようとした。タミーム首長はまた、皆が「敗者」で、カタールは皆との対話を望んでいると述べた。      タミーム首長は、インドネシアで、カタール政府が「アラブ・ボイコット危機解決のための対話の準備が出来ている」とし、その 全文をよむ

2017-10-19 UAE:内閣改造、「人工知能(AI)」大臣を創設 (al-Hayat紙)

■UAE、内閣改造を発表…「人工知能(AI)」大臣を創設      【ドバイ:本紙】      アラブ首長国連邦(UAE)副大統領兼首相、ドバイ首長のムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏は今日(木曜日)、新たな省庁の創設を含む内閣改造の実施を明らかにした。首相は内閣改造の目的について、血液を入れ替え、変化を促し、わが国が今後100年で進む道筋に向けて準備を整えるためだと語った。      マクトゥーム首相はTwitterで「弟のムハンマド・ビン・ザーイドとの協議の後、大統領承認のも 全文をよむ

2017-10-18 シリア:YPG主体のシリア民主軍がラッカ市を完全制圧する一方、シリア軍はダイル・ザウル市・マヤーディーン市間のユーフラテス川右岸をほぼ制圧 (その他紙)

■ホワイト・ヘルメットは英月刊婦人雑誌の「今年の女性」に選ばれる(2017年10月16日)#シリア #ホワイト・ヘルメット   ホワイト・ヘルメットは、英国の月刊婦人雑誌『グッド・ハウスキーピング』の「今年の女性」(Women of the Year)に選ばれた。   http://syriaarabspring.info/?p=42734      ■米主導の有志連合は10月16日、ダイル・ザウル市近郊に対して1回の空爆を実施(2017年10月17日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月 全文をよむ

2017-10-17 シリア:アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会はイドリブ県のタフタナーズ航空基地をトルコ軍に明け渡す (その他紙)

■米主導の有志連合は10月15日、ラッカ市などに対して27回の空爆を実施(2017年10月16日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月15日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して11回の空爆を実施、このうちシリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=42704      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦 全文をよむ

2017-10-16 シリア:トルコ軍がアレッポ県北西部の拠点を増強するなか、トルコの支援を受ける二大武装集団のシャーム戦線とスルターン・ムラード師団が同県東部で交戦 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年10月15日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(10月15日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(ダルアー県2件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも4件(ヒムス県 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42677      ■シリア軍はダイル・ザウル県南東部でダー 全文をよむ

2017-10-15 シリア:アル=カーイダの援護を受けトルコ軍がイドリブ・アレッポに進駐するのを尻目に、トルコの支援を受ける二大武装組織のスルターン・ムラード師団とシャーム戦線の対立激化 (その他紙)

■ラッカ文民評議会とアラブ人部族長の仲介によりダーイシュ戦闘員を乗せた車列がラッカ市を発つ(2017年10月14日)   米中央軍(CENTCOM)は、ラッカ文民評議会とアラブ人部族長が12日に行った仲介に基づき、ダーイシュ戦闘員をラッカ市から退去させるための車列が同地を出発したと発表した。 有志連合はこの仲介には関与していないという。 * ...   http://syriaarabspring.info/?p=42645      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チ 全文をよむ

2017-10-14 シリア:戦車、装甲車を積んだトルコ軍の車列80輌がアル=カーイダの援護を受け、アレッポ県西部の緊張緩和地帯に進駐、ロジャヴァの支配地域を監視 (その他紙)

■ダルアー県の反体制武装集団、文民組織はシリア政府へのナスィーブ国境通行所の譲渡を拒否(2017年10月12日)   クッルナー・シュラカー(10月12日付)によると、ダルアー県で活動する反体制武装集団と文民組織が拡大会合を開き、ナスィーブ国境通行所のシリア政府への譲渡の是非などについて協議した。 会合後、マンスール・ナースィル氏が閉会 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42620      ■米主導の有志連合は10月12日、ラッカ市などに対して27回の空 全文をよむ

2017-10-14 モロッコ:ダーイシュと関連のあるテロ組織を粉砕 (al-Hayat紙)

【ラバト、ニューヨーク:AFP、ロイター】      モロッコ当局は昨10月14日、「ダーイシュ」と関係のある「テロ組織細胞」を粉砕したと発表した。治安作戦で11人が逮捕された。ムハンマド6世国王が秋季議会の開会演説を行った翌日のことである。同国王は、演説の中で「国民の利益を軽視し、弄んではならない」と強調した。      内務省声明によると、フェズ、メクネス、クリーブカ、カサブランカ、ザウイア・シェイック、シディ・ベヌーア、ドゥムナット、シディ・ハラゼムといった都市で活動しているテロ組織細胞の 全文をよむ

2017-10-13 シリア:サッカー代表チーム「カシオンの鷲」が帰国、国境で数千人のファンらの出迎えを受ける (その他紙)

■トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団とYPG主体のシリア民主軍がアアザース市北部(アレッポ県)で交戦(2017年10月11日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(10月12日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がアアザーズ市北部のマアッリーン村、ジャディーダ村一帯に進行し、反体制武装集団(「家の者たち」作 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42535      ■シリア各地での応援も空しく、サッカー・シリア代 全文をよむ

2017-10-12 シリア:トルコは事実上占領下に置くシリア領内(アレッポ県北部)に初の郵便局を開設 (その他紙)

■米主導の有志連合は10月10日、ラッカ市などに対して8回の空爆を実施(2017年10月11日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月10日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して16回の空爆を実施、このうちシリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=42508      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反 全文をよむ

2017-10-12 レバノン:トランプ米政権がヒズブッラー幹部に関する情報に対して懸賞金 (al-Hayat紙)

■ヒズブッラーの幹部2人を逮捕するため1200万ドルの懸賞金      【ワシントン:ジュワイス・カラム、本紙】      ドナルド・トランプ米大統領が今日、イランの核合意とテヘランに対する新しい戦略に関する演説を行おうとしているなか、米国務省は「ヒズブッラー」への動きをエスカレートさせ、タラール・ハミーヤ氏とフワード・シュクル氏の幹部2人に関するいかなる情報に対しても1200万ドルにおよぶ懸賞金を支払うと表明した。      米国務省は、ヒズブッラーの対外作戦部隊の幹部の1人タラール・ハミーヤ 全文をよむ

2017-10-11 シリア:シリア軍はダマスカス郊外県南東部、スワイダー県東部の対ヨルダン国境地帯全域を制圧 (その他紙)

■米主導の有志連合は10月6~9日の4日間で、ラッカ市近郊などに150回の空爆を実施(2017年10月10日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月6~9日の4日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 10月6日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し44回の空爆を実施、このうちシリア領内での ...   http://syriaarabspring.info/?p=42478      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは 全文をよむ

2017-10-11 シリア:ムアッリム外相「クルド人はシリア軍と産油地域を制圧しようと競っている」 (al-Hayat紙)

■ムアッリム外相:クルド人はシリア軍と産油地域を制圧しようと競っている      【ソチ(ロシア)、ダマスカス:ロイター、AFP】      シリアのワリード・ムアッリム外務大臣は今日(水曜日)、シリアのクルド人が産油地帯を制圧しようとシリア軍と競っていると述べた。      ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣は、黒海に面した保養地であるソチでの会合の合間に、「クルド人は、シリア(政府)が主権を侵害されることを決して許さないことを知っているはずだ」と付け加えた。      また、「クルド人はアメ 全文をよむ

2017-10-10 シリア:アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会に護衛されて進行したトルコ軍はイドリブ県に監視所を設置し停戦に向けた偵察活動を開始すると発表 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年10月9日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(10月9日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県3件、ダルアー県1件、ヒムス県3件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県1件)確認したと発表した。 またトルコ側 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42451      ■シリア軍はダイル・ザウル県でダーイシュ掃 全文をよむ

2017-10-09 トルコ軍偵察部隊はアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会の護衛を受け、シリア領内に進行、ロジャヴァ支配地域に隣接するアレッポ県ダーラ・イッザ市一帯に進駐 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年10月8日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(10月8日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県2件、ダルアー県1件、ヒムス県1件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件)確認したと発表した。 またトルコ側 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42421      ■シリア軍はユーフラテス川東岸のムッラート 全文をよむ

2017-10-08 シリア:トルコ軍がシャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)に対する「テロとの戦い」参戦に備え国境地帯のコンクリート壁を撤去 (その他紙)

■イドリブ県サルミーン市でダーイシュとつながりのあるジュンド・アクサー機構元メンバーがホワイト・ヘルメットの目バーを殺害したとされるシャーム解放委員会メンバーを殺害(2017年10月6日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(10月7日付)によると、サルミーン市でシャーム解放委員会のメンバーと、トルキスタン・イスラーム党の傘下で活動するジュンド・アクサー機構の元メンバーが交戦し、シャーム解放委員会メンバ ...   http://syriaarabspring.info/?p=42386 全文をよむ

2017-10-08 イエメン:アビヤン県とマフラ県の発電所2基への融資 (al-Hayat紙)

イエメン:アビヤン県とマフラ県の発電所2基への融資      ■アビヤン県とマフラ県の電力問題解決に融資      【サナア、アデン:本紙】      イエメンのアフマド・オベイド・ビン・ダグル首相は、アビヤン県(イエメン南部)にて、30MWの発電能力を有する発電所の定礎式を執り行った。費用は政府調達で約3000万ドルとなる。同発電所はアビヤン州のデルタ地帯の全電力需要をまかなう。      ダグル首相はアビヤン州を訪問した際、同県のジンジバル市とカンファール市の再建を即時開始すべく、財務省に1 全文をよむ

2017-10-07 イラン:ロウハーニー「核合意によるイランの利益はトランプ大統領が10人いても奪えない (al-Quds al-Arabi紙)

■ロウハーニー「イランが核合意から得た利益は、トランプ大統領が10人いても奪えない」      【本紙、各種報道】       7日土曜日、イランのハサン・ロウハーニー大統領は核合意によって得られた国益は「トランプ大統領が10人いても奪うことは出来ない」と述べた。これは、アメリカのドナルド・トランプ大統領がテヘランに対し新たな措置を取ると脅したことへの応答の中で言われた。       ロウハーニー大統領はテヘラン大学の学生達を前に行った演説にて「すでに我々は奪われることのない利益を手にいれた。誰 全文をよむ

2017-10-06 シリア:YPG主導のシリア民主軍はダイル・ザウル県での戦闘に協力関係にある部族の分断を画策 (その他紙)

■YPG主導のシリア民主軍はダイル・ザウル県での戦闘に参加する部族の分断を画策(2017年10月1日)   ハーブール(10月1日付)は、複数の地元消息筋の話として、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍の軍事諜報機関が5日、ハサカ県シャッダーディー市でバカーラ部族の民兵組織「バカーラ大隊」の司令官ヤースィ …   http://syriaarabspring.info/?p=42336      ■ウズムジュOPCW事務局長「今年3月末にハマー県北部で発生した事件に関して採 全文をよむ

2017-10-06 サウジアラビア:サウジ国王とプーチン大統領が会談 (al-Hayat紙)

サウジアラビア:サウジ国王とプーチン大統領が会談      ■サルマーン国王はテロとの戦いを強調、またイランの干渉の停止を呼びかける      【モスクワ:ラーイド・ジャブル、リヤド:本紙】      サルマーン・ビン・アブドゥル・アズィーズ国王は昨日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との歴史的な首脳会談の中で、「湾岸地域と中東地域の安全と安定は、世界の安全と安定の実現にとって最も必要である。そのためには、イランが中東諸国の問題に干渉せず、同地域の安全保障と安定を揺さぶらないことが必要だ」と 全文をよむ

2017-10-05 シリア:ロシア国防省は爆撃でアル=カーイダ系組織シャーム解放委員会のジャウラーニー最高指導者に重傷を負わせたと発表、シャーム解放委員会はこれを否定 (その他紙)

■米主導の有志連合は10月3日、ラッカ市などに対して34回の空爆を実施(2017年10月3日)   米中央軍(CENTCOM)は、10月3日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して39回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42291      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を 全文をよむ

2017-10-05 UAE:石油収入減少に対処するためVAT(付加価値税)導入に向け準備本格化 (al-Hayat紙)

■UAE:租税は経済を強化し、福祉を改善する。近い将来それ以外を課すことはない。      【アブダビ:シャフィーク・アサディー、本紙】      2014年半ば以降のUAEをはじめとするGCC諸国の原油価格の下落は、経済部門全般の包括的な改革を検討する原動力となった。主な改革としては、新たな課税、民営化プロセス、投資戦略の変更、政府歳出の大幅な削減などがある。      GCC6カ国は原油以外の収益の増加をめざして、翌年から5%のVAT(付加価値税)を導入しようとしている。一方で、UAEは先週 全文をよむ

2017-10-05 シリア:ハマーはシリア政府の手中にあり (al-Hayat紙)

■ハマーはシリア政府の手中にあり      【ロンドン:本紙】       ハマー東部は3年以上にわたりダーイシュにより占拠され、数千人の死傷者を出した激戦が行われてきたが、シリア正規軍は、シリア中部に位置する同県東部で「ダーイシュ」が占拠していた最後の地域から彼らを追放することに成功した。これによって同県から「ダーイシュ」の存在は消滅することになる。シリア正規軍は、デリゾール東部に向けて進軍し、ダーイシュとの激しい衝突の後に戦略的前進に成功、ダーイシュが「ハイル州」と呼び首都とした市街地からわ 全文をよむ

2017-10-05 イスラエル:ハマス「我々は自治政府と連携し政治的局面に留まるだろう」 トランプ大統領「ネタニヤフ首相は平和活動の説得において最大の困難に直面している」 (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマス「我々は自治政府と連携し政治的局面に留まるだろう」    トランプ大統領「ネタニヤフ首相は和平プロセスの説得するのが最も難しい人物だ」      【ナザレ:本紙:ワディーウ・アワーウダ】      イスラエルの「ハアーレツ紙」はヨーロッパ及びイスラエルの七つの高等消息筋の言として以下のように報じた。ドナルド・トランプ米国大統領は国連総会の折にアントニオ・グテーレス国連事務総長に対して、ベンヤミン・ネタニヤフ首相はイスラエル・パレスチナ間の平和交渉実現に向けた努力に関するあらゆる事項につい 全文をよむ

2017-10-04 シリア:イスラーム国が2日の首都ダマスカスのマイダーン警察署に対する自爆テロへの関与を認める (その他紙)

■ロジャヴァ(アフリーン地区)は捕捉していたイスラーム軍の戦闘員8人を釈放(2017年10月2日)   アレッポ県では、イスラーム軍は声明を出し、西クルディスタン移行期民政局(アフリーン地区)によって拘束されていたメンバー8人が釈放されたと発表した。 クッルナー・シュラカー(10月3日付)が伝えた。   http://syriaarabspring.info/?p=42270      ■米主導の有志連合は10月2日、ラッカ市などに対して10回の空爆を実施(2017年10月3日)   米中央軍( 全文をよむ

2017-10-04 ガザ:ハムダラの「約束」はガザ住人の役に立たない (al-Hayat紙)

■ガザ:ハムダラの「約束」はガザ住人を無下にする      【ガザ:ファタヒー・サッバーフ】      パレスチナ自治政府のラーミー・ハムダラ首相は昨日、国民諸勢力、イスラーム主義諸勢力の指導者、パレスチナ人ビジネスマン、経済人、職人らとガザで会見したが、彼らに対し、和平の実現と長きにわたる分裂を終わらせることに「今度こそ成功する」という約束と希望を示す以上のことはしなかった。      ハムダラ首相が諸勢力の指導者と代表者らに対して「今回こそ和解を達成し、決して国民を見捨てないことを私は望む」 全文をよむ

2017-10-03 シリア:ヨルダンは反体制武装集団にナスィーブ国境通行所のシリア政府への引き渡しを要請、拒否した場合人道支援を停止すると圧力 (その他紙)

■アレッポ県ダーラ・イッザ市を拠点とするイブン・タイミーヤ大隊はアル=カーイダ系のシャーム解放委員会を離反(2017年10月1日)   クッルナー・シュラカー(10月1日付)は、アレッポ県西部(ダーラ・イッザ市一帯)で活動を続けるイブン・タイミーヤ大隊の「特別な消息筋」の話として、同大隊がアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会を離反したと伝えた。 同消 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42228      ■シャーム解放委員会のジャウラーニー最高指導者 全文をよむ

2017-10-01 シリア:過去10日間のロシア・シリア両軍の空爆・砲撃でダーイシュとシャーム解放委員会メンバー2,495人を殲滅、うち400人以上がロシア・CIS出身者 (その他紙)

■大統領のいとこラーミー・マフルーフ氏がダマスカス郊外県の復興事業に参入か(2017年9月28日)   イクティサーディー(9月28日付)によると、国内通商消費者保護省は、ダマスカス郊外県での復興に向け「都市不動産開発会社」の設立を認可した。 都市不動産開発会社は資本金1億シリア・ポンドで、うち40%をペシャーワル投資会社 …   http://syriaarabspring.info/?p=42191      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を 全文をよむ

2017-10-01 パレスチナ:ベツレヘムでパレスチナ人6人が逮捕される (al-Hayat紙)

■イスラエル占領軍がベツレヘムでパレスチナ人を逮捕し、住居を破壊      【ラーマッラー、ベツレヘム:本紙】      ヨルダン川西岸の複数の地域出身の市民6人がイスラエル占領軍によって逮捕された。逮捕者の一人であるベツレヘム出身の女性は逮捕時に家族の住居を破壊された。これに先立って、本日(日曜日)ダウハ町にイスラエル占領軍が侵入し、その結果として衝突が起きた。      『パレスチナ通信」(Wafa)は「パレスチナ囚人クラブ」の情報として以下のように報じた「占領軍はベツレヘム・ダウハ町のアマ 全文をよむ

2017-10-01 シリア:ダーイシュがシリア軍、シリア民主軍に対して反転攻勢、シリア軍からカルヤタイン市、スフナ・ラサーファ街道を、シリア民主軍からスワル町を奪還 (その他紙)

■ロジャヴァはイラク・クルディスタン地域での住民投票に選挙監視員として派遣されていたシリア・クルド国民評議会2人のシリア再入国を認めず(2017年9月30日)   シリア・クルド国民評議会は声明を出し、イラク・クルディスタン地域の独立を問う住民投票の選挙監視団に参加していたシリア・クルド国民評議会の法務局メンバー1人と事務局メンバー1人がに、西クルディスタン移行期民政局支配下のシリ ...   http://syriaarabspring.info/?p=42206      ■ロシア国防省:ロ 全文をよむ

2017-09-30 シリア:ムアッリム外相、北シリア民主連邦執行委員会はともにクルド自治区の自治をめぐる交渉の用意があると表明 (その他紙)

■ムアッリム外務在外居住者大臣「ロジャヴァと支配地域をめぐって交渉する用意がある」(2017年9月27日)   ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣兼副首相は、RT(9月27日付)のインタビューに応じ、そのなかで西クルディスタン移行期民政局/北シリア民主連邦の支配地域の …   http://syriaarabspring.info/?p=42161      ■東グータ地方(ダマスカス郊外県)で活動を続けるラフマーン軍団とイスラーム軍が捕虜交換(2017年9月28日)   ダマスカス郊外県で 全文をよむ

2017-09-29 パレスチナ: アッバース大統領が入植地での襲撃事件を非難 (その他紙)

■パレスチナ:マフムード・アッバース大統領、エルサレムでの事件を非難する      【ラーマッラー:本紙】      28日、マフムード・アッバース大統領は、パレスチナ人の青年ナミル・ジャマルによる3人のイスラエル人の殺害を非難した。26日、青年はエルサレムにほど近いイスラエル人入植地ハール・アダール入口にて今回の事件を起こした。      パレスチナ自治政府の公式メディア『Wafa』によると、パレスチナ政府指導部報道官アブー・ラディーナは以下のように述べている。「アッバース大統領は、今回の事件 全文をよむ

2017-09-29 シリア:初の人民議会議員誕生 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月27日、ラッカ市などに対して35回の空爆を実施(2017年9月28日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月27日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して44回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=42136      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反 全文をよむ

2017-09-28 シリア:ヒムス県ラスタン市一帯の村落の名士、シャイフ、首長らがシリア政府との停戦合意文書に調印 (その他紙)

■ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の司令官がダルアー市で反体制武装集団により殺害(2017年9月26日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(9月27日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の司令官ハサン・リファーイー氏が、タッル・シハーブ町で反体制武装集団によって殺害された。   http://syriaarabspring.info/?p=42108      ■米主導の有志連合は9月26日、ラッカ市などに対して37回の空爆を実 全文をよむ

2017-09-27 シリア:ムスリムPYD共同党首はイラク・クルディスタン地域の住民投票を「当然の権利」と支持:「彼らが攻撃を受けたら人民防衛隊(YPG)は彼らの側につくだろう」 (その他紙)

■シリア人権ネットワークは2014年9月から2017年9月までの3年間に米主導の有志連合の空爆で2,286人が死亡(2017年9月24日)   反体制系NGOのシリア人権ネットワークはインターネットを通じて「血の代償」と題した報告書を発表、米主導の有志連合がシリア領内でダーイシュ …   http://syriaarabspring.info/?p=42066      ■シリア治安当局はバカーラ部族民兵にアレッポ市スライマーニーヤ地区、ヴィーラート地区、シャイフ・ターハー地区からの退去を要請( 全文をよむ

2017-09-26 シリア:米国が制空権を有するダイル・ザウル県ユーフラテス川東岸でロシア・シリア両軍がYPG主体のシリア民主軍拠点を空爆・砲撃、イラン・イスラーム革命防衛隊もダーイシュ拠点を空爆 (その他紙)

■スワイダー県に展開する第15師団所属の第127連隊の将兵約170人がハマー県への転戦命令を拒否(2017年9月24日)   スワイダー県では、スワイダー24(9月24日付)によると、第15師団所属の第127連隊の将兵約170人が、ハマー県への転戦命令を拒否し、ドゥルーズ派のシャイフ、ハンムード・ハンナーウィー師、ユースフ・ジャルジューア師に対 ...    http://syriaarabspring.info/?p=42027      ■米主導の有志連合は9月22~24日の3日間で、ラッカ 全文をよむ

2017-09-25 シリア:アレッポ県北部の住民は自由シリア軍を「傭兵」と非難するロジャヴァのカリキュラムを拒否、シリア政府支配下の学校に転校させる (その他紙)

■米国の支援を受けてきた反体制武装集団5組織が共同声明を出し、合同司令室を設置(2017年9月22日)   米国の支援を受けてきた反体制武装集団5組織が共同声明を出し、合同司令室を設置すると発表した。 共同声明を出したのは、「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司 …   http://syriaarabspring.info/?p=41988      ■人民議会ダイル・ザウル選挙区B部門補欠選挙の実施が決定(2017年9月23日 全文をよむ

2017-09-24 シリア:バカーラ部族のシャイフでシリア国民連合幹部のバシール氏がシリア軍(共和国護衛隊)のザフルッディーン司令官とダイル・ザウル市で懇談 (その他紙)

■UNESCO世界文化遺産に登録されている円形劇場を擁するブスラー・シャーム市で革命継続を求めるデモ(2017年9月22日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(9月23日付)によると、UNESCO世界文化遺産に登録されている円形劇場を擁するブスラー・シャーム市で、革命の継続、当局による逮捕者釈放、ダルアー県住民の帰宅を求める座り込みデモが ...   http://syriaarabspring.info/?p=41959      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア 全文をよむ

2017-09-23 パレスチナ:ファタハ、PAにガザでの権限行使を訴え (al-Quds al-Arabi紙)

◼️ファタハ、パレスチナ政府にガザに行って権限を行使するよう訴える。      【本紙】      ファタハ中央委員会は、土曜(23日)夜、パレスチナ統一政府に、ガザ地区に行って、全ての分野における権限行使を訴えた。      同委員会はラマッラーでの会議の直後、声明を出し、「和解協定の実行、統一国家回復のため、綿密なプランに到達するよう議論を重ねる準備がある」と表明した。      同委員会は声明の中で、同胞のアラブ諸国や友好国に、ガザへの支援の強化、また、国民統一政府を正統な唯一の機関と見な 全文をよむ

2017-09-23 シリア・イスラエル:イスラエル軍はダマスカス国際空港近くのヒズブッラーの武器庫を越境空爆する一方、シリア軍防空隊はイスラエル軍無人航空機1機を撃墜 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月21日、ラッカ市に対して7回の空爆を実施(2017年9月22日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して21回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41920      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トル 全文をよむ

2017-09-22 シリア:ヌスラ戦線に対する「テロとの戦い」に向けトルコ軍が国境通行所を通過、ロシア・シリア両軍はハマー県北部からヌスラ戦線を放逐 (その他紙)

■シリア・クルド国民評議会はロジャヴァによる北シリア民主連邦議会選挙へのボイコットを呼びかける(2017年9月20日)   クルド民族主義政党の民主統一党(PYD)と対立関係にあるシリア・クルド国民評議会は声明を出し、9月22日に西クルディスタン移行期民政局支配地域で行われる北シリア民主連邦議会選挙のコミューン議会(首長)選挙の投票をボイコッ ...   http://syriaarabspring.info/?p=41880      ■米主導の有志連合は9月20日、ラッカ市などに対して15回 全文をよむ

2017-09-21 シリア:デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は国連総会でシリアの「ソフトな分割」を提唱 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月19日、ラッカ市に対して30回の空爆を実施(2017年9月20日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月19日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して44回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41851      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、ト 全文をよむ

2017-09-21 イエメン:ハーディー大統領が戦争終結の用意があると発言。 (al-Quds al-Arabi紙)

■イエメン大統領:戦争終結の用意あり。イランは地域の問題への干渉を停止すべき。      21日夜、イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー大統領は、同氏の政府は「フースィー派」との戦争終結と包括的和平に到達する用意があると表明した。      ハーディー大統領は、ニューヨークで行われた国連総会での演説において、「この場所より、我々には終戦と包括的和平実現に向けた用意があることを新たにする。私達は戦争の呼びかけ人ではない。」と述べた。      さらに彼は、イランが地域の問題への干渉や、 全文をよむ

2017-09-20 シリア:シャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)は、ロシア・トルコ・イランがその掃討で合意したのを受け、ハマー県北部に南下 (その他紙)

■トルコで活動するシリア国民連合傘下の暫定内閣は参謀本部を設置、新参謀長以下幹部を任命(2017年9月18日)   トルコで活動するシリア革命反体制勢力国民連立傘下の暫定内閣は、国防省のもとに離反士官12人からなる参謀本部を設置し、ファドルッラー・ハッジー大佐を参謀長に任命したと発表した。 また、ハイサム・ウファイスィー大佐を副参謀長 ...    http://syriaarabspring.info/?p=41821      ■米主導の有志連合は9月18日、ラッカ市に対して6回の空爆を実施 全文をよむ

2017-09-19 シリア:シリア軍は有志連合が領空権を握るユーフラテス川東岸に初めて渡河する一方、有志連合の支援を受ける武装集団はヒムス県東部国境地帯から撤退 (その他紙)

■イドリブ県ハーリム市でシャーム解放委員会の幹部暗殺(2017年9月17日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(9月18日付)によると、ハーリム市でシャーム解放委員会の幹部の一人でシリア人のアブー・ヤースィル・シャーミー氏が何者かの発砲を受けて死亡した。   http://syriaarabspring.info/?p=41800      ■米主導の有志連合は9月15~17日の3日間で、ラッカ市近郊などに68回の空爆を実施(2017年9月18日)   米中央軍(CENTCOM)は、9 全文をよむ

2017-09-18 シリア:シリア軍はジャムラ村を制圧し、ダーイシュ支配下のダイル・ザウル市北東部を閉塞 (その他紙)

■自由シリア軍南部戦線所属組織の司令官ら7人がダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍に合流(2017年9月16日)   ダルアー県で活動する第46歩兵師団(自由シリア軍南部戦線)に所属するウサーマ・ブン・ザイド旅団の司令官の一人マフムード・ハッラーク少尉(離反士官)がメンバー6人とともに組織を離反し、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓う ...   http://syriaarabspring.info/?p=41771      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チ 全文をよむ

2017-09-17 シリア:ロシア・シリア軍がダイル・ザウル市東部近郊(ユーフラテス川左岸)のシリア民主軍を爆撃、米国は黙認、ロシアは関与を否定 (その他紙)

■イドリブ県に退去していたザバダーニー市(ダマスカス郊外県)の女性・子供が帰宅を試みシリア軍によって逮捕(2017年9月14日)   ハマー県では、クッルナー・シュラカー(9月16日付)によると、反体制武装集団戦闘員とともにイドリブ県に退去していたダマスカス郊外県ザバダーニー市の住民が、ハマー県に入る検問所を通過しようとしたところをシリア軍が拘束した。 …   http://syriaarabspring.info/?p=41741      ■YPG主導のシリア民主軍に参加するダイル・ザウル軍 全文をよむ

2017-09-16 イラク:連邦政府・クルド自治政府間の包括的対話を米英両国が支援 (al-Sabah al-Jadid紙)

■駐イラク米英両大使、両国がイラク政府・クルド自治政府間の包括的対話を支援する用意があるとマアスーム大統領に表明      【バグダード:本紙】      イラク共和国のフアード・マアスーム大統領は昨日土曜日、積極的対話による問題解決に向けた協力の重要性を強調した。米英両国の駐イラク大使は、イラク政府とクルド自治政府間で共通の理解が得られるよう、両政府間の包括的な対話を支援する用意が両国にはあると表明した。      大統領府は、本紙が入手した声明文のなかで、土曜日正午マアスーム大統領がイラクに 全文をよむ

2017-09-16 シリア:ロシア・トルコ・イランは「アスタナ6会議」でイドリブ県を緊張地帯と緊張緩和地帯に峻別、同地に合同監視部隊を派遣することを合意 (その他紙)

■米主導の有志連合がダイル・ザウル県ジュダイダト・アカイダート村を爆撃し、女性・子供100人を含む120人あまりを殺害(2017年9月14日)   ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(9月15日付)によると、米主導の有志連合がダーイシュ(イスラーム国)支配下のジュダイド・アカイダート村を爆撃し、子供と女性約100人を含む120人近くが死亡した。 爆撃は、同 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41706      ■ダマスカス県南部およびダマスカス 全文をよむ

2017-09-15 シリア:イラク・クルド自治区の独立信任投票に向けた動きの影で、ロジャヴァも議会選挙実施の準備を進める (その他紙)

■自由人軍も、サウジアラビア人説教師ムハイスィニー氏らに続いてアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会から離反(2017年9月13日)   アブー・サーリフ・タッハーン氏が率いる自由人(アフラール)軍は声明を出し、アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会から離反すると発表した。 声明によると、この離反は「現場内のレベルで痛ましい出来事が繰り返された」ことを受 …   http://syriaarabspring.info/?p=41666      ■米主導の有志連合は9月13日、ラッカ市などに 全文をよむ

2017-09-15 エジプト:サウジ、ロシアとの共同訓練開始 (Al-Ahram紙)

■エジプト:合同訓練、サウジと「ファイサル11」、ロシアとは「友情の守護者Ⅱ」を開始      【本紙:ライラ・ムスタファー、ムハンマド・ハサン、ハージム・アブードゥーマ】      エジプト空軍とサウジアラビア王立空軍は共同訓練「ファイサル11」を実施している。エジプトがゲスト国であり、訓練は数日間に亘る。両国のマルチロール機のフォーメーションの訓練や、最新の戦術と最新の空戦方法を用いた共同訓練など多くの活動が行われる予定だ。      上記の訓練と並行して、エジプト空挺部隊とロシア空挺部隊に 全文をよむ

2017-09-14 シリア:アサド大統領「シリアは勝利に向けて着実に歩を進めている」 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月12日、ラッカ市などに対して過去最大規模の65回の空爆を実施(2017年9月13日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月12日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して65回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41628      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3 全文をよむ

2017-09-13 シリア:アル=カーイダ系組織「シャーム解放委員会」(旧ヌスラ戦線)幹部のサウジ人説教師ムハイスィニー氏と幹部1人が脱会を宣言、ハーシム・シャイフ総司令官は2人を「無様だ」と非難 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月11日、ラッカ市などに対して38回の空爆を実施(2017年9月12日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月11日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して41回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41595      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を 全文をよむ

2017-09-12 シリア:米国はロシアと「支配地域交換」に合意、これを受け南東部で支援を続けてきた武装集団にヨルダンへの撤退を正式要請、武装集団側はシリア民主軍を「敵」とみなす (その他紙)

■ロシア軍によるダイル・ザウル県ブーライル市(ダーイシュ支配下)空爆で民間人34人が死亡(2017年9月10日)   ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(9月11日付)は、ブーライル・ニュースの情報として、ロシア軍戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)支 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41563      ■米主導の有志連合は9月10日、ラッカ市などに対して34回の空爆を実施(2017年9月11日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月10日の 全文をよむ

2017-09-11 シリア:ダイル・ザウル軍事評議会主体のシリア民主軍はダイル・ザウル市北15キロの工業地区に到達 (その他紙)

■シャーム解放委員会のサウジ人幹部ムハイスィニー氏は組織存続に向けた改革を提言(2017年9月9日)   シャーム解放委員会幹部メンバーの一人でサウジアラビア人説教師のアウドゥッラー・ムハイスィニー氏は声明を出し、組織存続のために、イスラーム教についての知識(イルム)を備えた者を、シャーム解放委員会の指導者や戦闘員の真の拠り ...   http://syriaarabspring.info/?p=41539      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦 全文をよむ

2017-09-10 シリア:シリア軍がダイル・ザウル航空基地を解囲、ティーム油田を掌握する一方、YPG主体のシリア民主軍はユーフラテス川左岸からのダーイシュの掃討を目的とする新たな作戦を開始 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月8日、ラッカ市に対して15回の空爆を実施(2017年9月9日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月8日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して43回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41506      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ 全文をよむ

2017-09-09 パレスチナ:ハマスのハニーヤ議長が外遊 (al-Quds al-Arabi紙)

■ハマスのハニーヤ議長とサンワールが外遊でガザを出発      【ガザ アナトリア】      ハマスのイスマイル・ハニーヤ政治局長は9日、エジプトの首都カイロへ向けて、高官の使節団長としてガザを出発した。      ハマスの高等情報筋によると、ラファ検問所を通じて出発した同使節団には、ガザ地区のハマス指導者であるヤフヤー・サンワールや、副指導者のハリール・ハイヤ、政治局メンバーのルーヒー・ムシュタハーが含まれるという。      今回の外遊は、ハニーヤが今年5月の選挙でハマスの議長に選出されて 全文をよむ

2017-09-09 シリア:駐ジュネーブ・シリア国連大使は、ハーン・シャイフーン市での化学兵器使用をシリア軍の犯行と結論づけた国連独立委員会報告書を一蹴 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月7日、ラッカ市に対して15回の空爆を実施(2017年9月8日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月7日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して19回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41485      ■ロシア国防省:ダイル・ザウル県に対する爆撃でダーイシュの「戦争大臣」と財務責任者を含む4 全文をよむ

2017-09-08 シリア:イスラエル軍機がレバノン領空から「化学兵器が製造されていた」とされるシリア軍基地をミサイル攻撃 (その他紙)

■米国の支援を受けるアフマド・アブドゥー軍団と東部獅子軍はヒムス県タンフ国境通行所一帯からの撤退を準備(2017年9月6日)   国の支援を受ける殉教者アフマド・アブドゥー軍団(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司令室」所属組織)のサイード・サイフ報道官は、クッルナー・シュラカー ...   http://syriaarabspring.info/?p=41453      ■米主導の有志連合はダイル・ザウル軍事評議会指揮下のシ 全文をよむ

2017-09-07 シリア:シリア軍の包囲を受けるハマー県東部のダーイシュ支配地域から住民約420世帯がシャーム解放委員会などが支配するイドリブ県に避難 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月5日、ラッカ市などに対して27回の空爆を実施(2017年9月6日)   米中央軍(CENTCOM)は、9月5日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=41419      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件の停戦違反を、ト 全文をよむ

2017-09-07 サウジアラビア:中国の一帯一路構想の受益者になるだろう (al-Hayat紙)

■サウジアラビアはパキスタン・中国経済回廊の恩恵を受けるだろう      【リヤド:本紙】      パキスタンのフッラム・ダストジール・カーン(Khurram Dastgir Khan)国防大臣は、国防省のあるラワルピンディーでのナウワーフ・マーリキー駐イスラマバードサウジアラビア大使との会談(木曜日)で、サウジアラビアがパキスタン・中国経済回廊プロジェクトの恩恵を得られるだろうと述べた。サウジアラビア国営通信(SPA)が伝えたパキスタン国防省の声明を通じて明らかにした。      SPAによ 全文をよむ

2017-09-07 クウェート:トランプ米大統領とカタール問題への対応を協議 (al-Hayat紙)

■トランプ大統領はクウェート首長とカタール危機について協議      【ワシントン:ロイター、AFP】      アメリカのドナルド・トランプ大統領は今日(木曜日)、ホワイトハウスでクウェートのジャービル・アフマド・サバーフ首長と、通商や軍隊、さらにはカタールをめぐる緊張について協議するだろうと述べた。      クウェート首長をホワイトハウスに迎えるトランプ大統領は、クウェートが湾岸地域において米国をサポートしており、事態は「思うように進むだろう」と述べた。   クウェートは、カタールと、サウ 全文をよむ

2017-09-06 シリア:シリア軍はダーイシュが3年以上にわたり包囲してきたダイル・ザウル市の解囲に成功 (その他紙)

■反体制武装集団支配地域の活動家がシリア政府支配地域への住民の帰還を求めて無期限の座り込みデモを開始(2017年9月4日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(9月5日付)によると、シリア政府の支配下にあるヒルバト・ガザーラ町、シャイフ・マスキーン市、アトマーン村を逃れて反体制武装集団支配地域内で避難生活を送る活動家数十人が、首都ダマスカ ...   http://syriaarabspring.info/?p=41291      ■ダルアー県西部のダーイシュ系組織支配地域に所属不明の 全文をよむ

2017-09-05 シリア:8月のダイル・ザウル県での民間人死者数は143人、うち41人はロシア軍の空爆で死亡 (その他紙)

■米主導の有志連合によるラッカ市空爆で民間人10人以上が死亡(2017年9月4日)   ラッカ県では、シリア人権監視団が複数の信頼できる消息筋から得た情報によると、米軍主導の有志連合がラッカ市内各所を空爆し、少なくとも民間人11人が死亡した。 …   http://syriaarabspring.info/?p=41289      ■シリア軍はダーイシュの包囲を受けるダイル・ザウル市から7キロの距離に迫る(2017年9月4日)   ダイル・ザウル県では、SANA(9月4日付)によると、シリア軍 全文をよむ

2017-09-04 シリア:シリア軍はダーイシュの包囲下にあるダイル・ザウル市から約10キロの地点まで進軍、またハマー県東部にあるダーイシュ最後の拠点都市を制圧 (その他紙)

■シリア軍は米国の支援を受ける反体制武装集団との戦闘の末、ダマスカス郊外県南東部ヨルダン国境地帯の監視所2カ所を制圧(2017年9月3日)   ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍および親政権武装勢力が、米国の支援を受ける東部獅子軍、殉教者アフマド・アブドゥー軍団と県南東部の砂漠地帯 …   http://syriaarabspring.info/?p=41270      ■トルコ軍はイドリブ県からの越境を試みたシリア人に発砲、女児1人を殺害(2017年9月3日)   イド 全文をよむ

2017-09-03 シリア:米国の支援を受ける東部獅子軍と殉教者アフマド・アブドゥー軍団は「革命国防省」設置と反体制武装集団の統合への支持を表明 (その他紙)

■シリア軍はハマー県東部のダーイシュ最大の拠点ウカイリバート町を制圧か?(2017年9月2日)   マヤーディーン・チャンネル(9月2日付)は、シリア軍と親政権武装勢力がハマー県東部でダーイシュ(イスラーム国)と交戦の末、ウカイリバート町と周辺の12カ村を制圧した …   http://syriaarabspring.info/?p=41249      ■シャーム自由人イスラーム運動が大幅な組織改編(2017年9月2日)   シャーム自由人イスラーム運動の司法委員会議長を務めるアフマド・ムハン 全文をよむ

2017-09-02 シリア:米主導の有志連合はシリア領内での空爆で民間人1,169人を殺害したと発表 (その他紙)

■YPG主体のシリア民主軍はラッカ市旧市街を完全制圧、市内のダーイシュの本拠地に迫る(2017年9月1日)   ラッカ県では、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍のタラール・サッルー報道官が、ラッカ市でのダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末に旧市街 …   http://syriaarabspring.info/?p=41240      ■フランスのル・ドリアン外務大臣「アサドが紛争解決の一部になることはない」(2017年9月1日)   フランスのジャン=イヴ・ル・ドリ 全文をよむ

2017-09-02 レバノン:ハリーリー首相への仏紙『ル・モンド』インタビュー:「難民の安全な帰還を堅持」 (al-Hayat紙)

【パリ:本紙】       サアド・ハリーリー・レバノン首相は、仏紙『ル・モンド』の紙面にて、「レバノン国軍こそが、ジュルード地域解放において最も大きな役割を果たした」と強調した。同氏は、「ヒズブッラーとレバノンにおけるその役割に関して、意見や立場は異なる。しかし、我々は合意に達した。我々の意見が根本的に異なる地域の問題はすべて、政府・国家・経済に影響を与えないよう、脇に置かれるということだ」と述べた。       同氏は、ラフィーク・ハリーリー・レバノン元首相暗殺の容疑で起訴されているヒズブッ 全文をよむ

2017-09-01 シリア:米CIAが主導する反体制派支援プログラムは、シリア砂漠で活動する2組織に、アサド政権との戦いを止め、ダーイシュとの戦闘に注力するか、武器を捨てヨルダンに退去するかを求める (その他紙)

■YPG主体のシリア民主軍はラッカ市内でダーイシュとの戦いを続ける(2017年8月31日)   ラッカ県では、ARA New(8月31日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がラッカ市内のダルイーヤ地区、ムルール地区で進軍を続け、 …   http://syriaarabspring.info/?p=41184      ■シリア軍はダマスカス郊外県東グータ地方を砲撃(2017年8月31日)   ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(8月31日付)による 全文をよむ

2017-08-31 シリア:イスラエル・トゥデイ「アサド政権は2018年末までにシリアのほぼ全土で支配を回復する」 (その他紙)

■米主導の有志連合はシリア軍、ヒズブッラー、レバノン軍との合意に基づくダーイシュ戦闘員とその家族のダイル・ザウル県への退去を阻止するため、空爆を実施(2017年8月30日)   AFP(8月30日付)は、シリア軍、ヒズブッラー、レバノン軍との合意に基づき、ダマスカス郊外県西カラムーン地方カーラ市無人地帯やレバノンのベカーア県バアルベック郡ラアス・バアルベック …   http://syriaarabspring.info/?p=41142      ■米主導の有志連合は8月29日、1日としては過 全文をよむ

2017-08-30 シリア:ロシア軍憲兵隊がロジャヴァの拠点都市タッル・リフアト市に進駐するなか、トルコ軍の支援を受ける反体制派はロジャヴァ支配下のマンビジュ市一帯で米主導の有志連合地上部隊に発砲 (その他紙)

■ロシア軍憲兵隊がトルコ軍の砲撃が激化するロジャヴァ支配下のタッル・リフアト市(アレッポ県)に進駐(2017年8月28日)   アレッポ県では、ARA News(8月28日付)によると、西クルディスタン移行期民政局/北シリア民主連邦のアフリーン地域シャフバー地区の中心都市タッル・リフアト市および同市周辺にロシア軍憲兵隊が進駐した。 西クルディスタ ...   http://syriaarabspring.info/?p=41097      ■イラクのアバーディー首相は、戦闘員退去を骨子とするヒ 全文をよむ

2017-08-29 シリア:シリア軍、レバノン軍、ヒズブッラーは国境地帯からダーイシュを退去させ、同地を解放 (その他紙)

■米主導の有志連合は、スパイ活動を目的にダーイシュに潜入していた要員を救出するため、ダイル・ザウル県西部で空挺作戦を実施か?(2017年8月26日)   クッルナー・シュラカー(8月27日付)は、米国主導の有志連合はダイル・ザウル県西部のダーイシュ(イスラーム国)支配地域で空挺作戦を実施したと伝えた。 …   http://syriaarabspring.info/?p=41060      ■米主導の有志連合は8月25日~27日の3日間でラッカ市近郊などに98回の空爆を実施(2017年8月28 全文をよむ

2017-08-28 シリア:シリア軍とヒズブッラーはダマスカス郊外県西カラムーン地方のダーイシュ戦闘員を退去させることでダーイシュと停戦合意 (その他紙)

■米主導の有志連合はダイル・ザウル県西部のダーイシュ拠点に対して空挺作戦を実施(2017年8月26日)   クッルナー・シュラカー(8月27日付)は、米国主導の有志連合はダイル・ザウル県西部のダーイシュ(イスラーム国)支配地域で空挺作戦を実施したと伝えた。 作戦は県西部の岩塩坑近くにあるダーイシュの重要拠点を標的とし、外国人の ...   http://syriaarabspring.info/?p=41030      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停 全文をよむ

2017-08-27 シリア:英仏、ヨルダンはアサド政権への態度を軟化「アサド氏は民主的な大統領選挙にいつでも参加できる」 (その他紙)

■イドリブ県各所でアサド政権打倒と反体制武装集団支配地域の民政自治を求めるデモが発生(2017年8月25日)   イドリブ県では、マアッラト・ヌウマーン市、ハーッス村、イブリーン村、トルコ国境に近いシリア人避難民伽婦各所で、デモが行われ、アサド政権打倒、逮捕者釈放とともに、反体制武装集団支配地域における民政自治を訴えた。 クッルナー ...   http://syriaarabspring.info/?p=40989      ■ヨルダンのムーマニー内閣報道官「我々とアサド政権の関係は良い方向に 全文をよむ

2017-08-26 トルコ:高学歴のシリア難民、難民キャンプでの教育に携わる教師に優先的に国籍を付与 (al-Hayat紙)

■トルコはシリア難民への国籍付与を始める、専門家を優先      【ロンドン:本紙】      トルコ当局は、シリアで勃発した内戦から逃れてトルコ国内にいるシリア人多数にトルコ国籍を付与するため、数ヶ月前に始めていた措置を終了した。      この措置は、数千人の専門家(国籍取得申請を行った12万人のうち)にトルコ国籍を得る機会を与え、より多くの機会が、技師、医者、教師のような高学歴を持つ人々に与えられた。また、仮設教育センターで難民を教えている教員優先権を与えられた。      (後略) 全文をよむ

2017-08-26 シリア:ロジャヴァ支配下のハサカ市グワイラーン地区でクルド語教育に反対するデモが発生、会場での爆発と発砲で子供2人が負傷 (その他紙)

■イドリブ県の民政自治をめぐる会合に自由シリア軍創設者のリヤード・アスアド大佐が出席(2017年8月24日)   イドリブ県イドリブ市で、反体制武装集団の「解放区」の民政自治に関する会議が開催された。 会議には、自由シリア軍創設者のリヤード・アスアド大佐、イドリブ大学学長、同大学各学部長、政治組織・文民組織の代表が参加、反体制武装集 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40954      ■米主導の有志連合は8月24日、ラッカ市近郊などで19回の空爆を実施 全文をよむ

2017-08-25 シリア:ダーイシュとアル=カーイダ系のシャーム解放委員会は、ハマー県東部で孤立したダーイシュ支配地域の解囲に向け、同県とアレッポ県を結ぶ街道地域を挟撃 (その他紙)

■シリア軍戦闘機が米国の支援を受ける東部獅子軍の攻撃で被弾(2017年8月23日)   ダマスカス郊外県では、米国の支援を受ける東部獅子軍(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司令室)のサアド・ハーッジ広報局長が、県東部のマフルーサ地区上空に ...   http://syriaarabspring.info/?p=40914      ■米主導の有志連合は8月23日、ラッカ市近郊などで12回の空爆を実施(2017年8月24日)  全文をよむ

2017-08-24 シリア:シリア軍はヒムス県北東部とハマー県東部のダーイシュ支配地域を閉塞、二つの孤立地帯に分断 (その他紙)

■シリア軍とヒズブッラーはダマスカス郊外県西カラムーン地方でダーイシュ掃討作戦を継続(2017年8月22日)   ダマスカス郊外県では、SANA(8月23日付)によると、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー)とともに西カラムーン地方ジャラージール村無人地帯でのダーイシュ(イスラーム国)掃討作戦を継続、シュウバト・サドル・バ ...   http://syriaarabspring.info/?p=40880      ■米国の支援を受ける反体制派に捕捉されたシリア軍パイロットのビデオ映 全文をよむ

2017-08-23 シリア:ロジャヴァ/北シリア民主連邦の議会選挙の定数が確定、宗派主義的に民族・エスニック集団、宗教・宗派集団に議席を配分 (その他紙)

■米主導の有志連合は8月21日、ラッカ市近郊などで22回の空爆を実施(2017年8月22日)   米中央軍(CENTCOM)は、8月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して30回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40848      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦違反を、 全文をよむ

2017-08-22 シリア:ロジャヴァ・ジャズィーラ地区のハーディ共同執政官「欧州のシリア人難民・移民は裏切り者だ…。祖国を委ねられた者は首を1,000回斬られてもとどまらねばならない」 (その他紙)

■米主導の有志連合は8月17日、ラッカ市近郊などで27回の空爆を実施(2017年8月18日)   米中央軍(CENTCOM)は、8月17日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して27回の空爆を実施、このうちシリア領 …   http://syriaarabspring.info/?p=40815      ■ロジャヴァ・ジャズィーラ地区のハーディ共同執政官「欧州のシリア人難民・移民は裏切り者だ 全文をよむ

2017-08-21 シリア:アサド大統領が外務在外居住者省の職員を前に演説「西側は対シリア政策を変更しつつあるが、ヘビのように状況に応じて脱皮を繰り返すだけ」 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年8月20日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月20日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県1件、ハマー県4件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも4件(ダマスカス県・ダ ...   http://syriaarabspring.info/?p=40780      ■米主導の有志連合がハサカ県南部を爆撃し、 全文をよむ

2017-08-20 シリア:米国務省報道官は「米国が数十年シリア北部に駐留する」と述べたシリア民主軍報道官の発言を否定 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年8月19日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月19日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件(アレッポ県1件、ラタキア県3件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40742      ■ダマスカス郊外県バラダー渓谷の93人が2 全文をよむ

2017-08-19 シリア:YPG主体のシリア民主軍とトルコ軍はアレッポ県内の互いの拠点都市を砲撃 (その他紙)

■シリア解放国民戦線は初の記者会見で「民主的な文民政体」をめざすと主張(2017年8月17日)   シリア解放国民戦線はダルアー県で結成後初となる記者会見を開いた。 記者会見では、ムアーウィヤ・ズウビー報道官が戦線について「愛国的で民主的な運動」と位置づけたうえで、「国民の権利を追求する革命武装闘争は断続的に後退、分裂 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40694      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは1件の停戦違反を 全文をよむ

2017-08-18 シリア:シャアバーン大統領府政治報道補佐官「第59回ダマスカス国際博覧会は、戦争が終わり、テロが敗北し、我々が復興に向けた道の出発点にいるというメッセージを発信するもの」 (その他紙)

■米主導の有志連合は8月16日、ラッカ市近郊などで23回の空爆を実施(2017年8月17日)   米中央軍(CENTCOM)は、8月16日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40646      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは13件の停戦違反を 全文をよむ

2017-08-17 シリア:YPG主体の民主軍はアレッポ県に侵攻するトルコ軍と戦うため「革命家軍団」を結成する一方、米国の支援を受けるシリア・エリート部隊はラッカ市解放作戦参加の是非をめぐり戦闘員数百人が離反 (その他紙)

■YPG主体のシリア民主軍所属組織がアレッポ県に侵攻するトルコ軍と戦うため「革命家軍団」を新たに結成(2017年8月15日)   西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍に所属する複数の武装部隊が共同ビデオ声明を出し、アレッポ県北部で侵攻を続けるトルコ軍およびその支援を受 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40599      ■米主導の有志連合は8月15日、ラッカ市近郊などで12回の空爆を実施(2017年8月16日)   米中央軍(CE 全文をよむ

2017-08-17 パレスチナ:イスラエル刑務所は墓より悪い状況にある  (al-Hayat紙)

■レポート:墓より悪い隔離房、三年間に渡り収監される囚人たち      パレスチナ抑留者・非拘留者機構から発行された報告書は昨日、イスラエルのメギド刑務所で収容されている五名の囚人の健康状態が悪化していることをリークした。囚人の内数名は、三年以上の間、極小の独房に収容されているという。この一方で、イスラーム聖戦の囚人担当指導局は、多数の囚人の隔離を止める合意に2カ月前に至ったものの、イスラエルがこれを破ったことを受け、抗議行動をとると脅した。      上記の報告書によると隔離刑罰の結果、囚人の 全文をよむ

2017-08-16 シリア:米国の支援を受ける東部獅子軍、殉教者アフマド・アブドゥー軍団はスワイダー県でシリア軍戦闘機を撃墜し、パイロットを捕捉 (その他紙)

■アスマー大統領夫人がダルアー県の軍戦没者遺族を慰問(2017年8月13日)   シリア大統領府は、アスマー・アフラス大統領夫人がダルアー県のジュバーブ村出身のシリア軍戦没者遺族を慰問する写真を公開した。 アスマー布陣が慰問したのは、息子6人がシリア軍士官を務めているというムーサー・カンナート氏宅。 …   http://syriaarabspring.info/?p=40560      ■米主導の有志連合は8月14日、ラッカ市近郊などで31回の空爆を実施(2017年8月15日)   米中央軍 全文をよむ

2017-08-15 シリア:ダマスカス郊外県東グータ地方でイスラーム軍とラフマーン軍団が再び交戦 (その他紙)

■ダルアー県とクナイトラ県の活動家が自治政体「ハウラーン最高行政委員会」を発足(2017年8月10日)   ダルアー県とクナイトラ県で活動する反対背活動家や名士がダマスカス郊外県のバリーカ村に一同に開始、両県の自治を担う組織として「ハウラーン最高行政委員会」を新たに発足させた。 会合には、行政変革連合を名乗る反体制組織(アーテ …   http://syriaarabspring.info/?p=40525      ■米主導の有志連合は8月11日~13日の3日間でラッカ市近郊などに85回の空爆 全文をよむ

2017-08-15 パレスチナ:イスラム聖戦機構が合意なしでパレスチナ全国協議会を開くことを警告 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラム聖戦機構が当事者間合意なしでパレスチナ民族評議会を開くことを警告      【ドイツ通信社】      パレスチナのイスラム聖戦機構は火曜日、国民合意を抜きにパレスチナ解放機構(PLO)が民族評議会を開く働きかけをしているとし、これに警鐘を鳴らした。同運動から発出された声明によれば、「国民合意から離れて民族評議会を準備することは、エジプトの後援の下でこれまでカイロで行われてきた諸々の対話を通じて我々が到達したすべての当事者間合意からの明白な逸脱であり、かつ裏切りである。」という。   全文をよむ

2017-08-15 エジプト:大統領、タンザニアとの協力体制に対し前向きな見通し (Al-Ahram紙)

■エジプト:大統領、アフリカ大陸の安定化のためタンザニアとの協力体制に対し前向きな見通しを示す         【本紙:シャーディー・アブドゥッラー・ザラタ】      アブドゥル・ファッターフ・シーシー大統領は、アフリカ大陸における安定の強化、平和と安全の実現、また共通の関心のある諸々の国際・地域問題に係る調整を目的に、エジプトがタンザニアと継続的に協議することを望むと強調した。      上記の発言は、シーシー大統領とタンザニア大統領ジョン・マグフリとの共同記者会見に際した同大統領のスピーチ 全文をよむ

2017-08-14 シリア:デル・ポンデ前国連検事「アサド大統領を指弾するに「充分」な証拠があると確信する」 (al-Hayat紙)

■アサド大統領を非難するに「充分」な世界基準の証拠      【ロンドン、モスクワ:本紙】      シリアでの犯罪を担当していたカルラ・デル・ポンデ国連検事は、同国で起こった戦争犯罪に関して、シリアのバッシャール・アサド大統領を指弾するに値する充分な証拠があると強調した。彼女はまた、安全保障理事会が、シリアでの犯罪を調査するための国連委員会の活動継続を阻止し続けていることや、シリアに疑惑と向けるための「特別裁判所」を設立しないこと、あるいは審理を始められないことに対して遺憾の意を表した。   全文をよむ

2017-08-14 シリア:アレキサンドレッタ地方(トルコのハタイ県)解放人民戦線のカヤーリー氏代表とロジャヴァ幹部が会談する写真が拡散 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年8月13日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月13日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を11件(アレッポ県7件、ラタキア県7件、クナイトラ県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも3件(ダマスカス ...   http://syriaarabspring.info/?p=40500      ■ヒムス県北部での反体制武装集団の砲撃で 全文をよむ

2017-08-13 シリア:政府軍がヒムス県東部の要衝スフナ市をダーイシュから完全解放 (その他紙)

■イドリブ県カフルナブル市などでアサド政権打倒とアル=カーイダ退去を求めるデモ(2017年8月11日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(8月12日付)によると、カフルナブル市、ハーッス村、カフルルーマー村、マアッラト・ヌウマーン市でデモが発生し、アサド政権の打倒とシャーム解放委員会の退去が要求された。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40458      ■シリア革命家戦線が新司令官を任命(2017年8月11日)   シリア革命家戦線は声明を 全文をよむ

2017-08-12 シリア:クルド人主体のシリア民主軍がラッカ市でイスラーム国への包囲を強める (al-Hayat紙)

■「シリア民主軍」はラッカ市で「ダーイシュ」に対する包囲を固める      【ベイルート:AP】      複数の高官が昨日述べたところによると、アメリカの支持を受け、シリア北部のラッカ市の東西領側から進軍する「シリア民主軍」(SDF)のメンバーたちが、同市から「ダーイシュ」(イスラーム国)を掃討するための作戦を7月6日に開始して以後初めて市内で対面した。「ダーイシュ」は同市をシリアにおける自らの首都だとみなしている。      「シリア民主軍」は今までにラッカ市の半分を占領した。      ( 全文をよむ

2017-08-12 シリア: 2017年1~7月までの間にシリア難民60万人以上が帰国、うち67%はシリア政府支配地域に (その他紙)

■トルコ在住の活動家はダイル・ザウル県地元自治評議会を発足(2017年8月10日)   トルコで活動するダイル・ザウル県出身の反体制活動家は、ガジアンテップ市にあるシリア革命反体制勢力国民連立傘下の暫定内閣本部で非公開会合を開き、ダイル・ザウル県地元自治評議会を設置、メンバー41人を任命した。 クッルナー・ ...   http://syriaarabspring.info/?p=40431      ■米主導の有志連合は8月10日、ラッカ市近郊などで34回の空爆を実施(2017年8月11日)  全文をよむ

2017-08-11 シリア:政府支配地域の犠牲者数は反体制派支配地域の倍の40万人を超える (その他紙)

■米主導の有志連合は8月9日、ラッカ市近郊などで16回の空爆を実施(2017年8月10日)   米中央軍(CENTCOM)は、8月9日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40389      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、ト 全文をよむ

2017-08-11 イラン:イラン人女性ジャーナリストがトルコからイスラエルに亡命 (al-Hayat紙)

■イラン人女性ジャーナリストがイスラエルに亡命      【占領下エルサレム、テヘラン、AFP】      イラン人女性ジャーナリストのナダー・アミーン氏が昨日、イスラエルに到着した。アミーン氏はトルコで暮らしていたが、同国当局がイランに追放することを恐れていた。アミーン氏はイランでは今も指名手配中である。       イスラエルのアリエ・デリ内務大臣は、トルコに滞在中もペルシャ語サイト「タイム・オブ・イスラエル」で執筆活動を続けてきたアミーン氏(32歳)に対して、ツイッターでのツイートで歓迎の 全文をよむ

2017-08-10 シリア:駐留ロシア軍がヒムス県北部のラスタン市に初めて人道支援物資を搬入 (その他紙)

■米主導の有志連合は8月8日、ラッカ市近郊などで25回の空爆を実施(2017年8月9日)   米中央軍(CENTCOM)は、8月8日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して31回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40339      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トル 全文をよむ

2017-08-09 シリア:UNHCRはトルコの協力のもと、トルコ占領下のアレッポ県北部に難民10万人を帰国させるプロジェクトを立ち上げる (その他紙)

■米主導の有志連合は8月7日、ラッカ市近郊などで29回の空爆を実施(2017年8月8日)   米中央軍(CENTCOM)は、8月7日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して35回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40297      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トル 全文をよむ

2017-08-09 クウェート:米と協力のもと、カタールと四カ国間を仲介 (al-Hayat紙)

■サウジアラビアとUAEはカタール航空の飛行を許可することを否定      【ジッダ、ドーハ、クウェート:本紙】      サウジアラビアとUAEは昨日〔8月8日〕、カタール航空に両国の上空の飛行を許可していないとし、これを否定した。これに先立ちカタールのメディアは、「四カ国:サウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプト」がカタールの航空機に飛行を許可した旨報道で伝えていた。こうした中、昨日、クウェート側の働きかけが続いた。クウェート首長サバーフ・アフマド・サバーフ陛下によって派遣された副首相兼 全文をよむ

2017-08-08 シリア:ダマスカス郊外県東グータ地方で、対立を解消したイスラーム軍とラフマーン軍団が、シャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動の支配地域を攻撃 (その他紙)

■米主導の有志連合は8月4日~6日の3日間でラッカ市近郊などに過去最大規模の空爆を実施(2017年8月7日)   米中央軍(CENTCOM)は、8月4~6日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 8月4日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し12回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆は ...   http://syriaarabspring.info/?p=40262      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは1 全文をよむ

2017-08-08 エジプト:エチオピアが今年中にGERDの貯水作業を開始することはない (Al-Ahram紙)

■水資源・灌漑相「エチオピアが本年中にGERDの貯水作業を開始することはないだろう」       【本紙:イスラーム・アフマド・ファラハート】      水資源・灌漑省は、エチオピアがGERD(グランド・エチオピアン・ルネッサンス・ダム)後方で貯水を開始したと一部で言われていることにつき、その信ぴょう性がない旨強調、またアディス・アベバが今回のナイル川の氾濫期中に貯水を行わない旨強調した。技術的評価は、GERD本体の建設状況を考慮し、2017年の氾濫期に貯水が行わる可能性がないことを確認して 全文をよむ

2017-08-07 シリア:シリア軍がダーイシュとの戦闘の末にヒムス県東部の要衝スフナ市を制圧か? (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は6件の違反を確認(2017年8月6日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(8月6日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県3件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県3件、ラタキア県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チーム6件 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40242      ■マンビジュ市(アレッポ県)出身の元反体制武 全文をよむ

2017-08-07 ヨルダン:アブドゥッラー2世「パレスチナ問題の解決は困難さを増している」 (al-Hayat紙)

■アブドゥッラー2世:パレスチナ問題の解決は困難さを増している      【アンマン、ガザ:本紙、AFP】      ヨルダン国王アブドゥッラー2世は昨日、パレスチナ問題の未来が「危機に瀕しており」、イスラエル・パレスチナ間の紛争が平和的解決に至ることが「困難さを増している」と述べた。      ヨルダン王室庁の声明によると、国王は、国会議長と議会内委員会の委員長らとの会談で、「パレスチナ問題の未来は危機に瀕しており、解決に至ることはますます困難になっている」と強調した。さらに「ハーシム家の保護 全文をよむ

2017-08-06 シリア:米国の支援を受ける「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室所属組織は「暫定委任委員会」を設置し、ダイル・ザウル県解放に向けた行動についての判断を付託 (その他紙)

■ロジャヴァはアレッポ市・アフリーン市街道を封鎖するシリア政府側への対応措置としてシリア政府支配地域からの車輌に通行料支払いを求めることを決定(2017年8月3日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(8月5日付)によると、ヒズブッラー戦闘員やシリア軍によるアレッポ市・アフリーン市街道の封鎖を受け、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部は、シリア当局が発行したナンバープレートをつ …   http://syriaarabspring.info/?p=40207      ■アターリブ市革 全文をよむ

2017-08-05 シリア:米主導の有志連合は2017年6月までの空爆で民間人1,101人が死亡したと思われると発表 (その他紙)

■ダルアー市でアラブ社会主義者運動の人民議会議員が殺害(2017年8月1日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(8月4日付)によると、アンマール・クーシュ人民議会議員がダルアー市内で殺害された。 クーシュ議員は1976年生まれで、アラブ社会主義者運動のメンバー。 2012年から人民議会議員を …   http://syriaarabspring.info/?p=40163      ■イドリブ県でシャーム解放委員会に忠誠を誓ったシャーム自由人イスラーム運動元幹部が暗殺される(2017年 全文をよむ

2017-08-04 シリア:ロシア国防省はエジプトで反体制派とヒムス県北部での緊張緩和地帯設置と停戦に合意したと発表、反体制派はこれを否定 (その他紙)

■イスラーム軍とラフマーン軍団が東グータ地方での対立を解消、シャーム解放委員会排除で合意(2017年8月2日)   ダマスカス郊外県では、イスラーム軍がSNSのアカウントを通じて、東グータ地方で対立を続けてきたラフマーン軍団の代表と会合を開き、「グータの利益の資するいくつかの重要な点において合意に達した」と発表した。 シリア革命諸勢力 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40130      ■ラフマーン軍団は東グータ地方のシャーム自由人イスラーム運動の武器 全文をよむ

2017-08-03 シリア:ラトニー米国務省シリア問題担当特使「民政機関の背後に隠れるヌスラ戦線の計画はごまかしで、偽の顔」 (その他紙)

■シャーム解放委員会は東グータ地方の組織解体と他の武装集団との統合の意思を表明(2017年8月1日)   シャーム解放委員会は声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方にある組織を解体し、同地区で活動する他の反体制武装集団とともに統一組織を結成する用意があると発表した。 声明で、シャーム解放委員会は、「国民の心にある抵抗の意志 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40099      ■シャーム自由人イスラーム運動はアリー・ウマル氏に代えてハサン・スーファーン 全文をよむ

2017-08-02 シリア:米国は「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室に武器返却を要求、カルタタイン殉教者旅団はこれを拒否し、タンフ国境通行所から退去 (その他紙)

■米主導の有志連合は7月31日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などで17回の空爆を実施(2017年8月1日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月31日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=40062      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チーム 全文をよむ

2017-08-01 エジプト:カイロはハルツームとの関係を「妨害」したとして第三者らを非難 (al-Hayat紙)

■カイロはハルツームとの関係を「妨害」したとして「第3国の主体」を非難      【カイロ:アフマド・ムスタファー】       昨日(7月31日)、エジプトはカタールと暗に示唆する中で「第3国の主体」がスーダン・エジプト関係への妨害を企てたと非難した。今次発表は、エジプトのサーミフ・シュクリー外相とスーダンのイブラヒーム・ガンドゥール外相がスーダン首都で合同閣僚委員会を開く2日前のことだ。同委員会は明日(水曜日)開かれる会議にて両国関係の強化と両国が共通の関心を寄せる世界と地域の諸問題につき協 全文をよむ

2017-08-01 シリア:クナイトラ県でアル=カーイダを除く反体制武装集団がシリア軍と停戦協議 (その他紙)

■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会はマアッラト・ヌウマーン市のシャリーア法廷を制圧(2017年7月30日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(7月31日付)によると、シャーム解放委員会がマアッラト・ヌウマーン市のシャリーア法廷を包囲、これを制圧した。   http://syriaarabspring.info/?p=40016      ■米主導の有志連合は7月28日~7月30日の3日間でダイル・ザウル県一帯、ラッカ市近郊などに43回の空爆を実施(2017年7月31日)      全文をよむ

2017-07-31 シリア:米国は反体制派にアサド政権との戦闘の停止、ミサイルの返還、ダーイシュとの戦いへの注力を求めるが、アル=カーイダとの戦いは求めず (その他紙)

■ロシア軍はスワイダー県のシリア軍航空基地にも展開(2017年7月28日)   スワイダー県では、クッルナー・シュラカー(7月29日付)によると、米国・ロシアによるシリア南西部での戦闘停止と緊張緩和地帯設置にかかる停戦合意を受け、ロシア軍部隊がサアラ航空基地、バルド村、ムジャイミル村一帯に展開した。 …   http://syriaarabspring.info/?p=39981      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは17件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反 全文をよむ

2017-07-30 シリア:クルド民族主義勢力は支配地域を連邦制に改編、イラク・クルディスタン地域に続くかたちで9月から来年1月にかけて選挙を実施することを決定 (その他紙)

■北シリア民主連邦樹立評議会はロジャヴァを三地域からなる連邦制に改編することを承認、9月から来年1月にかけて選挙を実施すると発表(2017年7月28日)   西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)のもとで連邦制樹立に向けて準備を行ってきた「北シリア民主連邦(ロジャヴァ・北シリア民主連邦より改称)樹立評議会」は、西クルディスタン移行期民政局の実効支配下にある四つの地区(アラ ...   http://syriaarabspring.info/?p=39948      ■ロシア国防省:ロシア・ 全文をよむ

2017-07-29 シリア:ダマスカスでのサッカーの試合に軍服を着たファンが乱入 (その他紙)

■ロジャヴァはシリア政府によるバカロレア試験のハサカ県とアレッポ県での受験を2018年度以降認めず(2017年7月24日)   西クルディスタン移行期民政局の養育教育委員会(教育省に相当)は、シリア政府のもとに実施されるバカロレア試験のハサカ県とアレッポ県での受験を、2017年度を最終年度として認可し、2018年度以降は受験を認めないことを決定し …   http://syriaarabspring.info/?p=39911      ■アル=カーイダ系のシャーム解放委員会はシリア北部での武装 全文をよむ

2017-07-28 シリア:米国の支援を受けていた反体制武装集団の一つが、タンフ国境通行所(ヒムス県)からの退去を求める米国の要請を拒否 (その他紙)

■ダイル・ザウル県での有志連合による空爆で民間人25人死亡(2017年7月26日)   ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(7月27日付)によると、米主導の有志連合が26日、マヤーディーン市と同市近郊のティーバ村を空爆し、民間人25人が死亡した。 しかし、ユーフラテス・ポスト(7月27日付)は、ロ ...   http://syriaarabspring.info/?p=39883      ■米主導の有志連合は7月26日、ラッカ市近郊などで18回の空爆を実施(2017年7月27日)  全文をよむ

2017-07-27 シリア:米国、サウジアラビア、英国、フランスなど14カ国は、シリア国内の人道支援をロシアが主導することに関して「国連が排除される」として「深刻な懸念」を表明 (その他紙)

■米主導の有志連合は7月25日、ラッカ市近郊などで25回の空爆を実施(2017年7月26日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月25日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して27回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39844      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を 全文をよむ

2017-07-27 カタール:サウジ外相がカタールのテロ組織への関与を指摘 (al-Hayat紙)

■カタール外相がテロリストのムクリンを「容疑者さん」と表現      【ドーハ、アブダビ、モスクワ:本紙】      カタールのムハンマド・ビン・アブドゥルラフマーン・アール・サーニー外務大臣は昨7月26日、ジャズィーラ・チャンネルでの声明の中で、「カタールはテロリストのアブドゥルアズィーズ・ムクリンに国籍を与えたことはない」と困惑した反応で述べた。これは、サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣による、「サウジアラビアのアルカーイダの指導者であるアブドゥルアズィーズ・ムクリンは殺害された 全文をよむ

2017-07-27 シリア:ダーイシュ内の「過激派潮流」がバグダーディーを不信仰者であると宣告 (al-Quds al-Arabi紙)

■ダイル・ザウル県における両者の対立…同潮流の支持者の権力はシャリーア最高会議にまで及ぶ         【イスタンブール:本紙 ワーイル・エッサーム】      ここ数週間、シリアのダイル・ザウル県東部マヤーディーン市でダーイシュ(イスラム国)と同派内部の過激派潮流の間で対立が発生しており、同派の組織としての統一性はほとんど分断されている。この過激派潮流は、いわゆる「タクフィール(不信仰者であると宣言すること)の連鎖」を行動様式として取り入れており、その信奉者はここ10年の間に何度も現れている 全文をよむ

2017-07-26 シリア:同性愛者がTQILA-IRPGFを結成し、ラッカ市でのダーイシュとの戦いに参加 (その他紙)

■ヌールッディーン・ザンキー運動は文民評議会によるイドリブ県の「解放区」の自治を求めるシャーム解放委員会を支持(2017年7月24日)   シャーム解放委員会から離反したヌールッディーン・ザンキー運動は声明を出し、シャーム解放委員会とシャーム解放委員会が交わした22日の停戦合意に盛り込まれている、文民評議会による「解放区」の自治に支持を表明した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39823      ■米主導の有志連合は7月24日、ラッカ市近郊、ダイル・ 全文をよむ

2017-07-26 アラブ首長国連邦:将校がイエメン政府を口撃 (al-Quds al-Arabi紙)

■アラブ首長国連邦将校、イエメン正統政府を口撃      【本紙】      ハドラマウトのアラブ首長国連邦司令官は、イエメンの正統政府を口撃。「イエメン政府は、アラブ連合の前に多くの障害物を置いており、悪政である」と述べた。イエメン南部移行評議会のサーリム・アウラキー公式報道官は自身のフェイスブックページ上で、「アラブ首長国連邦の司令官が、シャブワ県の情勢に関する議論のため、バルハーㇷの社会的及び部族的要人と複数の会議を行った」と述べた。      また同司令官は、シャブワ県の安全確保を目的と 全文をよむ

2017-07-26 カタール:サウジなど4カ国がICAOを主導する中国と会談 (al-Hayat紙)

▪️4カ国、ICAO指導部に「カタール航空への領空通過禁止は主権に基づく措置」      【ドバイ:本紙】      7月26日付のバーレーンの通信社「BNA」によると、サウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプトの四か国は、国際民間航空機関(ICAO)の今任期を主導する中国に、カタール及びカタールに登録された会社にのみ領空の閉鎖を適用し、いかなる形であれ、他の航空会社を含まないと通告した。この措置は主権国家の権利にも合致しているという。      「BNA」は北京からの報告の中で、中華人民共和 全文をよむ

2017-07-25 シリア:ロシア軍参謀本部機動総局長は、ダルアー県、ダマスカス郊外県東グータ地方にロシア軍が兵力引き離し部隊として進駐したと発表 (その他紙)

■シャーム解放委員会とシャーム自由人イスラーム運動は新たな停戦合意を交わし、シャーム自由人イスラーム運動にシャーム解放委員会への忠誠を改めて要請(2017年7月23日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(7月24日付)によると、県北西部でシャーム解放委員会とシャーム自由人イスラーム運動の戦闘が再開した。 戦闘が再開したことを受け、シャーム解放委員会のアブー・ジャービル・シャイフ氏と ...   http://syriaarabspring.info/?p=39791      ■米主導 全文をよむ

2017-07-24 シリア:シリア民主軍、シリア正規軍からの相次ぐ攻撃によりダーイシュが衰退 (al-Hayat紙)

■シリア民主軍の支配面積が、初めてダーイシュを超える      【ロンドン:本紙】      シリア民主軍は政治と戦場での支配力を強化、ラッカでの対ダーイシュ戦線で前進を果たした。ダーイシュはシリア砂漠とラッカにて退行し、シリア正規軍やシリア民主軍との戦闘によってさらに占拠地域を失った。これらの結果として、ダーイシュのシリアでの占拠地域は減少、それに比してシリア民主軍の占拠地域が増加した。シリア民主軍はシリアにおいてシリア正規軍に次ぐ第二の重要な主体となった。      シリア人権監視団は、多数 全文をよむ

2017-07-24 シリア:米特殊作戦軍司令官「米国はシリアに留まりたいが、シリア政府が介入に合意しなければ、国際法がそれを阻止する」 (その他紙)

■トーマス米特殊作戦軍司令官「米国はシリアに留まりたいが、シリア政府が介入に合意しなければ、国際法がそれを阻止する」(2017年7月21日)   米特殊作戦軍(SOCOM)のレイモンド・トーマス司令官は、コロラド州アスペンで行われた安全保障会合で、2015年に西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊に対してシリア民主軍への改称を進言したことを明らかにした。 トーマ …   http://syriaarabspring.info/?p=39766      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委 全文をよむ

2017-07-23 シリア:ロシア国防省はエジプトの仲介によりダマスカス郊外県東グータ地方で緊張緩和地帯設置の合意が成立したと発表 (その他紙)

■トーマス米特殊作戦軍司令官「YPGにシリア民主軍への名称変更を進言した」(2017年7月21日)   米特殊作戦軍(SOCOM)のレイモンド・トーマス司令官は、コロラド州アスペンで行われた安全保障会合で、2015年に西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊に対してシリア民主軍への改称を進言したことを明らかにした。 トーマ ...   http://syriaarabspring.info/?p=39739      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違 全文をよむ

2017-07-22 シリア:シャーム解放委員会とシャーム自由人イスラーム運動は、前者による国境通行所包囲、後者へのトルコからの援軍を受け、両組織の解体と統一組織結成を条件に停戦に合意 (その他紙)

■米主導の有志連合は7月20日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などで20回の空爆を実施(2017年7月21日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月20日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39709      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チー 全文をよむ

2017-07-22 パレスチナ:アクサ―・モスク救済を求め、ガザ地区で大規模デモ行進 (al-Hayat紙)

■アクサ―・モスク救済を求め、ガザ地区で大規模行進      【ガザ:SAMA通信】      市民数千人は昨日、ガザ地区各所で、占領下のエルサレムとアクサ―・モスクの救済を求めるデモ行進に参加した。      デモ参加者数千人は、ガザの立法評議会広場にハマースの呼びかけを受けて集まり、パレスチナの旗と、モスクで起きていることへの彼らの怒りを表したプラカードを掲げた。      また、中部県にある「国連パレスチナ難民事業救済機関」(UNRWA)の学校に近いヌサイラート・キャンプでは、別の数千人が 全文をよむ

2017-07-22 エジプト:ハサム運動が警察を襲撃 (al-Hayat紙)

■ハスム運動の活動とシナイ半島のダーイシュへの圧力強化      【カイロ:本紙】      テロ組織ハスム運動は昨日の朝、カイロ南部で警察隊に対し武装攻撃を行った。今次の攻撃によって警察官が1名死亡、3名が負傷した。一方、警察はハスム運動の訓練官をしていたテロリスト複数名を銃撃戦中に殺害したと発表した。ムスリム同胞団の軍事部門である同組織による犯行が、ここ数か月の間に増加していることが注目される。昨年、同組織は複数回にわたって攻撃を受けていた。同組織による犯行が増加した時期と、エジプト軍による 全文をよむ

2017-07-21 シリア:人民議会(国会)は「非民主的振る舞い」で議会を麻痺させたアッバース議長を賛成多数で解任 (その他紙)

■米主導の有志連合は7月19日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊などで20回の空爆を実施(2017年7月20日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月19日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して26回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39669      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チー 全文をよむ

2017-07-20 シリア:イドリブ県でアル=カーイダ系組織が「革命旗」を掲揚したことをきっかけにアル=カーイダ系組織と激しく交戦 (その他紙)

■イドリブ県でシャーム自由人イスラーム運動が「革命旗」を掲揚したことをきっかけにシャーム解放委員会が一大攻勢(2017年7月18日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(7月18日付)によると、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放委員会が、ザーウィヤ山近郊のハザーリーン村の近くにあるアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動の検問所を襲 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39618      ■米主導の有志連合は7月18日、ブーカマール 全文をよむ

2017-07-20 イスラエル:「我々は金属探知機の設置に関してアラブ諸国と調整した」 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル公安大臣「我々は金属探知機の設置に関してアラブ諸国と調整した」      【ガザ・ラマッラー・ナザレ:アシュラフ・ハウル、ファーディー・アブー・サアディー、ワディーウ・アワーウィダ】      パレスチナ人による金属探知機を通じたアクサーモスクへの入場に対する拒否が4日目に突入した。金属探知機はイスラエル占領軍によって神殿の丘入り口に設けられた。一方、緊張の高まりと、集団礼拝の日である金曜日を激しい怒りの日とする呼びかけが行われている。こうした中、パレスチナのマフムード・アッバース大 全文をよむ

2017-07-20 イスラエル:ネタニヤフ首相はシリア国内でヒズブッラーの車列を数十回空爆したと暴露 (al-Hayat紙)

■ネタニヤフ首相は「ヒズブッラー」の車列への攻撃に関してプーチン大統領と理解し合っていたと暴露      【モスクワ:ラーイド・ジブル、ナザレ:アスアド・ティルハミー、ロンドン、ニューヨーク:本紙】      イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は、シリア経由で「ヒズブッラー」に武器を運ぶ車列に対して、イスラエルがミサイル攻撃数十回を行ったと暴露した。また、これに関して、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と理解し合っていたと認めた。その発言は、ネタニヤフ首相が出席したハンガリーの首都ブダペ 全文をよむ

2017-07-20 イラク:クルド人は独立に向けた「住民投票」の危険を犯すことを承認 (al-Hayat紙)

■イランのクルド人は住民投票の「危険」を犯すことを承認      【ニューヨーク、テヘラン、エルビル:本紙】      アメリカは、クルド人が行う予定のイラクからの分離をめぐる「住民投票」に懸念を表明した。一方、イランは、クルド人に対し、「(投票によって)破壊的影響がもたらされ、自分たちのこれまでの成果が根絶されるような闘争に巻き込まれるだろう」を警告した。      国民投票最高評議会のホシャル・ゼバリ議長は、国民投票が「危険」を伴うものだと認めたが、「時期としては適切」で、「バクダードの合意 全文をよむ

2017-07-20 シリア:ダマスカス旧市街の老舗アイスクリーム店「バグダーシュ」が閉店処分、その理由は? (その他紙)

■米国の支援を受ける東部獅子軍の司令官がダマスカス郊外県ドゥマイル市で暗殺される(2017年7月18日)   ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(7月20日付)が複数の活動家の話として伝えたところによると、米国の支援を受ける東部獅子軍(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派、「土地は …   http://syriaarabspring.info/?p=39640      ■イスラエルのネタニヤフ首相「イランがヒズブッラーに武器を供与しようとしたら 全文をよむ

2017-07-19 パレスチナ:アル=アクサー・モスクへの侵攻をめぐり国際会議 (al-Hayat紙)

■バクーで国際会議を開催、アルアクサー・モスクへの「深刻な」侵害について議論      【ドバイ:本紙】       イスラーム協力機構は国連と協賛し、今月7月20日木曜から21日金曜にかけて、エルサレムをめぐる国際会議をアゼルバイジャン首都バクーで開催する。パレスチナ人民が固有の権利を行使するためだという。一方、パレスチナ自治政府首相ラーミー・ハムダッラーは、イスラエル政府を占領軍であるとし、アル=アクサー・モスクへの抵触、エルサレムのユダヤ化に向けた占領のための全ての試み、歴史的名所の変更、 全文をよむ

2017-07-19 シリア:アサド大統領の長男ハーフィズ氏「人々は父についていろいろ言いますが、彼らの多くには物事が見えていません」 (その他紙)

■マナージール村(ハサカ県)のアサーイシュ本部前でダーイシュが自爆テロを敢行(2017年7月17日)   ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(7月18日付)によると、ラアス・アイン市近郊のマナージール村にある西クルディスタン移行期民政局アサーイシュの本部前で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、アサーイシュ隊員2人が死亡、3人が負 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39584      ■米主導の有志連合は7月17日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊などで25 全文をよむ

2017-07-19 モロッコ:モロッコ当局がホセイマ市で予定されていたデモ行進を禁止 (al-Quds al-Arabi紙)

モロッコ:モロッコ当局がホセイマ市で予定されていたデモ行進を禁止      ■モロッコ当局はホセイマでのデモ行進を禁じる      【ラバト:ムハンマド・マアルーフ】      モロッコ当局がリーフ地方における緊張を拡大し、リーフ運動との対峙に向かって突き進んでいる。当局は、この嵐のような危機が、同地域だけでなく国全体を席捲するという期待を打ち砕いたのである。8カ月前、社会や経済の状況だけでなく、政治情勢や人権の状況について意見を表明すべくリーフ運動がリーフ地方で起こった。この地方は、ここ数年来 全文をよむ

2017-07-18 シリア:米・ロシアの停戦合意を受け、ヒズブッラー部隊がダルアー市から撤退 (その他紙)

■YPG主導のシリア民主軍はラッカ市内のヤルムーク地区をダーイシュから解放(2017年7月16日)   ラッカ県では、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ラッカ市内のヤルムーク地区を制圧したと発表した。 ARA News(7月17日付)などが伝えた。   http://syriaarabspring.info/?p=39560      ■米主導の有志連合は7月14日~7月17日の3日間でダイル・ザウル県一帯、ラッカ市近郊などに6 全文をよむ

2017-07-18 パレスチナ:アクサーモスク前にゲート型金属探知機設置 (al-Hayat紙)

■ゲート型金属探知機の問題は継続、数十人がアクサ―・モスク外で礼拝を行う。      【ガザ:ファトヒー・サッバーハ、占領下エルサレム:サマー通信】      7月17日、2日続けて、数十人のエルサレムの人々が、神殿の丘の門の一つであるライオン門で礼拝を行った。これは、イスラエル占領当局によって7月16日に設置されたゲート型金属探知機を通ることを拒否したものである。エルサレム及びパレスチナ地方のムフティー(ファトワーを出すイスラーム法学者)のムハンマド・フサイン師は、ゲート型金属探知機を通ってア 全文をよむ

2017-07-18 イラク:アバーディー首相、国際機関へ情報源の検討を訴える (al-Sabah al-Jadid紙)

■アバーディー首相「一部の国際機関の報告書は、テロリストに無実の人々を殺害するよう促している」      【バグダード:本紙】        ハイダル・アバーディー首相は7月18日火曜日、国際的機関に対し、イラクでの情報源の信ぴょう性を確かめるよう訴え、一部の国際機関の報告書がテロリストに無実の人々を殺害するよう促していると指摘した。一方で民間人に対する「集団懲罰」は実施されていないと強調した。        またアバーディー首相は週例記者会見中に「一部の国際機関の報告書はテロリストに無実の人々 全文をよむ

2017-07-17 シリア:ダマスカス郊外県東部砂漠地帯でシリア軍と米国の支援を受ける武装集団の戦闘が続くなか、東カラムーン地方ではロシアの仲介により停戦合意成立 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2017年7月16日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月16日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(ラタキア県2件、アレッポ県4件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも5件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39536      ■アサド大統領はシャンマート中央検査管理委 全文をよむ

2017-07-16 シリア:シリア軍はラッカ市南部の油田地帯からダーイシュを掃討、同地を制圧 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は8件の違反を確認(2017年7月15日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月15日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を12件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県4件、ラタキア県5件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも8件(ダマスカ ...   http://syriaarabspring.info/?p=39522      ■シリア軍はラッカ市南部の油田地帯からダー 全文をよむ

2017-07-15 シリア:YPG使節団は首都ダマスカスとロシア軍が進駐するフマイミーム航空基地を訪問し、シリア政府、ロシア軍とトルコの軍事的圧力への対応について協議 (その他紙)

■アブー・アマーラ特殊任務中隊がアレッポ市内のバアス党アレッポ支部指導部近くで爆弾テロを敢行(2017年7月13日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(7月14日付)によると、アレッポ市ジュマイリーヤ地区サアドゥッラー・ジャービリー広場近くにあるバアス党アレッポ支部指導部施設近くで、大きな爆発があり、守衛4人を含む少なくとも9人が ...   http://syriaarabspring.info/?p=39493      ■米主導の有志連合は7月13日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ 全文をよむ

2017-07-14 シリア:米露ヨルダンによる南東部での停戦合意を受け、「不穏な取引」が相次ぐ (その他紙)

■ダーイシュの細胞摘発に注力するシャーム解放委員会の拠点(イドリブ市紡績工場)で自爆テロが発生し、戦闘員30人が死傷(2017年7月12日)   イドリブ県では、ARA News(7月13日付)によると、イドリブ市近郊の紡績工場で男性1人が自爆し、同工場に進駐していたアル=カーイダ系組織シャーム解放委員会の戦闘員12人が死亡、18人が負傷した。 『ハヤート』(7月 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39456      ■米主導の有志連合は7月12日、ダイ 全文をよむ

2017-07-14 イラク:「ダーイシュ」はモスルにあるすべての史跡を破壊 (al-Hayat紙)

■「ダーイシュ」はモスルにあるすべての史跡を破壊      【ニナワ:バースィム・フランスィス、ニューヨーク:本紙】      イラク軍は、モスル旧市街に潜伏する「ダーイシュ」(イスラーム国)メンバーの追撃を続けた。イラク軍はまた、数十人を逮捕、そのほとんどが外国人だったと発表、このほかにも複数人が降伏したことを明らかにした。一方、計画省は、ダーイシュがすべての史跡と遺跡を破壊したと発表した。      (後略) 全文をよむ

2017-07-13 シリア:ロシアはクルド民族主義勢力に対し、トルコが圧力を強めるアレッポ県北西部のアフリーン市一帯からの退去を求める (その他紙)

■米主導の有志連合は7月11日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊などで14回の空爆を実施(2017年7月12日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月11日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して19回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39431      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チー 全文をよむ

2017-07-12 シリア:米露の停戦合意を受けて、シリア軍はダルアー市から部分撤退、ロシア軍は同市北部に新基地建設、米国の支援を受ける東部獅子軍はシリア軍戦闘機を撃墜 (その他紙)

■シリア軍は首都ダマスカスからイドリブ市に向かう旅客バスに乗っていた民間人全員を逮捕(2017年7月8日)   ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(7月11日付)によると、アドラー市の検問所に駐留するシリア軍部隊がイドリブ県方面からダマスカス県に向かっていた旅客バスに乗っていた民間人全員を逮捕した。   http://syriaarabspring.info/?p=39401      ■アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会はジスル・シュグール市(イドリブ県)のホワイト・ヘルメット 全文をよむ

2017-07-11 シリア:米・ロシア・ヨルダンによる停戦合意を尻目にシリア軍は米軍が支援する反体制派の支配下にあったスワイダー県東部の丘陵地帯、複数カ村を制圧 (その他紙)

■米主導の有志連合は7月7日~7月9日の3日間でラッカ市近郊などに76回の空爆を実施(2017年7月10日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月7日~9日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 7月7日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し29回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39374      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは2 全文をよむ

2017-07-10 シリア:米・ロシア・ヨルダンによる戦闘停止と緊張緩和地帯設置にかかる停戦合意が発効、シリア南西部での戦闘止む (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは2件の停戦違反を、トルコ側は7件の違反を確認(2017年7月9日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月9日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を2件(ラタキア県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも7件(ラタキア県2件、ハマー県2件、ダマスカス県・ダ ...   http://syriaarabspring.info/?p=39353      ■ダマスカス郊外県東グータ地方でシリア軍とラフ 全文をよむ

2017-07-09 エジプト:ラファフでのテロ事件とカタール断交の関係性 (al-Hayat紙)

■スィースィー大統領は、ラファフへの攻撃とカタール断交との関連を示唆      【カイロ:アフマド・ムスタファー;ガザ:ファトヒー・サッバーフ】      昨日〔7月8日〕、エジプト人たちに、悲しみと落胆が広がった。彼らは、一昨日〔7月7日〕ラファフ市(シナイ北部)で軍の屯所が受けた攻撃の犠牲者たちを見送った。しかし、テロ組織「ダーイシュ」が〔犯行を〕認めた今般のテロ事件は、彼らの愛国的感情を燃え上がらせ、諸々のテロ集団、そしてテロリストを支援する者と対峙する意思をより一層強くさせた。エジプト大 全文をよむ

2017-07-09 シリア:アスタナ会議に参加する反体制武装集団は、米・ロシア・ヨルダンによるシリア南西部での停戦合意に懸念を表明 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は7件の違反を確認(2017年7月8日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(7月8日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件(アレッポ県1件、ラタキア県2件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県4件、ハマー県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の ...   http://syriaarabspring.info/?p=39327      ■シリア軍はダーイシュとの戦闘の末、ヒムス県 全文をよむ

2017-07-08 エジプト:ダーイシュ・シナイ州は外国の支援を受けラファハを攻撃 (al-Hayat紙)

■「シナイのダーイシュ」はラファハ攻撃で外国の支援を受ける      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      「ダーイシュ」(イスラーム国)の武装集団が昨日、シナイ半島のラファハ市バルス地区南部に駐留する複数の軍部隊に対して行った大規模な攻撃により、「ダーイシュ」が外国の支援を受けていることが明らかになった。とくに、「ダーイシュ」はバルス地区のサーイカ部隊キャンプに対する攻撃で、新型の四輪駆動車複数台を使用、その一部は「装甲」を施すなど改造が加えており、また爆弾が仕掛けられた車も使用した。な 全文をよむ

2017-07-08 シリア:ロシア、米国、ヨルダン、イスラエルがシリア南西部(ダルアー県、クナイトラ県、スワイダー県)での停戦で合意 (その他紙)

■米主導の有志連合は2014年8月以降のイラク・シリアでの空爆で民間人727人を意図せず殺害した可能性を認める(2017年7月7日)   有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、2017年6月までのシリアおよびイラク領内での航空作戦に伴う民間人犠牲者発生にかかる61件の新たな報告を受け、すでに報告されている案件と併せて141件の調査を ...   http://syriaarabspring.info/?p=39302      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会 全文をよむ

2017-07-07 シリア:ロジャヴァの拠点都市アフリーン市(アレッポ県)をロシア・イラン合同使節団が訪問、アスタナ5会議の成果を伝えるとともにトルコ軍の増派への対応を協議 (その他紙)

■米主導の有志連合は7月5日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊で29回の空爆を実施(2017年7月6日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月5日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して34回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39272      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは2件 全文をよむ

2017-07-07 カタール:サウジ、エジプトなど4カ国はカタール問題を国連安保理に付託する意思を表明 (al-Hayat紙)

■4カ国は「カタール問題」を国連安保理に付託する意思を示す      【ロンドン、リヤド、アブダビ、カイロ:本紙】      テロ撲滅を主唱する4カ国は昨日、「カタールが中東の安全保障を揺るがし、国際社会の合意に違反する」行為を慎む必要性があると表明した。ナーイス・スダイリー駐カナダ・サウジアラビア大使、ムハンマド・シャッヒーUAE(アラブ首長国連邦)大使、ムウタッズ・ザフラーン氏エジプト大使は昨日、「カタールは過去何年もの間、地域の安全保障を揺るがすことを止め、二国間・多国間で署名された合意に 全文をよむ

2017-07-07 レバノン:人権大臣は拘留中のシリア人の死亡についての調査の開始を要求する (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノンの人権大臣は拘留中のシリア人死亡について調査の開始を要求;マシュヌーク内務大臣は式や祭りの際の銃の発射に対する変革を呼びかける。      【ベイルート:本紙・ロイター通信】      レバノンのアイマン・シャキール人権大臣は昨日、シリア人4人の死亡に関する調査の開始を要求した。レバノン軍が述べたところによれば、4人は同軍により拘留されていたが、慢性疾患により死亡したという。レバノン軍は先週金曜日、レバノン北東部アルサル地方にある難民キャンプの強制捜査を実施しており、そこで数百人を逮捕 全文をよむ

2017-07-06 シリア:トルコが実質占領するアレッポ県ジャラーブルス市にこの11ヶ月で難民4万人以上が流入 (その他紙)

■米主導の有志連合は7月4日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊で33回の空爆を実施(2017年7月5日)   米中央軍(CENTCOM)は、7月4日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して37回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39243      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは5件 全文をよむ

2017-07-06 パレスチナ:エルサレム旧市街と市壁がパレスチナの世界遺産に (al-Hayat紙)

◼︎パレスチナ国民政府は、ユネスコのエルサレム旧市街をパレスチナの遺産とみなす決定を歓迎。      【ラマッラー:本紙】      パレスチナ政府は、ポーランドのクラクフで開かれているユネスコの第41回世界遺産委員会の決定を歓迎した。同決定は、エルサレム旧市街とその市壁をパレスチナの遺産とみなすものであり、1967年の同市占領以前の状態を保つよう呼びかけた。      パレスチナ政府のユースフ・マフムード報道官は、昨7月6日の声明でこの決定について、「占領されたアラブのエルサレム市に関するイス 全文をよむ

2017-07-05 シリア:政府と反体制武装集団の停戦協議「アスタナ5会議」が開幕するも、ダマスカス郊外県、ダルアー県でシリア軍との戦闘を続けるイスラーム軍、南部戦線は不参加 (その他紙)

■トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団はマーリア市の自治を担うとしてマーリア革命評議会を発足(2017年7月3日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(7月3日付)によると、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室)が、「マーリア革命評議会」を設置することに合意、ムスタファー・ファッルーフ氏(アブー・ワリ ...   http://syriaarabspring.info/?p=39194      ■YPG主体のシリア民主軍が城壁の一部を破壊し、ラッカ市旧市街 全文をよむ

2017-07-04 シリア:シリア軍はアスタナ5会議開催に先立ち、アル=カーイダ系組織や米軍の支援を受ける武装集団との戦闘が続くダルアー県、クナイトラ県、スワイダー県で3日間の戦闘停止を宣言 (その他紙)

■トルコ軍が実質占領するバーブ市(アレッポ県)で反アサド政権、反ロジャヴァのデモが発生(2017年7月2日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(7月3日付)によると、トルコ軍と同軍の支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室の支配下にあるバーブ市で、アサド政権の打倒、テロとの戦い、国民統合、宗派主義・地域分離主義の拒否(反西 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39164      ■ダマスカス郊外県ジャイルード市でシリア政府と反体制派が停戦協議を行 全文をよむ

2017-07-04 イラク:モースルでイラク軍兵士1000人以上が戦死 (al-Hayat紙)

■モースルの戦闘で1000人の兵士が死亡      【バグダード:本紙】      イラクの国際有志連合軍の司令官であるスティーブン・タウンゼンド将軍は、「ダーイシュ(イスラム国)は敗北寸前である」と発表、「昨年10月半ばにモースルの戦いを開始して以来、イラク軍は1000人以上の兵士を失い、約5000人が負傷した。一方、アメリカ軍の死者は二人だけである」と述べた。また同将軍は、ダーイシュ撲滅後のイラクにおいて、有志連合に役割が与えられることへの希望も表明した。      さらに、イラク軍は約30 全文をよむ

2017-07-04 エジプト:「国家選挙機構」法への批判 (al-Hayat紙)

■「国家選挙機構」法への批判      【カイロ:アフマド・ムスタファー】      来年の夏に実施予定の大統領選挙をめぐり昨日、予定より早い論争の兆しが現れた。昨日、国家選挙機構を形成する法案を議会が可決したのに対し、大統領選に立候補予定の人物が批判を向けたのである。選挙に関する正当性の監督が同機構に委託される予定だ。      エジプト議会は昨日、「国家選挙機構」法の可決をめぐり会議で投票を行った。国家選挙機構の評議会は、10人の裁判官で運営される。破毀院(最高裁判所に相当)の副長官、控訴院 全文をよむ

2017-07-03 シリア:首都ダマスカスで、爆弾を積んだ車3台が当局の追跡を受け自爆、多数の住民が死傷 (その他紙)

■ダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍内で司令官の変死を受け武力衝突(2017年6月30日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(7月2日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍を構成するヤルムーク殉教者旅団とイスラーム・ムサンナー運動の戦闘員が司令官の死をめぐって交戦し …   http://syriaarabspring.info/?p=39111      ■米主導の有志連合は6月30日~7月1日の2日間でラッカ市近郊などに39回の空爆を実 全文をよむ

2017-07-02 シリア:2014年にアレッポ県の60%以上を手中に収めていたダーイシュの県内の支配地域は完全に消滅 (その他紙)

■アル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動はダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍の戦闘員35人を殲滅したと発表(2017年6月30日)   ダルアー県では、シャーム自由人イスラーム運動が、SNSのアカウントを通じて、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍との県西部のハイト村での過去24時間の戦闘で、戦闘員35人を殲滅したと発表した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39104      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停 全文をよむ

2017-07-02 シリア:パルミラ遺跡解放に貢献したロシア軍兵士が円柱に落書き (al-Hayat紙)

■「ダーイシュ」からのタドムル(パルミラ)遺跡救出によっても、ロシア人の「落書き」は食い止められず      【モスクワ:ラーイド・ジブル】      貴重な歴史的遺跡(パルミラ遺跡群)で知られるシリアのタドムル市は、そこに足を踏み入れた者たちが指紋を残し去ることを運命づけられているかのようだ。それは、侵略者、あるいはテロ集団であっても…、「解放者」であっても変わりない。      世界は、「ダーイシュ」(イスラーム国)がタドムル市の遺跡の一部を破壊したことに驚愕した。そのなかにある円形劇場では 全文をよむ

2017-07-01 シリア:UNHCRは過去半年で難民・国内避難民500万人が帰宅したと発表する一方、OPCWは4月の化学兵器使用疑惑事件でサリンが使用されたとする報告書を作成 (その他紙)

■シリア軍はアレッポ県南東部の3カ村をダーイシュから奪取(2017年6月29日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(6月30日付)によると、シリア軍、親政権武装勢力が、ハナースィル市東部に位置するジャディーダ村、ラスム・アスカル村、シャリーマ村の3カ村をダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末に制 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39067      ■米主導の有志連合は6月29日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊で30回の空爆を実施(2017 全文をよむ

2017-06-30 シリア:米地上部隊の展開に続いて、ロシア軍もトルコを制止すべくアレッポ県北西部のロジャヴァ支配地域に展開 (その他紙)

■シャーム自由人イスラーム運動はイドリブ県でダーイシュの細胞を摘発(2017年6月28日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(6月28日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動報道官のウマル・ハッターブ氏がテレグラムを通じて、イドリブ県東部郊外一帯でダーイシュ(イスラーム国)の細胞を壊滅したことを明らか ...   http://syriaarabspring.info/?p=39017      ■ヒムス市郊外で大きな爆発、反体制派はシリア軍・ヒズブッラー拠点に対する米軍のミサイル 全文をよむ

2017-06-29 シリア:マクガーク米大統領特使はトルコの圧力が強まるなかラッカ県北部に入り、YPG主体のシリア民主軍、ラッカ文民評議会と非公開会合 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月27日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊で27回の空爆を実施(2017年6月28日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月27日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=39018      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは 全文をよむ

2017-06-29 UAE:カタールは信頼を失っている、誓約を守るべきだ (al-Hayat紙)

■UAEはカタールが信用を失っており 、誓約 を守るべき と強調      【ニューヨーク、カイロ、マナーマ、リヤド:本紙、ロイター、AP】      アラブ首長国連邦(UAE)は、「カタールのテロ資金援助」に終止符を打つための合意を、カタール政府に強制するには、それがいかなるものであっても、西側の監視体制を必要とするとし、その理由として、UAE、サウジアラビア、エジプトやバハレーンが、カタールを信頼していないからだと強調した。UAEのアンワル・カルカーシュ外務担当国務大臣は、「この危機を収束さ 全文をよむ

2017-06-29 ヨーロッパ各地でダーイシュの細胞を追跡 (al-Hayat紙)

【ロンドン、マドリード、ワシントン:本紙、ロイター】      最近のヨーロッパ諸国におけるテロ攻撃の連鎖は、ヨーロッパの治安当局に、ヨーロッパ諸国のダーイシュの潜伏細胞の一斉追跡を促したようだ。28日、スペイン、ドイツ、イギリスの警察が、ダーイシュとの繋がりや過激な思想を広めた容疑者に対する強制捜査と逮捕キャンペーンを実施した。捜査の中で逮捕されたのは6人の危険なテロリストで、捜査はスペインのマヨルカ島から行われた。スペインでは、国内の治安警戒レベルを2番目に高いレベル4に引き上げて以来、既に 全文をよむ

2017-06-28 シリア:米主導の有志連合はダイル・ザウル県内のダーイシュの拘置所を空爆し、民間人42人を殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月26日、ダイル・ザウル市近郊、ラッカ市近郊で27回の空爆を実施(2017年6月27日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月26日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して31回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38975      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは 全文をよむ

2017-06-27 シリア:エルドアン大統領の脅迫に対抗するかたちで米軍地上部隊がトルコとの国境地帯に位置するタッル・アブヤド市一帯に展開 (その他紙)

■アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会はイドリブ県へのロシア・トルコ停戦監視軍の展開を拒否(2017年6月25日)   アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会は声明を出し、7月4~5日に開催が予定されているアスタナ5会議に向けて、ロシアとトルコがイドリブ県に停戦監視部隊の派遣を検討していることに関して、「我々の国を分割し、諸外国の勢力圏 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38936      ■米主導の有志連合は6月23日~25日の3日間でラッカ市近 全文をよむ

2017-06-26 エジプト:イスラーム国のテロ細胞はスーダンにも存在していたことが判明 (al-Hayat紙)

■アレクサンドリアの「イスラーム国」構成員の一部はメンバーがスーダンから来た      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      (エジプト北部)アレクサンドリア県西部アワーイド地域で逮捕されたテロ要員が認めたところによれば、彼らはリビアのイスラーム国の一派であり、同派の一部はスーダンに渡ったという。彼らは、数カ月の服役も含め約1年間、同国に滞在した。その後、彼らはキリスト教徒の集団や教会を狙った自爆作戦を実行せよとの任を受け、エジプトに戻ったという。      内務省は一昨日、アレクサンドリア 全文をよむ

2017-06-26 シリア:シリア軍、ヌジャバー運動などの親政権武装勢力はアレッポ県南東部、ダイル・ザウル県南部でダーイシュへの攻勢を強める (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは9件の停戦違反を、トルコ側は8件の違反を確認(2017年6月25日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月25日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を9件(ダマスカス県・ダマスカス郊外県4件、ラタキア県5件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも8件(ダルアー県 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38905      ■アサド大統領はハマー市中心街のヌーリー・ 全文をよむ

2017-06-25 モロッコ国王、イード・アル・フィトルに際して562名の拘留者に恩赦を与える (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ国王、イード・フィトルに際して562名の拘留者に恩赦を与える      【アナドル通信社】      モロッコの国王はイードの夜(土曜/日曜)、イード・フィトルに際して562名の逮捕者に恩赦を与えた。なお、その中には同国北部の「リーフ運動」(リーフ地方での抗議活動)を背景に拘留された活動家は含まれていない。      法務省の声明によると、今年(ヒジュラ暦1438年/西暦2017年)のイード・アル・フィトルに際して、国王ムハンマド6世は562名に恩赦を与える勅令を出した。恩赦を受ける者 全文をよむ

2017-06-25 シリア:イスラエル軍はアル=カーイダの攻撃に合わせてクナイトラ県バアス市一帯を攻撃、所属不明の戦闘機もダルアー県北部を空爆 (その他紙)

■イドリブ県のダーナー市で連続爆弾テロが発生し、2人が死亡(2017年6月23日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(6月24日付)によると、トルコ国境に近いダーナー市内の市場で夜、爆弾を積んだ車1台とオートバイ1台が相次いで爆発し、住民2人が死亡、数十人が負傷した。   http://syriaarabspring.info/?p=38881      ■米主導の有志連合報道官「ロシア軍とのホットラインは開通しており、機能している」(2017年6月23日)   米主導の有志連合のライ 全文をよむ

2017-06-24 シリア:イラク・ヌジャバー運動などイランの支援を受ける親政権民兵組織が米軍の支援を受ける反体制武装集団に先んじてダイル・ザウル県南西部を制圧 (その他紙)

■ダルアー県西部でダーイシュ系のハーリド・ブン・ワリード軍とイスラームの鷹旅団が交戦(2017年6月22日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(6月23日付)によると、県西部のハイト村一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍が反体制武装集団と交戦し、イスラームの鷹旅団の戦闘員2人が死亡した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38848      ■米主導の有志連合は6月22日、ユーフラテス川以西での空爆を再開(2 全文をよむ

2017-06-23 シリア:トルコのカリン大統領府報道官「ロシアとトルコはイドリブ県に部隊を展開させることで合意しつつある」 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月21日、ラッカ市近郊のみで空爆を実施(2017年6月22日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38824      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側 全文をよむ

2017-06-22 シリア:トルコ軍の大規模増援部隊がアレッポ県北西部のロジャヴァ支配地域奪取を狙ってシリア領内に侵入 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月20日、ラッカ市近郊のみで空爆を実施(2017年6月21日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して14回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38786      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側 全文をよむ

2017-06-21 シリア:ダーイシュに対する「テロとの戦い」をしているはずの米軍は、前日のシリア軍撃墜に続いて、親政権武装勢力の無人航空機を再び撃墜 (その他紙)

■UNICEFはシリア人難民少女を親善大使に任命(2017年6月19日)   国連児童基金(UNICEF)は、シリア難民のムズーン・ムライハーンさん(19歳、ローマ字表記はMuzoon Almellehan)を親善大使に任命した。 ムライハーンさんは2013年に家族とともヨルダンに避難、2016年 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38750      ■米主導の有志連合は6月19日、ラッカ市近郊のみで空爆を実施(2017年6月20日)   米中央軍(CE 全文をよむ

2017-06-21 ダーイシュがインターネットカフェへの規制を強化 (al-Watan紙)

■ダーイシュによるインターネットカフェへの締め付け、その一方で構成員はインターネットカフェを往来・・・国連はダーイシュに包囲されたダイル・ザウル市の10万人を懸念      [2017年6月21日:本紙]      国連は、ダイル・ザウル市でテロ組織ダーイシュに包囲されている10万人以上の民間人への懸念を表明した。また、その民間人らは基本必需品が不足しているのにもかかわらず、暴力にさいなまれている一方で、ダーイシュがインターネットカフェへの締め付けを行い、その構成員が同市郊外のインターネットカ 全文をよむ

2017-06-20 シリア:米国によるシリア軍戦闘機撃墜を受けて米ロ関係が再び緊迫化するなか、シリア軍はラッカ県南部の要衝ラサーファ市を制圧 (その他紙)

■米軍はラッカ県上空でのシリア軍戦闘機撃墜に関して、シリア民主軍への攻撃に対して「集団的自衛権」を行使したと主張(2017年6月18日)   米中央軍(CENTCOM)は、シリア現地時間の18日午後4時23分頃、親政権部隊がラッカ県タブカ市南部のジャアディーン村を掌握した西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍を攻撃し、同地からシリア民主軍 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38711      ■米主導の有志連合は6月16日~18日の3 全文をよむ

2017-06-20 サウジ:イラクとの協力を強化 (al-Hayat紙)

サウジアラビアとイラクは全面的に協力を強化      【メッカ:本紙】      サウジのサルマーン・アブドゥル・アズィーズ国王とイラクのハイダル・アバーディ首相が会談を行った。これを受けて両国はあらゆる分野における協力強化に合意した。      「サウジ国営通信」によると、アバーディ首相のサウジ訪問に関する両国の共同声明は、以下のように伝えた。ムハンマド・ビン・ナーイブ皇太子兼内務大臣と両国の上級高官が出席した会合では、二国間関係発展の手段と展望、両兄弟国の人民を資するあらゆる方面における協力 全文をよむ

2017-06-19 イスラエル、グリーンブラット氏が到着しアッバース氏を囚人の給料を支払っている件で非難することを期待 (al-Hayat紙)

■イスラエル:グリーンブラット氏のラマッラー到着に先立ち、アッバース氏による囚人への給料支払いを非難      【ハヤート:本誌】    イスラエルはアメリカ外交特別代表ジェイソン・グリーンブラット氏を来週ラマッラーに迎え、イスラエルとパレスチナ間の交渉を再開する可能性を再検討する予定である。これに先んじて、同国は、マフムード・アッバース大統領に対し、武装攻撃の実行犯の家族に資金を提供し続けていると非難した。この攻撃とは、金曜から土曜日の夜にかけて、女性兵士1名が殺害され、三人の若いパレスチナ人 全文をよむ

2017-06-19 シリア:米主導の有志連合はタブカ市南部郊外の要衝に迫るシリア軍戦闘機を撃墜し、ダーイシュを事実上航空支援 (その他紙)

■アフマド・マアーッズ・ハティーブ氏は最高交渉委員会を批判し、脱会を宣言(2017年6月16日)   アフマド・マアーッズ・ハティーブ氏は、サウジアラビアが支援する在外反体制活動家を主体とする最高交渉委員会からの脱会を発表した。 ハティーブ氏は、シリア革命反体制勢力国民連立の元代表で、現在は無所属活動家。 ハティーブ氏が …   http://syriaarabspring.info/?p=38675      ■ハラスター市(ダマスカス郊外県)に人道支援物資を搬入しようとしたシリア赤新月社の車 全文をよむ

2017-06-19 レバノン:選挙法施行を国際社会は歓迎 (al-Hayat紙)

■レバノンの選挙法施行への国際社会の歓迎と、ヒズブッラーへの厳しい制裁の暗示      【ベイルート:ムハンマド・シュキール】      レバノンに駐在するアラブ諸国や諸外国の多数の大使と、国連事務総長代理のシグリッド・カーグは、政治的安定の強化とレバノン周辺で進行中の諸戦争に対する防衛強化として、新選挙法の可決が実現したことに喜びを示している。だが、彼らは同法の詳細に触れてはいない。なぜなら、彼らにとって重要なのは、レバノンが麻痺状態に至った政治やメディアでの争いを過去にすることだからだ。その 全文をよむ

2017-06-18 シリア:ロシア、米国、ヨルダンの仲介により、シリア軍と南部戦線(自由シリア軍)が48時間の停戦で合意、南部戦線と連携するシャーム解放委員会は公式声明を出さず (その他紙)

■イドリブ県政治委員会はアル=カーイダ系のシャーム解放委員会とシャーム自由人イスラーム運動に活動家や「自由シリア軍」メンバーの釈放を求める(2017年6月16日)   イドリブ県政治委員会を名乗る組織は声明を出し、アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会とシャーム自由人イスラーム運動に対して、活動家や「自由シリア軍」メンバーに対する恣意的逮捕を停止し、逮捕者を釈放するよう求めた。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38643      ■ロシア国防省:ロシ 全文をよむ

2017-06-17 シリア:米軍の支援を受ける東部獅子軍は、アル=カーイダへの空爆を阻止すべく、スワイダー県のシリア軍航空基地を砲撃、ヘリコプター6機と武器弾薬庫を破壊 (その他紙)

■ロシア軍はハマー県に新駐屯地を建設(2017年6月15日)   RusVesna(6月15日付)などロシアの複数のメディアは、シリア駐留ロシア軍がハマー県内に新たな駐屯地を建設していると伝え、その写真を公開した。 駐屯地には、ロシア軍兵士約700人を収容可能な空調付きテント、一度に1 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38612      ■米主導の有志連合は6月15日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などで29回の空爆を実施(2017年6月16日)  全文をよむ

2017-06-16 シリア・イラク:イランからの陸路での武器供与が円滑化するなか、国境地帯掌握に向け「シリア人民動員隊」結成の動きが始動 (その他紙)

1 ■米主導の有志連合は6月14日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などで21回の空爆を実施(2017年6月15日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月14日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38581      2 ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側 全文をよむ

2017-06-16 イラク:アバーディー首相、学術分野の純粋性と重要性を強調 (al-Sabah al-Jadid紙)

■アバーディー首相、大学を政治的闘争から遠ざけるよう訴える      【バグダード:本紙】      ハイダル・アバーディー首相は、学術拠点は社会において特別かつ突出した地位にあると強調した。学術拠点や大学がすべての人々に奉仕する知と研究の場であるとした上で、それらを紛争や政治的闘争から遠ざけるよう訴えた。      またアバーディー首相の広報局は、本紙が得た声明のなかで、首相が「大学や単科大学の教授や学長、学部長の大集団と会談した」と述べた。      この声明によると、アバーディー首相は「学 全文をよむ

2017-06-15 シリア:米軍はシリア領内を不法に占拠し拠点化したタンフ国境通行所の基地に高機動ロケット砲システム(HIMARS)を配備 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月13日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊で29回の空爆を実施(2017年6月14日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月13日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して31回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38560      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは 全文をよむ

2017-06-15 国連はガザ地区における政府機関の完全崩壊に警鐘を鳴らす (al-Hayat紙)

■国連はガザ地区における基礎サービスの完全崩壊を警戒      【ラマッラー、ガザ:サマー】       国連は、イスラエルがガザ地区に対する電力供給を削減する決議の履行が、同地区の基礎サービスの完全崩壊に至ると警告した。一方、パレスチナ自治政府はイスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフがこの電力危機と無関係ではいられないと発表した。またハマスは、占領当局に対し、ガザを「壁」へと向かわせると警告した。      パレスチナ自治区の国連人道問題調整事務所(OCHA)のロバート・パイパー調整官は昨日、「 全文をよむ

2017-06-14 シリア:シリア軍はラッカ県西部を南進し、タブカ市(ロジャヴァ支配下)とハマー県イスリヤー村を結ぶ街道に到達 (その他紙)

■「土地は我らのものだ」作戦司令室(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室)がダクワ山(ダマスカス郊外県)でシリア軍の車輌2台を破壊(2017年6月12日)      http://syriaarabspring.info/?p=38522      ■イラク人義勇兵からなるヌジャバー運動は米軍の不法占拠するタンフ国境通行所一帯(ヒムス県)に部隊を展開させたと発表(2017年6月12日)      http://syriaarabspring.info/?p=38524      全文をよむ

2017-06-13 シリア:イラン革命防衛隊クドス旅団のスレイマーニー司令官は米軍らが不法占拠するシリア領のタンフ国境通行所北西部のイラク国境地帯に展開するアフガン人民兵の拠点を視察 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月9日~11日の3日間でラッカ市に60回もの空爆を実施(2017年6月12日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月9日~11日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 6月9日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し27回の空爆を実施、このうちシリア領内での空 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38472      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは3件の停戦 全文をよむ

2017-06-13 サウジ、UAE、バーレーン:カタールへの飛行禁止の範囲を説明 (al-Hayat紙)

■サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーンがカタールへの飛行禁止の範囲を説明      【ジェッダ・アブダビ・マナーマ:本紙】      サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン各国の民間航空機関は、一致した声明において、カタールの航空会社とカタールで登録された航空機の三国の空港着陸と領空通過を全面的に禁じた今月6月5日付の決定に責任をもって取り組むと表明した。      三国の国営通信社によると、各国の声明は、サウジ、UAE、バーレーン、もしくはカタールで登録されていない航空 全文をよむ

2017-06-12 シリア:シリア軍はダーイシュの包囲を受けるダイル・ザウル市とタドムル市を結ぶ街道上の拠点都市スフナ市に向かって進軍 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは4件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年6月11日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月11日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を4件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反は、すべてダマスカス県・ダマ ...   http://syriaarabspring.info/?p=38448      ■シリア軍はタドムル市とダイル・ザウル市を 全文をよむ

2017-06-11 シリア:軍武装部隊総司令部は米軍らが不法占拠するタンフ国境通行所南東部のイラク国境地帯を制圧したと発表、米国の支援を受ける武装集団はこれを否定 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は5件の違反を確認(2017年6月10日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月10日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反は、すべてダマスカス県・ダマ ...   http://syriaarabspring.info/?p=38419      ■シリア軍はタンフ国境通行所(ヒムス県)北 全文をよむ

2017-06-10 シリア:米主導の有志連合はラッカ市空爆で白リン弾を使用 (その他紙)

■ダルアー市でのシャーム解放委員会らとの戦闘でイラク人民動員隊司令官が戦死(2017年6月8日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(6月9日付)によると、イラクの人民動員隊の一つイマーム・フサイン旅団のファラーフ・ジャッブーリー司令官が、ダルアー市内でのシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団(「堅固な建造 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38383      ■米主導の有志連合は6月8日、ラッカ市近郊、タンフ国境通行所近郊で11回の空爆を 全文をよむ

2017-06-09 シリア:南部で米軍による親政権武装勢力への空爆が続くなか、北部ではシリア軍とロジャヴァの関係が緊張、散発的交戦へ (その他紙)

■シリア政府施設団が国連職員とともにダーイシュ支配下のハジャル・アスワド市(ダマスカス郊外県)に入り、停戦合意実施を最終調整(2017年6月7日)   ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(6月8日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が籠城を続けるハジャル・アスワド市をシリア軍使節団が国連職員とともに訪れた。 訪問は、シリア政府とダーイシュが最近になって交わ ...   http://syriaarabspring.info/?p=38349      ■シリア軍はアレッポ県東部マス 全文をよむ

2017-06-08 シリア:米主導の有志連合が不法占拠するタンフ国境通行所をめぐりシリア軍・親政権武装勢力と反体制武装集団の戦闘激化 (その他紙)

■シリア軍はシャーム解放委員会などからなる反体制派の支配下にあるイドリブ市にビラを散布し、武装集団に参加する若者に投降を呼びかける(2017年6月6日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(6月7日付)によると、シリア軍航空機が、シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団の支配下にあるイドリブ市にビラを散布し、反体制武装集団に参加する若者に投降を呼びかけた。 EMC ...   http://syriaarabspring.info/?p=38322      ■米主導の有志連合は6月 全文をよむ

2017-06-07 シリア:シリア民主軍がラッカ市解放に向けた戦闘開始を宣言する一方、米主導の有志連合は不法占拠するタンフ国境通行所への脅威に対処するとして親政権武装勢力を空爆 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月5日、ラッカ市だけで24回の空爆を実施(2017年6月6日)   米中央軍(CENTCOM)は、6月5日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して40回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38296      ■米主導の有志連合は不法占拠するシリア領内のタンフ国境通行所に向けて進軍するシリア軍・親政権 全文をよむ

2017-06-07 エジプト:アズハル学院総長、逸脱した思想的風潮への若者の堕落を懸念 (al-Hayat紙)

■アズハル学院総長、逸脱した思想的風潮への若者の堕落を懸念      【カイロ:本紙】      アズハル学院のアフマド・タイイブ総長は昨日、名指しをせずに一部の当事者らが「私欲実現のため中東地域のホットスポット」に乗じようとしていることに対して警鐘を鳴らした。また、逸脱した思想的風潮の渦へ若者たちが巻き込まれないよう、さらなる努力をするよう訴えた。この風潮は地域の安定と安全を脅かすことを助長しているという。      タイイブ総長はこの日、ラーシド・ビン・アブドゥルラフマーン・アール・ハリーフ 全文をよむ

2017-06-06 シリア:アレッポ市東部で反体制派によって瓦礫のなかから救出されたウムラーンくんがシリア国営テレビに出演 (その他紙)

■米主導の有志連合は6月2日~3日の2日間でラッカ市近郊などを激しく空爆(2017年6月5日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、6月2日~3日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 6月2日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し25回の空爆を実施、このうちシリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=38269      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を 全文をよむ

2017-06-05 シリア:ダマスカス県旧市街ハミーディーヤ市場にある老舗アイスクリーム店「ブーザト・バクダーシュ」が閉店の危機! (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは11件の停戦違反を、トルコ側は10件の違反を確認(2017年6月4日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月4日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を11件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダマ ...   http://syriaarabspring.info/?p=38249      ■シャーム解放委員会などからなる反体制武 全文をよむ

2017-06-05 エジプト:シナイ半島の部族がダーイシュを圧迫 (al-Hayat紙)

■シナイ半島の部族が山地を掌握しダーイシュを圧迫      【カイロ:アフマド・ムスタファー】      シナイ半島の部族は、山地や砂漠路におけるダーイシュ掃討作戦の広範な展開と、それら地域の完全掌握を通じ、ダーイシュに対する活動を拡大している。これに先立ち、シナイ半島中部と南部の部族が統合した。      2か月前から諸部族が前線入りしたことで、ダーイシュ構成員の勢力は衰えたとみられる。一方、駐エジプトロシア大使は、ロシアが「テロ対策に必要なあらゆる手段をエジプトに供給することを決定した」と発 全文をよむ

2017-06-04 シリア:シリア軍はアレッポ県最後のダーイシュの拠点都市マスカナ市を包囲、YPG主導のシリア民主軍は「数日中」にラッカ市解放作戦を開始 (その他紙)

■米主導の有志連合はイラク・シリアでの空爆で民間人484人を「意図せず」殺害したことを認める(2017年6月2日)   有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、ダーイシュ(イスラーム国)殲滅を目的にイラクで空爆を開始した2014年8月から2017年4月までの期間に、民間人少なくとも484人を爆撃によって「意図せずに殺 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38223      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チー 全文をよむ

2017-06-03 シリア:米国の支援を受けるシリア・エリート部隊はシリア砂漠での戦闘に向け新たな武装組織を結成することに前向きな姿勢を示す (その他紙)

■米国防総省はシリアの反体制派教練のため5億米ドルを2018年度予算に計上(2017年6月1日)   米国防総省は、イラクとシリアでイスラーム国(ダーイシュ)に対する「テロとの戦い」に参加する戦闘員を教練するために17億6,900万米ドルを2,018年度予算に計上したことを明らかにした。 複数メディアが国防総省からの情報 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38189      ■米主導の有志連合は6月1日、ラッカ県、ダイル・ザウル県で19回の空爆を実施(2 全文をよむ

2017-06-02 シリア:ロシアがラッカ市から撤収するダーイシュを空爆、米国はラッカ市北部で空挺作戦を実施、そしてイラクの人民動員隊はロジャヴァ支配地域に侵攻し2カ村制圧 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月31日、ラッカ県、ダイル・ザウル県で23回の空爆を実施(2017年6月1日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月31日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して30回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38156      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは14件の停 全文をよむ

2017-06-01 シリア:米国の軍事支援を受け、タンフ国境通行所北部に進攻を開始した反体制武装集団をロシア軍が空爆 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月30日、ラッカ県、ダイル・ザウル県で13回の空爆を実施(2017年5月31日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月30日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して21回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38127      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは12件の 全文をよむ

2017-05-31 シリア:ロシアが有志連合のタンフ一帯への空爆に懸念を表明するなか、米国は同地の反体制武装集団に武器支援強化 (その他紙)

■シャーム解放委員会は「シリア革命におけるもっとも著名な活動家の一人」をダーイシュに所属しているとの容疑で逮捕(2017年5月20日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(5月30日付)によると、シャーム解放委員会が、アブドゥルバースィト・サールート氏をダーイシュ(イスラーム国)に所属しているとの容疑で逮捕した。 同サイトによると、サールート氏は、イ …   http://syriaarabspring.info/?p=38103      ■米主導の有志連合は5月28日~29日の2日間 全文をよむ

2017-05-30 シリア:有志連合はシリア軍展開地域にビラを散布し、米英が不法占拠する対イラク国境のタンフ国境通行所に近づかないよう警告 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年5月29日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月29日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を10件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダ ...   http://syriaarabspring.info/?p=38080      ■シリア軍はアレッポ県東部のダーイシュ最 全文をよむ

2017-05-29 シリア:米主導の有志連合はラッカ市での戦闘を避けようとしていた住民が乗ったバスを空爆し、20人以上を殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月26日~27日の2日間でラッカ県、ダイル・ザウル県を重点的に空爆(2017年5月28日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、5月26日~27日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 5月26日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し32回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=38068      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チーム 全文をよむ

2017-05-29 イスラエル:二国家共存を訴えるデモにアッバース議長からのメッセージ (Al-Ahram紙)

■パレスチナ議長、イスラエルのデモ参加者へ「ともに勇気ある平和を築こう」      【ラマッラー - 各通信社】         イスラエルの日刊紙『ハアレツ』が昨日報じたところによると、一昨夜テルアビブのラビン広場において、イスラエルがパレスチナを占領して50年が経過することを受け「二つの国家、一つの願い」というスローガンを掲げておよそ一万五千人がデモを行った。      同紙は以下の通り報じた。「このデモは〈ピース・ナウ〉という運動が企画したもので、労働党やメレツ(訳者注:イスラエルの政党名 全文をよむ

2017-05-28 シリア:ロシア軍戦闘機は、YPGとの合意に基づきラッカ市からタドムル市方面に撤退中のダーイシュの車列を空爆し、戦闘員120人以上を殲滅 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は4件の違反を確認(2017年5月27日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月27日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダマ ...   http://syriaarabspring.info/?p=38050      ■ロシア国防省は、YPGとの合意に基づきラ 全文をよむ

2017-05-27 シリア:米主導の有志連合はマヤーディーン市中心街を空爆し、住民35人を殺害、仏軍事相は仏特殊部隊がシリア領内に展開していることを認める (その他紙)

■米主導の有志連合はダイル・ザウル県マヤーディーン市中心街を空爆し、住民35人を殺害(2017年5月25日)   ダイル・ザウル県では、SANA(5月26日付)、ARA News(5月26日付)によると、米主導の有志連合が25日午後7時半頃、ダーイシュ(イスラーム国)支配下のマヤーディーン市中心街の市場や民間人が住む4階建ビルを空爆 ...   http://syriaarabspring.info/?p=38026      ■米主導の有志連合は5月25日、ラッカ県、ダイル・ザウル県を中心に1 全文をよむ

2017-05-26 シリア:シリア軍はヒムス市南東部のバーリダ地区、マハッサ地区をダーイシュから奪取し、東カラムーン地方の反体制派支配地域を閉塞 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月24日、ラッカ市近郊を中心に21回の空爆を実施(2017年5月25日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月24日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して34回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37992      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件の停戦違反 全文をよむ

2017-05-25 カタール:タミーム首長によるとされる発言をめぐり、GCC諸国とカタールの間で不協和音 (al-Hayat紙)

■湾岸諸国との危機に拍車をかけるカタールの混乱      【リヤド:本紙】      アラビア湾岸地域を昨日、緊張と期待が覆った。この背景には、カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニー首長によるとされる火曜日夜の声明があった。国営のカタール通信(QNA)は、その声明が、イスラエルとイランとの良好な関係やワシントンとの関係の停滞に関わるものだったと報じた。また、サウジアラビア、U.A.E.、バハレーンへの批判を含んでいたとされ、そのことが同地域で大きな物議を醸し出した。これによって激しい 全文をよむ

2017-05-25 シリア:米主導の有志連合はラッカ県、ダイル・ザウル県での空爆で、子供5人を含む18人を殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月23日、ラッカ市、ブーカマール市近郊で18回の空爆を実施(2017年5月24日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月23日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して12回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37966      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは10件 全文をよむ

2017-05-25 イスラエル:アメリカから7500万ドルの追加支援 (al-Quds al-Arabi紙)

■トランプ訪問後、イスラエルがアメリカから7500万ドルの追加支援を受けることを表明      【エルサレム:AFP】      5月24日、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、アメリカから7500万ドルの追加支援を受けることを表明した。これは、アメリカのドナルド・トランプ大統領が中東を訪問し、イスラエルの不安を煽るサウジアラビアとの大規模なアメリカ製武器の取引を発表した後であった。      イスラエル政府の発表によると、ネタニヤフ首相は、「アメリカは、中東でのイスラエルの軍事的優位の維 全文をよむ

2017-05-24 シリア:英マンチェスターでのテロに関する報道がメディアを席巻するなか、ダーイシュはダマスカス国際空港街道とヒムス市で2件の自爆テロを敢行 (その他紙)

■「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室所属組織は自由シリア軍砂漠諸派の名で声明を出し、シリア軍・親政権武装勢力が制圧した砂漠地帯の拠点奪還に向けた作戦を開始(2017年5月22日)   ヒムス県タンフ国境通行所を拠点とする反体制武装集団(「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室)は、「自由シリア軍砂漠諸派」の名で声明(第1号声明)を出し、シリア軍、親政権武装勢力が20日までに制圧したヒムス県 ...   http://syriaarabspring.info/?p=3 全文をよむ

2017-05-24 チュニジア:拡大する抗議運動、治安部隊には負傷者も (al-Hayat紙)

■チュニジアで要求デモが拡大、夜間の衝突で治安部隊要員が複数名負傷      【チュニジア:ムハンマド・ヤースィーン・ジャラースィー】      一昨日、パトカーに跳ねられてデモ参加者が死亡したことを受け、今日にはチュニジア南部の複数の県で抗議運動の規模が拡大した。一方、内務省は所管の治安部隊をタタウイヌ市から撤退させた。火曜日の夜から水曜日にかけて、抗議者らが治安当局の建物やパトカーを放火し、また複数名の国家警備隊員が負傷したためだ。当時、同警備隊はチュニジア南西部トズル県のハズーワ地域(アル 全文をよむ

2017-05-23 シリア:タンフ国境通行所に向けて進軍するシリア軍・親政権武装勢力と革命特殊任務軍の戦闘に米軍、ヨルダン軍も参加 (その他紙)

■タンフ国境通行所に向けて進軍するシリア軍・親政権武装勢力と革命特殊任務軍の戦闘に米軍、ヨルダン軍も参加(2017年5月20日)   スマート・ニュース(5月22日付)は、革命特殊任務軍が20日、ヒムス県のタンフ国境通行所の北西約27キロの地点に位置するザルカー地区一帯に進軍したシリア軍および親政権武装勢力と交戦、戦闘には米軍とヨルダン軍も参加したと伝 …   http://syriaarabspring.info/?p=37912      ■シリア南部砂漠地帯でのシリア軍と米軍の緊張を受け、 全文をよむ

2017-05-23 シリア:Googleは、シリア内戦について寄せられる質問に答えるため、特設サイト「Searching for Syria」を開設 (al-Hayat紙)

■Googleはシリア難民の惨状を解明するためのインタラクティブ・サイトを解説      【ジュネーブ、ニューヨーク:本紙】      検索エンジンのGoogleは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の協力のもと、シリア危機についての特設インタラクティブ・サイト「Searching for Syria」( https://searchingforsyria.org/en/)が開設されたと発表した。このサイトは、インターネットの検索サイトで寄せられているシリア危機に関する質問の多くに答える 全文をよむ

2017-05-22 シリア:シリア軍と親政権武装勢力はスワイダー県東部砂漠地帯に位置する丘陵地のズィラフ・ダム地区を制圧、タンフ国境通行所に接近 (その他紙)

■シリア軍と親政権武装勢力はスワイダー県東部砂漠地帯に位置する丘陵地のズィラフ・ダム地区を制圧、タンフ国境通行所に接近(2017年5月20日)   クッルナー・シュラカー(5月20日付)によると、シリア軍と親政権武装勢力はスワイダー県東部砂漠地帯に位置する丘陵地のズィラフ・ダム地区に到達、同地を制圧した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37884      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは12件の停戦違反を、トルコ側は 全文をよむ

2017-05-21 シリア:米主導の有志連合の空爆にもかかわらず親政権武装勢力とシリア軍はヒムス県南東部の米英の軍事拠点タンフ国境通行所に向けて進軍を続ける (その他紙)

■「マールディル」(トルコのマルディン出身者)の武装集団がアレッポ市タラル地区などを襲撃、ムハーバラートと交戦(2017年5月19日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(5月20日付)によると、「マールディル」に所属する武装集団がアレッポ市タラル地区、ハミーディーヤ地区の市場などを襲撃し、商品などを強奪した。 これを受け、空軍情報部、軍事情報局、総 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37865      ■シャーム解放委員会幹部がシャーム自由人イ 全文をよむ

2017-05-20 イエメン:ティハーマでホーシー派の拠点を二回に渡り攻撃 (al-Hayat紙)

■ティハーマでホースィー派の拠点を二回に渡り攻撃      【アデン、ワシントン:本紙】      イエメン副大統領アリー・ムフスィン・サーリフ将軍は、国家権力の強化と過激派やテロ行為との戦いが、正統政府の最優先事項であると述べた。サーリフ将軍は、昨5月19日、マアリブで第一方面軍司令官サーリフ・タイムス少将と会談した際、「この優先事項が再建、復興、発展を円滑に進めるうえで重要である」と強調した。同時に、「一層の努力、治安感覚と戦闘準備の向上、そして方面軍への配慮が必要である」と述べた。副大統領 全文をよむ

2017-05-20 シリア:アル=カーイダ系のシャーム解放委員会がアレッポ県北部のロジャヴァの拠点都市アフリーン市近郊を初めて攻撃 (その他紙)

■スルターン・ムラード師団など武装集団8組織が最高交渉委員会を批判し、ジュネーブ6会議への参加を中止(2017年5月18日)   アレッポ県北部などで活動する反体制武装集団8組織は共同声明を出し、シリア政府と反体制派の代表による和平協議「ジュネーブ6会議」への参加中止を決定した。 共同声明を出したのは、スルターン・ムラード師団、シャーム軍団、革命軍 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37837      ■米主導の有志連合は5月18日、ラッカ県、イラク国境 全文をよむ

2017-05-19 シリア:米軍はイラク国境に向けて進軍するシリア軍、ヒズブッラーの車列に対して空爆を実施し、威嚇 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月17日、ラッカ県、イラク国境地帯で22回の空爆を実施(2017年5月18日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月17日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37769      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦 全文をよむ

2017-05-18 シリア:米主導の有志連合がシリア領内で空挺作戦を実施し、ダーイシュのメンバー多数を拘束する一方、マクガーク米大統領特使がアイン・アラブ(コバネ)市入り (その他紙)

■マクガーク米大統領特使はアイン・アラブ(コバネ)市入りし、ラッカ文民評議会やタブカ文民評議会の代表と会談(2017年5月16日)   ARA News(5月17日付)は、ブレット・マクガーク米大統領特使(対ダーイシュ(イスラーム国)有志連合担当)が、アレッポ県東部のアイン・アラブ(コバネ)市南部にある有志連合の基地をヘリコプターで訪れ、ラッカ文民評議会 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37738      ■米財務省はラーミー・マフルーフ氏の親族および 全文をよむ

2017-05-17 ■イラクのクルド人らはイラク政府がクルディスタン地域で軍事力を用いる可能性を排除せず (al-Hayat紙)

■イラクのクルド人らはイラク政府が現地で軍を用いる可能性を排除せず      【ロンドン:ザヒール・カスィーバーティー】      クルド上級指導者は地域・内部状況がイラク・クルディスターン地域の「独立にむけた住民投票」の実施に適切であるとし、住民投票の実施は「後戻りできない決定」と強調した。      同人は、イラクのクルド人が「アブドゥルカリーム・カーシムからサダーム・フサインに至る停頓した長い歴史ののち、「他の独裁政権」との共存を受け入れてこなかった」と本紙に語った。そして「政府を支配する 全文をよむ

2017-05-17 シリア:トルコのエルドアン大統領がトランプ米大統領と会談「YPG、PYDへの支援は地球規模の合意に反する」 (その他紙)

■最高交渉委員会のハリーリー団長はジュネーブ6会議で政治移行の実現の必要を改めて強調(2017年5月15日)   シリア政府と反体制派の代表団による和平協議(ジュネーブ6会議)に参加するためスイスのジュネーブ入りした最高交渉委員会のナスル・ハリーリー団長(シリア革命反体制勢力国民連立)は、記者団に対して、「我々が望むのは包括的な停戦 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37698      ■共和国護衛隊増援部隊がスワイダー県南部の対ヨルダン国境地帯に派遣( 全文をよむ

2017-05-16 シリア:革命特殊任務軍を名乗る武装集団が米英地上部隊とともにヒムス県のイラク国境地帯でダーイシュに対する地上作戦を開始 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月14日、ラッカ県、ダイル・ザウル県で17回の空爆を実施(2017年5月15日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月14日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37659      ■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停 全文をよむ

2017-05-15 シリア:バアス党はアサド大統領(シリア地域指導部書記長)不在のまま、最高執行機関の「民族指導部」を廃し、「民族評議会」のもとでの集団指導体制に移行 (その他紙)

■ダマスカス県ヤルムーク・パレスチナ難民西部でダーイシュとシャーム解放委員会が交戦(2017年5月13日)   ダマスカス県では、クッルナー・シュラカー(5月14日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が13日夜、ヤルムーク・パレスチナ難民西部のシャーム解放委員会支配地域への進軍を試み、交戦、ダーイシュ戦闘員1人が死亡した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37635      ■米主導の有志連合は5月12日~13日の3日間でラッカ県、ダイル・ザウル県 全文をよむ

2017-05-14 シリア:ロシア軍の航空支援を受けるシリア軍は、YPG主導のシリア民主軍が完全制圧したタブカ市の北西に位置するダーイシュの拠点ジャッラーフ航空基地を制圧 (その他紙)

■ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは8件の停戦違反を、トルコ側は3件の違反を確認(2017年5月13日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月13日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を8件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の内訳は、ダマスカス県・ダマ ...   http://syriaarabspring.info/?p=37612      ■ダルアー県マハッジャ村出身の徴兵忌避者4 全文をよむ

2017-05-13 シリア:トルコ軍がシャーム解放委員会などのジハード主義者掃討のために進攻を準備、シャーム自由人イスラーム運動は猛反発 (その他紙)

■アレッポ市でパレスチナ人民兵とイラン人民兵が衝突、ロシア軍憲兵隊が介入(2017年5月11日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(5月12日付)によると、アレッポ市アズィーズィーヤ地区(キリスト教徒が多く住む地区)でパレスチナ人の民兵組織のクドス旅団戦闘員と、イラン人民兵からなるバーゲル旅団の戦闘員が、口論の ...   http://syriaarabspring.info/?p=37580      ■シャーム自由人イスラーム運動はダマスカス郊外県東グータ地方で活動するウンマの暁 全文をよむ

2017-05-12 シリア:アサド大統領「テロはナチズムと同じメンタリティを採用した西側によって利用されている道具に過ぎない」 (その他紙)

■トランプ米政権による「直接」武器供与決定を受け、YPGに重火器、装甲車、戦車が供与される(2017年5月10日)   クッルナー・シュラカー(5月11日付)は、ドナルド・トランプ米政権が西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊への「直接」武器供与を決定したことを受け、ハサカ県マーリキーヤ(ダイリーク)市に展開する人民防衛部隊に米国の武器 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37546      ■米主導の有志連合は5月10日、ラッカ県、ダイル・ザウル県で1 全文をよむ

2017-05-11 シリア:「シャーム解放委員会」は「解放区」に侵入する「一部反体制派の残党ども」への抵抗を呼びかける (その他紙)

■クナイトラ県の武装集団がダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍とアサド政権と戦うため「土地の民」作戦司令室を結成(2017年5月8日)   クナイトラ県で活動する複数の反体制武装集団が共同声明を出し、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍とアサド政権と戦うことを目的とした新たな連合組織「土地の民」作戦司令室を結成したと発表した。 「 …   http://syriaarabspring.info/?p=37509      ■クナイトラ県の武装集団がダーイシ 全文をよむ

2017-05-11 パレスチナ:ダフラーン派の公務員の給与削減 (al-Hayat紙)

■継続するガザの公務員の給与減額      【ガザ:本紙】      今月に入って二度目の衝撃がガザ地区の公務員5万5千人に走った。というのも彼らが銀行から給料を引き下ろすと30%から50%分が減額されていたのだ。      ガザ地区における唯一の公立大学であるアクサー大学の教職員600名の衝撃がもっとも大きかった。彼らのなかには給料の12%しか受け取れなかった者もいたのだ。だが、ムハンマド・アッバース大統領によって「ファタハ」幹部を解任されたムハンマド・ダフラーン議員寄りだと「疑わている」公務 全文をよむ

2017-05-10 シリア:政府軍は「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」に違反するかたちで、米・ヨルダンの支援を受け、シリア南部でダーイシュを掃討し勢力を伸張していた反体制武装集団支配地域に進攻 (その他紙)

■シリア軍は米国、ヨルダンが支援する「ハマード浄化のため我らは馬具を備えし」作戦司令室支配下のダマスカス郊外県東部砂漠地帯に進攻し、サブア・ビヤール区を制圧(2017年5月8日)   ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(5月9日付)によると、シリア軍は、「ハマード浄化のため我らは馬具を備えし」作戦司令室所属の反体制武装集団が3月末から4月初めかけてダーイシュ(イスラーム国)から奪取した県東部 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37484      全文をよむ

2017-05-10 エジプト:議会が公務員への賞与を承認 (al-Hayat紙)

エジプト議会は昨日、国家公務員に基本賃金の10%にあたる特別賞与を与える旨の法案を、政府との激しい議論の末に可決した。      アリー・アブドゥルアール議長は、今般の投票を受けて、議会は大多数の投票(賛成420名、反対5名、棄権19名)を以て、国家公務員に賞与を与える法案を可決したと述べ、投票を棄権した議員に対し、議事録の中で棄権した理由を記述することを要求した。一方、代議員担当大臣ウマル・マルワーンは、ラマダン月の前に賞与を与付すると約束した。      こうした動きと並行し、アブドゥルファ 全文をよむ

2017-05-09 シリア:首都ダマスカス東部で停戦が成立し、反体制武装集団戦闘員とその家族約1,000人がイドリブ県に退去 (その他紙)

■米主導の有志連合は5月5日~7日の3日間でラッカ県、ダイル・ザウル県各所を空爆(2017年5月8日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、5月5日~7日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 5月5日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し18回の空爆を実施、このうちシリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=37452      ■ロシア国防省は「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反19件を確認したと 全文をよむ

2017-05-08 シリア:米国のミサイル攻撃を受け閉鎖されていたシリア領空での偶発的衝突回避のための米国・ロシアのホットラインが再開 (その他紙)

■「緊張緩和地帯」各所で20件弱の停戦違反が発生(2017年5月7日)   ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(5月7日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」(5月6日0時0分に発効)への違反を18件確認したと発表した。 ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側の監視チームが確認した停戦違反の ...   http://syriaarabspring.info/?p=37433      ■トルコ軍およびハワール・キッリス作戦司令室支配下のアレッポ県北部に退去していたヒムス市ワアル地区の戦闘員 全文をよむ

2017-05-07 シリア:「安全地帯」設置を骨子とする新停戦合意(緊張緩和地帯設置にかかる覚書)発効を受けるかたちでトルコ軍がイドリブ県北部の国境地帯に集結 (その他紙)

■シリア軍はアレッポ県におけるダーイシュ最後の拠点マスカナ市、ジャッラーフ航空基地に対して攻勢(2017年5月6日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)が県東部のダーイシュ(イスラーム国)最後の拠点都市マスカナ市とジャッラーフ航空基地を空爆した。 また同地一帯でシリア軍とダーイシュが交戦した。 ** ダイ ...   http://syriaarabspring.info/?p=37418      ■シリア革命反体制勢力国民連立はリヤード・サイフ氏を新代表に選 全文をよむ

2017-05-06 シリア:米国はロシア・トルコ・イランによる「安全地帯」設置に「懸念」を表明する一方、ロシアは「安全地帯」での有志連合の飛行を禁止 (その他紙)

■ヨルダン北部のラクバーン地区のシリア人難民キャンプで「新シリア軍」を狙った爆弾テロ発生(2017年5月4日)   クッルナー・シュラカー(5月5日付)が伝えたところによると、ヨルダン北部のシリア国境地帯に位置するラクバーン地区のシリア人難民キャンプ北部のガナム(羊)市場で、「新シリア軍」の軍用車輌が爆弾の爆発に巻き込まれ、戦闘員2人 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37393      ■米主導の有志連合は5月4日、ダイル・ザウル県、ラッカ県などで10 全文をよむ

2017-05-05 パレスチナ:パレスチナ問題の3つのシナリオ (al-Hayat紙)

■パレスチナ人はトランプ大統領のイニシアティブにおいて、最も悪くない選択を望む      【ラーマッラー:ムハンマド・ユーニス】      パレスチナ当局の高官らは、アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏が再開を希望したパレスチナ・イスラエル間の政治プロセスへの介入に関して、3つのシナリオを予測している。職員らは最も悪くないシナリオ、つまり現状維持を望んでいる。      同当局の多数の上級高官によれば、予想される第一のシナリオは、トランプ大統領が、実質的な入植地建設の停止を棚上げしつつ、パレスチナ 全文をよむ

2017-05-05 シリア:ロシア、トルコ、イランは「安全地帯」(緊張緩和地域)設置を骨子とする新停戦合意に署名、シリア政府はこれを支持、反体制武装集団は怒号を浴びせアスタナ4会議を退場(2017年5月4日) (その他紙)

■米主導の有志連合は5月3日、タブカ市などで28回の空爆を実施(2017年5月4日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月3日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して34回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37366      ■ロシア・シリア両軍戦闘機がハマー県北部を空爆(2017年5月4日)   ハマー県では、クッ 全文をよむ

2017-05-04 シリア:アスナタ4会議でロシアが「安全地帯」設置を骨子とする新提案を示すなか、反体制武装集団代表団は会議参加中止を決定 (その他紙)

■トランプ米大統領はロシアのプーチン大統領と電話会談し、シリアでの「安全地帯」設置について協議(2017年5月2日)   米ホワイト・ハウスは、ドナルド・トランプ米大統領がロシアのヴラジミール・プーチン大統領が電話会談を行い、シリア情勢などについて意見を交わしたと発表した。 ホワイト・ハウスの声明によると、会談では、トランプ大統領がシリア国 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37337      ■ロシア国防省はロシア軍顧問1人がシリア国内で死亡したと発表 全文をよむ

2017-05-03 シリア:政府は反体制派支配地域への「通商路」を新設、通行税徴収をめざす (その他紙)

■米主導の有志連合は5月1日、ハサカ県、ラッカ県で13回の空爆を実施(2017年5月2日)   米中央軍(CENTCOM)は、5月1日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して15回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37310      ■シリア政府は反体制派支配地域への「通商路」を新設、通行税徴収をめざす(2017年5月 全文をよむ

2017-05-02 シリア:東グータ地方での反体制派の内紛をめぐり、シャーム自由人イスラーム運動がシャーム解放委員会を擁護、アスタナ会議に参加する武装集団はイスラーム軍と連帯 (その他紙)

■有志連合は2017年3月までのシリア・イラク領内での空爆による民間人犠牲者の発生にかかる最新の調査報告でシリアでの民間人死亡は確認できなかったと発表(2017年4月30日)   有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、2017年3月にシリアおよびイラク領内での航空作戦に伴う民間人犠牲者発生にかかる27の新たな報告を受け、すでに報告されている案件と併せて43件を調査、28件の ...   http://syriaarabspring.info/?p=37280      ■ 全文をよむ

2017-05-01 シリア:YPG主導のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘の末タブカ市をほぼ制圧、シリア軍もダーイシュをシャーイル油田からほぼ放逐 (その他紙)

■ダイル・ザウル県でダーイシュ幹部の暗殺相次ぐ(2017年4月29日)   ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(4月30日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)の幹部の一人で治安突撃部隊の司令官トゥーリス・ハディード氏(ブーカマール市出身)が何者かによって殺害された。 なお、28日に ...   http://syriaarabspring.info/?p=37261      ■ロシア軍はハマー県カフルズィーター市を空爆し、ホワイト・ヘルメット隊員8人を殺害(2017年4月30日) 全文をよむ

2017-04-30 「人民動員部隊」:戦場を移動 (al-Hayat紙)

■「人民動員部隊」は戦場をシリア国境へ移動      【バグダード:フサイン・ダーウド】      イラク治安部隊は、「ダーイシュ」(イスラム国) の防衛線を突破し、北部に戦線を築くというモスルにおける作戦行動に関し、ティグリス川に面したモスル旧市街でダーイシュを包囲する作戦に変更した。      さらに、「人民動員部隊」指揮官が述べたところによると、西はシリア、南はアンバール県とモスルを結ぶ交通の要衝としての役割を果たしているハダル町を奪還した後、同指揮官の部隊はシリア国境に移動するという。な 全文をよむ

2017-04-30 シリア:ダマスカス郊外県でサウジが後援するイスラーム軍と、アル=カーイダ系のシャーム解放委員会、ラフマーン軍団の戦闘が続く (その他紙)

■米国防総省報道官はトルコ軍の攻撃を受け、シリア国境地帯に米軍部隊を派遣したことを明らかにする(2017年4月28日)   米国防総省のジェフ・デーヴィス報道官は、トルコ軍によるハサカ県、ラッカ県、アレッポ県国境地帯に対する攻撃に関して、記者団に対して、米軍を国境地帯に展開させたことを明らかにするとともに、「我々はすべての関係当時者に連絡し、 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37245      ■米主導の有志連合は4月28日、ラッカ県、ダイル・ザウル県 全文をよむ

2017-04-29 レバノン:大統領暗殺事件の裁判中、裁判所前でにらみ合い (al-Hayat紙)

■バシール・ジュマイイル暗殺犯の裁判中にシリア民族社会党とカターイブ党がにらみ合い      【ベイルート:本紙】      昨4月28日、ベイルート裁判所の前で、シリア民族社会党の若者による集会とレバノン・カターイブ党の学生による集会がにらみ合いとなった。これは、バシール・ジュマイイル元大統領暗殺事件(1982年9月14日)の容疑者ハビーブ・シャルトゥーニ―の裁判を背景とするものである。シャルトゥーニーは、1990年10月13日の事件の後に刑務所から脱走、以後裁判は行われていなかった。     全文をよむ

2017-04-29 シリア:トルコ軍の攻撃が続くハサカ県・ラッカ県の国境地帯にYPGを支援する米軍が重装甲車を派遣か? (その他紙)

■米主導の有志連合は4月27日、ラッカ県、ダイル・ザウル県で17回の空爆を実施(2017年4月28日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月27日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37220         ■ウズムジュOPCW事務総長「我々はハーン・シャイフーン市に行く用意 全文をよむ

2017-04-28 シリア:アサド大統領は「イスラエルはシリアの混乱においてさまざまな役割を果たしてきた」、イスラエル軍はヒズブッラーの武器庫と思われる施設を越境空爆 (その他紙)

■米主導の有志連合は4月26日、ラッカ県、ダイル・ザウル県で15回の空爆を実施(2017年4月27日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月26日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領 ...    http://syriaarabspring.info/?p=37198      ■ロシア軍はイドリブ県のダイル・シャルキー大学病院、マアッルズィーター村 全文をよむ

2017-04-27 シリア・トルコ:シリア外務省、米国防総省はトルコ軍によるシリア・イラクへの越境空爆をそろって批判するなか、トルコ軍はシリア領内で侵略行為を続ける (その他紙)

■米主導の有志連合は4月25日、ダイル・ザウル県、ラッカ県で19回の空爆を実施(2017年4月26日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月25日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37172      ■シリア外務省、米国防総省はトルコ軍によるシリア・イラクへの越境空爆をそろ 全文をよむ

2017-04-26 シリア・イラク:トルコ軍がシリアおよびイラク領内を越境空爆し、YPG隊員20人、ペシュメルガ隊員5人を殺害 (その他紙)

■ダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の司令官が死亡(2017年4月24日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(4月25日付)によると、ヤルムーク川流域での反体制武装集団との戦闘で、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の司令官の一人アブー・ムハンマド・ティラーウィ ...   http://syriaarabspring.info/?p=37156      ■米主導の有志連合は4月24日、ダイル・ザウル県、ラッカ県で19回の空爆を実施(2017 全文をよむ

2017-04-25 シリア:イスラエル前国防大臣「ダーイシュは過去に1度だけイスラエル占領地に「誤射」、即座に「謝罪」してきた」 (その他紙)

■シャーム解放委員会などの反体制武装集団の拠点都市イドリブ市でカタール仲介による住民、戦闘員の退去合意に反対するデモ(2017年4月23日)   イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(4月24日付)によると、シャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動などの反体制武装集団の拠点都市イドリブ市で、カタール仲介によるファトフ軍とイラン革命防衛隊・ヒズブッラーの停 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37119      ■ヤルムーク・パレスチナ難民キャンプ 全文をよむ

2017-04-25 シリアでの遺跡の盗掘問題 (al-Watan紙)

■一部の発掘機材の値段は十億シリアポンドに及ぶ…イドリブの民兵指導部の数百万ドルもの収入は遺跡の盗掘から      【イドリブ:本紙】      出土品の密輸業者らは需要を受け、躍起になって国際市場への供給を増やしている。これにより、盗掘物の一部の価格が下がっている。主にイドリブにおいて、武装集団の指導者を名乗る者たちが高価な機器を用い、違法な方法で発掘をしている。彼らのもとには数百万ドルが流れている。      発掘作業は当初、ザウィーヤ山、バリシャ山、マアッラト・アン・ヌウマーン郡にて、原始 全文をよむ

2017-04-24 シリア:イスラエル軍戦闘機が再びシリア領を侵犯し、国防隊の拠点を爆撃、複数人が死亡 (その他紙)

■ダマスカス郊外県知事が反体制武装集団退去後のザバダーニー市を視察(2017年4月23日)   ダマスカス郊外県では、SANA(4月23日付)によると、アラー・イブラーヒーム県知事が、カタールの仲介によるファトフ軍とイラン革命防衛隊・ヒズブッラーの和平合意に基づき、反体制武装集団戦闘員と家族が退去したザバダーニー市 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37096      ■シリア軍がシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団を掃討し、ハマー県ハルファーヤ 全文をよむ

2017-04-23 シリア:国際独立調査委員会「4月4日早朝の空爆で有毒ガスが飛散した」「どの国の空軍が空爆したか結論づけられていない」「米国のミサイル攻撃は民間人に対する攻撃を減少させていない」 (その他紙)

■シリアでの人権侵害を調査するための国際独立調査委員会「4月4日早朝の空爆で有毒ガスが飛散した」「どの国の空軍が空爆したか結論づけられていない」「米国のミサイル攻撃は民間人に対する攻撃を減少させていない」(2017年4月21日)   国連安保理はシリア情勢への対応を協議するための非公開会合を行い、シリアでの人権侵害を調査するための国際独立調査委員会が、4月4日のイドリブ県ハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑や7日の米軍によるヒムス県シャイーラー ...   http://syriaarab 全文をよむ

2017-04-23 イエメン:軍がジャウフ県西部のハーム野営地を包囲 (al-Hayat紙)

■イエメン軍がジャウフ県西部のハーム野営地を包囲      【アデン:本紙】      イエメン軍は今日(日曜日)、ジャウフ県西部のマトン(ムディーリーヤ¹)にあるハーム野営地を昨日、同地区にいる反体制派民兵の反乱との激戦の後に包囲したと発表した。      『26セプテンバー』(親イエメン軍)紙で今日報じられた軍情報筋の声明によると、軍はハーム野営地を見下ろすタラア山脈を掌握し、これによって同野営地を三方向から包囲することができたという。      また『国営サウジ通信』(WAS)によると、同 全文をよむ

2017-04-23 レバノン:軍が「ダーイシュ」の法官を殺害 (al-Hayat紙)

■レバノン軍が「ダーイシュ」の司令官を殺害      【ベイルート:本紙】      レバノン軍は昨日早朝、ベッカー県北部のアルサール村郊外にて10人の重要なテロリストを拘束した。さらに同軍は、シリアのカラムーン地方でテロ組織「ダーイシュ」の法長官ハサン・ムライスを殺害した。昨日早朝にレバノン軍の一旅団が実施した急襲誘拐作戦において標的グループと交戦した時のことであった。       レバノン軍少将のジューゼフ・アウンは昨日「レバノンにはテロリストの安全な場所はどこにもない。軍の目はいかなるテロ 全文をよむ

2017-04-23 イスラエル:アメリカから戦闘機を新たに購入 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルは4月23日、3機の米国製戦闘機”F-35”型を入手      【テルアビブ:本紙】      4月23日、アメリカ製の”F-35”型戦闘機3機がイスラエルに到着する予定である。これらの戦闘機は、約6か月前にイスラエル空軍が受領した2機の戦闘機とともに運用される。   イスラエル公共放送は、現在世界最進モデルの同戦闘機による最初の編隊が編成されると報じた。   4月20日、イスラエル第2チャンネルは、戦闘機部隊は運用が開始され、イスラエル独立記念日に毎年イスラエル空軍が行っている恒例 全文をよむ

2017-04-22 シリア:米国のミサイル攻撃に続いて、イスラエル軍もシリア領内に対してミサイル攻撃 (その他紙)

■米主導の有志連合は4月20日、ダイル・ザウル県、ラッカ県で21回の空爆を実施(2017年4月21日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月20日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37036      ■イスラエルのリーベルマン外相とマティス米国防長官は揃ってアサド政権による 全文をよむ

2017-04-21 シリア:トルコ軍とその支援を受ける武装集団がアレッポ県北部のロジャヴァ支配地域を砲撃、また所属不明の戦闘機がYPG主導のシリア民主軍の拠点などを空爆 (その他紙)

■米主導の有志連合は4月19日、ダイル・ザウル県、ラッカ県で17回の空爆を実施(2017年4月20日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月19日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して26回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=37008      ■シリア軍はシャーム解放委員会などとの戦闘の末、ハマー県北部のタイバト・イ 全文をよむ

2017-04-21 エジプト:スィースィー大統領はマティス米国防大臣と会談 (al-Hayat紙)

■エジプト:スィースィーはマティスにテロ支援国家に対する「確固としたメッセージ」を要求      【カイロ:アフマド・ムスタファー】      アブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は、昨日行われたアメリカのジェームズ・マティス国防長官との会談に乗じ、テロ支援国家に対して「確固としたメッセージ」を向けるよう同氏に呼びかけた。なお国名は伏せられた。同大統領は、深刻な危機を解決し、テロ組織との戦いに貢献するために、域内にアメリカが再度関与することを期待したのだ。      同大統領は、名指しを避 全文をよむ

2017-04-20 シリア:OPCW英代表は「ウズムジュ事務総長がシリアでサリン・ガスないしはそれに類する有毒ガスが使用された」と喧伝 (al-Hayat紙)

■化学兵器禁止機関、サリンないしはそれに類する物質の使用を確認      【アムステルダム、ベイルート、ロンドン:本紙、ロイター】      化学兵器禁止機関の英国使節代表は、アフメト・ウズムジュ事務総長が4月4日にシリアのイドリブ県で約90人の命を奪った攻撃で、サリン・ガスないしはそれに類する禁止有毒物質が使用されたと述べたと伝えた。この結果は、トルコとイギリスの研究所が行なった先の調査を裏づけるものだという。英国使節代表が19日水曜日、ウズムジュ事務総長の話として伝えたところによると、分析結 全文をよむ

2017-04-20 シリア:「アラブの春」の中心地の一つダマスカス郊外県ザバダーニー市から反体制武装集団が完全退去し、シリア政府支配下に復帰 (その他紙)

■米CENTCOMは4月17日の戦果を発表しないまま、18日の戦果を公表(2017年4月19日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月18日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して33回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36989      ■アレッポ市東部サラーフッディーン地区でアブー・アマーラ特殊任務中隊が爆弾テロを 全文をよむ

2017-04-19 シリア:米主導の有志連合はダイル・ザウル県を、ロシアはイドリブ県をそれぞれ空爆し、女性、子供を含む民間人30人あまりを殺害 (その他紙)

■スワイダー県、ダマスカス郊外県内のシリア政府支配地域で、独立記念日に合わせて、体制打倒、ロシア・イランの撤退を求めるデモが発生(2017年4月17日)   スワイダー県では、クッルナー・シュラカー(4月17日付)によると、シリア政府支配下のマズラア町で独立記念日を祝う集会が行われ、住民数十人が参加し、体制打倒を改めて訴えた。 マズラア町は、2011年3月に反体制デモが最初に ...   http://syriaarabspring.info/?p=36951      ■米主導の有志連合による 全文をよむ

2017-04-18 イラク:ダーイシュ(イスラーム国)が化学兵器を使用 (al-Hayat紙)

■イラク軍は「ダーイシュ」が化学兵器を使用したと確認      【バグダード:フサイン・ダーウド】      イラク治安部隊は「ダーイシュ」(イスラーム国)がモスル西部にある同部隊の複数拠点を、化学物質を装填した迫撃砲 複数発によって攻撃したが、被害は限定的だった発表した。また、モスルでダーイシュの支配下にある最後の15地区のうち、6地区で戦闘が激化、米軍は、苦戦を強いられる イラク軍を重点的に支援した 。      モスル作戦司令部の声明によると「我が部隊 が進軍を続けるなか、ダーイシュの悪党 全文をよむ

2017-04-18 シリア:シリアのアル=カーイダ「ヌスラ戦線(現シャーム解放委員会)」はトルコでの憲法改正に支持を表明 (その他紙)

■ヒムス市ワアル地区からの退去希望者170人がアレッポ県ジャラーブルス市に向け出発、544人は投降し放免に(2017年4月17日)   ヒムス県では、SANA(4月17日付)によると、ヒムス市ワアル地区での停戦合意に従い、退去を希望する反体制武装集団戦闘員とその家族170人がシリア政府によって用意された大型旅客バスに乗って、アレッポ県ジャラーブルス市に向 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36939      ■シリア軍はハマー県北部の要衝スーラーン市をシ 全文をよむ

2017-04-17 エジプトで治安強化とコプト教徒の復活祭を中止 (al-Hayat紙)

   ■エジプトで治安強化とコプト教の復活祭を中止      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      エジプトでは今日、コプト教の復活祭「イースター」の光景は見られない。その代わり、各県の教会周辺では厳重な治安措置が取られている。先週の日曜日、アレキサンドリアの聖マルコ教会とガルビーヤ県タンタの聖ジョージア教会での自爆による45名以上の死亡を受けての措置だ。死亡者のほとんどはキリスト教徒だった。      タワドロス2世教皇はイースターの祝賀をすべて中止した。そして同氏は、昨日祭司を務める予 全文をよむ

2017-04-17 パレスチナ:ガザ地区での電力危機と受刑者によるハンガー・ストライキ (al-Hayat紙)

■「給与大虐殺」後のガザの電力危機      【ガザ:ファトヒー・サッバーフ】      「給与大虐殺」に対する抗議が若干静まりを見せるなか、ガザ地区は再び闇のトンネルに突入した。これは、ガザ地区唯一の発電所が、稼働に必要なディーゼル燃料が尽きたこと、そしてラマッラー政府が燃料税に執着していることを理由として、昨日の朝に操業を停止したのを受けたものだ。一連の動きは、イスラエル占領当局が昨日、女性受刑者の中心人物リーナー・ジャルヌービー氏を釈放するさなかで起こり、多くの受刑者が、イスラエル刑務所内 全文をよむ

2017-04-17 シリア:米主導の有志連合はアレッポ県からの避難民が身を寄せるダイル・ザウル県内の村を空爆し、子供ら8人を殺害 (その他紙)

■米軍主導の有志連合はアレッポ県からの避難民が身を寄せていたスッカリーヤ村(ダイル・ザウル県)を空爆し、子供ら8人を殺害(2017年4月15日)   クッルナー・シュラカー(4月15日付)は、アレッポ市ラーシディーン地区で発生したイドリブ県フーア市、カファルヤー町からの住民の車列を狙った爆弾テロに関して、複数の活動家の話として、ディマシュク・アーンがツイッターで、シリ ...   http://syriaarabspring.info/?p=36921      ■ラッカ市一帯、タブカ市で、YP 全文をよむ

2017-04-16 シリア:アレッポ市西部で、アル=カーイダ系組織が包囲するシリア政府支配地域から退去してきた住民を狙った自爆テロが発生し、100人あまりが死傷 (その他紙)

■ダーイシュがダイル・ザウル市内のシリア政府支配地域を砲撃し、25人負傷(2017年4月15日)   ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がダイル・ザウル市内のシリア軍支配地域(クスール地区、ジャウラ地区)を砲撃し、女性、子供を含む25人が負傷した。 一方、SANA(4月15日付)に ...   http://syriaarabspring.info/?p=36899      ■シリア軍がハマー県北部、ダルアー県南部のナスィーブ国境通過所などを空爆(201 全文をよむ

2017-04-15 シリア:YPG主導のシリア民主軍はシリア軍にアレッポ県北部の6カ村を譲渡するなか、米国はシリア民主軍に同県北部のタッル・リフアト市を「穏健な反体制派」に譲渡するよう要求 (その他紙)

■米主導の有志連合は4月13日、ラッカ市、タブカ市近郊で10回の空爆を実施(2017年4月14日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月13日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して12回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36876      ■シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団がダルアー市マンシヤ地区でシリア 全文をよむ

2017-04-14 シリア:アサド大統領がAFPのインタビューに応じる「ハーン・シャイフーン市での化学兵器攻撃疑惑はねつ造、ミサイル攻撃を行う米国は紛争の政治的解決に対して真剣ではない」 (その他紙)

■米主導の有志連合はシリア領内での空爆実施地点の詳細を初めて公表せず(2017年4月13日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月12日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36843      ■ファトフ軍支配下のイドリブ市内のシリア席新月社事務所前で爆弾が爆発(2017年4月 全文をよむ

2017-04-14 エジプト:教会爆破犯の身元公開 (al-Hayat紙)

■政府は教会を爆破した組織に協力したとして「ムスリム同胞団」と「ダーイシュ」を非難      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      エジプト治安当局は、アレクサンドリア市の聖マルコ大聖堂の門前で爆弾ベルトによる自爆テロを行った犯人の身元を公表した。また、ここ最近相次いでいた教会を狙った攻撃は同じテロ集団によるもので、この集団はエジプト南部のキリスト教会複数をさらなる標的とする攻撃を計画していたと注意を向けた。      治安筋が本紙に述べたところによれば、組織のメンバーはシナイ半島の「ムスリ 全文をよむ

2017-04-14 レバノン:大統領が議会を1ヶ月間停止 (al-Hayat紙)

■選挙法制定のため政府に許された期間。政府は国会の延長を躊躇。      【ベイルート:ムハンマド・シャキール】      レバノンのナビーフ・ビッリー国会議長が、国会延長のため、昨日4月13日に行われる予定だった立法会議の開催を呼びかけた時、ミシェル・アウン大統領が国会の活動の1ヶ月間、1度きりの停止に乗り出すとは、ビッリーは予想していなかったと考えている人は間違っている。国会の活動停止は、5月31日に終わる通常国会の会期中、憲法第59条に明記された大統領権限に基づいて行われた。      ア 全文をよむ

2017-04-14 エジプト:「ラービア」の座り込みが教会への自爆テロ犯を産んだ(1) (al-Hayat紙)

■「ラービア」の座り込みが数十人の自爆テロ実行犯を産んだ(1)      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      アレキサンドリアで暮らすあるアラブ人家族の世帯主は2013年末、過激派組織「イスラーム集団」の元指導者ナーギ フ・イブラーヒーム氏に対し、息子を説得して、シリアに渡航して戦闘に参加しようとするのを断念させて欲しいと頼んだ。このアラブ人青年は、ムハンマド・ムルスィー前 大統領退陣に抗議して「ムスリム同胞団」が同年6月末に行った「ラービア・アダウィーヤ」広場での座り込みから戻ったばかり 全文をよむ

2017-04-14 エジプト:「ラービア」の座り込みが教会への自爆テロ犯を産んだ(2) (al-Hayat紙)

■「ラービア」の座り込みが数十人の自爆テロ実行犯を産んだ(2)      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      内務省が発表した自爆犯2人およびテロ細胞メンバーに関する情報は十分とは言えない。だが、複数の治安筋は本紙に、自爆犯2人がこれまでにも2013年に拘束されていたとしたうえで、テロ細胞メンバーが「ラービア・アダウィーヤ」広場での座り込みでお互いの関係を深めていったと指摘した。この座り込みには、メンバー全員が参加しており、そこでともに同郷(ケナ県出身)で、同一の(思想)潮流に身を置き(サ 全文をよむ

2017-04-13 シリア:カタールの仲介によるアル=カーイダ系のファトフ軍とイラン革命防衛隊・ヒズブッラーの停戦合意に基づき、親政権住民の避難、反体制武装集団の退去、捕虜交換は始まる (その他紙)

■米主導の有志連合は4月11日、タブカ市のみで4回の空爆を実施(2017年4月12日)   ロシアを訪問したレックス・ティラーソン米国務長官は、首都モスクワでセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と個別に会談した。 会談冒頭でラヴロフ外務大臣は、米軍によるミサイル攻撃に関して「法に反するきわめて懸念すべき行動」と非難、「今 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36810      ■ティラーソン米国務長官はモスクワでラヴロフ外務大臣、プーチン大統領と会談(2017年4月 全文をよむ

2017-04-12 シリア:スパイサー米ホワイト・ハウス報道官「無垢の市民に「樽爆弾」が落とされたら、大統領からの報復を見ることになるだろう」 (その他紙)

■米主導の有志連合は4月10日、タブカ市近郊を中心に19回の空爆を実施(2017年4月11日)   米中央軍(CENTCOM)は、4月10日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して31回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36772      ■ティラーソン米国務長官は、国家機関の衰退をもたらさないかたちで、アサド大統領を排 全文をよむ

2017-04-12 チュニジアにおける新聞社の閉鎖と政治的インタビューの放映禁止 (al-Hayat紙)

■チュニジアにおける新聞社の閉鎖と政治的インタビューの放映禁止      【チュニス:ムハンマド・ヤースィーン・ジラースィー、本紙】      チュニジアのジャーナリストたちは政府と治安機関が行っている報道の自由に対する「規制」に警鐘を鳴らした。ジャーナリスト組合の代表であるナージー・ブグーリー氏は昨日、組合は国内で一年半前から発効している非常事態法に基づいて報道関係者を起訴することを拒否すると表明し、「記者を抑圧するために非常事態法を利用するのは、チュニジアの報道の自由に対する深刻な脅威である 全文をよむ

2017-04-12 クウェート:議員らが首相の喚問を要求 (al-Hayat紙)

◼︎クウェート議員ら、首相の喚問を求める      【ドバイ:本紙】      4月12日(水)、3名のクウェート議員が国民議会にジャービル・ムバーラク・サバーフ首相の喚問要求を提出した。クウェート通信(KUNA)によると、3名の国民議会議員とは、ワリード・タブタバーイー議員、マルズーク・ハリーファ議員、ムハンマド・バラーク・マティール議員で、5か条からなる要求を提出した。      要求を提出した議員らによると、1つ目は、法律違犯と権力の濫用に関するものである。政府は、依怙贔屓や報復のために権 全文をよむ

2017-04-11 シリア:米国の後援を受けるYPG主導のシリア民主軍はタブカ市に向けて進軍する一方、ロシア・シリア両軍はハマー県北部・イドリブ県南部で攻勢を強める (その他紙)

■米主導の有志連合は4月7日~4月9日の3日間でタブカ市などで空爆を強化、ロシアとのホットライン閉鎖後も空爆頻度に変化なし(2017年4月10日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、4月7日~4月9日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 4月7日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して14回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=36753      ■ロシア軍はイドリブ・ハマー両 全文をよむ

2017-04-10 シリア:米政権はシリア政策の優先事項がアサド政権打倒でなく、ダーイシュ掃討だと改めて強調する一方、ロシア・イランは「今後いかなる攻撃に対しても報復する」と脅迫 (その他紙)

■ダーイシュはヒムス市南東部の対イラク国境で米英の支援を受ける「新シリア軍」と交戦(2017年4月8日)   ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(4月9日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が県南東部の対イラク国境に位置するタンフ国境通過所一帯で米英両軍の支援を受ける「新シリア軍」と交戦し、戦闘員2人が死亡、2人が負傷した ...   http://syriaarabspring.info/?p=36717      ■ベルギー軍が米主導の有志連合の作戦への参加を中止(2017年4月9日) 全文をよむ

2017-04-10 「ダーイシュ」がエジプトの各都市・県に拡大することへの懸念 (al-Hayat紙)

■ 「ダーイシュ」がエジプトの各都市・県に拡大することへの懸念      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      昨日エジプトは悲しみに包まれ、二つの教会で発生した殺戮で犠牲となった者たちの魂に涙した。この殺戮は、エジプトのコプト教徒たちによる棕櫚の日曜日の式典中にテロ組織「ダーイシュ」の隠れた構成員が実行した。これを受け、アブド・ファッターフ・スィースィー大統領は、諸県の重要施設の安全確保のために軍を配備すること、ガルビーヤ県の治安局長を解任すること、国を挙げて3日間、喪に服すといった決定 全文をよむ

2017-04-09 シリア:米国はシリア軍基地へのミサイル攻撃に続いて、英ヨルダンとともにシリア南部国境地帯でISやイラン革命防衛隊など「テロ組織」に対する軍事作戦を準備か? (その他紙)

■サウジアラビアのサルマーン国王はトランプ米大統領と電話会談し、米軍によるシリアへのミサイル攻撃を称賛(2017年4月7日)   サウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王は7日夜、ドナルド・トランプ米大統領と電話会談を行い、7日の米軍によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯へのミサイル攻撃に関して「中東地域と世界の利益に沿った勇敢 …   http://syriaarabspring.info/?p=36273      ■米主導の有志連合はラッカ県ハニーダ村を空爆し、女性・子 全文をよむ

2017-04-08 シリア:シリア軍は米国によるヒムス県シャイーラート航空基地一帯への巡航ミサイルでの攻撃への報復として「米国のパートナーによるテロを掃討する」と発表 (その他紙)

■米主導の有志連合はダイル・ザウル市西部郊外でダーイシュに対する空挺作戦を敢行(2017年4月6日)   ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(4月7日付)によると、米主導の有志連合がティブニー町東部のイザーア丘近郊で空挺作戦を実施し、同地にあるダーイシュ(イスラーム国)の武器弾薬庫、拘置施設を攻撃した。   http://syriaarabspring.info/?p=36621      ■クナイトラ県北部で反体制武装集団どうしが交戦(2017年4月6日)   クナイトラ県では、クッ 全文をよむ

2017-04-08 サウジアラビア:トランプ米政権によるシリアへのミサイル攻撃を全面支持 (al-Hayat紙)

■サウジアラビアは米国の作戦への全面支持を表明      【リヤド:本紙】      サウジアラビア外務省の高官筋は、サウジアラビア王国がシリアでの軍事目標に対する 米国の軍事作戦を全面支持したと表明した。この作戦は 、無垢の 市民に対してシリアの政権が化学兵器を使用し、女性や子供を含む数十人が殺害されたことへの報復 として 行われた 。また、この政権がシリア国民に対して何年にもわたり犯してきた 醜い犯罪が続くなかで行われた。      SPA通信が昨日伝えたところによると 、同高官筋 はまた、 全文をよむ

2017-04-08 イラク:モスル近くの村を軍が解放 (al-Hayat紙)

■イラク軍がモスル近くの村を解放      【バグダード:ウマル・サッタール】      イラク軍は昨日、モスルの右岸地域において作戦を継続するなか、数十人に及ぶ「ダーイシュ」構成員を殺害したと明らかにした。また住民らに対し、イラク軍機の攻撃目標となるダーイシュの拠点から退避することを命じた。      昨日軍部隊はリーハーナ村を解放。「待っていろニーナワー」作戦を指揮するアブドゥルアミール・ヤールッラー中将は声明で「第71歩兵旅団部隊と同旅団と共に集兵された部隊はアトシャーナ山脈北部の新・旧リ 全文をよむ

2017-04-08 エジプト:スィースィー大統領の米訪問により二国間関係は新たな局面を迎える (al-Hayat紙)

■スィースィーの米訪問は二国間関係における「新たな局面」の幕開け      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      観測筋は、エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領の1週間にわたる米首都訪問を、二国間関係における「新たな局面の始まり」と捉えた。訪問中、スィースィー大統領は、ホワイトハウスで初めてドナルド・トランプ大統領と会談。加えて、新政権下の民軍の中心人物や議会指導部、資本家、ビジネスマンらと面会した。エジプトとアメリカの関係は、ムハンマド・ムルスィー元大統領の解任に対する対抗 全文をよむ

2017-04-08 パレスチナ:ガザ地区で公務員給与の減額に抗議するデモ (al-Hayat紙)

■ガザ地区で「給料の虐殺」に抗議      【ガザ:ファトヒー・サッバーフ】      ガザ中心部に集った数万人ものパレスチナ人が、減給に抗議してシュプレヒコールを上げた。国連ではこれに呼応してニコライ・ムラデノフ中東和平プロセス特別調整官が、財政改革の負担をヨルダン川西岸とガザ地区で公平に分配し、さらなる負担増加を回避するよう呼びかけた。一方、自治政府当局は沈黙を続けた。      スラヤ広場で行われた大規模なデモは、公務員労働組合とガザ地区の「ファタハ」の指導部によって組織された。デモ参加者 全文をよむ

2017-04-05 シリア:イドリブ県で化学兵器を使用したとみられる攻撃 (al-Hayat紙)

■イドリブへの「サリンガス」攻撃で数十人が犠牲に      【ロンドン:本紙】      昨日、イドリブ県南部郊外のハーン・シャイフーンを標的とする化学兵器を使ったとみられる攻撃により数十名が死亡した。これは、2013年夏の「グータの虐殺」以来、化学兵器を使った類似の攻撃としては最も危険なものである。活動家たちは、多数の幼い子供を含む犠牲者たちの凄惨な現場の様子を公開した。また彼らは、後続の爆撃が負傷者を治療していた病院を狙ったことを指摘した。ロシアが自国の戦闘機は標的地域を爆撃していないと強調 全文をよむ

2017-04-05 イラク:キルクークでクルディスタン併合に向けた住民投票の実施が決定 (al-Hayat紙)

■キルクークをクルディスタンに併合するための住民投票      【バグダード、テヘラン:ウマル・サッタール、本紙】      キルクーク県議会は昨日、キルクーク県のクルド自治区への併合について住民投票を実施することを承認した。議会はまた、公的機関でのクルド自治区の旗掲揚を取りやめることを定めた連邦議会の決議を拒否した。イランは、こうした県議会側の措置を地域に緊張をもたらし分割を促す行為とみなす一方、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はこの措置が「違憲」で、「キルクーク県はクルド人だ 全文をよむ

2017-04-05 イスラエル・パレスチナ:イスラエル機がガザ東部の農地に有毒物質を散布 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル機がガザ東部の農地に有毒物質を投下      【ガザ:本紙】      イスラエル占領当局は昨日、ガザ地区の国境地域にある農地を再び攻撃、有毒な農薬を同地中心部東側の農地に散布した。占領当局はまた、ガザ地区南部のハーン・ユーニス市東部の住居を重機関銃で攻撃し、多数の住居が物的被害を受けた。      ガザ地区中心部の住民によると、イスラエルの害虫駆除剤散布用航空機は昨日、ガザ地区中央部のブライジュ・キャンプとマガーズィー・キャンプを隔てる国境地帯近くの農地に有毒な農薬を散布した。住民 全文をよむ

2017-04-04 シリア:シリア軍はダマスカス県東部、ダマスカス郊外県、ハマー県北部に大規模空爆・砲撃を実施、ハマー県のマアルダス町をシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団から解放 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月31日~4月2日の3日間でラッカ市、タブカ市などを重点的に空爆(2017年4月3日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、3月31日~4月2日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 3月31日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して11回の空爆を実施、この ...   http://syriaarabspring.info/?p=36522      ■シリア軍はダマスカス県東部、ダマスカス郊外県、ハマー県北部に大規模 全文をよむ

2017-04-03 エジプト:2島の引き渡しに判決 (al-Hayat紙)

■エジプトの判決、サウジアラビアが2島の領有権を有することを確認      【カイロ:本紙】      昨年の4月にエジプトとサウジアラビアが調印したティラーン島とシナーフィル島のサウジアラビアへの引き渡しを含む海境規定合意の問題が再燃した。昨日エジプト裁判所は合意の履行継続の最終判決を下したが、この判決は、最高行政裁判所が出した合意を無効とする最終判決と矛盾したため、司法論争を引き起こした。司法の案件を審理する最高憲法裁判所が、この論争を終わらせると予想される。一方、シャリーフ・イスマーイール 全文をよむ

2017-04-03 シリア:ヘイリー米国連大使「米国はアサドが問題だと見ている。しかし、ダーイシュの方が大きな問題だ」 (その他紙)

■ロシア軍がイドリブ県のトルコ国境近くで、イスラーム軍や「自由シリア軍」が拠点を置く村を空爆(2017年4月2日)   イドリブ県では、『ハヤート』(4月3日付)が複数の反体制消息筋の情報として伝えたところによると、ロシア軍戦闘機が、トルコとの国境に近いバービスカー村を空爆した。 同消息筋によると、バービスカー村は、「穏健な反体制派」の「 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36500      ■シリア軍はダーイシュとの戦闘の末にヒムス市東部のアブー・ズフ 全文をよむ

2017-04-02 シリア:米ホワイト・ハウス報道官「アサドに関して、我々には受け入れなければならない政治的現実がある」 (その他紙)

■ヒムス市ワアル地区から反体制武装集団戦闘員と家族836人がアレッポ県ジャラーブルス市に向け退去(2017年4月1日)   ヒムス県では、SANA(4月1日付)によると、ロシア仲介による停戦合意に基づき、ヒムス市ワアル地区で籠城を続けてきた反体制武装集団の戦闘員とその家族836人が、シリア政府の用意したバスに分乗し、トルコ軍および同軍の支援を ...   http://syriaarabspring.info/?p=36481      ■シリア軍はハマー県北部、首都ダマスカス東部でシャーム解放 全文をよむ

2017-04-01 シリア:米CIAが統括する「軍事作戦司令室」とトルコ政府は、アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会との戦いに備え「穏健な反体制派」に完全統合を指示 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月30日、ダイル・ザウル県各所を中心に10回の空爆を実施(2017年3月31日)   中央軍(CENTCOM)は、3月30日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36464      ■シリア政府と反体制派の協議がないまま「ジュネーブ5会議」は閉幕(2017年 全文をよむ

2017-04-01 イスラエル・パレスチナ:トランプ米政権はイスラエルの入植拡大計画に期待感 (al-Hayat紙)

■和平、「安全地帯」、アサド大統領がトランプ大統領とアブドゥッラー2世の会談の議題に      【ワシントンDC、ナザラ、ラーマッラー:本紙】      ホワイトハウスの複数の高官は、次週に予定されているドナルド・トランプ大統領とエジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領、ヨルダン国王アブドゥッラー2世との両会談において、イスラエル・パレスチナ和平プロセスの問題が議題になることを明らかにした。米国務省高官はまた『ハヤート』に対して、昨日未明にイスラエル政府による入植拡大計画が「可決され 全文をよむ

2017-03-31 シリア:ティラーソン米国務長官がトルコでエルドーアン大統領と会談「アサド大統領の進退は長期的に見てシリア国民が決することになる」 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月29日、ラッカ市近郊、タブカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などで18回の空爆を実施(2017年3月30日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月29日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36424      ■ティラーソン米国務長官がトルコでエルドーアン大 全文をよむ

2017-03-30 シリア:トルコはユーフラテス川以西のマンビジュ市を制圧しないままアレッポ県北部での侵攻作戦の終了を宣言 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月28日、ダイル・ザウル市近郊、タブカ市近郊などで22回の空爆を実施する一方、シリア北部で米兵1人が死亡(2017年3月29日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月28日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36394      ■ヨルダンでのアラブ首脳会 全文をよむ

2017-03-29 シリア:国連のグテーレス事務総長はイスラエル軍とシリア領内の反体制武装集団の交流深化に懸念を表明 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月27日、ラッカ県、ダイル・ザウル県、ハサカ県などで20回の空爆を実施(2017年3月28日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月27日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して30回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36366      ■シリア政府代表団はスイスでイラン、ロシアの高官と会談(20 全文をよむ

2017-03-28 イスラエルはユダヤ考古学者がモスクから石を盗むのを妨害した警備員を逮捕 (al-Quds al-Arabi紙)

■占領者イスラエルは、ユダヤ人考古学者がアクサー・モスクから基石を盗むことを妨害した警備員二人を逮捕      イスラエルは西岸の「ハマース」の指導者を含む15人のパレスチナ人を逮捕し、「テロリスト」構成員のための資金だとして数千ドルを押収した      【ラーマッラー:本紙】      ユダヤ考古学者が同モスクの基石を盗むのを警備員たちが妨害したことを受けて、占領下エルサレムの旧市街に位置するアクサー・モスクの状況は非常に緊迫した。口論が起こり、モスクの警備員、礼拝者、そしてモスクに押し入るユ 全文をよむ

2017-03-28 シリア:シリア軍、YPG主導のシリア民主軍、東部獅子軍、アフマド・アブドゥー軍団などからなる反体制武装集団がラッカ県、ダマスカス郊外県、スワイダー県でダーイシュに一大攻勢 (その他紙)

■YPG主導のシリア民主軍はダーイシュの戦略拠点タブカ航空基地を完全制圧(2017年3月26日)   ラッカ県では、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍が声明を出し、タブカ市南部のダーイシュ(イスラーム国)の戦略拠点タブカ航空基地を完全制圧したと発表した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36340      ■米主導の有志連合は3月26日、ラッカ市およびタブカ市近郊などで19回の空爆を実施(2017年3月27日)   米中央軍(C 全文をよむ

2017-03-27 シリア:リヤド最高交渉委員会はアサド政権を「テロ犯罪装置」と非難 (al-Hayat紙)

■反体制派の 「最高交渉委員会」の代表団はダマスカスの「テロ犯罪装置」を批判      【ロンドン、ジュネーブ:本紙,ロイター】      反体制派組織「最高交渉委員会」の代表団長を務めるナスル・ハリーリー氏 は、ジュネーブでの交渉参加中に、「アサドのテロ犯罪装置」と述べ、バッシャール・アサド大統領を批判した。      ハリーリー氏はまた、 ダマスカス農村部のハムーリーヤ町 の市場で起こった爆発で、民間人15人が死亡、70人が負傷したと述べた。      シリアの反体制派を代表する「最高交渉委 全文をよむ

2017-03-27 シリア:米主導の有志連合の空爆でユーフラテス・ダム決壊の危機が高まるなか、YPG主導のシリア民主軍と親政権の「ラッカの鷹」がダーイシュの戦略拠点タブカ軍事基地に突入 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月24~25日の2日間でラッカ市、タブカ市を重点的に空爆(2017年3月26日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、3月24~25日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 3月24日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して14回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=36312      ■最高交渉委員会代表団はジュネーブでシリア軍による空爆・攻撃、強制移住を非 全文をよむ

2017-03-27 イラク:モスル市の被害が深刻さを増すなか 、米軍は戦闘が困難だと強調 (al-Hayat紙)

■モスル市が被災するなか 、米軍は戦闘が困難だと強調      【バグダード:フサイン・ダーウド 】      イラク治安部隊がモスル市解放計画を変更するなか、市街戦の訓練を受けた 対テロ部隊 は同市西側地区を攻撃した。また、これに先だって 、市民数百人が死傷した空爆を受け 、イラク連邦警察部隊はモスル市南部への攻撃を停止した。      米軍は、ダーイシュ(イスラーム国)メンバーが民間人のなかに紛れ込んでいるため、戦闘が困難だと述べた。一方、軍事作戦やインフラ破壊により避難民危機や民間人犠牲者 全文をよむ

2017-03-26 シリア:米国はラッカ市解放を見据えて警察部隊を教練、YPG主導のシリア民主軍は同市の自治に向け、アラブ人を中心とする民政評議会設置を検討 (その他紙)

■シリア政府代表団はデミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表に「テロとの戦い」に関する書類を提出(2017年3月25日)   バッシャール・ジャアファリー国連シリア代表を団長とするシリア政府代表団は、スイスのジュネーブでスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表と会談し、「ジュネーブ5会議」(ジュネーブ4会議第2ラウンド)で協議が予定 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36295      ■シリア軍がハマー県北部のカウカブ村をシャーム解放委員会 全文をよむ

2017-03-25 シリア:シリア軍はアレッポ県東部の拠点都市ダイル・ハーフィル市を制圧、YPG主導のシリア民主軍はラッカ市西部のタブカ・ダムに到達 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月23日、ラッカ市近郊に対して過去最大規模の空爆を実施(2017年3月24日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月23日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して35回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36267      ■ジャアファリー国連シリア代表「米国、トルコの支援を受けて行われるラッカ市攻 全文をよむ

2017-03-24 シリア:米主導の有志連合はダーイシュの拠点都市タブカ市(ラッカ県)を空爆し、民間人87人を殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月22日、ラッカ市近郊で8回の空爆を実施(2017年3月23日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月22日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して17回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36250      ■シャーム解放委員会、「穏健な反体制派」、外交人戦闘員がハマー県北部で攻勢を続け、シリア政 全文をよむ

2017-03-23 シリア:米軍はYPG主導のシリア民主軍とともにダーイシュの主要拠点の一つタブカ市近郊で空挺・揚陸作戦を実施 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月21日、ラッカ市近郊などに対して22回の空爆を実施(2017年3月22日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36214      ■アサド大統領はチュニジア人民戦線使節団と会談「現下の戦争はアラブ人のアイデン 全文をよむ

2017-03-22 シリア:首都ダマスカス東部でシャーム解放委員会、ラフマーン軍団などからなる反体制武装集団が攻撃を再び激化、ジャウバル区北部でシリア軍と激しく交戦 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月20日、ラッカ市近郊などに対して22回の空爆を実施(2017年3月21日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月20日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36193      ■イドリブ県、ハマー県などでシリア軍と反体制武装集団が交戦(2017年3月21 全文をよむ

2017-03-22 シリア・イラク:カナダはダーイシュの支配を脱した地域への住民の帰宅を支援するための資金供与を発表 (al-Hayat紙)

■カナダは避難民の帰宅を支援する      【ニューヨーク:本紙】      カナダは、ワシントンDCで開かれた「ダーイシュ」(イスラーム国)に対する有志連合諸国会合において、ダーイシュから解放されたイラク・シリア領内の地域への避難民の帰宅を促すため、2,800万米ドルの支援を行うと発表した。      カナダのクリスティア・フリーランド外務大臣は、ニューヨークの国際連合で回付された声明のなかで、カナダは「ダーイシュを打ち負かすことに専念し、紛争下でダーイシュの行為の被害を受けた犠牲者らを支援し 全文をよむ

2017-03-21 シリア:シリア軍はダマスカス県東部のアッバースィーイーン・バス・ターミナル、ジャウバル区北部工業地区からシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団を放逐 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月17~19日の3日間で、ダーイシュの中心都市ラッカ県を重点的に空爆(2017年3月20日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、3月17~19日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 3月17日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して15回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=36157      ■EUは化学兵器使用に関与したとしてシリア軍の高官4人を制裁対 全文をよむ

2017-03-20 シリア:シャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)などからなる反体制武装集団が首都ダマスカス東部で攻撃を激化、アッバースィーイーン・バス・ターミナルの大部分を制圧 (その他紙)

■YPG主導のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘の末、ラッカ市北東部のカラーマ村の80%を制圧(2017年3月19日)   ラッカ県では、ARA News(3月19日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍がラッカ市北東部のカラーマ村でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、同地の約80%を制圧した。 AFP, M ...   http://syriaarabspring.info/?p=36133      ■ロシアのボグダノフ外務大臣は17日のイスラエル軍戦闘機による 全文をよむ

2017-03-19 シリア:ヒムス市ワアル地区の戦闘員および家族1,400人がトルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室支配下のジャラーブルス市に退去 (その他紙)

■シリア軍はバーブ市南東のダーイシュの拠点都市ダイル・ハーフィル市一帯の複数の村を制圧(2017年3月18日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、ヒズブッラーの精鋭部隊、ロシア機甲大隊が、バーブ市南東に位置するダイル・ハーフィル市近郊でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、ウンム・ムラー村および同地近郊の丘陵地帯、 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36122      ■ダルアー市でシリア軍とシャーム解放委員会などからなる反体制武装集 全文をよむ

2017-03-18 シリア:イスラエル軍戦闘機がヒムス県領空を侵犯し爆撃、シリア軍は地対空ミサイルでイスラエル軍機を撃墜したと発表、イスラエル軍はミサイル防衛システムでミサイルを撃破したと発表 (その他紙)

■米空軍がアル=カーイダを攻撃するとして、アレッポ市郊外のジーナ村のモスクを爆撃し、民間人ら46人を殺害(2017年3月16日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(3月16日付)、シリア人権監視団によると、アレッポ市西部郊外のジーナ村にあるモスク(ダアワ・モスク)が所属不明の戦闘機の空爆を受け、少なくとも46人(そのほとんどが民間人)が死亡し ...   http://syriaarabspring.info/?p=36110   ■米主導の有志連合は3月16日、ラッカ市近郊などに対し 全文をよむ

2017-03-18 シリア:イスラエル軍戦闘機がヒムス県領空を侵犯し爆撃、シリア軍は地対空ミサイルでイスラエル軍機を撃墜したと発表、イスラエル軍はミサイル防衛システムでミサイルを撃破したと発表 (その他紙)

■米空軍がアル=カーイダを攻撃するとして、アレッポ市郊外のジーナ村のモスクを爆撃し、民間人ら46人を殺害(2017年3月16日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(3月16日付)、シリア人権監視団によると、アレッポ市西部郊外のジーナ村にあるモスク(ダアワ・モスク)が所属不明の戦闘機の空爆を受け、少なくとも46人(そのほとんどが民間人)が死亡し ...   http://syriaarabspring.info/?p=36110   ■米主導の有志連合は3月16日、ラッカ市近郊などに対し 全文をよむ

2017-03-17 シリア:シャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍は15日のダマスカスでの連続爆弾テロへの関与を否定 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月15日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊に対して17回の空爆を実施(2017年3月16日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月15日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36081      ■アフマド文化大臣とバラーズィー・ヒムス県知事はUNESCO 全文をよむ

2017-03-16 シリア:首都ダマスカス中心街と歓楽街で連続自爆テロが発生し、30人以上死亡、数十人負傷 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月14日、ラッカ市近郊などに対して11回の空爆を実施(2017年3月15日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月14日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して25回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36062      ■ロシア軍と思われる戦闘機がイドリブ市を空爆し女性、子供9人が死亡(2017年 全文をよむ

2017-03-16 サウジアラビア国王:テロや過激派との戦いにおけるサウジ-日本の連携 (al-Hayat紙)

サルマーン国王:テロや過激派との戦いにつきサウジアラビアと日本が連携      【東京:本紙】      サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ サウジアラビア国王は中東地域での諸問題や危険を解決するために、国際的な取り組みを強化することが早急に必要であると強調した。諸問題や危機の中にはパレスチナ問題、シリアとイエメン危機の終結がある。これらの問題や危機が、地域の安定や発展に負の影響を与え、国際貿易の成長を妨害し、世界に向けたエネルギー供給の安定を脅かしたからだという。      サルマーン国王 全文をよむ

2017-03-15 シリア:水資源大臣と電力大臣がロジャヴァ支配下のマンビジュ市を非公式に訪問し、ティシュリーン・ダムの修理を協議するためマンビジュ軍事評議会と会談 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月13日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などに対して12回の空爆を実施(2017年3月14日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月13日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=36034      ■アスタナ3会議開幕するも、反体制武装集団の代表団は出席 全文をよむ

2017-03-14 シリア:アサド大統領は欧州各国のメディアのインタビューに応じる「テロ支援が欧州の果たしてきた唯一の役割だ」 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月11~12日の2日間でラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊県を重点的に空爆(2017年3月13日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、3月11~12日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 3月11日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して22回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=36017      ■シリア軍はバーブ市南部に位置するダーイシュの拠点都市ダ 全文をよむ

2017-03-13 シリア:シャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)は11日のダマスカス県バーブ・サギール地区での巡礼者を狙った連続爆破テロへの関与を認める (その他紙)

■米主導の有志連合は3月10日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などに対して19回の空爆を実施(2017年3月11日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月10日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア領 …   http://syriaarabspring.info/?p=35994      ■欧州議会使節団がシリアを訪問し、アサド大統領と会談(201 全文をよむ

2017-03-13 シリア:ダマスカスで女性へのセクハラが横行 (al-Hayat紙)

■ダマスカスで痴漢が少女に対するハラスメントの新たな現象に      【ロンドン:本紙】      ダマスカスの政府軍支配地域で最近、少女や女性に対するハラスメントがこれまでにないほどに増大している。言葉での嫌がらせから痴漢にいたるまで、ハラスメントは多岐に及んでいる。親政権民兵が展開し、治安が混乱するなか、被害者は沈黙を余儀なくされている。      ダマスカスのある少女は、大学行きのバスに乗るための停留所に行くのに、通行人や政権側で戦う民兵で混雑する幹線道路ではなく、狭い街路を歩くようにして 全文をよむ

2017-03-12 シリア:サハーバの墓が建ち並ぶダマスカス県内バーブ・サギール地区でイラク人巡礼者を狙った「ダブル・タップ」テロで40人が死亡 (その他紙)

■ラトニー米国務省シリア問題担当特使はアラビア語の声明でシャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)に対して「我々の敵であり、スンナ派でも、イスラーム教徒でもない」と背教宣告(2017年3月10日)   マイケル・ラトニー米国務省シリア問題担当特使はアラビア語で声明を出し、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線(2016年半ばにシャーム・ファトフ戦線に改称)が、「穏健な反体制派」と目されて、米国の支援を受けてきた …   http://syriaarabspring.info/?p=35965   全文をよむ

2017-03-11 シリア:YPG主導のシリア民主軍はダーイシュの首都ラッカ市の孤立化を達成したと発表 (その他紙)

■ヴォーテル米軍中央司令官「トルコとシリア民主軍の衝突を回避するための措置を試みる」(2017年3月9日)   米軍中央司令部(CENTCOM)司令官のジョセフ・ヴォーテル大将は、米上院での公聴会で、トルコ軍と西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍の衝突を回避に関するジョン・マケイン議員(共和党)の質問に対して ...   http://syriaarabspring.info/?p=35947      ■米主導の有志連合は3月9日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などに 全文をよむ

2017-03-10 シリア:米海兵隊400人がラッカ市解放に向けシリア領内に展開する一方、トルコ軍はYPGとの兵力引き離しのためにマンビジュ市西方に展開したシリア軍を砲撃 (その他紙)

■ダルアー県でダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ビン・ワリード軍の司令官が自爆攻撃を受け死亡(2017年3月8日)   ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(3月9日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の司令官が、ジュライン村で、手榴弾を持った男性の自爆攻撃によって殺害された。   http://syriaarabspring.info/?p=35918      ■米主導の有志連合は3月8日、ラッカ市近郊、ダイル・ザウル市近郊などに対して14回の空爆を 全文をよむ

2017-03-10 イエメン:米国の空爆で「アル=カーイダ」の司令官殺害 (al-Hayat紙)

■イエメンでの米国の空爆で「アル=カーイダ」の司令官殺害      【アデン(イエメン)、ワシントンDC:AFP、ロイター】      治安筋が明らかにしたところによると、米軍に所属していると思われる無人航空機による新たな攻撃によって、イエメンで今日(木曜日)、「アル=カーイダ」の地元司令官と疑われている人物が殺害された。米軍は、同国で「アル=カーイダ」に対して空爆を重点的に行ってきた。      同消息筋によると、無人航空機は、カースィム・ハリールと呼ばれている「アル=カーイダ」の高官を狙った 全文をよむ

2017-03-09 シリア:トルコ災害緊急事態管理局は、バーブ市北部郊外でシリア人難民・避難民を収容するための都市建設を計画する一方、トルコでシリア難民の支援活動を続けてきた米NGOの登録を抹消 (その他紙)

■ロシア国防省は2日、ダーイシュとの戦闘でロシア軍兵士1が死亡したと発表(2017年3月6日)   ロシア国防省は声明を出し、ヒムス県タドムル市近郊での戦闘で、ダーイシュ(イスラーム国)が2日、ロシアの軍事顧問団が進駐していた拠点を攻撃、顧問団の護衛にあたっていたロシア軍兵士1人が死亡したと発表した。 クッルナー・シュ …   http://syriaarabspring.info/?p=35896      ■トルコ政府はシリア難民に対する最大規模の支援活動を行ってきた米NGOメルシー・コープ 全文をよむ

2017-03-08 シリア:米・ロ・トルコの参謀長が初会談、YPG、トルコ軍、シリア軍の衝突回避とダーイシュに対する「テロとの戦い」連携に向けて協議か (その他紙)

■米主導の有志連合は3月6日、ダイル・ザウル市近郊などに対して21回の空爆を実施(2017年3月7日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月6日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35871      ■シリア軍はダマスカス県東部および東グータ地方などで反体制武装集団との戦闘 全文をよむ

2017-03-07 シリア:シリア軍がシリア民主軍とハワール・キッリス作戦司令室支配地域間の緩衝地帯に展開するも、活動家らは展開した部隊がシリア軍の軍服を纏ったYPGだと指摘 (その他紙)

■米主導の有志連合は2016年11月~17年1月にかけてシリア領内での空爆で民間人11人を殺害したと認める(2017年3月4日)   有志連合CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊)は、2017年1月にシリアおよびイラク領内での航空作戦に伴う民間人犠牲者発生にかかる19件報告の調査を完了し、9件で実際に民間人の犠牲を確認できたと発表した。 民 …   http://syriaarabspring.info/?p=35840      ■トルコ軍の全面支援を受けるハワール・キッリス作戦司 全文をよむ

2017-03-07 チュニジア:イスラーム主義者を排除しない (al-Hayat紙)

■チュニジア大統領はイスラーム主義者を排除しない      【チュニス:ムハンマド・ヤースィーン・ジラースィー】      チュニジア大統領アルバージー・カーイド・アッスィブスィーは、チュニジアのイスラーム主義者らには政治的役割があり、彼らが「解任や排除」されることはないと明らかにした。これは、チュニジアが近隣諸国とともにリビア危機の解決のために行っている努力に対して、主要国が影響力を及ぼすことを警告したものである。アッスィブスィー大統領は、「チュニジアの政治的舞台においてイスラーム主義者らは役 全文をよむ

2017-03-06 シリア:ロシア軍特殊部隊がシリア軍第5軍団とともに降下作戦を敢行し、タドムル市北東部の油田3カ所をダーイシュから奪還 (その他紙)

■シリア軍がダマスカス郊外県・ダマスカス県を50回以上にわたり空爆(2017年3月5日)   ダマスカス郊外県・ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がティシュリーン地区農園地帯、ハラスター市、アルバイン市を50回以上にわたり空爆、また同地を地対地ミサイルなどで砲撃した。 一方、SANA(3月5日付 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35822      ■ロシア軍特殊部隊がシリア軍第5軍団とともに降下作戦を敢行し、タドムル市北東部の油田3カ 全文をよむ

2017-03-06 イラク:軍がモスル中心部でダーイシュを圧迫 (al-Hayat紙)

■イラク軍がモスル中心部で「ダーイシュ」を圧迫      【バグダード:本紙】      モスル右岸のおよそ80%がイラク軍の支配下に置かれた。イラク軍は昨日、庁舎や県の中心部からそれ程遠くないところにある、「ダワーサ」地区を含む旧市街(スラム街)の解放のために進軍した。ダワーサ地区にはヌーリ・モスクがある。そのモスクの説教壇で、「ダーイシュ」の指導者アブー・バクル・バグダーディーが「カリフ制」を宣言した。近いうちに都市中心部の奪還が発表されると予想されるが、多くの難民が流出しており、また国連と 全文をよむ

2017-03-05 シリア:シャーム自由人イスラーム運動がトルコ国境近くでシリア軍戦闘機を撃墜 (その他紙)

■米国防総省「ロシア・シリア両軍はYPG主導のシリア民主軍の拠点都市マンビジュ市に人道支援物資を搬入」(2017年3月4日)   米国防総省のジェフ・デーヴィス報道官は、ロシア・シリア両軍が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍の拠点都市で、トルコ軍が攻略を狙うアレッポ県マンビジュ市に人道支援物資を積んだ車列を派遣したことを確 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35808      ■シリア軍はバーブ市南東部の15カ村をダーイシュから 全文をよむ

2017-03-04 シリア:ロシア軍参謀本部は、ロシアとシリア民主軍の合意に基づき、シリア軍がシリア民主軍支配下のマンビジュ市南部郊外一帯に進駐する準備を完了したと発表 (その他紙)

■米主導の有志連合は3月2日、ラッカ市近郊、パルミラ近郊に対して2回の空爆を実施(2017年3月3日)   米中央軍(CENTCOM)は、3月2日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して16回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35795      ■シリア軍はアレッポ市南西部郊外一帯で反体制武装集団と交戦(2017年3月 全文をよむ

2017-03-03 シリア:YPG主導のシリア民主軍はトルコ軍の攻撃をかわすため、トルコ占領地域とロジャヴァ支配地域が隣接する地域をシリア軍に引き渡すことでロシアと合意 (その他紙)

■エジプトのシュクリー外務大臣は国連人権理事会定例会合で、シリア情勢をめぐる欧米諸国の人権の政治利用に苦言(2017年3月1日)   エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣はスイスのジュネーブで2月27日から開催されている国連人権理事会第34回定例会合で、シリア情勢など中東諸国への諸外交の干渉を念頭に「法の支配、文化・社会の多様性と差異の尊重」と「(人 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35757      ■米主導の有志連合がラッカ市郊外のダーイシュの拠 全文をよむ

2017-03-02 シリア:政府軍はUNESCO世界文化遺産パルミラ遺跡群のタドムル城を制圧、ダーイシュ支配下のタドムル市に迫る (その他紙)

■米主導の有志連合は2月28日、ダイル・ザウル県などに対して11回の空爆を実施(2017年3月1日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月28日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して21回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35735      ■観光省はアレッポ市東部旧市街の修復事業の競争入札参加者の募集を開始(201 全文をよむ

2017-03-01 シリア:米軍地上部隊が、YPG主導のシリア民主軍支配地域へのトルコ軍の進攻を抑止するためアレッポ県マンビジュ市一帯に展開 (その他紙)

■米主導の有志連合は2月28日、ラッカ市一帯などに対して15回の空爆を実施(2017年2月28日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月28日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して31回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35713      ■化学兵器使用に関与したとされるシリア軍・治安機関高官への制裁を定めて国連安保 全文をよむ

2017-03-01 イラク:軍がモスル市西部の幹線道を制圧 (al-Hayat紙)

■イラク軍がモスルとタル・アファル間の道路を支配下に置く      【バグダード:本紙】      〔イラク〕軍司令官と〔モスル市〕住民らは、本日(水曜日)、「イスラーム国」組織(ダーイシュ)が立て籠もるモスルに通じる主要幹線道の最後の一本をイラク軍が支配下に置き、同市北西部に通じる道も制圧したと述べた。      軍の「第九装甲師団」の参謀長は、同師団がモスル市の北西部の入口である「シャーム門」から1キロの地点に到達していることを明らかにした。      そして以下のように続けた。「我々は現在 全文をよむ

2017-02-28 シリア:シリア軍はトルコ軍の南下を阻止するためバーブ市(アレッポ県)東部のダーイシュ支配地域を制圧、シリア民主軍制圧地域に到達 (その他紙)

■米主導の有志連合は2月24~26日の3日間で、YPG主導のシリア民主軍、シリア軍がダーイシュと戦うラッカ県、ダイル・ザウル県、ヒムス県東部を重点的に空爆(2017年2月27日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、2月24~26日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 2月24日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して21回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=35692      全文をよむ

2017-02-27 シリア:イドリブ県各所をロシア軍、シリア軍、米主導の有志連合が空爆、シリア軍はホワイト・ヘルメットのセンターを、有志連合はシャーム解放委員会の車輌を破壊 (その他紙)

■ダマスカス郊外県、ダルアー県などで、シリア軍がシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦を続ける(2017年2月26日)   ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、イスラーム軍の拠点都市ドゥーマー市各所を空爆し、男性1人が死亡、7人が負傷した。 シリア軍はまた、ハラスター市各所、バイト・ジン村一帯を空爆・砲撃した。 これに ...   http://syriaarabspring.info/?p=35668      ■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はジ 全文をよむ

2017-02-26 シリア:アカデミー賞受賞式への出席を計画していたホワイト・ヘルメット幹部が「不名誉情報」を理由に米国への入国を拒否される (その他紙)

■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はジュネーブでシリア政府、最高交渉委員会代表団との折衝を続ける(2017年2月25日)   スイスを訪問中のバッシャール・ジャアファリー国連シリア代表らシリア政府代表団は、前日に引き続きジュネーブの国連本部でスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表と会談した。 会談後の記者会見で、ジャアファリー氏は ...   http://syriaarabspring.info/?p=35646      ■シリア軍はバーブ市南東部でダーイシュとの戦闘の 全文をよむ

2017-02-25 シリア:トルコ軍、ハワール・キッリス作戦司令室が制圧したバーブ市郊外でダーイシュが自爆攻撃を行い、トルコ軍兵士を含む60人余りが死亡 (その他紙)

■米主導の有志連合は2月23日、ラッカ市一帯などに対して28回の空爆を実施(2017年2月24日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月23日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して36回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35621      ■シリア軍がダマスカス県カラムーン区、ティシュリーン区を激しく攻撃(2017年 全文をよむ

2017-02-24 シリア:トルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室がダーイシュの拠点都市バーブを制圧する一方、シリアの大臣は「トルコとの直接対決の門戸は開かれているが、トルコの占領に対してまずは政治的対処が望ましい (その他紙)

米主導の有志連合は2月22日、ダイル・ザウル県、ラッカ県、ヒムス県、ハサカ県各所に対して24回の空爆を実施(2017年2月23日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月22日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して38回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35592      シャーム解放委員会はダーイシュ支配地域への旧ジ 全文をよむ

2017-02-23 シリア:反体制武装集団どうしがアレッポ県北部アアザーズ市近郊の避難民キャンプを巻き込むかたちで交戦し、複数の民間人が負傷 (その他紙)

米主導の有志連合は2月21日、ダイル・ザウル県、ラッカ県、ヒムス県に対して23回の空爆を実施(2017年2月22日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して32回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35563      23日開幕予定のジュネーブ4会議に参加するため、シリア政府、 全文をよむ

2017-02-22 シリア:イスラーム軍は政府軍がダマスカス郊外県で塩素ガスを使用したと主張、ホワイト・ヘルメットは中毒症状を訴えた民間人を救出 (その他紙)

米主導の有志連合は2月19~20日の2日日でラッカ市一帯、ダイル・ザウル市一帯を重点的に空爆(2017年2月21日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、2月19~20日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 2月19日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して29回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=35533      イスラーム軍はシリア軍がダマスカス郊外県で塩素ガスを使用した 全文をよむ

2017-02-21 シリア:アスタナ会議に参加する反体制武装集団はシリア軍の停戦違反に対して報復すると発表 (その他紙)

欧州で若者を勧誘していたダーイシュのフランス人幹部がバーブ市一帯での戦闘でハワール・キッリス作戦司令室に捕捉(2017年2月19日)   RT(2月20日付)は、トルコ軍の支援を受けバーブ市攻略をめざしているハワール・キッリス作戦司令室に所属する武装集団が、同市一帯での作戦中にダーイシュ(イスラーム国)のフランス人幹部を捕捉、その証言映像 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35494      米主導の有志連合は2月18日、ダイル・ザウル県、ラッカ県などに 全文をよむ

2017-02-21 シリア:欧州の若者をリクルートしていたダーイシュのフランス人幹部逮捕 (al-Hayat紙)

■欧州の若者をリクルートしていたとされる「ダーイシュ」のフランス人メンバー逮捕      【ロンドン:本紙】      シリア反体制派の複数活動家は、ダーイシュ(イスラーム国)のフランス人司令官 の取り調べの様子を撮影したビデオ映像を公開した。このフランス人は欧州で過激派をリクルートする役割を担う高官で、トルコ軍の支援を受けて「ユーフラテスの盾」作戦に参加する組織が遂行中の バーブでの戦いの最中に逮捕されたという。      RT(ロシア・トゥデイ)によると、活動家らは、 「ユーフラテスの盾」作 全文をよむ

2017-02-20 シリア:シリア軍はダマスカス県カーブーン区からのシャーム解放委員会戦闘員らの退去を求め、停戦を事実上破棄し同地を激しく砲撃 (その他紙)

シリア軍はヒムス県、ダイル・ザウル市一帯でダーイシュと交戦(2017年2月19日)   ヒムス県では、SANA(2月19日付)によると、シリア軍がタドムル市西部郊外の柑橘園地区内にある東タルファ村を、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末に制圧した。 ** ダイル・ザウル県では、SANA(2月19日付)によ ...   http://syriaarabspring.info/?p=35471      YPG主導のシリア民主軍がラッカ市東部の2カ村をダーイシュより新たに奪取(2017年2月19日 全文をよむ

2017-02-19 シリア:シリア軍はダマスカス県東部各所を砲撃し10人以上が死亡 (その他紙)

米主導の有志連合は2月15~17日の3日間のYPG主導のシリア民主軍、シリア軍がダーイシュと戦うラッカ市一帯、タドムル市一帯を重点的に空爆(2017年2月18日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、2月10~12日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 2月15日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して24回の空爆を実施、このうち ...   http://syriaarabspring.info/?p=35451      米主導の有志連 全文をよむ

2017-02-18 シリア:シリア・ロシア両軍の空爆を受けるダルアー市の反体制武装集団はシャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動、アスタナ会議に参加するイスラーム軍、「自由シリア軍」 (その他紙)

トルコ軍はバーブ市を空爆し民間人10人あまりを殺害、有志連合はラッカ県タブカ市一帯を空爆し民間人10人以上を殺害(2017年2月17日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市バーブ市を砲撃し、女性3人を含む民間人9人が死亡した(クッルナー・シュラカー(2月17日付)によると、死亡したのは民間人19人)。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35430      ロシア軍長距離爆撃機がイラン、イラク領空を 全文をよむ

2017-02-17 シリア:アスタナ2会議はカザフスタン入りした反体制武装集団が出席を拒むなかで開幕 (その他紙)

米主導の有志連合は2月15日、ダイル・ザウル県、ラッカ県、ハサカ県に対して15回の空爆を実施(2017年2月16日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月15日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35403      トルコ軍がダーイシュの拠点都市バーブ市の住宅街を空爆、女性8 全文をよむ

2017-02-16 シリア:米中央軍(CENTOM)はシリア領内で劣化ウラン弾5,000発以上を使用したと認める (その他紙)

米中央軍(CENTOM)はシリア領内で劣化ウラン弾5,000発以上を使用したと認める(2017年2月14日)   米中央軍(CENTCOM)のジョシュ・ジャック報道官(大佐)は、『フォーリン・ポリシー』(2月14日付)に対して、米軍主導の有志連合がシリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆作戦で劣化ウラン弾を使用してきたこ ...   http://syriaarabspring.info/?p=35385      米主導の有志連合は2月14日、ダイル・ザウル県イラク国境地帯などに対 全文をよむ

2017-02-15 シリア:ダルアー市マンシヤ地区要衝をアル=カーイダ系のシャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)がシリア軍から奪取 (その他紙)

トルコ軍のバーブ市空爆で民間人15人死亡(2017年2月13日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(2月13日付)、ARA News(2月14日付)などによると、トルコ軍が13日夜、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市バーブ市の住宅街に対して激しい空爆を行い、民間人15人が死亡し ...   http://syriaarabspring.info/?p=35364      米主導の有志連合は2月13日、ラッカ市近郊などに対して18回の空爆を実施(2017年2月14日)   米中央軍( 全文をよむ

2017-02-15 イスラエル:治安上の要請により駐エジプト大使を一時的に召還 (al-Hayat紙)

■イスラエルは治安上の要請により大使を一時的に召還      【占領下エルサレム:AFP】      イスラエル諜報機関は今日(火曜日)、治安上の懸念を理由に、デヴィッド・ゴヴリン駐エジプト大使を一時的に召還したと発表した。      諜報機関は「治安上の理由により、外務省所轄の大使館職員のカイロへの渡航に制限が設けられた」と発表した。声明では、ゴヴリン大使がいつ召還されたのかは言及されていない。しかし、英日刊紙『デイリー・テレグラフ』は、2016年の終わりに召還されたと伝えた。      同紙 全文をよむ

2017-02-14 シリア:イドリブ県南部、ハマー県北部のシャーム解放委員会(旧シャーム・ファトフ戦線)支配地域にジュンド・アクサー機構が進攻 (その他紙)

イドリブ県南部、ハマー県北部でシャーム解放委員会(旧シャーム・ファトフ戦線)とジュンド・アクサー機構が激しく交戦(2017年2月13日)   ドゥラル・シャーミヤ(2月13日付)、シリア人権監視団などによると、イドリブ県南部とハマー県北部一帯で、シャーム解放委員会(旧シャーム・ファトフ戦線)とジュンド・アクサー機構が激しく交戦した。 同地ではジュンド・アクサー ...   http://syriaarabspring.info/?p=35338      ダルアー市でのシリア軍とシャーム解放委員 全文をよむ

2017-02-13 シリア:ロシアとヨルダンの思惑を裏切るかたちで自由シリア軍とシャーム・ファトフ戦線(現シャーム解放委員会)がダルアー市に進攻 (その他紙)

シャーム・ファトフ戦線(現シャーム解放委員会)と自由シリア軍がダルアー市マンシヤ地区への攻撃を激化(2017年2月12日)   ダルアー県では、反体制武装集団が「ブンヤーン・マルスース」作戦司令室の名で声明を出し、ダルアー市で「屈辱でなく死を」の戦いを開始すると発表、SNN(2月12日付)によると、ダルアー市マンシヤ地区に侵攻した。 ARA Ne ...   http://syriaarabspring.info/?p=35328      トルコ軍、ハワール・キッリス作戦司令室がバーブ市内北部 全文をよむ

2017-02-12 シリア:ジュネーブ4会議の統一代表団人選をめぐるリヤド最高交渉委員会、モスクワ・プラットフォーム、カイロ・プラットフォームの協議決裂 (その他紙)

駐留ロシア軍がアレッポ市、ハマー県、ダイル・ザウル市などに食料物資を提供(2017年2月11日)   ラタキア県フマイミーム軍事飛行場のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターは声明を出し、駐留ロシア軍がアレッポ県アレッポ市、ハマー県、ヒムス県、ダイル・ザウル市で、食料物資約25トンを住民に提供したと発 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35295      シリア軍とシャーム自由人イスラーム運動の停戦を受け、ハウラ地方(ヒムス県)の住民 全文をよむ

2017-02-11 シリア:親政権活動家と反体制活動家がベイルートで新たな政治組織「シリア国民ブロック」を結成 (その他紙)

シリア軍とシャーム自由人イスラーム運動との捕虜交換によって解放された子供34人と女性20人の合わせて54人が帰宅(2017年2月9日)   ラタキア県では、SANA(2月10日付)によると、ヒムス県でのシリア軍とシャーム自由人イスラーム運動との捕虜交換によって解放された子供34人と女性20人の合わせて54人が、3年半ぶりにラタキア市に帰還し、地元住民らに出迎 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35265      米主導の有志連合は2月9日、YPGが進軍を 全文をよむ

2017-02-10 シリア:ダーイシュ支配下のバーブ市近郊でロシア軍の誤爆によりトルコ軍兵士3人死亡、シリア軍がトルコ軍の支援を受ける反体制派とバーブ市近郊で初めて交戦 (その他紙)

イスラエル軍ヘリコプターがクナイトラ県バアス市を越境空爆(2017年2月8日)   クナイトラ県では、シリア軍消息筋がSANA(2月9日付)に明らかにしたところによると、イスラエル軍ヘリコプターが8日晩、シリア領内(アブー・ナダー丘後背地)に侵入し、バアス市の住宅をミサイル攻撃した。 これに関して、イ ...   http://syriaarabspring.info/?p=35231      反体制派がアレッポ市内ハムダーニーヤ地区のシリア赤新月社の支援物資配給センターを砲撃し、女児1人、ボ 全文をよむ

2017-02-09 シリア:ロシア・トルコ・イランのアスタナでの実務者協議を受けるかたちでヒムス市北東部ハウラ地方のシャーム自由人イスラーム運動とシリア軍が停戦に合意 (その他紙)

トランプ米大統領がトルコのエルドーアン大統領と会談、難民収容のための「安全保障地帯」、ラッカ市、バーブ市でのダーイシュとの「テロとの戦い」などについて意見を交わす(2017年2月7日)   ドナルド・トランプ米大統領は、トルコのレジェップ・タイイプ・エルドーアン大統領と大統領就任後初となる電話会談を行い、シリアやイラクでのダーイシュ(イスラーム国)に対する「テロとの戦い」への対応などについて意見を交わした。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35196   全文をよむ

2017-02-09 イラク:選挙管理委員会の解任を要求するデモ (al-Hayat紙)

■サドル支持者がグリーン・ゾーン前での座り込みを呼びかける      【バグダッド:ジャウダト・カーズィム】      サドル潮流は昨日、バグダードにおいてデモ行動を組織し、最高選挙委員会の解任を要求し、〔さもなければ〕百万人デモと座り込みの再開を行うと脅しをかけた。数千人が、抗議活動を統括する中央委員会の呼びかけに応じて、グリーン・ゾーンの主要な入口の一つに近い自由広場に集合した。彼らは政府に選管委員会の変更を要求した。他方、イラク国民議会の事務局は、座り込みの人々による襲撃を恐れて、座り込み 全文をよむ

2017-02-08 シリア:有志連合はシリア軍とダーイシュが戦闘を続けるパルミラ一帯を空爆する一方、有志連合の空爆が頻発化するイドリブ県で所属不明の戦闘機がイドリブ市内の旧ヌスラ戦線拠点を空爆し、26人を殺害 (その他紙)

米主導の有志連合は2月6日、シリア軍が反転攻勢をかけるタドムル市(パルミラ)近郊などに対して31回の空爆を実施(2017年2月7日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月6日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35157      有志連合の空爆が頻発化するイドリブ県で、所属 全文をよむ

2017-02-08 パレスチナ:西岸地区の土地を収用する新法の成立 (al-Hayat紙)

■パレスチナ人は「調整法」をパレスチナにおける「大イスラエル」建設になぞらえる      【ラーマッラー:ムハンマド・ユーヌス】      イスラエルは、クネセット(イスラエル国会)が月曜から火曜の夜に可決した「調整」法により、一筆書きのわずか一押しにより、ヨルダン川西岸地区の144,000ドゥーナム〔訳者注:1ドゥーナムは約900m2〕の土地を支配した。イスラエルはこれを国有地とし、入植地として割り当てる。パレスチナ人はこれを二国家解決案の終焉であり、歴史的パレスチナの土地における「大イスラエ 全文をよむ

2017-02-07 シリア:シリア軍とトルコ軍の攻勢によりアレッポ県最期のダーイシュの拠点都市バーブ市が事実上「完全包囲」 (その他紙)

米主導の有志連合は2月3~5日の3日間のダーイシュ、シャーム解放委員会支配地域に68回もの空爆を実施(2017年2月6日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、2月3~5日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 2月3日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して38回の空爆を実施、このうちシリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=35126      シリア軍がアレッポ県におけるダーイシュ最期の拠点都市バ 全文をよむ

2017-02-07 サウジアラビア:ムハンマド・ビン・ナーイフ皇太子が首都リヤドに帰着 (al-Hayat紙)

■ムハンマド・ビン・ナーイフ皇太子がリヤドに戻る      【リヤド:本紙】      副首相と内務大臣を兼務するムハンマド・ビン・ナーイフ皇太子は一昨日の晩、リヤドに到着した。ファイサル・ビン・バンダル・ビン・アブドゥルアズィーズ・リヤド州知事、ムハンマド・ビン・サルマーン副皇太子兼第二副首相兼国防大臣が、中部のサルマーン国王航空基地飛行場に到着した皇太子を出迎えた。      皇太子は、王子ら、多くの学者とシャイフ、内務省幹部、治安部門司令官、職員、挨拶に訪れた市民たちに迎えられた。 全文をよむ

2017-02-06 シリア:アレッポ県におけるダーイシュの拠点都市バーブ市をめぐる攻防で、シリア軍は一歩前進、トルコ軍は一歩後退 (その他紙)

YPG主導のシリア民主軍はラッカ市北東部の2カ村をダーイシュから奪取(2017年2月5日)   ラッカ県では、「ユーフラテスの怒り」作戦第3段階を開始した西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍が、ラッカ市東部のハーディー村、アブー・ナターリー村をダーイシュ(イスラーム国)から奪取したと発表した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35108      ダーイシュはトルコ軍、ハワール・キッリス作戦司令室によって制圧されたバーブ市東部の戦略 全文をよむ

2017-02-06 ヨルダン:カサースバ操縦士焼殺から2年が経つのに合わせて、ヨルダン軍がシリア領でのダーイシュに忠誠を誓う組織を空爆 (al-Hayat紙)

■カサースバ操縦士焼殺から2年が経過するのと時を同じくして、ヨルダンはシリア南部を空爆      【アンマン:ムハンマド・ハイル・ラワーシュダ】      ヨルダン軍戦闘機がシリア南部に対して行った空爆に関して土曜日晩に発表されたヨルダン軍の声明で、標的地点が明言されなかったことが注目を集めている。だが、専門家によると、標的地点はおそらく、ヤルムーク河畔(ダルアー県)で活動し、テロ組織「ダーイシュ」(イスラーム国)に忠誠を誓うメンバーからなる「ハーリド・ブン・ワリード軍」支配下の地域だとされる。 全文をよむ

2017-02-05 イエメン正規軍ミーディーに進軍 (al-Hayat紙)

■正規軍はミーディーに進軍、フーシー派の戦列で死者発生      【ドバイ、アブダビ:本紙、WAM】      イエメン軍の消息筋は以下のように述べた。民衆抵抗の支持を得ているイエメン軍は、フーシー派とサーレフ側のクーデター派から成る民兵の拠点に激しい攻撃を開始したアラブの軍事同盟の戦闘機の支援を受け、イエメン北西部のハッジャ県ミーディー沿岸部前線にて大きな前進を遂げたという。      またイエメンのメディアによれば、複数の情報筋が以下のように明らかにしたという。イエメン軍はミーディー周辺の地 全文をよむ

2017-02-05 シリア:ロシア・シリア軍とトルコ軍・ハワール・キッリス作戦司令室がダーイシュの拠点都市バーブ市を挟撃する一方、YPG主導のシリア民主軍はラッカ市東部一帯制圧に向けた作戦を開始 (その他紙)

ロシア軍の支援を受けるシリア軍はバーブ市(アレッポ県)南部でダーイシュへの攻勢を強め同市郊外のアッラーン村を制圧(2017年2月4日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍およびヒズブッラーなどの親政権武装勢力からなる部隊と、「ロシアの戦車・装甲車からなる3個大隊」がバーブ市南部郊外のダーイシュ(イスラーム国)支配地域に対して二方向から攻撃 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35087      トルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室は、 全文をよむ

2017-02-04 シリア:米主導の有志連合とロシアはイドリブ県、ダイル・ザウル県のシャーム解放委員会、ジュンド・アクサー機構、ダーイシュを揃って爆撃 (その他紙)

米主導の有志連合は2月2日、ラッカ市近郊だけで21回の空爆を実施(2017年2月3日)   米中央軍(CENTCOM)は、2月2日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して41回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35056      米主導の有志連合と思われる戦闘機はダーイシュの中心都市ラッカ市の水道管本線、橋複数本を空爆 全文をよむ

2017-02-03 シリア:ダーイシュ(イスラーム国)の拠点バーブ市をめぐってシリア軍とトルコ軍が肉薄 (その他紙)

国連のグテーレス新事務総長「重要なのは我々がジュネーブ4会議を成功させるために行動すること」(2017年2月1日)   国連のアントニオ・グテーレス新事務総長は、就任後初めてとなる記者会見を行い、シリア情勢に関して「(シリアの政治移行プロセスは2月8日に予定されている)ジュネーブ(4会議)で諸々の政治的な問題とともに議論される中心的な問題 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35032      シリア・ガド潮流代表のジャルバー氏「有志連合の教練を受けたシリ 全文をよむ

2017-02-03 エジプト:アメリカとの協調関係の強化 (Al-Ahram紙)

■エジプトとアメリカの協調は国際的・地域的脅威に対抗する   ■スィースィー大統領:われわれは国民国家の存在を守り、中東地域の危機の政治的解決のために努力する      【アフマド・サーミー・ムタワッリー】      アブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は、現在の地域的・国際的脅威がエジプト・アメリカ合衆国間の協議の枠組みの強化を必要としていること、そしてこの強化が両国の安全保障体制に積極的な影響をもたらすことを強調した。      この声明は、昨日、スィースィー大統領がワシントンの中東研 全文をよむ

2017-02-02 シリア:有志連合所属と思われる無人戦闘機がシリア席新月社が拠点を置くイドリブ市内のホテルを空爆 (その他紙)

ロシア軍がダーイシュ支配下のバーブ市近郊を空爆し、4人が死亡(2017年1月31日)   アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(2月1日付)によると、ロシア軍がダーイシュ(イスラーム国)支配下のバーブ市近郊のカスル・ブライジュ村を空爆し、4人が死亡した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=35006      米主導の有志連合は1月31日、ブーカマール市、ラッカ市近郊などに対して11回の空爆を実施(2017年2月1日)   米中央軍(CENTCOM)は、 全文をよむ

2017-02-02 イラク:ダーイシュがドローンを使ってモスルの住宅街を爆撃 (al-Hayat紙)

■ダーイシュは無人航空機でモスルを集中的に攻撃      【ニナワ:バースィム・フランスィース】      軍および地元の複数の消息筋によると、「ダーイシュ」(イスラーム国)が「改造された」無人航空機を使って、モスル東部の住宅地を爆撃するという前代未聞の攻撃を行った。一方、「人民動員」部隊は、戦略的要衝の街道を制圧し、ニナワの西部方面の「ペシュメルガ」とこれまで以上に支配地域を隣接させることに成功したと発表した。      (後略) 全文をよむ

2017-02-02 ヨルダン:値上がり商品の不買を訴えた活動家を逮捕 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン当局、「革命」へ向けて値上がり商品の不買を訴えた活動家を逮捕      【アンマン:本紙】      ヨルダン治安当局は、火曜〔1月31日〕夜10時に、フェイスブック上でヨルダン不買運動のページを立ち上げた活動家イサーム・ザブン氏を逮捕した。同氏はヨルダンの首都アンマンにある自宅において逮捕され、逮捕前には同氏の携帯電話とパソコンが押収された。      本紙の認識では、逮捕が行われたのは、同氏が値上がりした商品やサービスの不買運動の成功に対するネット上のコメントの中で「革命」という語 全文をよむ

2017-02-01 シリア:シャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)の勢力拡大を受け、イドリブ県の反体制武装集団戦闘員約1万2,000人がトルコ領内に避難 (その他紙)

シャーム解放委員会(旧ヌスラ戦線)の勢力拡大を受け、イドリブ県の反体制武装集団戦闘員約1万2,000人がトルコ領内に避難(2017年1月31日)   「穏健な反体制派」と目されるイドリブ自由軍の渉外政務関係責任者のファーリス・バイユーシュ大佐は、『ハヤート』(2月1日付)に対し、「非愛国的な計略」と「黒旗」に抗議し、離職し、軍事活動を断念したことを明らかにした。 「非 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34990      シリア軍はシャーム解放委員会とシ 全文をよむ

2017-01-31 シリア:政府軍がダーイシュ支配下のバーブ市南東部の3カ村、1農場を新たに制圧し、同市に迫る (その他紙)

米主導の有志連合は1月27~29日の3日間にシリア領内で31回の空爆を実施2017年1月30日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、1月27~29日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 1月27日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して9回の空爆を実 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34960      シリア軍は内紛が深刻化するファトフ軍支配下のイドリブ県、アレッポ県西部を空爆(2 全文をよむ

2017-01-31 マリ: フランス・アフリカ関係 (al-Hayat紙)

■フランス・アフリカ関係:《奪われた》影響力を守る試み         【本紙: 国際】      治安強化体制の下、「連携と平和」を主題として開催されたアフリカ・フランス・サミットがバマコで閉幕した。参加国はテロ及び暴力行為を撲滅する世界的計画を採択した。またフランスは今後5年間の間、アフリカにおける持続可能な開発を実現するため、約230億ユーロに値する開発プロジェクトの融資をフランス開発局通じて行うことを誓約したた。同様に、フランソワ・オランド仏大統領はアフリカに対し10年以上に渡って760 全文をよむ

2017-01-30 シリア:対立し合う二つのアル=カーイダ系組織「シャーム解放委員会」と「シャーム自由人イスラーム運動」への反体制派の合流続く (その他紙)

トルコ軍がバーブ市でダーイシュに対する攻撃を再開する一方、シリア軍も同市南東部の3カ村を制圧(2017年1月29日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍および同軍の支援を受けるハワール・キッリス作戦司令室が、バーブ市一帯および同市北東部の農村地帯でダーイシュ(イスラーム国)と再び激しく交戦した。 ARA News(1月2 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34942      シャーム・ファトフ戦線、ヌールッディーン・ザンキー運動などの 全文をよむ

2017-01-30 サウジアラビア:サルマーン国王とトランプ米大統領が電話会談 (al-Hayat紙)

■サルマーン国王とトランプ大統領が域内の「安定を揺るがす」企てに立ち向かうことに合意      【リヤド:本紙】      二聖モスクの守護者サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王は昨日(日曜日)、アメリカのドナルド・トランプ大統領から電話を受け、その中で両友好国の歴史的関係と、地域や世界の状況の進展について検討しあった。      また両首脳は、二国間の21世紀戦略的パートナーシップ、そして経済や安全保障、軍事における二国間協力を発展させることの重要性を協議し、また戦略的関係が深く堅固であ 全文をよむ

2017-01-29 シリア:シリア軍が首都ダマスカスの水源をシャーム・ファトフ戦線(旧ヌスラ戦線)などからなる反体制武装集団から奪還する一方、シャーム・ファトフ戦線はオバマ米政権が支援してきた「穏健な反体制派」とともに新 (その他紙)

シャーム自由人イスラーム運動はシャーム・ファトフ戦線に対して組織解体を条件に停戦に応じると最期通告(2017年1月27日)   シャーム自由人イスラーム運動は声明を出し、シャーム・ファトフ戦線が組織を解体し、シャーム自由人イスラーム運動に合流すれば、同戦線と交戦する反体制武装集団の戦闘を停止させると発表した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34915      首都ダマスカスの水源を擁するアイン・フィージャ町をシリア軍が制圧、シャーム・ファトフ戦線など 全文をよむ

2017-01-28 アルジェリア:イスラーム連合の選挙参戦を促進 (al-Hayat紙)

■アルジェリアは選挙でイスラーム主義政党の参加を促進   【アルジェリア:アーティフ・カダーダラ】      アルジェリア内務省は、統一リストによる立法議会への参加を決定したイスラーム・ブロックに対し、前回の選挙で全体投票率の4パーセントを獲得していることという条件を免除した。これは、署名運動に訴える必要がないことを意味する。      また、「公正開発戦線」「ナフダ運動」「国民建設運動」を含むブロックも、煩わしい法的な手続きを免除された。前回の選挙で全体投票率の4パーセントを獲得しているか、な 全文をよむ

2017-01-28 シリア:シャーム・ファトフ戦線がイドリブ県でシャーム自由人イスラーム運動、シャームの鷹旅団、イスラーム軍の拠点への襲撃を続ける (その他紙)

トルコ軍がダーイシュの拠点都市バーブ市などを激しく空爆・砲撃し、住民10人以上が死亡(2017年1月26日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍が26日夜、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市であるバーブ市やターディフ市を激しく空爆・砲撃し、子供1人を含む住民10人以上が死亡した。 これに関して、アナトリア通信( ...   http://syriaarabspring.info/?p=34893      米主導の有志連合は1月26日、ラッカ市近郊などに対して12回の空爆を 全文をよむ

2017-01-27 シリア:ロシアがシリアでの政治移行プロセスのために作成した「シリア憲法」草案の内容とシリア政府の修正提案の内容が明らかに (その他紙)

ホワイト・ヘルメットなど「民間」団体7組織は、アル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団が立て籠もるダマスカス郊外県バラダー渓谷を「被災地」に指定、国際社会に「民間人」救済のための緊急行動を呼びかける(2017年1月24日)   ダマスカス郊外県バラダー渓谷で活動する民間組織7団体は共同声明を出し、シャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団が立て籠もる同地を「被災地」に指定し、諸外国およびすべての人道機関に対して、同地でシリア軍の包囲を受け …   http://s 全文をよむ

2017-01-26 シリア:反体制武装集団はアル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦線派とアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動派に分裂か? (その他紙)

ロシア軍の長距離戦略爆撃機がイラン、イラク領空を通過し、ダイル・ザウル市一帯のダーイシュを空爆(2017年1月24日)   ダイル・ザウル県では、ロシア国防省によると、ロシア軍のTu-22M3長距離戦略爆撃機6機が、イラン、イラク国境を通過してシリア領空に入り、ダイル・ザウル市一帯のダーイシュ(イスラーム国)の拠点に対する空爆を実施した。 ま ...   http://syriaarabspring.info/?p=34826      米主導の有志連合は1月24日、ラッカ市近郊などに対して21 全文をよむ

2017-01-26 クウェート:7人が絞首刑 (al-Hayat紙)

■クウェートで7人が絞首刑      【クウェート:本紙、AFP、ロイター、AP】      クウェート当局は昨日、4年振りに死刑を実施し、絞首刑で7名を処罰した。そのうち1人は支配家族の者で、3人の女性のうち1人は クウェートのナスラ・アンズィーである。この女性は彼女の夫と第2夫人のバダーフィウ・ギーラの結婚式の際に、披露宴会場(テント)を放火し、数十名が死亡した事件を起こした人物だ。また、2010年の離婚を理由に自分の姉妹の子供を殺害したディーン・シャイク・ファイサル・アブドゥッラー・ジャッ 全文をよむ

2017-01-26 サウジアラビア:住宅供給省が新規建設事業を公開 (al-Hayat紙)

■住宅建設省は民間部門と共同した4事業を公開      【リヤド:本紙】      住宅供給省は今日(金曜日)、オフプラン売買〔訳注:不動産を図面だけで売買すること〕のプログラム「ワーフィー」を通じて、2017年の事業計画の第一弾を発表した。これは、同省の土地区画に建てられる複数階建築物の住戸について、設計、販売、建設および受渡しの入札に参加することを望む不動産開発者たちに呼びかけられたものである。これには、580戸のハルジュ事業、310戸のアフサーウ事業、2802戸のハミース・ムシャイト住宅建 全文をよむ

2017-01-26 エジプト:「1月25日革命」記念日の広場には誰もいなかった (al-Hayat紙)

■革命記念日のエジプト各地の広場には、警察――と革命記念の土産物売り――以外誰もいない      【カイロ:アフマド・ルハイム】      フスニー・ムバーラク元大統領の政権を退陣させた2011年の1月25日革命から6度目の記念日となる昨日、エジプト各地の広場には、抗議デモを行う人も、集まる人の一人もいなかった。首都の交通状況は、「公式の休業日」の力により、稀に見る渋滞のなさが見られた。      昨日各地の広場に人がいなかったことは、現政権への対抗勢力、特に「ムスリム同胞」団の動員力、さらには 全文をよむ

2017-01-25 シリア:反体制派内の対立が混迷し、トルコ軍がシリア領内での作戦を休止するなか、シリア軍がダーイシュの拠点都市バーブ市に迫る (その他紙)

米主導の有志連合は1月23日、ラッカ市近郊などに対して12回の空爆を実施(2017年1月24日)   米中央軍(CENTCOM)は、1月23日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して19回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34793      アスタナ会議が閉幕:停戦維持および停戦監視のしくみをめぐりシリア政府と反体制派の 全文をよむ

2017-01-25 シリア:正規軍はバラダー渓谷への進軍を続ける (al-Hayat紙)

■正規軍はバラダー渓谷への攻撃を止めず      【ロンドン、アンカラ、モスクワ:本紙、ロイター、AFP】      シリア政府軍は昨日、ダマスカス郊外北西部に位置するバラダー渓谷地域で攻撃を続けた。一方、 シリア政府軍と「ダーイシュ」の衝突が、ホムス東部郊外 とダイルアッザウル市東部で続いた。      「シリア人権監視団」によると昨日、バラダー渓谷地域のアイン・フィージャ村をはじめとする複数の地域 に対する 迫撃砲とロケット弾の砲撃による「大規模な爆発」があった。正規軍はまた、レバノンのヒ 全文をよむ

2017-01-25 エジプト:スィースィー大統領は警察記念日の演説で1月革命を黙殺 (al-Quds al-Arabi紙)

■スィースィー大統領は警察記念日の祝典の席上で1月25日革命記念を無視      【カイロ:ワリード・サラーフ、本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は昨日、警察記念日の祝典での演説で「2011年に国家機関の間での衝突、軍と国民の間、ないしは軍と警察の間の分裂状態が画策された」と述べ、水曜日に記念の祝典が予定されている1月25日革命に否定的な立場を示した。      就任以来2年を経たスィースィー大統領は演説で、1月25日革命を完全に無視し、警察記念日を祝った。  全文をよむ

2017-01-25 パレスチナ:ハマースが米大使館のエルサレムへの移転を主唱するトランプ大統領に警告 (al-Hayat紙)

■「ハマース」は米国大使館の移転に警鐘を鳴らす      【ガザ:AFP】      ハマースは、米大使館がテルアビブからエルサレムへ移転する問題について警鐘を鳴らし、「これにより爆発的な雰囲気が醸し出されるだろう」と強調、この「馬鹿げた」措置の責任が米新政権にあると追及した。      ドナルド・トランプ米大統領は選挙活動中に、米大使館をテルアビブからエルサレムへと移転すると約束していた。その処置がもし実際に行われれば、この厄介な問題をめぐって米国と国際社会の大部分が続けてきた政策から訣別する 全文をよむ

2017-01-24 シリア:アスタナ会議開幕、反体制派はアサド政権退陣と親イラン民兵の撤退を要求、シリア政府側は反体制派をテロ集団と非難 (その他紙)

■トランプ新政権発足早々、米主導の有志連合はシリア軍が苦戦するダイル・ザウル市近郊などに過去最大規模の空爆(2017年1月23日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、1月20~22日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 1月20日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して32回の空爆を ...   http://syriaarabspring.info/?p=34766      ■ダマスカス郊外県、首都ダマスカス県でシリア軍 全文をよむ

2017-01-24 シリア:アレッポでの警察官たちの叫び (al-Hayat紙)

■アレッポでの警察官たちの叫び      【ロンドン:本紙】      シリア人活動家と複数のウェブサイトは、トルコ国境に接するシリアのジャラーブルス市近郊にある反体制派勢力所管のキャンプにいる警察官達のビデオテープを放送した。ビデオでは、訓練官と警察官がレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に言及し「トルコよ永遠に…エルドアンよ永遠に」と叫んでいる。      トルコ軍の支援を受ける「ユーフラテスの盾」の諸勢力は、アレッポとトルコ国境の間にある地域からダーイシュを追放する作戦を8月24日に開 全文をよむ

2017-01-24 パレスチナ:イスラエル艦船の発砲でパレスチナ人漁師が負傷 (al-Hayat紙)

■パレスチナ人漁師がイスラエル海軍の銃弾で負傷      【ガザ:AFP】         ガザ地区のアシュラフ・カドラ厚生省報道官は「パレスチナ人漁師がガザ地区北方の海上で、イスラエルの艦船の攻撃で中程度の傷を追った」と発表した。      漁師組合によると、「イスラエル海軍の艦船は、漁師のウーラーニス・スルターンさん(20歳)に向けて彼の漁船の背後から銃弾を発砲し、スルターンさんは頭部を負傷した」という。      (後略) 全文をよむ

2017-01-24 イスラエル:ネタニヤフ首相がアメリカ新政権を刺激しないと発表 (al-Quds al-Arabi紙)

■ネタニヤフ首相がイスラエルはアメリカ政府を刺激しない誓いを訴える      【ナザレ・本紙:ワディーウ・アワーウダ】      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は23日、2009年にバル=イラン大学で行ったスピーチで述べた「イスラエルに加え、パレスチナ国家の創設を支持する」との自身の主張が虚偽であったと改めて明らかにした。加えて首相は昨日、リクード党内の閣僚会議において、「パレスチナ国家を建設するに十分な準備が出来ていない」と述べ、さらに「パレスチナに与えられるのは、あらゆる権限を持つ国 全文をよむ

2017-01-23 イスラエル:トランプ新政権発足に伴うイスラエル政府の入植再開 (al-Hayat紙)

■フランス政府はイスラエルの入植地建設再開を非難      【ドバイ、パリ、占領地エルサレム、モスクワ:本紙、AFP、ロイター】      フランスは今日(火曜日)、イスラエルが占領地東エルサレムにおける住宅数百戸の建設に同意したことを非難した。また、「入植地建設により、イスラエルとパレスチナの二国間に基づく解決が危険に晒される」と強調した。      フランスのロマイン・ナダル外務省報道官は、「入植地建設により、今月1月15日のパリ中東和平会議で国際社会が堅持していくと喚起した二国家解決は 全文をよむ

2017-01-23 シリア:シリア軍はトルコ軍が苦戦するバーブ市(アレッポ県)の南西16キロに位置するスーラーン村などからダーイシュを掃討、同地一帯を制圧する一方、ダーイシュはダイル・ザウル市南部パノラマ交差点を制圧 (その他紙)

■YPG主導のシリア民主軍はダーイシュとの戦闘の末、ラッカ県のダイスワイディーヤ村の大部分を制圧(2017年1月21日)   ラッカ県では、シリア人権監視団によると、有志連合の空爆支援を受ける西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍が、アサド湖畔の大スワイディーヤ村およびユーフラテス川北岸一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34749      ■シリア軍と反体制武装集団はヒムス県北部で戦闘を続ける( 全文をよむ

2017-01-22 シリア:アスタナ会議を翌日に控え、会議不参加のアル=カーイダ系組織どうしの対立が激化 (その他紙)

■米国防総省はアレッポ県シャイフ・スライマーン村のシャーム・ファトフ戦線、ヌールッディーン・ザンキー運動の基地への空爆を認める(2017年1月20日)   米国防総省のジェフ・デービス報道官は、1月19日にアレッポ県シャイフ・スライマーン村にあるシャーム・ファトフ戦線およびヌールッディーン・ザンキー運動の基地に対して行われた空爆に関して、米軍の有人・無人戦闘機が爆撃を実施し ...   http://syriaarabspring.info/?p=34722      ■シリア軍とダーイシュの攻 全文をよむ

2017-01-21 シリア:ダーイシュ(イスラーム国)がUNESCO世界遺産パルミラ遺跡群のローマ劇場と四面門を破壊 (その他紙)

■所属不明の戦闘機がシャーム・ファトフ戦線と米国の支援を受けるヌールッディーン・ザンキー運動の拠点を爆撃しメンバー40人以上が死亡(2017年1月19日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、所属不明の戦闘機が19日夜、アレッポ市西部郊外のシャイフ・スライマーン村にあるシャーム・ファトフ戦線の基地を空爆し、メンバー40人以上が死亡した(クッルナー・シュラカー(1月19 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34694      ■米主導の有志連合は1 全文をよむ

2017-01-20 シリア:ドイツの仲介により首都ダマスカスの水源バラダー渓谷の反体制武装集団とシリア政府が和解(停戦)に合意 (その他紙)

■米主導の有志連合は1月18日、アレッポ県バーブ市近郊、ラッカ市近郊に対して20回の空爆を実施(2017年1月19日)   米中央軍(CENTCOM)は、1月18日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して26回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34670      ■シリア・ロシア両軍はダマスカス郊外県バハーリーヤ村一帯、 全文をよむ

2017-01-19 シリア:ロシア、トルコ、米国、シリアの四軍が揃ってアレッポ県北部のダーイシュ拠点都市バーブ市を攻撃 (その他紙)

■サウジアラビア国連代表大使はシリアからのヒズブッラー、イラン革命防衛隊の撤退を改めて要求(2017年1月17日)   サウジアラビアのアブドゥッラー・ムアッリミー国連代表大使は、中東情勢に関する会合で、国連安保理決議第2334号(イスラエルによる東エルサレムでの入植地建設を非難した決議)の遵守を求める一方、シリア情勢については「外国人テ ...   http://syriaarabspring.info/?p=34644   クッルナー・シュラカー(1月18日付)は、シャーム・ファトフ戦線,シ 全文をよむ

2017-01-19 パリ:イスラエルに圧力をかける中東和平会談とトランプの存在 (al-Quds al-Arabi紙)

■孤立者らとトランプ   【ラーン・アドサラト:本紙】       数日前、ノルウェーのボルゲ・ブレンデ外相がパリを訪問した。ベンヤミン・ネタニヤフ首相官邸によると、ネタニヤフ首相は「均衡のとれた成果」を保証するであろうパリ中東和平会議において、一参加者のように振る舞うと約束した。そして実際に同首相は、この約束を果たした。パリ中東和平会議は、イスラエルとパレスチナの双方に対し、両者が交渉の枠内で合意した修正を除き、67年の境界線に基づく両者の解体、ヨルダン川西岸と東エルサレムにおける入植地建設中 全文をよむ

2017-01-19 イエメン:正規軍が武装勢力を攻撃 (al-Hayat紙)

■イエメン正規軍、モカへ進撃      【ジャーザーン:ヤフヤー・ハルダリー・マカッラー、アブドゥッラフマーン・ブン・アティーヤ】   【アデン:本紙】      タイズ県西部〔紅海〕沿岸地域において、フーシー派武装勢力とサーレハ軍を一方とし、イエメン軍と抵抗勢力を他方とする、激しい戦闘が進展している。抵抗勢力の消息筋が『本紙』に述べたところによると、イエメン正規軍は西部沿岸地域のフーシー派の諸拠点を攻撃し、モカ市へ進撃している。同市は紅海沿岸のフーシー派の重要拠点とみなされる。この攻撃により正 全文をよむ

2017-01-18 シリア:米主導の有志連合がイドリブ県のシャーム・ファトフ戦線拠点・車輌を空爆し、同戦線とシャーム自由人イスラーム運動のチュニジア人幹部を殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は1月12~16日にかけてトルコ軍、シリア民主軍が制圧をめざすバーブ市(アレッポ県)、タブカ・ダム(ラッカ県)を初めて空爆(2017年1月17日)   有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、1月12~16日の5日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 1月12日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して32回の空爆を ...   http://syriaarabspring.info/?p=34618      ■ハミース首 全文をよむ

2017-01-17 シリア:反体制武装集団がトルコの「圧力」に屈しシリア政府との和平協議に応じる決断をするなか、ホワイト・ヘルメットは徹底抗戦を呼びかける (その他紙)

■米英仏伊の教練を受けた武装集団のメンバー15人がダマスカス郊外県で当局に投降(2017年1月16日)   ダマスカス郊外県では、SANA(1月16日付)によると、ヨルダン領内で米英仏伊の士官・教官が教練を行っていたという武装集団のメンバー15人が、ルハイバ市で当局に投降した。 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34596      ■ダーイシュはシリア軍との戦闘の末、ダイル・ザウル市とダイル・ザウル航空基地を結ぶすべての兵站路を遮断したと発表(2017年 全文をよむ

2017-01-16 シリア:ホワイト・ヘルメットなど民間組織7団体が共同声明を出し、戦闘停止ではなく、和平協議参加準備を進める反体制武装集団に停戦破棄を呼びかける (その他紙)

■シリア軍、ヒズブッラーがバラダー渓谷西部を激しく攻撃し、少なくとも7人が死亡、また渓谷東部のスィーラ峰、アイン・ハドラ村を制圧(2017年1月15日)   ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、首都ダマスカスの水源バラダー渓谷西部のダイル・カーヌーン町、カフィール・ザイト村などをシリア軍、ヒズブッラーなどからなる親政権武装勢力が砲撃し、民間人7人が死亡した(バラダ ...   http://syriaarabspring.info/?p=34569      ■ホワイト・ヘルメットな 全文をよむ

2017-01-15 シリア:イスラーム国がダイル・ザウル市一帯に過去最大規模の攻撃を加え、シリア軍兵士20人が死亡する一方、首都ダマスカスの水源ではシリア政府側の交渉責任者が何者かに暗殺 (その他紙)

■ロシア政府は、オバマ政権ではなくトランプ次期政権にアスタナ会議への参加を要請(2017年1月13日)   『ワシントン・ポスト』(1月13日付)は、20日に発足するドナルド・トランプ米次期政権とロシアのヴラジミール・プーチン政権が、23日にカザフスタンの首都アスタナで開幕予定のシリア政府と反体制武装集団による和平協議(アスタ ...    http://syriaarabspring.info/?p=34543      ■シリア政府側停戦交渉担当責任者としてアイン・フィージャ水源の揚水施設復 全文をよむ

2017-01-14 シリア:トルコ・ロシア両国は、トルコ・ロシア両軍だけでなく、シリア軍戦闘機の航行の安全を保証することで合意 (その他紙)

■シリア軍はイスラエル軍戦闘機が首都ダマスカス郊外のマッザ航空基地一帯を越境空爆したと発表、シリア外務省は国連に抗議(2017年1月13日)   シリア軍消息筋は、SANA(1月13日付)に対して、イスラエル軍戦闘機がダマスカス県西部のマッザ航空基地一帯のシリア軍拠点複数カ所を爆撃したことを明らかにした。 軍消息筋によると、「13日深夜0時25分、イスラエル軍戦闘 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34520      ■イドリブ県、アレッポ県西部、ハマー 全文をよむ

2017-01-14 イラク:モスル市奪還作戦が進展 (al-Hayat紙)

■「ダーイシュ」〔IS〕は8家族ごとに1つの家に押し込める      【ニーナワー:バースィム・ファルニスィース】      モスルの戦場司令官は、「南部三角地帯」の奪還の成功後、同市〔ティグリス川〕左岸部への攻撃の終わりは近いと強調した。他方、「人民動員軍」は、左岸部諸地区の奪還のために予定される作戦を支援するため、増援を送ることを強調した。      こうした最中、モスル市の一部地区の住民たちは〔イラク軍の〕テロ撲滅部隊に対し、これら地区の解放を早期に進めることを懇請した。住民たちは、「ダー 全文をよむ

2017-01-13 シリア:ダマスカス郊外県バラダー渓谷、東グータ地方で戦闘を続ける反体制武装集団に対して、ロシアだけでなくトルコも戦闘停止の圧力を強め、反体制派のアスタナ会議への参加を求める (その他紙)

■米主導の有志連合は1月11日にシリア領内で15回の空爆を実施(2017年1月12日)   米中央軍(CENTCOM)は、1月11日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して17回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34488      ■首都ダマスカスでの自爆テロで8人死亡、9人負傷(2017年1月12日)   ダマスカス県 全文をよむ

2017-01-13 クウェートの軍事キャンプでアメリカ兵自殺 (al-Hayat紙)

■クウェートにあるアメリカ軍事キャンプでアメリカ兵1名が自殺      【クウェート:本誌】       クウェート内務省は昨日、アメリカ兵士1名が「南部地域にあるアメリカ軍事キャンプで自身を撃って」自殺したと発表した。同省は昨晩の声明の中で「その兵士はアダーン病院に搬送されたが、到着時に傷が原因で死亡した」と述べた。また同省は「治安機関が本件に関して検証及び調査を開始した」と強調した。一方ハーリド・ジャールッラー外務次官は、クウェートが「来週の日曜日にパリで開かれるパリ中東和平会議への参加を」 全文をよむ

2017-01-12 シリア:ロシア軍と思われる戦闘機だけでなく、米主導の有志連合と思われる戦闘機が、イドリブ県で反体制派を主導するシャーム・ファトフ戦線を空爆 (その他紙)

■米主導の有志連合は1月10日にシリア領内で15回の空爆を実施(2017年1月11日)   米中央軍(CENTCOM)は、1月10日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を実施、このうちシリア領 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34467      ■ダマスカス郊外県知事はバラダー渓谷からの「部外者」退去、戦闘員の投降・放免について原則合 全文をよむ

2017-01-11 シリア:ロシア軍参謀総長はバラダー渓谷(ダマスカス郊外県)でのシリア軍とシャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団との戦闘を停戦違反とみなさず (その他紙)

■イラク・クルディスタン地域政府実効支配地域から飛来した所属不明のヘリコプターがYPG主導のシリア民主軍所属のサナーディード軍の検問所を爆撃(2017年1月9日)   ハサカ県では、ARA News(1月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍に所属するサナーディード軍が管理するタッル・アッルー村の検問所が所属不明のヘリコプターの爆撃を受けた。 西 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34448      ■米主導の有志 全文をよむ

2017-01-10 シリア:米軍主導の有志連合がダーイシュ、シャーム・ファトフ戦線主導の反体制派に対して過去最大規模の空爆を実施するなか、異例の空挺作戦を実施し、ダーイシュ戦闘員25人を殲滅 (その他紙)

■アサド大統領はフランス・メディアの取材に応じる「シリアをめぐって世界のすべてがあらゆるレベルで変化しつつある。フランス次期政権が現実と無縁の政策との結びつきを絶つことを願っている」(2017年1月9日)   アサド大統領は、フランスのメディア各社のインタビューに応じ、シリアをめぐって世界のすべてがあらゆるレベルで変化しつつあると述べるとともに、シリア全土解放が任務だと強調した。 インタビューは、シリア訪問中のフランスの国会議 ...   http://syriaarabspring.info/ 全文をよむ

2017-01-10 パレスチナ:当局とハマースが電力危機について互いを非難 (al-Hayat紙)

■当局とハマースはガザ地区の電力危機に関する責任について互いに非難      【ガザ:ファトヒー・サッバーフ】      一昨日、イスラーム主義勢力とガザ地区諸勢力及びハマースが管轄するガザ地区のエネルギー局局長ファトヒー・シャイフ・ハリールの間で行われた会議は失敗に終わった。深刻な電力危機については、数週間前から何の解決にも至っていない。かたやパレスチナ当局とハマースは、この危機に関する責任をめぐり非難の応酬を繰り広げている。      情報筋は本紙に対し、分裂したファタハとハマースの両当事者 全文をよむ

2017-01-10 パレスチナ:UNRWAはさらなる支援を呼びかける (al-Hayat紙)

   ■UNRWAは援助国に対しシリアとレバノンのパレスチナ人支援を呼びかける      【ベイルート:ナージヤ・フサッリー】      昨日ベイルートでUNRWA(国際連合パレスチナ難民救済事業機関)が開いた記者会見において、同機関は二つの相反するメッセージを伝えた。まず、パレスチナ市民団体側の苦情に対しては「UNRWAは衛生面や教育面の支援を難民に提供する」ことを確約した。それと同時に、現在の支援では不足しているとして、国際社会に対して「緊急の呼びかけ」を行い、より一層の支援を求めた。UNハ 全文をよむ

2017-01-09 シリア:各地で停戦違反が多発するなか、反対武装集団を主導するシャーム・ファトフ戦線がダマスカス郊外県で自爆テロ (その他紙)

■アサド大統領はフランス議員施設団と会談し「政府側も複数の過ちを犯してしまった。このことは遺憾だし、非難する」と発言(2017年1月8日)   アサド大統領はシリア訪問中のフランスの国会議員・報道関係者からなる使節団(共和党のティエリー・マリアニ議員が団長)と首都ダマスカスで会談した。 会談後、マリアニ議長は、アサド大統領が、ロシア・トルコの仲介によるシリア政府 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34406      ■アサド大統領はイランのシャムハーニー 全文をよむ

2017-01-08 シリア:ロシアの仲介によりシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団の首都ダマスカスの水源バラダー渓谷一帯から退去、シリア政府側の揚水施設修復を骨子とする停戦が成立 (その他紙)

■ヒムス県中部でシリア軍とダーイシュの戦闘続く(2017年1月7日)   ヒムス県では、SANA(1月7日付)によると、シリア軍がタドムル市西部郊外でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を集中的に攻撃、ダーイシュと交戦した。   http://syriaarabspring.info/?p=34387      ■ロシアの仲介によりダマスカス郊外県バラダー渓谷一帯で停戦が成立、シリア政府側の修復チームがアイン・フィージャ町の水源と揚水施設入り、また反体制武装集団戦闘員の投降ないしはイドリブ県への退去 全文をよむ

2017-01-07 シリア:イドリブ県、アレッポ県で有志連合によるシャーム・ファトフ戦線拠点空爆に抗議するデモ (その他紙)

■米主導の有志連合は1月5日にラッカ市近郊などで23回の空爆を実施(2017年1月6日)   米中央軍(CENTCOM)は、1月5日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、このうちシリア領内 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34358      ■ロシア軍参謀長はシリア沖に展開していた航空母艦ピョートル・ヴェリキーおよびアドミラル・ 全文をよむ

2017-01-06 シリア:国連人道問題緊急援助調整官は、シリア軍・ヒズブッラーとシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団との戦闘に伴うダマスカス郊外県バラダー渓谷の水源封鎖を「戦争犯罪」と非難 (その他紙)

■シリア革命反体制勢力国民連立暫定内閣はトルコ・シリア間の国境通行所の所轄をめぐってトルコ政府と合意したと主張(2017年1月4日)   シリア革命反体制勢力国民連立の傘下組織である暫定内閣の首班を務めるジャワード・アブー・ハトブ氏はカタールの首都で記者会見を開き、暫定内閣がバーブ・サラーマ国境通過所(アレッポ県)などシリア・トルコ国境に設置されている国境 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34322      ■米主導の有志連合は1月4日にラッカ市近郊な 全文をよむ

2017-01-06 レバノン:パトロンがアレッポ教区のパトロンを鉄と火の終結で祝う (al-Hayat紙)

■マロン派総主教がアレッポ教区長を鉄と火の終結で祝う      【ベイルート:本紙】      マロン派の総主教ベカラ・ブートロス・ライは「私たちのレバノン社会は多くの価値観を失っており、前進を必要としている」とした。さらに以下のように注意喚起した。「この悲惨な中東では恨み、憎しみ、戦争、暴力、流血、テロが日に日に増している。それゆえ、我々は福音書における兄弟、平和、尊厳、人間らしい生活といった文化的多様性をより一層必要とするようになった」。      総主教は昨日、ブケルケにおける公現日のミサ 全文をよむ

2017-01-05 シリア:有志連合と思われる戦闘機がラッカ市を空爆し、シャーム・ファトフ戦線の元メンバーでダーイシュの治安部門責任者のシリア人幹部を殺害 (その他紙)

■イランのヴェラーヤティー最高指導者国際問題担当上級顧問は、ヒズブッラーのシリア撤退を否定(2017年1月3日)   イランのアリー・アクバル・ヴェラーヤティー最高指導者国際問題担当上級顧問は、イラクのヌーリー・マーリキー前首相とテヘランでの会談に際して、シリア政府を支援しているヒズブッラーなどの外国人武装勢力について「シリア政府の要請 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34297      ■米主導の有志連合は1月3日にシリア領内で21回の空爆を実施(2 全文をよむ

2017-01-05 コラム:フランスでアラビア語は「テロの言葉」と化す(1) (al-Hayat紙)

■フランスでアラビア語は「テロの言葉」と化す(1)      【パリ:アルレット・フーリー】      あれはパリのカフェで普段通り女友達の一人とお茶をしていた時のことだった。特筆すべきことは何もなかったが、隣のテーブルに座ったある男が険悪な視線を投げかけてきて、その場の「空気は一変」した。彼は椅子をゆさぶり続け、憤りをあらわにした顔つきだった。タバコの煙が不快なのではないかと思い、私たちはタバコを消したが、彼の表情を和ませることはできなかった。      おそらく買ったものが入っていた袋のせい 全文をよむ

2017-01-05 コラム:フランスでアラビア語は「テロの言葉」と化す(2) (al-Hayat紙)

(「コラム:フランスでアラビア語は「テロの言葉」と化す(1)」の続き)      この一連の流れの中で、フランス2は、昨年7月にナジャット・ヴァロー=ベルカセム国民教育・高等教育・研究大臣の決定を受けて起きた論争を再燃させるリポートを放送した。この決定とは、カリキュラムにアラビア語を導入するというもので、フランス国民戦線や一部の右派の怒りの的となった。そして彼らは、大臣がアラビア語のために学校における進学クラスでのフランス語の地位を壊そうとしている、という趣旨のキャンペーンを始めた。      全文をよむ

2017-01-04 シリア:シリア軍だけでなく、米主導の有志連合がシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団への攻撃を続けるなか、反体制武装集団は攻撃を「停戦違反」と断じ、和平協議に向けた交渉中止を発表 (その他紙)

■ロシア・トルコ仲介によるシリア政府との停戦に合意していたイスラーム軍、シャーム軍団、シャーム戦線、イドリブ自由軍を含む12組織は共同声明を出し、シャーム・ファトフ戦線を含む反体制武装集団へのシリア軍の攻撃継続を停戦違反と断じ、アスタナ会議に向けた協議を中断すると発表(2017年1月2日)   ロシア・トルコ仲介によるシリア政府との停戦に合意していたイスラーム軍、シャーム軍団、シャーム戦線、イドリブ自由軍を含む反体制武装集団12組織は共同声明を出し、シリア政府とその同盟者が「バラダー渓谷、東グー 全文をよむ

2017-01-03 シリア:シリア人権ネットワークは2016年の民間人犠牲者数を1万6,913人したうえで、そのほとんどがシリア軍・ロシア軍の攻撃・拷問によると発表、なぜか? (その他紙)

■シリア人権ネットワークは、反体制派が情報開示を好まず、シリア政府、ダーイシュからの情報入手がほぼ不可能だと認めつつ、2016年の1年間の民間人犠牲者が1万6,913人にのぼったと発表(2017年1月1日)   シリア人権ネットワークは、2016年の1年間で、シリア軍とロシア軍による攻撃で死亡した民間人の数が1万6,913人にのぼったとする統計データ( ...   http://syriaarabspring.info/?p=34250      ■米主導の有志連合は12月29~31日にかけてラ 全文をよむ

2017-01-02 チュニジア:イギリスに謝罪を要求する署名運動を組織 (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジアの団体は「バルフォア宣言」についてパレスチナ人への謝罪をイギリスに要求      【チュニス:アナトリア通信】      チュニジアのシオニズム抵抗連合は火曜日に、パレスチナの地にユダヤ人の祖国を樹立することを支持した「バルフォア宣言」についてイギリスが謝罪するよう国際的な圧力をかけるため、世界的な署名運動を組織することを決定したと述べた。      「バルフォア宣言」とは、1917年11月2日にイギリスの外務大臣アーサー・ジェームズ・バルフォアがライオネル・ド・ロスチャイルド男爵に 全文をよむ

2017-01-02 レバノン:全面警戒による平和な大晦日 (al-Hayat紙)

■レバノンは治安機関の全面警戒により平和な大晦日を過ごす      【ベイルート: 本紙】      レバノンでは多くの階層の人々が、財政危機や困難な経済状況に困窮しているものの、人々は新年の到来の喜びと祝福を愛でた。様々な地域で、華々しく平穏な雰囲気のなか新年が迎えられた。この日、レバノン軍及び国内治安当局は、治安強化措置を実施した。大晦日の雰囲気をかき乱すような治安上の事件は一切記録されなかった。また交通事故などで、初めて死者が発生しなかった。多くの家族や若い男女が、レストランやカフェ、ナイ 全文をよむ

2017-01-02 シリア:政府支配下のタルトゥース市でダーイシュの自爆テロにより2人死亡 (その他紙)

■ムアッリム外務在外居住者大臣はテヘランでヴェラーヤティー最高指導者国際問題担当上級顧問、ラリージャーニー国会議長と会談(2017年1月1日)   イランを訪問中のワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣は、テヘランでアリー・アクバル・ヴェラーヤティー最高指導者国際問題担当上級顧問、アリー・ラリージャーニー国会議長と相次いで会談し、シリア・イラン二国間関係、シリア情勢 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34229      ■タルトゥース市で大晦日に男性2人 全文をよむ

2017-01-01 クウェート:不法滞在者の救済を進める (al-Hayat紙)

■クウェートは5637人の滞在者の身分をサウジアラビア国籍に変更した      【クウェート:本紙】      不法滞在者救済のためのクウェート中央機関は、2011年初頭から2016年12月末までの間に8157年の身分を変更したことを発表した。      同機関の身分変更局長のムハンマド・ワヒーブ大佐は昨日の声明において、これらの内5637人の身分をサウジアラビア国籍に変更し、923人をイラク国籍に、816人をシリア国籍に、94人をイラン国籍に、49人をヨルダン国籍に、そして638人を他の国籍に 全文をよむ

2017-01-01 シリア:反体制武装集団はロシア・トルコ仲介の停戦合意がシャーム・ファトフ戦線を「例外」視していることを「停戦違反」と主張し、戦闘継続の意思を表明 (その他紙)

■アル=カーイダとの関係を否定するアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動はロシア・トルコ仲介のシリア政府との停戦合意に署名していないと発表(2016年12月30日)   ドゥラル・シャーミーヤ(12月30日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動のアフマド・カッラ・アリー報道官は、30日午前0時に発効したロシア・トルコ仲介によるシリア政府と反体制武装集団7組織の停戦に関して、合意文書に ...   http://syriaarabspring.info/?p=34190      全文をよむ

2017-01-01 パレスチナ:イスラエル刑務所のパレスチナ人少年囚人 (al-Hayat紙)

■イスラエルの刑務所に入れられるパレスチナ人の少年たち      【ウィサーム・ムハンマド】      占領下のパレスチナでは、インティファーダ世代に対する悪意のある治安取り締まりの一環として、パレスチナ人の少年が次々に逮捕されている。イスラエル占領軍は、2015年10月初めから2016年2月までの間に、11歳から17歳の少年を800人以上逮捕している。      占領軍は少年たちを拘束した瞬間から数多くの虐待行為を行っている。それは、激しい殴打に始まり、罵声や侮辱的な言葉を浴びせ、脅迫し、ひど 全文をよむ

2016-12-31 ロシア:プーチンは誰も追放しない (al-Hayat紙)

■プーチン:我々はアメリカの処罰に対し誰も追放しない      【ジュネーブ、ワシントン、モスクワ、ドバイ:本紙、ロイター、AFP】      クレムリンの声明によれば、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は今日、ロシアはアメリカ合衆国がとった「非友好的かつ挑発的な」措置を拒否する権利を持ち続けると述べ、ロシアは誰一人として追放することもなく、「無責任な台所外交〔訳注:「子どものけんか」くらいの意味〕のレベルにまで下がることはない」と強調した。      プーチン氏は「我々は拒否する権利を持ち続 全文をよむ

2016-12-31 シリア:シャーム・ファトフ戦線報道官は全土停戦を拒否し、「ジハードによるアサド政権の軍事的打倒」を呼びかける一方、アサド大統領はイタリアのTV局に「シリアの問題を解決する唯一の道は皆が他者を許すこと」 (その他紙)

1 ■アサド大統領はイタリア日刊紙『イル・ジョルナーレ』のインタビューに応じる「シリア難民は西側諸国ではなく、シリアでの支援を必要としている」(2016年12月30日)   アサド大統領は、イタリアの日刊紙『イル・ジョルナーレ』のインタビューに応じた。 インタビューは、英語で行われ、アサド大統領は立ったままインタビュアーの質問に答え、映像は、大統領府がYoutube(...   http://syriaarabspring.info/?p=34160      2 ■アサド大統領はテレビ民間TG 全文をよむ

2016-12-30 シリア:ロシアとトルコの仲介によるシリア政府と反体制武装集団7組織の全土停戦に入る直前、ロシア軍はシリア国内に進攻中のトルコ軍を初めて航空支援 (その他紙)

1 ■米主導の有志連合は12月28日にシリア領内で8回の空爆を実施する一方、ラッカ市郊外の空爆でダーイシュ幹部のアブー・ジャンダル・クワイティーを殺害したと発表(2016年12月29日)   米中央軍(CENTCOM)は、12月28日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して11回の空爆を実施、このうちシリア ...   http://syriaarabspring.info/?p=34126  全文をよむ

2016-12-29 シリア:ロシアとトルコの仲介のもと、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍などがシリア政府と停戦に向けて間接交渉を続ける (その他紙)

■ダマスカス郊外県アイン・フィージャ町一帯でシリア軍とシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団との戦闘続く(2016年12月28日)   ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、戦闘機およびヘリコプター(所属明示せず)が、アイン・フィージャ町、バスィーマ町などバラダー渓谷一帯を空爆、またシリア軍が同地を砲撃、シャーム自由人イスラーム運動などからなる ...   http://syriaarabspring.info/?p=34104      ■ロシア軍がダイル・ザウル県の村を空 全文をよむ

2016-12-28 シリア:ダマスカス郊外県ではアイン・フィージャ町水道施設をめぐるシリア軍とシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団と戦闘を尻目に、マダーヤー町の市民団体がシリア政府との和解(投降)を呼びかける (その他紙)

■有志連合の空爆とYPG主導のシリア民主軍の攻勢でダーイシュのクウェート人幹部が死亡(2016年12月26日)   ラッカ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍が有志連合の航空支援を受けて26日に制圧した西ジャアバル村一帯にダーイシュ(イスラーム国)が侵攻を試み、シリア民主軍と交戦 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34070      ■ダマスカス郊外県アイン・フィージャ町の水道施設をめぐるアル=カー 全文をよむ

2016-12-27 シリア:ホワイト・ヘルメットなどが共同声明を出し、バラダー渓谷でシリア軍、ヒズブッラーに対して抗戦を続けるシャーム・ファトフ戦線主導の反体制派を擁護 (その他紙)

1 ■バラダー渓谷で活動するというホワイト・ヘルメットなどが共同声明を出し、シャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動へのシリア軍の攻撃でアイン・フィージャ市の水道施設が破壊の危機にあると警鐘を鳴らす(2016年12月26日)   ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団、クッルナー・シュラカー(12月25日付)などによると、反体制武装集団がアイン・フィージャ市の水道施設への汚染物質を流し込んだことに端を発するシリア軍、ヒズブッラー戦闘員とジハード主 ...   http://syria 全文をよむ

2016-12-27 サウジアラビア:ジュバイル外務大臣はイラクの「人民動員隊」を宗派主義的組織と非難 (al-Hayat紙)

■ジュバイルは「人民動員隊」がイラクの統合を拒否する宗派主義的組織とみなす      【リヤド:本紙】      サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、「イラクの「人民動員隊」は、世界が知っている通り、純粋に宗派主義的組織で、様々な地域、具体的にはアンバールなどの地域で虐殺を行っている」と述べた。同外相は昨日、ヨルダンのナースィル・ジャウダ副首相兼外務在外居住者問題担当大臣との記者会見のなかで、「この組織は、イラン人士官が率いており、その筆頭がカースィム・スレイマーニーだ。テロリズム 全文をよむ

2016-12-26 シリア:トルコ軍はダーイシュの拠点都市バーブ市を攻撃、有志連合の支援を受けるYPG主導のシリア民主軍はタブカ市に向けて進軍 (その他紙)

■アサド大統領夫妻はクリスマスに合わせてサイドナーヤー修道院の児童養護施設を訪問(2016年12月25日)   シリア大統領府はツイッターの公式アカウント(https://twitter.com/presidency_sy)を通じて、アサド大統領とアスマー・アフラス夫人が、クリスマスに合わせて、ダマスカス郊外県のサイドナーヤー修道 ...   http://syriaarabspring.info/?p=34014      ■アレッポ市東部でシリア軍、親政権武装勢力58人が爆発物処理作業中の爆 全文をよむ

2016-12-25 イエメン:イエメン大統領がサウジ主導の対テロ軍事同盟を評価 (al-Hayat紙)

■イエメン大統領がハドラマウト県でのテロ組織メンバーの浄化におけるサウジ主導の対テロ軍事同盟の役割を評価      【アデン:本紙】      イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー大統領は、悪とテロリスト勢力の駆逐において、サウジアラビアが主導する対テロ軍事同盟の軍隊の支援、およびイエメン東部のハドラマウト県における同軍の働きを評価した。また、ハーディー大統領はハドラマウト県の地方行政当局、軍指導部、治安指導部による会議で議長を務めた折、アラブの対軍事同盟と運命を共にする戦いのなかで 全文をよむ

2016-12-25 シリア:反体制武装集団が退去したアレッポ市東部に住民が帰宅を開始、シリア政府支配下のアレッポ市、ロジャヴァ支配下のハサカ市でクリスマス・イブの深夜ミサ (その他紙)

■反体制武装集団が退去したアレッポ市東部に住民が帰宅を開始するなか、爆発物処理作業中の爆発で2人が死亡、33人が負傷(2016年12月24日)   アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、ヒズブッラー戦闘員、親政権武装勢力が、アレッポ市東部のアンサーリー地区、マシュハド地区、ザバディーヤ地区、サイフ・ダウラ地区、サラーフッディーン地区、スッカリー地区など ...   http://syriaarabspring.info/?p=33993      ■シリア軍は反体制武装集団が汚染物 全文をよむ

2016-12-24 シリア:トルコがダーイシュの拠点都市バーブ市(アレッポ県)を空爆し民間人90人あまりを殺害 (その他紙)

■シリア軍は反体制武装集団とその家族の退去が完了したアレッポ市東部ザバディーヤ地区、シャラーフッディーン地区、マシュハド地区、アンサーリー地区で住民帰宅に向けて爆発物・地雷などの処理を開始するなか、反体制武装集団はハムダーニーヤ地区を砲撃(2016年12月23日)   アレッポ県では、SANA(12月23日付)、AFP(12月23日付)、シリア人権監視団によると、反体制武装集団とその家族の退去が完了したアレッポ市東部ザバディーヤ地区、シャラーフッディーン地区、マシュハド地区、アンサーリ ...  全文をよむ

2016-12-24 イラク:治安部隊の検問所手前で自爆テロ発生 (al-Hayat紙)

■ディヤーラー県での自爆テロで1名死亡、4名負傷      【ドバイ:本紙】      『イラク通信社』が伝えたところによると、今日(土曜日)イラク首都バグダード東部のディヤーラー県の県都バアクーバにあるハーリス区で、自動車爆弾を用いた自爆テロが発生した。第一報によると1名が死亡、4名が負傷した。      今回の事件は、バスラ作戦指導部所管治安部隊が昨日クルナ郡で治安作戦を実施し、誘拐されていたディヤーラー県の住民1名を解放したのち発生した。ある消息筋によると「今回の作戦は諜報活動による情報を 全文をよむ

2016-12-24 パレスチナ:国連安保理はイスラエルにパレスチナにおける入植地建設中止を求める歴史的決定を行う(2) (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナにとっての歴史的決議:国連安保理はイスラエルに入植地建設の停止を求める(2)      トランプ氏は昨日[23日]ツイッター上で「国連の状況は1月20日から変わるだろう」と述べた。1月20日は彼が政権を担う日だ。一方アメリカ上院議員のジョン・マケイン氏は投票の棄権が「アメリカをイスラエルに対する凶悪な攻撃の共犯者にしてしまった」と述べた。      ネタニヤフ氏側のあるイスラエルの閣僚は、アメリカの「イスラエル排除」を非難した。またパレスチナ暫定自治政府の報道官ナビール・アブー・ルデ 全文をよむ

2016-12-24 エジプト:入植活動に反対する安保理決議案をめぐる駆け引き (al-Hayat紙)

■エジプトは安保理採択を延期し、トランプ氏が「最終的な解決」を行う余地を残す      【カイロ:ムハンマド・シャーズリー】      カイロの政治関係者は本紙に次のように述べた。国連安全保障理事会において〔イスラエルによる〕入植活動に反対する特別決議案の採択要請を急がないというエジプトの決定は、最大限に深く包括的な見解を反映するものである。特にドナルド・トランプ次期大統領が、木曜日の夕方にエジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領と電話会談した後に〔この決定がなされたことを鑑みれば〕 全文をよむ

2016-12-23 シリア:アレッポ市東部からの反体制武装集団戦闘員と家族の退去が完了、シリア軍はアレッポ市の解放と治安・安定の回復を宣言 (その他紙)

■国連総会はシリア国内での犯罪容疑者の調査・審理支援を目的とする「中立的な独立国際調査のしくみ」を構築する決議を採択(2016年12月21日)   国連総会は、国際法に基づき、シリア国内での犯罪容疑者を調査・審理の支援を任務とする「中立的な独立国際調査のしくみ」を構築することを定めた決議を、賛成105カ国、反対15カ国、棄権52カ国で採択した。 決議案はカタールとリ ...   http://syriaarabspring.info/?p=33823   ■シリア軍はアレッポ市全土の解放と治安・ 全文をよむ

2016-12-23 イスラム協力機構がシリアにおける虐殺の阻止を求めた (al-Hayat紙)

■イスラーム協力機構が「虐殺の阻止」を求めた      【ジェッダ:本紙】      昨日、イスラーム協力機構がジェッダで開いた執行委員会の緊急会議では「シリア国民が直面している集団虐殺を阻止するために必要な措置を講ずる」との要求が同機構に対して挙がった。一方、クウェートのサバーハ・ハーリド・ハムド・サバーハ第一副首相兼外相は、シリアの悲惨な危機は軍事的手段では解決されないだろうと強調した。また、サウジアラビアのアーデル・ビン・アフマド・ジュベイル外相はアレッポでの虐殺が人道に対する戦争犯罪に分 全文をよむ

2016-12-22 シリア:トルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室はアレッポ県北部のダーイシュの拠点都市バーブ市を、YPG主導のシリア民主軍と有志連合はダーイシュの首都近郊のユーフラテス・ダムに向かって攻勢 (その他紙)

■悪天候で中断していたアレッポ市東部からの反体制武装集団戦闘員とその家族の退去が再開(2016年12月21日)   アレッポ県では、『ハヤート』(12月22日付)が国連高官の話として伝えたところによると、20日に悪天候を理由に中断していたアレッポ市東部からの反体制武装集団戦闘員とその家族の退去作業が再開した。 移送作業を支援する医療チ ...   http://syriaarabspring.info/?p=33785   ■ファトフ軍包囲下のイドリブ県フーア市、カファルヤー町から移送された負傷 全文をよむ

2016-12-20 シリア:国連安保理はアレッポ市東部からの戦闘員と民間人退去を監視するための決議を採択するものの、ロシアの修正提案で「骨抜き」に (その他紙)

■米主導の有志連合によるラッカ市近郊への空爆で男女2人が死亡(2016年12月18日)   ラッカ県では、ARA News(12月19日付)によると、米主導の有志連合がダーイシュ(イスラーム国)支配下のラッカ市近郊のマンスーラ区一帯を空爆し、男女2人が死亡、複数が負傷した。   http://syriaarabspring.info/?p=33668   ■国連安保理はアレッポ市東部からの戦闘員と民間人退去を監視するための決議を採択するものの、ロシアの修正提案で「骨抜き」に(2016年12月19 全文をよむ

2016-12-19 シリア:反体制派はアレッポ市東部からの戦闘員・家族の移送をめぐって内部対立する一方、アル=カーイダを軸とする統一組織「シリア・イスラーム委員会」を結成か (その他紙)

■アレッポ市東部、イドリブ県フーア市・カラフヤー町、ダマスカス郊外県ザバダーニー市・マダーヤー町からの戦闘員・負傷者・重篤患者・家族の移送に関するロシア、イラン、反体制派の合意内容(2016年12月18日)   クッルナー・シュラカー(12月18日付)などは、アル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍の幹部筋の話として、アレッポ市東部、イドリブ県フーア市・カラフヤー町、ダマス ...      ■ファトフ軍支配下のイドリブ県で包囲を受けるシリ 全文をよむ

2016-12-19 ベイルート:身元不明の遺体発見 (al-Hayat紙)

■シリア国境付近で発見された遺体の身元を特定するDNA鑑定の結果を待つ       【ベイルート:本紙】      治安情報筋 が『ハヤート紙』に明らかにしたところによると、 レバノンとの国境付近のシリア領内で多数の遺体が発見された件でメディアに騒動が生じた。さらに、それらの遺体が2014年8月2日以来ダーイシュにより誘拐されていたレバノン軍人ではないかとの懸念 も生まれた。これらのことは事態の展開に先行してしまい 、この件に関して早急な進展を急がせた という。      また治安高官情報筋は 全文をよむ

2016-12-19 カラク県を襲ったテロ、治安部隊は大部分の人質を救出 (al-Hayat紙)

■カラク県を襲ったテロ、治安当局は大部分の人質の解放に成功      【アンマン:ムハンマド・カイル・ラワーシュダ】      ヨルダン特殊部隊は、カラク城遺跡で武装集団が人質にとった14人の解放に成功した。武装集団による攻撃は同県でも安全な場所で発生し、10人が死亡、そのうち7人は警官、2人は民間人、1人はカナダ人女性観光客であった。また民間人20人以上と警官1人が負傷し、一部は重体である。      治安当局の情報筋が強調したところによると、事件発生現場では捜査が続いており、カラク県の全ての 全文をよむ

2016-12-19 エジプト:ラファフ検問所の運営継続における新計画の研究とガザ地区へ初めての新車の搬入を許可 (al-Quds al-Arabi紙)

■ エジプト:ラファ検問所の運営継続に関する新計画の検討とガザ地区へ初めての新車の搬入を許可      【ガザ;本紙】      エジプトは例外的に土曜日から月曜日にかけての3日間、ラファ検問所を開放した。そこではガザ地区の企業が所有する民用車両数十台が搬入された。これは初めてのケースとなる。一方、ラファ検問所の恒久的な解放やガザ地区との自由貿易地域の設置を含むエジプト当局の新計画が明らかとなった。今回の計画はアイン・スクナ市において開催された会議で行われたイスラエルの厳しい封鎖網の緩和に関する 全文をよむ

2016-12-18 シリア:アレッポ市東部の戦闘員・家族の退去の一環として、反体制派、ロシア、イランはダマスカス郊外県の反体制派とイドリブ県の親政権派の避難を合意か (その他紙)

■米主導の有志連合によるダイル・ザウル県、ラッカ県空爆でダーイシュ幹部2人を含む7人が死亡(2016年12月16日)   ダイル・ザウル県では、ユーフラテス・ポスト(12月16日付)が、米主導の有志連合によるタナク油田一帯に対する空爆で、ダーイシュ(イスラーム国)のリビア人幹部で「石油大臣」と目されてきたアブー・ウマル・ズバイディー氏ら6人 ...      ■アレッポ市東部の戦闘員・家族の退去の一環として、反体制派、ロシア、イランはダマスカス郊外県の反体制派とイドリブ県の親政権派の避難を合意か 全文をよむ

2016-12-18 イラク:軍はモスル東部において優勢 (al-Hayat紙)

■自殺テロ集団、イラク軍を標的とする      【バグダード:フサイン・ダウド】      イラク連邦警察はモスル東部で大損害を被ったテロ対策組織への兵站支援を準備している。一方、2ヶ月前にモスル奪還軍事攻勢が開始されて以降、避難民の数はおよそ10万人にまで増加した。なお、モスルでは自爆巡回部隊がイラク軍のいる複数の地区に展開しており、同軍を標的にその隊列に致命的な打撃を与えようとしている。      テロ対策組織の司令官アブドゥルガニー・アスディー大将は昨日、モスル近郊で複数のメディアに向けた 全文をよむ

2016-12-17 シリア:トランプ米次期大統領はシリア政策について初めて言及「シリア領内に安全保障地帯を設置し、人々に機会を与えたい」 (その他紙)

■アレッポ市東部からの退去者数が約9,000人に達するも、シリア軍は反体制武装集団の停戦違反を理由に作業の一時中止を発表(2016年12月16日)   アレッポ県では、SANA(12月16日付)によると、アレッポ市南東部で籠城を続けてきた反体制武装集団戦闘員とその家族の退去作業が、反体制武装集団の違反によって一時中止された。 反体制武装集団が、戦闘員とその家族が乗る旅客 …       ■反体制派はイランの民兵が戦闘員とその家族を乗せたバスを拉致したと主張(2016年12月16日)   AMC( 全文をよむ

2016-12-16 シリア:アレッポ市南東部で籠城を続けてきた反体制武装集団戦闘員とその家族3,600人がアル=カーイダ系のファトフ軍の支配地域に退去(2016年12月15日) (その他紙)

【アレッポ市南東部で籠城を続けてきた反体制武装集団戦闘員とその家族3,600人がアル=カーイダ系のファトフ軍の支配地域に退去(2016年12月15日) #シリア】アレッポ県では、SANA(12月15日付)などによると、トルコの仲介によるロシア軍と反体制武装集団との合意に基づき、アレッポ市南東部(サラーフッディーン地区、マシュハド地区、アンサーリー地区)で最後まで籠城を続けてきた反 ... http://syriaarabspring.info/?p=33537       【アレッポ市からの反体 全文をよむ

2016-12-15 シリア:アレッポ市東部の反体制武装集団支配地域からの戦闘員、住民の退去は実施されず、戦闘が再開 (その他紙)

【国連安保理で米国はアレッポ市南東部からの戦闘員、住民の避難を監視するための「中立的な国際監視団」の派遣を要請、ロシアはこれを一蹴(2016年12月13日) #シリア】国連安保理では、英国とフランスの呼びかけを受け、シリア情勢、とりわけアレッポ市での攻防戦への対応を協議するための会合を開いた。 会合では、サマンサ・パワー米国連大使が、ロシアとシリア政府に対して、アレッポ市南東部からの退 ... http://syriaarabspring.info/?p=33508       【アレッポ市東部 全文をよむ

2016-12-14 シリア:ロシア、トルコの仲介で、アレッポ市東部で籠城する反体制派は、14日早朝からアル=カーイダ系組織ファトフ軍の支配地域に退去 (その他紙)

【シリア軍は反体制武装集団が籠城を続けるアレッポ市南東部を激しく砲撃(2016年12月13日) #シリア】アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、反体制武装集団が籠城を続けるアレッポ市南東部の南側のサラーフッディーン地区、マシュハド地区、アンサーリー地区を激しく砲撃した。 シリア軍はまた、アレッポ市北部のライラ ... http://syriaarabspring.info/?p=33476       【アレッポ市南東部で籠城を続ける反体制武装集団に所属するイスラームの旗大隊がシ 全文をよむ

2016-12-13 シリア:アレッポ市攻防戦はシリア軍が反体制派支配地域の95%強を解放し最終段階へ (その他紙)

■アレッポ市攻防戦はシリア軍が反体制派支配地域の95%強を解放し最終段階へ(2016年12月12日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室、ないしはアレッポ軍)がアレッポ市南東部の6地区から撤退、シリア軍が同地を制圧した。 反体制武装集団が撤退したのは、ブスターン・カス ... http://syriaarabspring.info/?p=33443       ■シリア人権監視団:アレッポ市攻防戦で13万人の住民が反体制武装集団支配 全文をよむ

2016-12-13 シリア:フランスは反体制派を支援する (al-Hayat紙)

■オランド大統領はシリア反体制派に支援を確認      【パリ:ランダ・タキーッディーン】      フランスのフランソワ・オランド大統領は、包囲されている地区の住民が脱出できるように人道的回廊をアレッポに開通させ、また地区に残るであろう住民に食料を供給するようフランスとその他の国は働きかけると述べた。またオランド大統領はシリア反体制派「最高交渉委員会」議長リヤード・ヒジャーブ氏との共同会見で、次のように述べた。「シリア政府は恐怖と惨事のみ生み出しながら、戦場で部分的な勝利を収めたと考えている… 全文をよむ

2016-12-12 シリア:イスラーム国はUNESCO世界文化遺産パルミラ遺跡を擁するタドムル市を再び制圧 (その他紙)

【反体制武装集団の支配下にとどまるアレッポ市南東部から1万2,000人の住民が新たに脱出(2016年12月11日) #シリア】アレッポ県では、シリア人権監視団によると、10日夜から11日にかけて、アレッポ市南東部住民の脱出は続き、約9,000人がシリア政府支配下のアレッポ市西部、北東部に、3,000人以上が西クルディスタン移行期民政局支配下のシ ... http://syriaarabspring.info/?p=33407       【シリア軍はアレッポ市南東部のアスィーラ地区を新たに制圧( 全文をよむ

2016-12-12 イラク:モスル攻撃に警察も加わる (al-Hayat紙)

■連邦警察はモスルの戦いに加わる用意がある      【バグダード:本紙】      イラク警察の広報官は、昨日、数千人の警察官がモスクでの戦いに加わる用意があることを明らかにした。これは、数週間前から「イスラーム国」からの反撃と直面している〔イラク〕軍を強化するためである。      すでに追加部隊が配備され、〔イスラーム国〕組織の拠点〔であるモスル〕に対する攻撃作戦は9週目に入った。軍の特別部隊はモスル市の4分の1を取り戻したが、その先の侵攻は相当困難なものになっている。      約4千人 全文をよむ

2016-12-11 シリア:YPG主導のシリア民主軍はダーイシュの首都ラッカ市孤立化に向けた「ユーフラテスの怒り」作戦第2段階に着手、米国は特殊部隊200人をシリアに新たに派遣 (その他紙)

【反体制武装集団の支配下にあるアレッポ市南東部から住民3,000人以上が新たにシリア政府支配地域に脱出(2016年12月10日) #シリア】アレッポ県では、SANA(12月10日付)によると、反体制武装集団の支配下にあるアレッポ市南東部(スッカリー地区、フィルドゥース地区、サラーフッディーン地区)から住民3,000人以上が新たに脱出し、アレッポ市郊外のジャブ ... http://syriaarabspring.info/?p=33371       【アレッポ市で反体制武装集団の砲撃とシリア軍 全文をよむ

2016-12-10 イスラエル:マルマラ号事件の告訴を撤回 (al-Hayat紙)

■アンカラ・マルマラ号殺人事件の告訴を取り下げる      【ドバイ:本紙】       イスタンブールの裁判所は昨日(金曜日)の晩、2010年にガザの海上封鎖を突破しようと試みたマヴィ・マルマラ号の襲撃事件に関して欠席裁判に掛けられていた4人のイスラエル将校に対する訴訟を取り下げた。       『BBC』及びイスラエルのメディアによると、トルコ人犠牲者の家族の弁護士であったグルデン・ソメズは昨日(金曜日)の晩、イスタンブールでの非公開公聴会の後ツイッター上で将校4人に対する逮捕令状が却下され 全文をよむ

2016-12-10 レバノン:4名をダーイシュへの参加で告発 (al-Hayat紙)

■レバノン:4名をダーイシュへの加入で告発      【ベイルート:本紙】      昨日、レバノンの軍事裁判所の検察官サクル・サクルは、北部で数日前に逮捕された国内治安諸勢力の情報部に属する4名(うち2名はレバノン人、2名はシリア人)をダーイシュに加わった容疑で告訴した。治安細胞形成の準備と、治安勢力の拠点や公共建築物付近の屯所の爆破や自爆作戦が目的だったという。      治安維持のため軍部は予防措置の一環として手配犯と武器の捜索のためにベッカーにあるシリア人難民キャンプを強制捜査した。軍部 全文をよむ

2016-12-10 イラク:人民動員隊がモスル西部テル・アブタを制圧 (al-Hayat紙)

■ダーイシュは戦闘員の家族をモスルからアンバールへと移動させる   【バグダード:本紙】   「人民動員隊」(イランのシーア派民兵)は、モスル西部のテル・アブタ制圧を発表した。同地区は「モスルにおける軍事的解決のカギ」であるタルアファルへの到達を容易にする戦略上の要地である。一方、同市東部に駐留するイラク軍は28の地域を制圧し作戦の第一段階を完了したと発表した。「ダーイシュ」構成員はアーナ、ラーワ、カーイムの住民や将校の住居を占有した後、自派の家族をアンバールにある占拠地域へと移送し始めた。   全文をよむ

2016-12-10 シリア:国連OHCHR報道官「政府支配地域に逃れた男性数百人の消息が不明だが、彼らが民間人かどうかは明らかではない」「反体制派はアレッポ市東部から脱出しようとした民間人多数を拉致・殺害」 (その他紙)

【反体制武装集団支配下のアレッポ市南東部から住民4,000人以上がシリア政府支配地域に脱出(2016年12月9日) #シリア】アレッポ県では、SANA(12月9日付)によると、シリア軍のアレッポ市南東部への攻撃中止を受け、反体制武装集団支配下の同地(スッカリー地区、フィルドゥース地区、サラーフッディーン地区)から住民4,000人以上が脱出し、シ ... http://syriaarabspring.info/?p=33348       【シリア軍はフィキーア村(ダルアー県)総攻撃を前に住民に退 全文をよむ

2016-12-09 シリア:アサド大統領「アレッポ解放は戦争の終わりを意味しない…。テロリストを殲滅するまで戦争を続ける」 (その他紙)

■アサド大統領「アレッポ解放は戦争の終わりを意味しない…。テロリストを殲滅するまで戦争を続ける」(2016年12月8日) #シリア アサド大統領はシリアの民間日刊紙『ワタン』(12月8日付)のインタビューに応じた。 大統領が国内メディアのインタビューに応じるのは異例で、インタビューは全文掲載ではなく、発言の要旨を解説するかたち( ... http://syriaarabspring.info/?p=33302       ■シリア軍はアレッポ市南東部のシャイフ・サイード地区内の複数カ所を新たに制 全文をよむ

2016-12-09 イラク:イラク軍がカーイム市へ空爆したことを認める (al-Hayat紙)

■イラク軍が「ユーフラテス州の中心部」への攻撃を認める      【バグダッド:本紙】      「(「イスラーム国」の)ユーフラテス州の中心部」とされるイラクのカーイム市に対するイラク軍の空爆は、議会内で非難や政府への責任押しつけなどの反応を引き起こした。この空爆によって数十人が死傷した。カーイム市はシリアとの国境付近(バグダッドから西へ500km)に位置する。イラク軍は自軍の戦闘機が空爆を行ったことを認めた。しかし民間人を標的にしたことは否定し、「ダーイシュ」の複数の拠点を破壊し複数名の司令 全文をよむ

2016-12-08 シリア:反体制派はトルコでのロシア軍との停戦協議で、アレッポ市東部からの負傷者、住民退去のための5日間の戦闘停止を骨子とするロシア側の「人道イニシアチブ」を受諾 (その他紙)

■シリア軍は反体制武装集団支配下のアレッポ市旧市街を完全制圧(2016年12月7日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市南東部で籠城を続ける反体制武装集団がアレッポ城南部に拡がる旧市街から撤退し、シリア軍が同地を制圧した。 シリア軍と親政権武装勢力はアレッポ城南西部に位置するバーブ・ナイ ... http://syriaarabspring.info/?p=33267       ■反体制派はトルコでのロシア軍との停戦協議で、負傷者、住民退去のための5日間の戦闘停止を 全文をよむ

2016-12-08 GCC:イランの湾岸地域への干渉を非難 (al-Hayat紙)

■湾岸協力会議首脳会談、イランの湾岸地域への干渉を非難      【ドバイ、マナーマ:本紙、AFP】      今日(7日水曜日)、マナーマで開かれた湾岸協力会議(GCC)首脳会談はイランによる湾岸地域への内政干渉を非難した。      GCC最高評議会は声明において、イランがバーレーンを含む湾岸諸国の内政に干渉し続けていることについて強い非難を表明した。イランの内政干渉は、テロ支援、テロリスト教練、武器や爆発物の密輸、宗派抗争の扇動、様々なレベルでの治安、秩序、安定を揺るがす言説を繰り返すこと 全文をよむ

2016-12-07 シリア:アレッポ市東部の戦況を堪能な英語でツイートしていた7歳の少女バナーちゃんが自宅を引き払い、家族とともにより安全な場所へ (その他紙)

【シリア軍は反体制派支配下のアレッポ市南東部の中心に位置するシャッアール地区を制圧か?(2016年12月6日) #シリア】アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市南東部の中心に位置するシャッアール地区でシリア軍、親政権武装勢力がシャッアール地区で激しく交戦した。 シリア軍はまた、アグユール地区、フィルドゥース地区、スッカリー地区 ... http://syriaarabspring.info/?p=33235       【反体制派はアレッポ市郊外のナイラブ・パレスチナ難民キャンプに 全文をよむ

2016-12-07 パレスチナ:パレスチナ青年を殺害したイスラエル兵士に無罪判決 (al-Quds al-Arabi紙)

■パレスチナ青年を射殺したイスラエル兵士に「無罪判決」が下る可能性は濃厚      【ラーマッラー:本紙】      イスラエル兵士ベン・ディリー側の弁護士ジオン・アミール氏によると、ディリー氏は検察と自身の過失だけを認める司法取引を行うだろうと発表した。ディリー氏は2014年にベツニアの分離壁で発生したデモの最中にパレスチナ人青年ナディーム・ナワーラを殺害した容疑で訴追された。      アミール氏とイスラエル兵士を弁護する組織HNNOによると、イスラエルは兵士に対する殺害の嫌疑と彼が意図的に 全文をよむ

2016-12-07 イラク:ムサンナー砂漠にて、湾岸人ら逮捕 (al-Quds al-Arabi紙)

■イラク:イラクの「ムサンナー」砂漠にて、通信機器と撮影機を所持していた湾岸人らを逮捕      【ムサンナー:本紙】      イラク南部ムサンナー県の治安当局は、同県の砂漠地帯においてイラク人ガイドを伴った3人のアラブ国籍者を逮捕したと発表した。逮捕された3人は、複数の車両と新型の通信機器および撮影機を所持していた。      ムサンナー県知事のファーリフ・ズィヤーディー氏は声明において次のように述べた。「治安諜報機関は月曜(5日)、ムサンナー砂漠地帯においてイラク人ガイドを伴った3人のアラ 全文をよむ

2016-12-06 シリア:反体制派はシリア軍によって制圧されていたアレッポ市東部の複数の街区を奪還する一方、ロシアの移動式病院を砲撃し、ロシア人医師2人を殺害(2016年12月5日) (その他紙)

■米主導の有志連合は2~4日の3日間にシリア領内で22回の空爆を実施(2016年12月5日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、12月2~4日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 12月2日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して4回の空爆を実施 ... http://syriaarabspring.info/?p=33207       ■反体制派がシリア政府支配下のアレッポ市西部に開設されていたロシアの移動式病院を 全文をよむ

2016-12-05 シリア:ロシア軍とアレッポ・ファトフ軍作戦司令室の停戦交渉を仲介するトルコはアレッポ市東部での戦闘停止の見返りとしてバーブ市確保をめざす (その他紙)

■シリア軍はアレッポ市南東部のカラム・マイサル地区、カラム・タッハーン地区、カーディー・アスカル交差点一帯、ハーフーズ交差点一帯を新たに制圧(2016年12月4日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市南東部のカラム・マイサル地区一帯、ジャズマーティー地区一帯、カラム・トゥッラーブ地区一帯、バーブ街道地区一帯など、シリア政府が3日に奪還した地域一帯で、シリア軍、親政権 ... http://syriaarabspring.info/?p=33186       ■ロシア 全文をよむ

2016-12-05 レバノン:ヒズブッラーがファイルーズの歌の放送を禁止 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒズブッラーがレバノン大学構内でファイルーズの歌の放送を禁じたことから激しい怒り   ■レバノンのアイデンティティと伝統に反する命令の実施の企てへの広範な抗議      【ベイルート:サアド・ヤース】      SNSは短時間で非難と否認の声で騒然となった。ヒズブッラーの教育部門が、レバノン大学工学部の構内でファイルーズの歌を放送することを禁じたからだ。工学部キャンパスは〔ベイルート〕南部郊外のハダス地区にある。禁止の理由は、歌を聞かない人もいるから、というものであった。      これは、学 全文をよむ

2016-12-05 エルサレム:イスラエルがアル=アクサーモスクの開放時間を延長 (al-Hayat紙)

■イスラエルがアル=アクサーモスクへの「侵入時間」を延長      【ドバイ:本紙】      パレスチナ公式メディアによれば、エルサレムとパレスチナの諸団体は、イスラエルの占領当局による入植者と外国人観光客のためにアクサーモスクの午前中の開放時間を延ばすという決定を警告した。      その決定によると、開放は占領地エルサレムの現地時間午前7時30分から11時までとなるという。      この決定は、公式統計が先月(11月)中1256人の入植者が同モスクに「侵入」したと示したことを受けてのもの 全文をよむ

2016-12-04 シリア:シリア反政府派とロシアとの交渉 (al-Hayat紙)

■ダマスカス近郊での「妥協案」の実施と、イドリブへの武器や民間人の移送      【ロンドン:本紙】      シリア反体制派の情報筋によると昨日、アレッポにおいてロシア高官と反体制派諸勢力の代表者との間で交渉が行われたという。交渉に併せてロシア軍は、ダマスカス近郊で武装勢力や民間人のイドリブへの移送を含めた「和解策」を遂行した。反体制派のネットワークである『スマート』は昨日、トルコの後援を受ける武装勢力の代表とロシアとの間のアンカラでの会合で「アレッポ東部地区の今後に関する措置について合意はさ 全文をよむ

2016-12-04 シリア:軍武装部隊総司令部はシリア軍によって解放されたアレッポ市北東部の住民に帰宅を呼びかける (その他紙)

■シリア政府は反体制武装集団の支配下にあったアレッポ市東部の60%を解放(2016年12月3日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、親政権武装勢力がアレッポ市南東部の東端に位置するバーブ街道地区一帯などを制圧、11月下旬まで反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)の支配下にあったアレッポ市東 ... http://syriaarabspring.info/?p=33154       ■シリア軍武装部隊総司令部はシリア軍によって解放されたアレッポ市北東部の住民 全文をよむ

2016-12-03 シリア:ロシアと反体制派がトルコの仲介でアレッポ市南東部での停戦を協議する一方、反体制派はアレッポ市各所を空爆し、15人以上を殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は12月1日にシリア領内で5回の空爆を実施(2016年12月2日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、12月1日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して8回の空爆を実施、このうちシリア領内 ... http://syriaarabspring.info/?p=33125       ■シリア軍は反体制武装集団支配下のアレッポ市南東部東端のフルワーニーヤ地区、ジャズマーテ 全文をよむ

2016-12-02 シリア:民間人保護のため関係当事者との交渉を担当する「アレッポ委員会」なる組織が声明で、シリア政府と停戦交渉を行っているとの情報を否定 (その他紙)

【米主導の有志連合は11月30日にシリア領内で5回の空爆を実施(2016年12月1日) #シリア】米中央軍(CENTCOM)は、11月30日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して5回の空爆を実施、このうちシリア領 ... http://syriaarabspring.info/?p=33092       【シリア軍によって制圧されたアレッポ市北東部マサーキン・ハナーヌー地区への住民の帰宅が 全文をよむ

2016-12-02 シリア:ロシアとトルコが「説明」を交換 (al-Hayat紙)

■シリアに関してロシアとトルコが「説明」を交換。      【ベイルート:本紙】      ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は木曜日、ロシア軍あるいはシリア軍が4人のトルコ人兵士が死亡に至った攻撃をバーブ市付近で先週実施したことを否定した。これと時同じくして、エルドアン首相は「暴君」バッシャール・アサドを打倒する決意があるとの以前の発表に反して、シリアにおけるトルコの軍事作戦はテロリスト組織のみを標的としていると強調した。      またラブロフ外相はトルコでのチャブシオール外相との会談後に行われ 全文をよむ

2016-12-01 シリア:シリア人権監視団はシリア軍がアレッポ市東部から脱出した数百人と逮捕したと発表、AMCもシリア政府が脱出した若者の収容キャンプを設置したと主張 (その他紙)

【米主導の有志連合は11月29日にシリア領内で5回の空爆を実施(2016年11月30日) #シリア】米中央軍(CENTCOM)は、11月29日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して13回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=33058       【シリア軍は反体制武装集団との戦闘の末、アレッポ市南東部南端のシャイフ・サイード地区 全文をよむ

2016-12-01 シリア:イスラエルがダマスカス郊外を空爆 (al-Hayat紙)

■イスラエルがダマスカス郊外を空爆      【ダマスカス、ロンドン:本紙、AFP】      シリア国営通信(SANA)が、軍消息筋の話として伝えたところによると、イスラエルの戦闘機が水曜日未明、ダマスカス郊外にミサイル2発を発射したが、この攻撃による負傷者はなかった。また、同消息筋によると「敵国イスラエルの戦闘機は本日未明、レバノン領空からミサイル2発を発射し、それらはダマスカス西部郊外サッブーラ地区に着弾した。この攻撃による負傷者はなかった」。      SANAによると、同消息筋は「空爆 全文をよむ

2016-11-30 シリア:シリア・ロシア両軍が反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)支配下のアレッポ市南東部進軍に向けて激しい空爆・砲撃を実施 (その他紙)

【米主導の有志連合は11月28日にシリア領内で12回の空爆を実施(2016年11月29日) #シリア】米中央軍(CENTCOM)は、11月28日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して21回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=33019       【米空軍中央司令部は9月17日のダイル・ザウル市近郊でのシリア軍に対する有志連合の 全文をよむ

2016-11-30 パレスチナ:アラブ首長国連邦の記念式典への招待が撤回される (al-Quds al-Arabi紙)

■在スウェーデン・アラブ首長国連邦大使館が同国建国記念式典へのパレスチナ大使の招待を撤回      【ストックホルム:本紙】      スウェーデンの首都ストックホルムのパレスチナ情報筋は、在スウェーデン・アラブ首長国連邦大使館が明日木曜〔12月1日〕に開かれるアラブ首長国連邦の建国記念式典への在スウェーデン・パレスチナ大使ハーラ・フスニー・ファリーズ氏の招待を撤回する非礼を行ったことを、困惑をもって伝えた。スウェーデンの首都における信頼できる消息筋によれば、在スウェーデン・アラブ首長国連邦大使 全文をよむ

2016-11-29 シリア:反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)はシリア軍、シリア民主軍の攻勢を前にアレッポ市東部の北側半分を完全に喪失 (その他紙)

【アレッポ市北西部のヌッブル市、ザフラー町、アッザーン山のイラン革命防衛隊基地を何者かが爆撃、ロシアは誤爆を否定(2016年11月27日) #シリア】アレッポ県では、ARA News(11月27日付)によると、ロシア軍と思われる戦闘機が、シリア政府支配下のザフラー町を誤爆し、住民複数人が死傷した。 ヌッブル・ザフラー・ニュース抵抗ネットワーク(11月28日付)によると …http://syriaarabspring.info/?p=32989       【米主導の有志連合は23~27日にかけて 全文をよむ

2016-11-29 イラク:モスルの貧困世帯に人道危機 (al-Hayat紙)

■モスルにおける人道危機への国際的な警告      【バグダード:ロイター】      国連は本日(火曜日)、モスルの最貧世帯が食べ物を確保するために困難に直面していることを示す指標があることを明らかにした。これは、イラクにおける「イスラーム国」(ダーイシュ)の支配下にあるモスル市に対してアメリカが支援する攻撃の結果、食糧価格が高騰したことによる。      イラクにおける国連人道問題コーディネーターのリズ・グランド氏は、以下のように述べた。「貧しい世帯が食卓に十分な食糧を用意できないという困難 全文をよむ

2016-11-28 シリア:シリア軍とシリア民主軍がアレッポ市東部の反体制武装集団を挟撃するなか、シリア政府、ロジャヴァ支配下のアレッポ市西部への住民の脱出が続く (その他紙)

■シリア軍とYPG主導のシリア民主軍はアレッポ市東部の回廊地帯(サーフール地区)を挟撃し、ジャバル・バドルー地区、ハラク地区、ブスターン・バーシャー地区を制圧(2016年11月27日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍は反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)が籠城を続けるアレッポ市東部を南北で分断すべく、サーフール地区に進軍した。 SANA(11月27日付)によると、シリア軍 ... http://syriaarabspring.info/?p=32966 全文をよむ

2016-11-28 イラン:ハーメネイーが経済制裁の延長を批判 (al-Hayat紙)

■ハーメネイー:アメリカの制裁延長は制裁の決定段階よりも一層危険だ      【テヘラン:ムハンマド・サーリフ・サダギヤーン】      イラン「イスラーム共和国」の指導者アリー・ハーメネイー氏は、合衆国による対イラン経済制裁の延長は、核合意に達した後に出てきたものであることから、制裁を宣言した時期よりも「一層危険」な段階にあるとの見解を示した。このことは、アメリカの下院議会が、イランの石油関係企業との取引を禁じる「ダマト」法を延長する手続きをとったことを指している。〔訳注:ダマト法は、1996 全文をよむ

2016-11-27 シリア:シリア軍によるアレッポ市東部マサーキン・ハナーヌー地区制圧を受け、反体制武装集団が「人間の盾」として利用してきた住民数十人がシリア政府支配下のアレッポ市西部に脱出 (その他紙)

■シリア軍がアレッポ市東部のマサーキン・ハナーヌー地区を完全制圧し、反体制武装集団への挟撃を強化(2016年11月26日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が親政権武装集団の支援を受け、反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)支配下のアレッポ市東部のマサーキン・ハナーヌー地区の大部分を制圧した。 また、SANA(11 ... http://syriaarabspring.info/?p=32944       ■アレッポ市東部で反体制武装集団が「人間の盾」とし 全文をよむ

2016-11-27 次なる攻撃の標的となったバルカン (al-Hayat紙)

■危険に脅かされつつあるヨーロッパの地図: 次なる攻撃の標的となったバルカン諸国      【国際: ムハンマド・エム・アルノー】      11月16日、アルバニアとシリアにいる「イスラーム国」構成員間の連絡組織をコソボ警察が逮捕したと発表した。同組織は11月12日土曜日にアルバニア中心部で開催されたアルバニア対イスラエルのワールドカップ予選に対してテロ活動を画策していたという。イギリスの『Daily Mail』紙は各国の治安と社会の暴力の度合いに基づいて色分けされた新しい世界地図を発行したが 全文をよむ

2016-11-26 シリア:シリア軍、シリア民主軍がアレッポ市北東部の25カ村・農場、120平方キロの地域をダーイシュから奪取 (その他紙)

■シリア軍、YPG主導のシリア民主軍がアレッポ市北東部の25カ村・農場、120平方キロの地域をダーイシュから奪取(2016年11月25日) #シリア アレッポ県では、SANA(11月25日付)によると、歩兵士官学校(殉教者ユースフ・ジャーディル学校)一帯に展開するシリア軍および予備部隊、同盟部隊が、アレッポ市北東部に進軍し、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、タッ ... http://syriaarabspring.info/?p=32935       ■シリア軍が反体制武装集団支配下の 全文をよむ

2016-11-25 イラク:大勢の避難民はアンバールに戻っている (al-Hayat紙)

■イラク:大勢の避難民はアンバールに帰還   【バグダード:ジャウダト・カーディム】      イラク政府はモスルからの避難民の数が今後倍増すると予想した。イラクにいる国際移住機関調査団長のワイス・トーマス氏はアンバール県が解放された県の中で最も帰還の動きが活発あるとの旨を発表した。またイラクのマフディー・イラーキ首相は、国際赤十字委員会のプロジェクトリーダーのドミニク・シュティルハルト氏と使節団を歓迎した後、声明の中で「イラク政府は状況を把握しており、多くの難民による戦場から旧市街までの移動に 全文をよむ

2016-11-25 シリア:アレッポ県バーブ市北部に侵攻中のトルコ軍をシリア軍が爆撃し、兵士3人を殺害 (その他紙)

■反体制武装集団が籠城を続けるアレッポ市東部各所に対するシリア軍の空爆・砲撃続く(2016年11月24日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍戦闘機、ヘリコプター、砲兵部隊が、反体制武装集団の支配下にあるアレッポ市東部各所を激しく空爆・砲撃した。 攻撃は、ダフラト・アウワード地区、シャッアール地区、バーブ・ナイ ... http://syriaarabspring.info/?p=32901       ■反体制武装集団が籠城を続けるアレッポ市東部の住民約40人がロジャ 全文をよむ

2016-11-24 シリア:反体制武装集団が籠城を続けるアレッポ市東部での戦闘にYPGも参戦 (その他紙)

■米国防総省はイドリブ県での空爆でアル=カーイダ幹部を殺害したと発表(2016年11月22日) #シリア 米国防総省のピーター・クック報道官は声明を出し、米軍無人航空機が18日、イドリブ県サルマダー市を空爆し、アル=カーイダの幹部の一人でエジプト人のアブー・アフガーン・ミスリー氏を殺害したと発表した。http://syriaarabspring.info/?p=32866       ■米主導の有志連合は11月22日にシリア領内で11回の空爆を実施(2016年11月23日) #シリア 米中央軍( 全文をよむ

2016-11-24 イラク:モスルからの避難民の数は7万1000人に増加 (al-Hayat紙)

■モスルからの避難民の数は7万1000人に増加      【バグダード:本紙】      イラク移民省は、ダーイシュ(イスラーム国)からモスルを奪還するための作戦が開始されて1か月以上が経過し、同都市や隣接する地域からの避難民の数が7万1000人に増加したと発表した。一方、ニーナワー県の国民議会議員は、暴力が理由で逃走、ないしは強制移住させられた人への支援をめぐる問題で、避難民に関わる地元の人権団体が不正を働いていると告発した。      アンバール県議会は、テロリストの支配下にある地域から、数 全文をよむ

2016-11-24 フランス:アレッポの情勢を受け、パリで会議 (al-Hayat紙)

■「アレッポの惨事」をうけてパリで閣僚会議が開かれる      【パリ:ランダ・タキッディーン】      フランスのジャン・マルク・エロー外務大臣は昨日、「アレッポの情勢が惨事である」とし、シリアで起きていることに関して共通のビジョンを持つ10ヶ国の外務大臣による会議の組織に乗り出したことを明らかにした。エロー外務大臣は、パリでの招集が予定される本会議の日程を公表しなかったが、ある責任筋は、会議は翌12月7日に予定されていると述べた。      パリにある主要な海外新聞社が招待を受け、『ハヤー 全文をよむ

2016-11-24 シリア反体制派がアレッポでの支援施策に合意 (al-Hayat紙)

■国連:反体制派がアレッポでの支援計画に合意      【ジュネーブ:ロイター】      国連の人道問題担当アドバイザーのジャン・イーグランド氏は木曜日、包囲下にあるアレッポ東部のシリア反体制派が支援物資輸送と負傷者の退避にかかる国際機関の計画に同意したものの、ロシアとシリア政府からの許可を待っていると述べた。      厳しい寒さの冬が始まったが、現在、アレッポ東部では27万5千人がシリア政府の包囲網下にある。最期にこの地域で国連の食料配給が行われたのは11月13日のことだ。      全文をよむ

2016-11-23 シリア:シリア軍の攻勢が続くなか、アレッポ市東部で籠城を続ける反体制派は、ロジャヴァ支配下のシャイム・マクスード地区への住民の避難を阻止するため人道回廊を砲撃 (その他紙)

■シリア軍が攻勢を続けてきたハーン・シャイフ・キャンプ(ダマスカス郊外県)で反体制武装集団退去を協議するための停戦が発効(2016年11月20日) #シリア ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(11月22日付)によると、シリア軍が攻勢を続けてきたハーン・シャイフ・キャンプで、シリア軍と反体制武装集団の停戦が発効した。 シリア政府側は停戦期間中、反体制武装集団の同地か …http://syriaarabspring.info/?p=32829       ■米主導の有志連合は11月21日 全文をよむ

2016-11-23 シリア:人民動員軍、ダーイシュを追跡 (al-Hayat紙)

■人民動員軍、シリア領内でのダーイシュ追跡を計画      【ニーナワー:バーシム・フランシス】      人民動員軍はモスル西部タルアファル郊外にある重要地点を掌握した。またシリア内でのダーイシュ追跡はイラクとシリア両政府を通した調整次第になるだろうと明らかにした。一方、クルド人高官はダーイシュの指導者アブー・バクル・バグダーディーが自身の動向を秘密裏にするために多くの側近の処刑を命じたと強調した。      タルアファルはイラクのニーナワー県とシリアの間に160㎞以上にまたがって位置しており 全文をよむ

2016-11-23 ベイルート:アウン大統領とファイサル知事の会合 (al-Hayat紙)

■カタール外務相はベイルート今日入り、ファイサル知事はアウン大統領の言葉に大変安堵   【ベイルート:本紙】   サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王の特別顧問兼マッカ州知事のハーリドゥ・ファイサル氏がベイルートを訪問してから48時間たたないうちに、今日、カタール外務大臣ムハンマド・ビン・アブドゥッラフマン・アール・サーニー氏がレバノン高官らとの会合を実施するために、レバノンに到着する。今回、カタール外務大臣はミシェル・アウン大統領、ナビーフ・ビッリー下院議長、タンマーム・サラーム暫定政府 全文をよむ

2016-11-22 シリア:米主導の有志連合がラッカ市北部での空爆で民間人9人を殺害、トルコ軍がダーイシュの拠点バーブ市近郊でシリア民主軍と交戦するハワール・キッリス作戦司令室を航空支援し、民間人7人を殺害 (その他紙)

【米主導の有志連合は18~20日にラッカ市北部、アイン・イーサー市一帯を中心に68回の空爆を実施(2016年11月21日) #シリア】有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、11月18~20日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 11月18日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して27回の空 ... http://syriaarabspring.info/?p=32805       【シリア軍は反体制武装集団が籠城するアレッポ市東部 全文をよむ

2016-11-21 シリア:アレッポ市東部で籠城する反体制派は、アレッポ市西部の学校を砲撃し子供8人を殺害する一方、シリア軍による塩素ガス攻撃で子供4人が死亡したと主張 (その他紙)

■ダーイシュはダイル・ザウル市上空でシリア軍の貨物航空機を撃墜(2016年11月19日) #シリア ダイル・ザウル県では、ARA News(11月20日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)はダイル・ザウル市上空でシリア空軍所属の貨物航空機を撃墜した。http://syriaarabspring.info/?p=32779       ■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は、反体制派が籠城を続けるアレッポ市東部の自治を提案するも、シリア政府は「テロリストへの報償」と反論、これを全面拒否( 全文をよむ

2016-11-21 フランス:大統領選挙候補者選びでフィヨンが一歩リード (al-Hayat紙)

■フランス中道右派の第一回投票にて、フィヨンがサルコジとジョペを「出し抜く」      【パリ:アルリート・フーリー】      来年5月に行われるフランスの大統領選挙のための中道・右派共和党の候補者を選ぶ第1回投票は、動員ムードと激しい競争に覆われ、フランソワ・フィヨン元首相の支持率の急激な上昇という結果をもたらした。      前回の大統領選挙の決選投票でフランソワ・オランド〔現〕大統領の前にサルコジが敗北した直後から生じた諸派閥間の駆け引きが余儀なくされる中、共和党候補者の予備選挙には7人 全文をよむ

2016-11-20 シリア:軍がアル=カーイダ系組織主導の反体制派支配下のアレッポ市東部に過去最大規模の攻撃を行い、30人以上が死亡 (その他紙)

■シリア軍がハーン・シャイフ・キャンプ(ダマスカス郊外県)反体制武装集団への攻勢を続ける(2016年11月19日) #シリア ダマスカス郊外県では、SANA(11月19日付)によると、シリア軍がハーン・シャイフ・キャンプで反体制武装集団と交戦の末、複数の建物群を制圧した。 シリア軍はまたダルーシャー村の農場地帯で反体制武装集団を攻撃した。 ** ... http://syriaarabspring.info/?p=32765       ■シリア軍がアル=カーイダ系組織主導の反体制派支配下のアレ 全文をよむ

2016-11-19 シリア:シリア軍がアレッポ市東部および郊外一帯の反体制派への攻撃を激化させるなか、米主導の有志連合もアレッポ県北部での空爆で反体制派のエジプト人幹部を殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月17日にシリア領内で28回の空爆を実施(2016年11月18日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、11月17日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=32743       ■アレッポ市東部および同市郊外一帯の反体制武装集団支配地域をシリア軍が激しく空爆し 全文をよむ

2016-11-19 イラク:クルド政党同士で非難の応酬 (al-Hayat紙)

■クルド地域の政党同士が同地域の状況悪化の責任を巡って非難の応酬      【スレイマニヤ:本紙】      クルディスタン民主党(KDP)とゴラン党の間で政治的危機が拡大した。これまでに政府が閣僚4人を解任し、さらにKDPがデモを扇動しているとゴラン党を非難したのを機に、クルディスタン民族議会議長兼ゴラン党員ユーセフ・ムハンマドにイルビル入りを禁止したのを受けてのことだ。一方、昨日イラクのクルディスタン地域第2の都市であるスレイマニヤでは教師、ペシュメルガの治安要員および市民社会組織の活動家た 全文をよむ

2016-11-18 シリア:アサド大統領「半信半疑ではあるが、トランプ氏がテロリストと真剣に戦うのなら同盟者だ」 (その他紙)

■アサド大統領「半信半疑ではあるが、トランプ氏がテロリストと真剣に戦うのなら同盟者だ」(2016年11月15日) #シリア アサド大統領はポルトガルのRTP TVのインタビューに応じた。インタビューは英語で行われ、大統領府がユーチューブを通じて映像を公開、SANAが全文とアラビア語全訳を掲載した。: …http://syriaarabspring.info/?p=32715       ■米主導の有志連合は11月16日にシリア領内で18回の空爆を実施(2016年11月17日) #シリア 米中央軍 全文をよむ

2016-11-17 シリア:ロシア・シリア両軍が、アル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線主導の反体制派支配下のアレッポ市東部、イドリブ県への攻撃を激化 (その他紙)

■国連総会第3委員会は、サウジアラビアなどのイニシアチブのもとシリア政府による化学兵器使用、民間人攻撃の停止を求める決議を可決(2016年11月15日) #シリア 国連総会第3委員会は、北朝鮮、シリア、イラン、クリミアの人権状況に関する4つの決議案を含む5つの決議案を賛成多数で可決した。 シリアの人権状況に関する決議は、シリア政府とダーイシュ(イスラーム国)による化学兵器使用の停止 ... http://syriaarabspring.info/?p=32693       ■米主導の有志連合は 全文をよむ

2016-11-17 イラク軍のモースル中心部への侵攻は間近 (al-Hayat紙)

2016年11月17日付 al-Hayat紙      ■イラク軍のモースル中心部への侵攻間近      【ニネヴァ発:バースィム・フランスィース】      イラク人民合同軍は、モースル西側の要衝へと大きく進軍した後にタッル・アファル空港を攻略したと発表した。またテロ掃討軍は、同市中心部への突入が間近であることを明らかにした。一方、軍がこの二週間に奪還したいくつかの地区へは、治安がほぼ回復したのを受けて人道支援の第一陣が送り込まれた。   軍合同司令部は、一昨日、攻撃地域に民間人がいるこ 全文をよむ

2016-11-16 シリア:シリア軍はロシア海軍によるシリア領内での対テロ作戦開始に合わせ、反体制派が籠城を続けるアレッポ市東部に対する空爆を再開 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月14日にシリア領内で20回の空爆を実施(2016年11月15日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、11月14日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=32664       ■シリア軍はロシア海軍によるシリア領内での対テロ作戦開始に合わせ、反体制派が籠城を 全文をよむ

2016-11-15 シリア:トルコ軍の全面支援を受けYPG主導のシリア民主軍、ダーイシュと戦う反体制武装集団どうしがアレッポ県北部の戦略的要衝アアザーズ市で交戦 (その他紙)

■米主導の有志連合は11~13日にシリア領内でラッカ市北部を中心に31回の空爆を実施(2016年11月14日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、11月11~13日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 11月11日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して23回の空 ... http://syriaarabspring.info/?p=32628       ■シリア・ロシア両軍は、アル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦 全文をよむ

2016-11-15 パレスチナ:アザーンの音量を制限するイスラエルの法案をパレスチナ人が非難 (al-Hayat紙)

■アザーンの音量を制限するイスラエルの法案をパレスチナ人が非難      【ナザレ発:アスアド・ティルハミー】      アラブ人の議員たちが「アザーンを黙らせる」法案と呼んでいる「礼拝所騒音抑制」法案をイスラエル国会が可決したことに対し、パレスチナ人たちが一斉に抗議の声をあげた。パレスチナ人たちは「アラブ人市民に関する一連の差別的法律の一部である」として、同法を拒否する宣言を発した。一方イスラエル国会が最終的にその法案を可決した直後に、大衆的抗議活動を呼びかける多くの声が発せられ、そこには、ア 全文をよむ

2016-11-14 シリア:トルコ軍の空爆によると思われる爆発が西クルディスタン移行期民政局税関局の検問所(アフリーン市近郊)で発生する一方、アフリーン市中心街で爆破テロ発生、合わせて20人弱が死亡 (その他紙)

■シリア軍は反体制派との戦闘の末、ダマスカス郊外県ハーン・シャイフ・キャンプの廃墟と畜産農場を制圧(2016年11月13日) #シリア ダマスカス郊外県では、SANA(11月13日付)によると、シリア軍がハーン・シャイフ・キャンプ一帯で反体制武装集団に対して総攻撃を行い、同キャンプの廃墟と東部の畜産農場を制圧した。 一方、シリア人権監視団によると、ハーン ... http://syriaarabspring.info/?p=32606       ■ロシア・シリア両軍がアレッポ市郊外への空爆を激 全文をよむ

2016-11-13 シリア:シリア軍はアレッポ市西部のダーヒヤト・アサド地区の治安と安定を回復するとともに、また同地に近いダンボール工場、オフィス街一帯をファトフ軍との戦闘の末に完全制圧 (その他紙)

■シリア軍はアレッポ市西部のダーヒヤト・アサド地区の治安と安定を回復するとともに、また同地に近いダンボール工場、オフィス街一帯をファトフ軍との戦闘の末に完全制圧(2016年11月12日) #シリア アレッポ県では、SANA(11月12日付)、シリア人権監視団、クッルナー・シュラカー(11月12日付)によると、シリア軍が予備防衛部隊とともに、アレッポ市南西部一帯でファトフ軍と交戦し、ダーヒヤト・アサド地区の治安と安定 ... http://syriaarabspring.info/?p=32588 全文をよむ

2016-11-13 シリア:トランプ次期アメリカ大統領の対シリア政策 (al-Hayat紙)

■トランプはアサドと休戦、ロシアを避ける      【ワシントン:ジョイス・クラム】      アメリカ次期大統領ドナルド・トランプ氏は、テロ組織「イスラーム国」撲滅のためシリアのバッシャール・アサド大統領との休戦交渉及びシリアにおけるロシアの敬遠を含む今後モデルとなる外交政策の様相を決定した。トランプ氏は16人(女性4人、男性12人)からなる移行チームの準備を続けている。トランプ氏はここ数ヶ月この準備を率いてきたニュージャージー州知事クリス・クリスティーに代わりマイク・ペンス次期副大統領をチー 全文をよむ

2016-11-12 シリア:米主導の有志連合所属と思われる無人戦闘機がイドリブ県ジスル・シュグール市郊外にある避難民キャンプを空爆し、女性1人が死亡 (その他紙)

■米中央軍は過去1年間でのシリア、イラク領内での空爆で民間人64人を殺害したことを認める(2016年11月9日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、過去1年間でのシリア、イラク領内でのダーイシュ(イスラーム国)に対する有志連合の空爆で、民間人64人が死亡、8人が負傷したことを確認したと発表した。 このうちシリア領内で民間人が犠牲となった …http://syriaarabspring.info/?p=32565       ■米主導の有志連合は9、10日にシリア領内で31回の空爆を実施(2 全文をよむ

2016-11-11 シリア:シャーム・ファトフ戦線主導の反体制派を実質統括するサウジアラビア人のムハイスィニー氏は米大統領選挙でのトランプ氏の勝利を「スンナ派の勝利に向けた第一歩」と絶賛 (その他紙)

■シリア・ロシア両軍はヨルダンとの国境に面するナスィーブ国境通過所(ダルアー県)やドゥーマー市(ダマスカス郊外県)を空爆(2016年11月10日) #シリア ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(11月10日付)によると、戦闘機(所属明示せず)がヨルダン国境に面するナスィーブ国境通過所を空爆し、少なくとも10人が死亡した。 死亡したのは、ヒムス県ラスタン市から避難してきた住 ... http://syriaarabspring.info/?p=32541       ■トルコ軍は、ラッカ市解放 全文をよむ

2016-11-11 モロッコ:COP22でのイスラエル国旗掲揚に反対デモ (al-Hayat紙)

■マラケシュのCOP22でのイスラエル国旗掲揚に対し抗議デモ      【ラバト:イクバール・イルハーミー】      左派、イスラーム主義、都市層の潮流に属する人権分野の活動家が一昨日、ラバトの国会議事堂前でデモ行進を行った。これはマラケシュで開催されている国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(通称:COP22)におけるイスラエル国旗掲揚に抗議するものだ。      セッションが先週月曜日に開始されたCOP22には、気候変動枠組条約を批准しているイスラエルを含む197ヵ国が参加している。怒る 全文をよむ

2016-11-10 シリア:「反体制派」はトランプ氏の米大統領選挙での勝利に悲観的 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月8日にシリア領内で12回の空爆を実施(2016年11月9日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、11月8日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を実施、このうちシリア領 ... http://syriaarabspring.info/?p=32518       ■シリア軍がファトフ軍との戦闘の末、アレッポ市南西部校外の要衝ヒクマ学校を制圧(201 全文をよむ

2016-11-10 イスラエル:右派はトランプ氏勝利を「パレスチナ国家という構想の終わり」と歓迎 (al-Hayat紙)

■イスラエル右派は「パレスチナ国家という構想の終わり」としてトランプ氏の当選を歓迎      【ナザレ:アスアド・タルハミー】      イスラエル政府の強硬右派の大臣らは、共和党候補のドナルド・トランプ氏が合衆国大統領に当選したことに関して、ベンヤミン・ネタニヤフ大統領による声明を待たずに、彼が当選したことへの喜びと、この選挙は「パレスチナ国家という構想の終わり」であり、「アメリカ大使館をテルアビブからエルサレムへ移転する可能性」を強めるものであるとする見方を口々に述べた。しかし、政権中枢部は 全文をよむ

2016-11-10 パレスチナ:トランプ時代に懸念 (al-Hayat紙)

■トランプ時代到来に最悪の事態を懸念するパレスチナ人      【ラマッラー:ムハンマド・ユーニス】      アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏が、選挙期間中にアメリカ大使館をテルアビブから占領下のエルサレムに移転する公約や、パレスチナ人をプエルトリコなどに移住させる提案などパレスチナ人・アラブ人・イスラーム教徒に対する敵意の際立った一連の演説をした末に当選したことは、パレスチナの市井(しせい)の人々やエリートたちの間に大きな衝撃を生みだした。      しかしこれまでの経験からして、選 全文をよむ

2016-11-10 シリア:ダマスカス郊外で市民が犠牲に (al-Hayat紙)

■ダマスカス近郊への攻撃で、子供を含む11人が死亡      【ドバイ、ジュネーブ、モスクワ、アイン・イーサー(シリア)、ベイルート:本紙、AFP、ロイター】      「シリア人権監視団」によると、4人の子供を含む少なくとも11人が今日(木曜日)、戦闘部隊が支配するダマスカス東部の二つの地区への空爆の中で死亡した。      同監視団は以下のように付け加えた。ドゥーマーへの空爆により、3人の子供を含む8人の民間人が死亡した。ドゥーマーは、多くの場合政権側からの爆撃にさらされている主要な都市であ 全文をよむ

2016-11-09 シリア:シリア軍がアル=カーイダ系組織主導の反体制派との戦闘の末にアレッポ市南西部の要衝第1070集合住宅計画地区一帯を完全制圧 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月7日、YPG主導のシリア民主軍によるラッカ解放作戦を支援するかたちで、アイン・イーサー市近郊で15回の空爆を実施(2016年11月8日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、11月7日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して27回の空爆を実施、このうちシリア領 ... http://syriaarabspring.info/?p=32502       ■シリア軍 全文をよむ

2016-11-08 シリア:米主導の有志連合はYPG主導のシリア民主軍によるラッカ解放作戦(ユーフラテスの怒り)開始に合わせて、ラッカ市北部のアイン・イーサー市一帯への空爆を強化 (その他紙)

■米主導の有志連合はYPG主導のシリア民主軍によるラッカ解放作戦(ユーフラテスの怒り)開始に合わせて、ラッカ市北部のアイン・イーサー市一帯への空爆を強化(2016年11月7日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、11月4~6日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 11月4日はシリア、イラク領内のダーイシュ(ダーイシュ)拠点などに対して23回の空爆を実 ... http://syriaarabspring.info/?p=32488      全文をよむ

2016-11-08 イラク:ペシュメルガがバシーカを制圧 (al-Hayat紙)

■ 「ペシュメルガ」はバシーカ全域の制圧を発表      【バグダード、ドバイ:AFP、本紙】      クルド人情報筋が本日(11/8、火曜)確認したところによると、イラク・クルディスタン地域「ペシュメルガ」は、モスル東部の町バシーカを制圧したという。      また、ペシュメルガ省のジャッバール・ヤールー事務局長は「我々はバシーカの全域を制圧した。同部隊は政府軍の監視の下でイラク北部モスルの奪還作戦に参加しているが、単独で戦っている」と述べた。      ペシュメルガは昨日朝、有志連合の戦闘 全文をよむ

2016-11-07 シリア:YPG主導のシリア民主軍がダーイシュの「首都」ラッカ解放に向けた「ユーフラテスの怒り」作戦を始動 (その他紙)

■反体制派がダマスカス県バーブ・トゥーマー地区の私立学校を砲撃し2人を殺害する一方、シリア軍はハラスター市(ダマスカス郊外県)の幼稚園を砲撃し6人を殺害(2016年11月6日) #シリア ダマスカス県では、SANA(11月6日付)によると、イスラーム軍がバルザ区、バーブ・トゥーマー地区を砲撃し、迫撃砲1発がバーブ・トゥーマー地区の私立学校(ファーラービー学院)に着弾し、2人が死亡、24人が負傷した。 ** ... ?http://syriaarabspring.info/?p=32474     全文をよむ

2016-11-07 パレスチナ:エルサレム周辺の入植地建設の加速化 (al-Hayat紙)

■イスラエルはエルサレム併合のステップを加速させる      【ラーマッラー:本紙】      占領地エルサレムのイスラエル行政当局は先週、市の郊外に工業地帯を設置する計画を発表した。この計画において注目すべきは、この工業地帯が「グリーン・ライン」(イスラエルとヨルダン川西岸地区との間にある分離壁)の両側にまたがって位置していることである。つまりこの計画は、イスラエル側の西エルサレムと1967年以来イスラエルが占領している東エルサレムとの間の境界線を撤廃することを目的としているのだ。      全文をよむ

2016-11-06 シリア:有志連合の航空支援を受けるYPG主導のシリア民主軍がラッカ市北部でダーイシュに対する攻勢を強める (その他紙)

■ハマー県北部で反体制武装集団が反転攻勢を強め、ムハルダ市郊外の村などを制圧(2016年11月5日) #シリア ハマー県では、シリア人権監視団によると、ムハルダ市郊外のシャルユート村一帯でシリア軍と反体制武装集団(イッザ軍、ナスル軍など)が交戦、また反体制武装集団がスーラーン市、ラハーヤー村などを砲撃した。 この戦闘で、反体制武装 ... http://syriaarabspring.info/?p=32450       ■アレッポ市西部郊外でアレッポ・ファトフ軍作戦司令室を構成する「穏健な反 全文をよむ

2016-11-05 シリア:アサド大統領は「欧米諸国のテロ支援はシリア、ロシア、イランに対する消耗戦」と非難 (その他紙)

■米主導の有志連合は11月3日にシリア領内で5回の空爆を実施(2016年11月4日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、11月3日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を実施、このうちシリア領 ... http://syriaarabspring.info/?p=32434      ■シリア・ロシア両軍による「猶予停戦」のなか、反体制派が人道回廊を砲撃し、ロシア軍兵士2人 全文をよむ

2016-11-04 シリア:アル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦線が主導する反体制派がアレッポ市を砲撃し、12人が死亡、200人以上が負傷 (その他紙)

■ダーイシュのバグダーディー指導者が音声声明でサウジアラビア、トルコ、ムスリム同胞団を批判(2016年11月2日) #シリア ダーイシュ(イスラーム国)の指導者アブー・ムハンマド・バグダーディー氏によると思われる音声声明が、フルカーン広報制作機構を通じて発表された。 「これがアッラーとその使徒が約束したこと」と題された音声声明のなかで、バグダー ... http://syriaarabspring.info/?p=32411       ■米主導の有志連合は11月2日、シャーム・ファトフ戦線の拠 全文をよむ

2016-11-04 シリア:オーストラリア警察は「ヌスラ戦線」とともに戦闘を行った男と、「ダーイシュ」への加入を試みた青年を逮捕 (al-Hayat紙)

■オーストラリアは「ヌスラ戦線」とともに戦闘を行った男と、「ダーイシュ」への加入を試みた青年を逮捕      【シドニー、ロンドン:本紙、ロイター】      オーストラリア警察は昨日、シリア人過激派とともに戦闘を行った共闘したとされる男を逮捕と 、シリアでダーイシュに参加しようとした容疑により、国境付近で拘束された青年もを逮捕した。オーストラリアのマスメディアによると、逮捕された男は、2013年に訪れたシリアで、「ヌスラ戦線」の側に立って戦い、一方また青年はこれに先立って、以前2015年1月に 全文をよむ

2016-11-02 シリア:アル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線が主導する反体制派は、国連事務所が入るアレッポ市内のシャフバー・シャーム・ホテルを砲撃 (その他紙)

■米主導の有志連合は10月31日にシリア領内で2回の空爆を実施(2016年11月1日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、10月31日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して13回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=32373       ■アル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線が主導する反体制派は国連事務所が入るアレ 全文をよむ

2016-11-02 シリア:シリア・ロシア両軍は4日を最期の猶予期間に設定、反体制派のアレッポ市からの退去を呼びかける (その他紙)

■米主導の有志連合は11月1日にシリア領内での空爆を実施せず(2016年11月2日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、11月1日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して8回の空爆を実施、このうちシリア領内 ... ?http://syriaarabspring.info/?p=32394      ■シリア軍武装部隊総司令部は声明で11月4日の午前9時から午後7時までの10時間の「人道 全文をよむ

2016-11-01 シリア:トルコとロシアは米国の計画を挫き、ロジャヴァを解体することで合意か? (その他紙)

■米主導の有志連合は28~30日にシリア領内で14回の空爆を実施(2016年10月31日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月28~30日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 10月28日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して4回の空爆を実施、シリア ... http://syriaarabspring.info/?p=32342       ■シリア軍は過去3日間でシャーム・ファトフ戦線が主導する反体制派の砲撃で女性、子供 全文をよむ

2016-11-01 サウジ:フーシー派のテロに対する最高ウラマー会議の見解 (al-Hayat紙)

■最高ウラマー会議、「ダーイシュ」とフーシー派は同じ      【リヤド:本紙】      最高ウラマー会議の事務局は、警官や軍の努力を評価し「彼らは指導部の知恵と思慮深さを以て国の治安保護、警備を行っている。アッラーは待ち伏せている者達の思惑を打ち砕き、狡猾な者たちの計略にお応えになった」と強調した。また声明の中で、彼らは裏切りの矢と不義の力に反対するアッラーに見放されたのであると強調した。      さらに同事務局は「サウジアラビアを標的としているテロリストはなんであれ、同じビジョンを発信し 全文をよむ

2016-10-31 シリア:欧米諸国はアル=カーイダ主導の反体制派の砲撃による民間人の犠牲、毒ガス使用を黙殺 (その他紙)

■ロシア国防省は18日以降、ロシア・シリア両軍がアレッポ市一帯を空爆していないと改めて述べる一方、反体制派のアレッポ市に対する空爆で28日以降、子供3人を含む16人が死亡していると発表(2016年10月30日) #シリア ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は報道向け声明で、ロシア・シリア両軍が13日間にわたって(10月18日以降)、アレッポ市一帯に飛来しておらず、空爆も実施していないと改めて強調する一方、反体制武装集団によるアレ ... http://syriaarabspring.i 全文をよむ

2016-10-31 イラク:イラク軍が初めてモスルに到達 (al-Hayat紙)

■イラク軍がモスルに初めての進入を記録する      【バグダード:本紙】      昨日、イラク軍は初めてモスルに入り、次いでカラーマ地区に進行した。合同作戦指導部は「三つの環状道路からチグリス川左岸に向けて進軍を開始し、バルテラ地区に属するバズワイヤ村、トブルク村、タフラーワ村を制圧した」と強調した。対テロ部隊司令官のアブドゥル・ガニーユ・アサディー将軍は、同部隊がこれら諸村を奪還した後に前進を続け、クワジャリ村の工業地帯に入り、同村を包囲したと述べた。一方、アブドゥル・ワッハーブ・サーイデ 全文をよむ

2016-10-30 シリア:シリア軍がアレッポ市北部郊外の歩兵士官学校一帯をダーイシュから奪取か (その他紙)

■国連安保理はイドリブ県ハーッス村の学校への空爆を非難する声明を発表(2016年10月28日) #シリア 国連安保理は、10月25日のイドリブ県ハーッス村の学校への空爆を非難する報道向け声明を採択した。http://syriaarabspring.info/?p=32282       ■反体制武装集団が首都ダマスカスのロシア大使館に向かって砲撃(2016年10月28日) #シリア ダマスカス県では、ARA News(10月29日付)によると、反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発がアダウィー地区 全文をよむ

2016-10-29 シリア:アル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線の主導のもと、反体制派がシリア政府支配下のアレッポ市西部への一大攻勢を開始、その砲撃で民間人6人が死亡 (その他紙)

■米主導の有志連合は27日にシリア領内で3回の空爆を実施(2016年10月28日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、10月27日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して9回の空爆を実施、このうちシリア領 ... http://syriaarabspring.info/?p=32250       ■ロシア・イラン・シリア外相会議、「テロとの戦い」を「最後まで」続けることで合意(2016 全文をよむ

2016-10-28 シリア:反体制武装集団がシリア政府支配下のアレッポ市シャフバー地区の学校を砲撃し、子供3人を含む6人が死亡する一方、シリア軍がイスラーム軍の拠点ドゥーマー市を砲撃し、子供1人を含む9人が死亡 (その他紙)

■米主導の有志連合は26日にシリア領内で7回の空爆を実施(2016年10月27日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、10月26日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=32226       ■アサド大統領は県知事会合に出席するために首都ダマスカスに参集した各県知事と会談(2016 全文をよむ

2016-10-28 ベイルート:大統領就任の準備が進む (al-Hayat紙)

■アウン氏は大統領選出後の祝賀における法と体制の遵守を訴える      【ベイルート:本紙】      次期レバノン大統領を選出する来週月曜日の会議に先がけて、昨日、下院での後方準備が完了した。この会議では、下院の「変化と改革の連合」議長のミシェル・アウン氏が大統領の座に就くことが予想されている。2年5ヵ月空席になっていた大統領を歓迎するため、バアブダの大統領公邸の準備がなされた。アウン氏は、就任宣誓の演説を行った後、レバノン大統領としての職務を果たすため大統領府に向かうことが決まっている。   全文をよむ

2016-10-27 シリア:シリア軍の「樽爆弾」による空爆とYPG主導のシリア民主軍の反転攻勢により、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団がアレッポ県北部の複数拠点から撤退 (その他紙)

■米主導の有志連合は25日にシリア領内で6回の空爆を実施(2016年10月26日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、10月25日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して11回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=32210       ■シリア外務省は国連・OPCWの合同査察機構の報告書を「正確さと客観性を反映していない」と 全文をよむ

2016-10-27 エジプト:サウジアラビアとの不仲を否定 (al-Hayat紙)

■カイロはリヤドとの間の危機の存在を否定      【エジプト:本紙】      エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は、自国とサウジアラビアとの間の危機の存在を否定し、「二ヶ国間には継続的な協議がある」ことを強調した。また、「エジプトはアラブの連帯の強化に努め、〔エジプトとサウジの〕人民への奉仕とアラブの安全保障の維持に取り組んでいる。……エジプトにとってアラブの安全保障は主要な柱である」と述べた。      シュクリー氏は、昨日シャルム・エル・シェイクで開催された「アフリカにおける平和の仲 全文をよむ

2016-10-26 シリア:シリア軍はアレッポ県北部でダーイシュと反体制武装集団を空爆する一方、トルコ軍と共闘する反体制武装集団はダーイシュとYPG主導のシリア民主軍と交戦 (その他紙)

■米主導の有志連合は24日にシリア領内で6回の空爆を実施(2016年10月25日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、10月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して11回の空爆を実施、このうちシリア ... http://syriaarabspring.info/?p=32189      ■アレッポ市東部各所およびアレッポ市郊外でシリア軍と反体制武装集団の戦闘が続く(2016年 全文をよむ

2016-10-25 シリア:アル=カーイダ系組織「シャーム・ファトフ戦線」主導のファトフ軍支配下のイドリブ県各所をロシア・シリア両軍が攻撃し、16人が死亡 (その他紙)

■米主導の有志連合は22、23日にシリア領内で9回の空爆を実施(2016年10月24日) #シリア 米中央軍(CENTCOM)は、10月22~23日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 10月22日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して15回の空爆を実施、 ... http://syriaarabspring.info/?p=32153       ■反体制派が籠城するアレッポ市東部から住民48人が脱出(2016年10月24日) # 全文をよむ

2016-10-24 シリア:トルコ軍による全面支援にもかかわらず反体制派はYPG主導のシリア民主軍の抵抗を受け、ロジャヴァ支配下のタッル・リフアト市方面に進軍できず (その他紙)

■ロシア・シリア両軍によるアレッポ市東部での人道停戦期間が終了し、戦闘が再開、シリア軍はアレッポ市南西部の航空技術科一帯を制圧(2016年10月23日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア・シリア両軍が20日午前8時から3日間の予定で実施されていた人道停戦の期間終了(22日午後19時)を受け、戦闘機(所属明示せず)がアレッポ市東部のスッカリー地区、アーミリー ... ?http://syriaarabspring.info/?p=32129      ■反体制武装集団戦闘 全文をよむ

2016-10-23 シリア:国連・OPCW合同査察機構(JIM)は4度目となる報告書で、シリア軍ヘリコプターが塩素ガスを使用したと改めて結論 (その他紙)

【米主導の有志連合はハサカ県マルカダ町に架かる橋を爆撃で破壊(2016年10月21日) #シリア】ハサカ県では、SANA(10月22日付)によると、米国主導の有志連合がマルカダ町内を流れるハーブール川に架かる橋を爆撃、これを破壊した。http://syriaarabspring.info/?p=32100       【米主導の有志連合は21日にシリア領内で6回の空爆を実施(2016年10月22日) #シリア】米中央軍(CENTCOM)は、有志連合が10月21日のシリア、イラク両国における有志連 全文をよむ

2016-10-22 シリア:国連人権理事会は、ロシア・シリア両軍のアレッポ市での「戦争犯罪」を調査するための決議を採択 (その他紙)

■米主導の有志連合は20日にシリア領内で13回の空爆を実施(2016年10月21日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月20日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を実施、こ ... http://syriaarabspring.info/?p=32069       ■シリア・ロシア両軍による人道停戦2日目、アレッポ市東部からの民間人、戦闘員、負傷者の退 全文をよむ

2016-10-21 イエメン:フーシー派が停戦合意に違反 (al-Hayat紙)

■停戦合意後数時間でイエメンに43回侵攻      【ジャーザーン:ヤヒヤー・ハルダリー、リヤド、サナア、アデン、本紙】      フーシー派とアリー・サーレフ元大統領派民兵は、水曜日の夜に発表された停戦合意に、その開始から数時間で違反した。具体的にはタイズ県東部、北部、西部およびマアリブ県西部のスィルワーフ、首都サナア東部ニフム地区の各前線にある人民抵抗勢力やイエメン政府軍の拠点を爆撃したのである。また、サウジアラビアのジーザーン州ヒルス県に対し、ミサイルを発射した。これにより、サウジアラビア 全文をよむ

2016-10-21 シリア:トルコ軍、ベルギー軍(有志連合)は、YPGとダーイシュの係争地(アレッポ県北部)でYPG支配地域を爆撃 (その他紙)

■アサド大統領「戦争犯罪者は我々ではなく、イラク、リビアを侵略し、シリアのテロリストを支援する西側の首脳だ」(2016年10月19日) #シリア アサド大統領はスイスのSRF 1テレビ・チャンネルのインタビューに応じた。 インタビューは英語で行われ、その映像は大統領府がYoutubeを通じて公開、また英語 ... http://syriaarabspring.info/?p=32030       ■YPGがダーイシュから奪取したアレッポ県北西部の複数の村をトルコ軍が空爆、シリア軍発表によると住 全文をよむ

2016-10-21 イラク軍、モスル奪還作戦においてダーイシュの首都10キロメートル圏内に到達 (al-Hayat紙)

【バグダード:本紙】      イラク軍はハーリディーやバルテラを含めたモスル周辺の村々の解放に成功し、「ダーイシュの首都」から10キロメートル圏内に到達した。こうしたなか避難民の集団が、マフムールに設置されたキャンプ地に流入しはじめた。その一部はシリアへ向かった。      他方、イラク政府とトルコ政府間の緊張が高まった。というのもイラク裁判所が、前モスル県知事であり武装組織「国民動員部隊」を指揮しているアシール・ヌジャイフィーに対して、トルコと情報交換をした容疑で逮捕令状を発行したからだ。  全文をよむ

2016-10-21 リビア:危機解決に向けた周辺国外相級会議 (al-Hayat紙)

■リビア周辺諸国は外国からのいかなる軍事介入を拒否      【ニヤメ・トリポリ:AFP通信・ロイター通信】      リビア周辺諸国は、一昨日、ニジェールの首都ニヤメで開催された会議において、リビアにおける「外国からのいかなる軍事介入」を拒否することを宣言し、5年以上続く危機の解決に向けて最大限の協力を要請した。      この外相級会議の閉会に伴って出された声明では、「大臣たちは外国からのいかなる軍事介入への拒否を新たにし」、「危機解決に繋がる協力を望む国々や組織に対し、いかなるイニシアチブ 全文をよむ

2016-10-21 パレスチナ:エリコ市で世界最大のモザイクが発見される (al-Hayat紙)

■世界最大のモザイク画の一つがヒシャーム宮殿で出土      【ラマッラー:本紙】      パレスチナ観光遺跡庁が昨日、世界最大のモザイクの一つを、歴史上最古の都市エリコのウマイヤ朝カリフのヒシャーム宮殿で発見した。      モザイクの大きさは827平方メートルに上り、21色38個の模様を含んでいる。ルーラー・ムアーウィヤ観光遺跡大臣は「ウマイヤ朝時代の宮殿跡からモザイクを発見したことは、パレスチナのアラブ人がこの土地に根付いたこと、そしてイスラエルの占領の主張が無効であることの一つの証拠で 全文をよむ

2016-10-20 シリア:ロシアとトルコはシャーム・ファトフ戦線のアレッポ市東部からの退去で合意するも、シャーム・ファトフ戦線は「住民を引き渡さない」としてこれを拒否 (その他紙)

■米主導の有志連合は18日にシリア領内で8回の空爆を実施(2016年10月19日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月18日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して14回の空爆を実施、こ ... http://syriaarabspring.info/?p=32004       ■米主導の有志連合はハーブール川、ユーフラテス川に架かる橋を空爆で破壊(2016年10月1 全文をよむ

2016-10-20 イラク:ダーイシュの指導者、モスルを去りシリアへ (al-Hayat紙)

■ダーイシュの指導者、モスルを発ちシリアへ      【バグダード:本紙】      本紙が信頼できる複数の軍の消息筋から得た情報によると、イラク軍は2日の猶予の後にモスルの様々な周辺地帯からダーイシュ(イスラーム国)に対する大きな攻撃を開始する準備をしている。一方、アメリカ人将校はモスル市内におよそ5000人から6000人のメンバーがいるダーイシュの一部の指導者が行き先を決めずにモスルを去ったと述べた。しかし、すべての証拠がシリアへの移動を物語っている。また、合同作戦司令官のターリブ・シャガー 全文をよむ

2016-10-20 エジプト:軍がタクフィール主義者の潜伏地を攻撃 (al-Hayat紙)

■シナイ半島で2人の兵士の死亡と6人の武装犯の殺害   ■ポートサイード県で稀に見る大規模なデモ      【カイロ:本紙】      エジプト軍は、一昨日のシナイ半島中央部およぶ北部における移動作戦で、兵士2人が死亡し、武装犯6人を殺害したと発表した。他方、スエズ運河地域では、ポートサーイド県の住民数千人が公共団地の取得条件に関する抗議のため、デモを起こした。突如燃え上がったこのデモが人口60万人に満たない同県の多くの人々を惹きつけたことは、注目に値する。      軍隊総司令部は声明において 全文をよむ

2016-10-20 サウジ: 諮問評議会議長とトルコのエルドアン大統領が協議 (al-Hayat紙)

■エルドアン大統領がサウジ諮問評議会議長とイスラーム世界の政治及び安全保障上の諸問題を協議      【アンカラ:本紙】      トルコのエルドアン大統領は、イスラーム協力機構(OIC)の第36回目会合に際し、サウジのアブドゥッラー・アール・シェイフ諮問評議会議長と同機構に加盟する諸国家の議会使節団団長らと会談し、イスラーム世界の政治、安全保障、経済の諸問題について議論した。      さらに、アール・シャイフ議長はOIC執行会議の各国代表団との会合で「パレスチナ問題は最も重要である。その解決 全文をよむ

2016-10-19 シリア:トルコ軍の支援を受ける武装集団、ダーイシュ、そしてシャーム・ファトフ戦線がアレッポ県北部でYPG主導のシリア民主軍を挟撃 (その他紙)

■米主導の有志連合は17日にシャーム・ファトフ戦線が主導するファトフ軍支配下のイドリブ県で空爆したと発表(2016年10月18日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月17日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して25回の空爆を実施、こ ... http://syriaarabspring.info/?p=31978       ■シリア軍総司令部は、米国とサウジアラビア 全文をよむ

2016-10-18 イラン:制裁解除猶予を正当化したケリー米国務長官を激しく非難 (al-Hayat紙)

■ケリー米国務長官が制裁解除延期を正当化したことを受け、イランが激しく非難      【テヘラン:AP、ロイター、AFP】      イランは米国務長官のジョン・ケリー米国務長官を激しく非難、テヘランと6カ国(国連常任理事国の米英仏露中およびドイツ)の合意が定める「制誓の遵守」をアメリカに「強要」しなければならないと強調した。         ケリー国務長官は『フォーリン・アフェアーズ』誌に対して、アメリカは大いに努力し、「様様な理由で対イラン協力を停止している銀行」を安堵させようとしたと述べた 全文をよむ

2016-10-18 シリア:ロシア軍はアレッポ市東部からの戦闘員退去と住民避難のため20日に8時間の人道停戦を実施すると発表 (その他紙)

■米主導の有志連合は14~16日の3日間でシリア領内で26回の空爆を実施(2016年10月17日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月14~16日の3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 10月14日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して18回の空爆を実施、この ... ?http://syriaarabspring.info/?p=31960      ■米主導の有志連合所属と思われる無人戦闘機がイドリブ県でシャーム・ファトフ 全文をよむ

2016-10-17 シリア:国連の支援チームはアレッポ市東部からの反体制派退去に向け「予行演習」を実施 (その他紙)

■タウヒード旅団はファトフ軍に統合されたヌールッディーン・ザンキー運動に、ムラービトゥーン連合はファトフ軍を主導するアル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線にそれぞれ合流すると発表(2016年10月15日) #シリア タウヒード旅団はビデオ声明を出し、ヌールッディーン・ザンキー運動の要請を受けるかたちで、同運動に統合されたと発表した。 ヌールッディーン・ザンキー運動は米国の支援を受ける「穏健な反体制派」で、最近になってアル=カーイダ系 ... http://syriaarabspring.i 全文をよむ

2016-10-16 シリア:イラクでのモスル解放作戦が迫るなか、ダーイシュの外国人戦闘員とその家族はシリア領内に移動 (その他紙)

■ハサカ市内でダーイシュがアサーイシュの車輌を狙った爆破攻撃(2016年10月14日) #シリア ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(10月15日付)によると、ハサカ市グワイラーン地区で、西クルディスタン移行期民政局アサーイシュの車輌を狙った爆破攻撃が行われた。 これに関して、ダーイシュ(イスラーム国)の戦果を喧伝 ... http://syriaarabspring.info/?p=31913       ■トルコ軍と有志連合の支援を受けた反体制武装集団がダーイシュの拠点ダービク村(アレッポ 全文をよむ

2016-10-15 シリア:アサド大統領「シリアは第3次世界大戦のなかにある…。アレッポ解放はイドリブ浄化への跳躍台」 (その他紙)

■アサド大統領「シリアは第3次世界大戦のなかにある…。アレッポ解放はイドリブ浄化への跳躍台となる」(2016年10月14日) #シリア SANA(10月14日付)は、アサド大統領がシリア時間の14日午前1時に、ロシアの『コムソモルスカヤ・プラウダ』紙のインタビューに応じたと伝え、映像、全文(英語)、アラビア語全訳を配信した。インタビューでのアサド大統領の主な発言は以下の通り: …http://syriaarabspring.info/?p=31883       ■米主導の有志連合は13日にシリ 全文をよむ

2016-10-14 ダマスカス郊外県ハーマ町、クドスィーヤー市で反体制武装集団戦闘員300人が当局に投降、150人が家族とともにイドリブ県などに退去 (その他紙)

■米主導の有志連合は12日にシリア領内で9回の空爆を実施(2016年10月13日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月12日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して19回の空爆を実施、こ ... http://syriaarabspring.info/?p=31852       ■シリア軍はジュンド・アクサー機構を完全統合したシャーム・ファトフ戦線などとの戦闘の末ハマ 全文をよむ

2016-10-14 中東研究センター田中所長、東京大学池内准教授、東京外国語大学青山教授ら日本人研究者はシリア情勢をどう見ているか? (al-Hayat紙)

■「荒廃からの復興」に向けたシリア人のための3項目からなる「日本風処方箋」      【東京:イブラーヒーム・ハミーディー】      日本の国公私立大学やシンクタンクの研究者たちは、複雑に展開するシリア問題に様々な分野から取り組み、「荒廃からの復興」を遂げた日本の経験をシリアの人々がどう活用できるかを検討することに関心を強めている。      中東研究センター(日本エネルギー経済研究所)所長の田中浩一郎氏は、シリア情勢を「アラブの春」の一環として位置づけ、こう述べている。「一部の体制は崩壊した 全文をよむ

2016-10-13 モロッコ:スペイン当局と連携し、ダーイシュ・メンバー4人を逮捕 (al-Hayat紙)

■モロッコとスペイン、4人のダーイシュ戦闘員を逮捕      【ラバト:本紙、パリ、ワシントン:AFP】      モロッコ当局は「テロの脅威に立ち向かうための予防的措置」の一環として、スペイン当局と共同で2人の容疑者をテロ組織「ダーイシュ」に参加した疑いで逮捕した。      当局は容疑者2人がモロッコ北部の町テトゥアンとフニデクで活動していたと明らかにするとともに、スペイン当局が同国北部に滞在していたモロッコ人の共犯者2人を逮捕したこと指摘した。      初動捜査から、被疑者がテロ志願兵の 全文をよむ

2016-10-13 シリア:トルコ軍と有志連合の支援を受ける反体制武装集団がダーイシュの重要拠点の一つダービク村を制圧か (その他紙)

■米主導の有志連合は11日にシリア領内で11回の空爆を実施(2016年10月12日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月9日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を実施、この ... http://syriaarabspring.info/?p=31832       ■シリア・ロシア軍の空爆・砲撃と反体制派の砲撃で40人あまりが死亡(2016年10月12 全文をよむ

2016-10-13 パレスチナ:エルサレムの複数の地区を封鎖、数十名を拘束 (al-Hayat紙)

■イスラエル当局は情勢の激化に対する警戒のただ中で、エルサレムの複数の地区を封鎖、隔離する      【被占領地エルサレム:ムハンマド・ユーニス】      数万人が居住する、被占領地東エルサレムの複数の地区、村、町が昨日封鎖された。その中には、イーサウィーヤ、ジャバル・ムクバル、スィルワーン、シャイフ・ジャッラーフ、ラームなどが含まれている。これらの地区は隔離されたかのようで、住民はイスラエル当局が定めた複数の経路に従い、移動している。その際、彼らはイスラエル当局が地区の出入り口に設置した 全文をよむ

2016-10-12 シリア:シリア民主軍(YPG主導)が支配するアレッポ県北部へのアサド政権側有力議員の訪問に合わせて、ダーイシュが自爆テロ (その他紙)

■米主導の有志連合は9、10日にシリア領内で16回の空爆を実施(2016年10月11日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月9、10日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 10月9日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して16回の空爆を実施、このうち ... http://syriaarabspring.info/?p=31812       ■シリア軍がハマー県北部のカウカブ村をジュンド・アクサー機構などから奪還、ラタキア県 全文をよむ

2016-10-11 シリア:自由シリア軍南部戦線が最近供与されたと思われる地対空ミサイルをダルアー県で使用 (その他紙)

■シリア外務省はアレッポ市東部から退去を希望するすべての者の安全を確保する意思を表明(2016年10月10日) #シリア 外務在外居住者省の公式筋はSANA(10月10日付)に対して、アレッポ市東部にとどまる市民の生活を守るため、シリア政府が同地からの退去を望むすべての人の安全を確保し、その生活に必要なすべてを提供する用意があることを明らか ... http://syriaarabspring.info/?p=31777       ■アレッポ市東西両地区でシリア軍と「反体制派」の砲撃の応酬が続 全文をよむ

2016-10-11 シリア:反体制派がロシアとイランを非難 (al-Hayat紙)

シリア:反体制派がロシアとイランを非難      ■シリア反体制派はロシアとイランを占領国家とみなす      【リヤド:アブドゥッラー・アッ=ドゥウヤーン】      シリア反体制派のリヤド最高交渉委員会はロシアとイランを占領国として非難した。また、両国軍のシリア領内駐留が(シリア)国家の主権と独立に抵触し、非合法であるとしたうえで、自衛のため反体制派諸勢力に武装供与する許可を求めた。   リヤド最高交渉委員会は、サウジアラビアの首都リヤドで昨日(10日)記者会見を行い、国連総会に対し、総会の 全文をよむ

2016-10-11 スーダン:バシール大統領、スーダン国内3地域で停戦の延長を命じる (al-Hayat紙)

■バシール大統領、スーダンの3地域において停戦を延長      【ハルツーム:本紙】      スーダンのウマル・バシール大統領は月曜日、政府軍と反体制派の間で紛争が生じている三つの地域における停戦を2カ月延長することを発表した。数年にわたる両者の対立によって、数万人が死亡し、数百万人が家を追われた。      今回の発表は、スーダンの諸政党が実施した対話の終了後に行われた。バシール大統領は2014年1月の時点で対話を呼びかけていたが、実際に始まったのは2015年10月からだ。そして今年の6月に 全文をよむ

2016-10-10 シリア:アル=カーイダに忠誠を誓っていたジュンド・アクサー機構がシャーム自由人イスラーム運動との対立のなか、アル=カーイダとの関係解消を宣言したシャーム・ファトフ戦線(ヌスラ戦線)に忠誠を表明 (その他紙)

■米主導の有志連合は6~8日までの3日間でシリア領内で35回の空爆を実施(2016年10月9日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月6日から8日までの3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 10月6日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して24回の空爆を実施、こ ... http://syriaarabspring.info/?p=31759       ■シリア軍がハマー県北部の複数カ村を反体制武装集団(ジュンド・アクサー機構な 全文をよむ

2016-10-09 エジプト:政府は欧米大使館による市内騒乱の警告を批判 (al-Hayat紙)

■エジプト政府は欧米大使館による自国民に向けた注意喚起の警告を批判      【カイロ:ムハンマド・シャーズリー】      カイロでは、複数の欧米大使館が発した警告声明による危機が波紋を広げている。その声明では、各国大使館が自国民に対し、日曜日にエジプト国内の路上に出ること、集会や祝典に参加することを控えるようを呼びかけた。警告を最初に出したのはアメリカ大使館であった。これによりエジプト当局が迷惑を被ったため、エジプト外務省はアメリカの警告を批判する厳しい語調の声明を返した。      しかし 全文をよむ

2016-10-09 シリア:イドリブ県でシャーム自由人イスラーム運動とジュンド・アクサー機構の対立激化 (その他紙)

■シリア軍がアレッポ市北部のウワイジャ地区一帯を制圧(2016年10月8日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、パレスチナ人からなるクドス旅団、そして親政権武装勢力が、アレッポ市北部のウワイジャ地区に進軍、反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)との戦闘の末に同地を制圧し ... http://syriaarabspring.info/?p=31736       ■シリア軍はダマスカス郊外県ハーマ町の大部分を制圧する一方、ハマー県北部、イドリブ県で攻勢を強め 全文をよむ

2016-10-08 シリア:シリア軍がアレッポ市南部の要衝を制圧する一方、同市東部で抵抗を続けるアル=カーイダ(シャーム・ファトフ戦線)は同地からの退去を拒否 (その他紙)

■首都ダマスカスでマラソン大会「私はダマスカスが好き」が実施され約2,000人が参加(2016年10月7日) #シリア シリアの首都ダマスカスでは、第4次中東戦争先勝記念日(10月6日)に合わせて、ダマスカス県、スポーツ総連合、地元青年団体主催のマラソン大会「私はダマスカスが好き」が開かれ、約2,000人が参加した。 SANA(10月7日 ... http://syriaarabspring.info/?p=31708       ■シリア軍がアレッポ東部を見下ろすことができる南部の戦略的要衝シ 全文をよむ

2016-10-07 シリア:デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はアレッポ市内にヌスラ戦線戦闘員900人に空爆の口実とされないよう退去を呼びかける (その他紙)

■米主導の有志連合は5日にシリア領内で18回の空爆を実施(2016年10月6日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月5日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して27回の空爆を実施、この ... http://syriaarabspring.info/?p=31678       ■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はアレッポ市東部のヌスラ戦線戦闘員900人に同地区 全文をよむ

2016-10-07 シリア:ホワイト・ヘルメットとは何者か? (その他紙)

■ホワイト・ヘルメット:疑惑に満ちた人道事業      【ベイルート:al-Safir*】      2016年のノーベル平和賞受賞者の氏名が今日発表されるノルウェーの首都オスローに注目が集まっている。ノーベル研究所発表によると、今年の受賞候補者は、376の個人・団体に達するが、有力な候補者のなかにあって、欧米諸国から異例とも言える支援を受けるシリアの団体の存在がとりわけ目立っている。「ホワイト・ヘルメット」、あるいは「シリア民間防衛隊」の名で知られる組織が、ローマ法王フランシスコ、アンゲラ・メ 全文をよむ

2016-10-06 シリア:国連OHCHR「反体制派支配下のアレッポ市住民の半数は同地からの避難を望んでいる」 (その他紙)

■米主導の有志連合は4日にシリア領内で14回の空爆を実施(2016年10月5日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、10月4日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して28回の空爆を実施、この ... http://syriaarabspring.info/?p=31656       ■シリア軍はアレッポ市東部からの反体制派退去を促すため、爆撃・砲撃を軽減すると発表(2016 全文をよむ

2016-10-06 パレスチナ:イスラエルがガザ地区を攻撃する一方、女性活動家の船舶を拿捕 (al-Hayat紙)

■「ザイトゥーナ号」拿捕と時を同じくして、イスラエルがガザ地区を30回以上にわたり空爆      【ガザ:ファトヒー・サッバーフ】      イスラエルの戦闘機は昨日午後、ガザ地区の施設に対して一連の空爆を行う一方、砲兵部隊も農地やハマースの管制塔に対して数十発の迫撃砲を発射した。これに先立ち、イスラエルは、ガザ地区に隣接する西ネゲヴ砂漠の入植地スデロットにロケット弾が着弾したと発表した。さらに空爆と時を同じくして、イスラエル海軍が船舶「ザイトゥーナ号」を拿捕した。ザイトゥーナ号には、十年間絶え 全文をよむ

2016-10-06 チュニジア:公務員の給与増加分支払いの延期 (al-Hayat紙)

■チュニジアにおいて給与増加分の延期が労働組合と政府の間に対立を引き起こす      【チュニス:ムハンマド・ヤースィーン・ジャッラースィー】       チュニジアの労働組合中央部は、同国を脅かす経済危機を理由とした、公的部門従業員の給与増加分の支払いを延期する政府決定を拒否した。このことは、政府およびビジネスマンを一方とし、労働者組合および失業者代表を他方とする社会的亀裂が危惧される中で起きた。      チュニジア労働総同盟(国内最大の労働者団体)は、一昨日夕方の声明で、政府との間ですでに 全文をよむ

2016-10-06 イラク:解放された地域に多数の避難民が帰還する (al-Hayat紙)

【バグダード:本紙】      イラク国防省は、数千人の避難民がアンバール県とサラーフッディーン県の解放地域に帰還すると発表した。また移民省は、キルクーク南西部から逃れてきた数百世帯をクルディスタン地域のキャンプへと避難させた。   共同作戦司令部の声明では、サラーフッディーン県の自分達の地域に戻った家族の数は、ティクリートに帰還した36276世帯に達し、そのうちの5666世帯は同市の中心へ、4346世帯はブー・アジール地域へ、4948世帯はブー・トゥウマへ、また43584世帯はバイジー市北部へ 全文をよむ

2016-10-05 シリア:アレッポ市東部でヌスラ戦線などのイスラーム過激派と共闘する「穏健な反体制派」が住民への軍事教練に向けた総動員令の準備 (その他紙)

■アラブ連盟のアブー・ガイト事務総長はアレッポ市東部のロシア・シリア両軍の攻撃を「文字通りの虐殺」と非難(2016年10月4日) #シリア アラブ連盟のアフマド・アブー・ガイト事務総長は、アレッポ市東部一帯での戦闘に関して、「文字通りの虐殺」が行われていると非難した。 アブー・ガイト事務総長は「国際社会および地域の複数の当事者がアレッポ市に対する野蛮な攻撃に ... http://syriaarabspring.info/?p=31625       ■トルコのクルトゥルムシュ副首相「米国は約束 全文をよむ

2016-10-05 イスラエル:米国が入植地建設再開を非難 (al-Hayat紙)

■アメリカ政府はイスラエルが入植を再開することで 約束 を破ったと非難      【ナザレ、ワシントン、ニューヨーク:アスアド・タルハミー、本紙、AFP】      アメリカは、イスラエルが占領下のパレスチナでの新規の入植地住宅建設に同意 したことを厳しく非難、同盟国であるイスラエルの政府が約束に違反したと指弾し、ユダヤ民主主義国家としての その未来を危機に晒すと 警告した。これに対し、イスラエルは、アメリカによる激しい口調の非難に反論した。      バラク・オバマ大統領は、イスラエルへの38 全文をよむ

2016-10-04 シリア:米軍がヌスラ戦線のエジプト人有力幹部を爆撃で殺害 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月30日から10月2日までの3日間でシリア領内で42回の空爆を実施(2016年10月3日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月30日から10月2日までの3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 9月30日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して23回の空爆を実 ... http://syriaarabspring.info/?p=31600       ■カービー米国務省報道官は米露両国の当事者和解調整センターの 全文をよむ

2016-10-03 シリア:ロシア軍のバンカーバスターによる爆撃で、米国がテロ組織に指定するジュンド・アクサー機構と共闘し、米国の支援を受けるイッザ軍の司令官ら50人が消息不明に (その他紙)

■GCCはアレッポ市に対する空爆を批判(2016年10月2日) #シリア GCC(湾岸協力会議)のアブドゥッラティーフ・ビン・ラーシド・ズィヤーニー事務局長は、アレッポ市に対する空爆に関して「国際法と人道へのあからさまな違反」と非難、「国際社会にアレッポ市およびシリアの諸都市に対する凶悪犯罪に …http://syriaarabspring.info/?p=31579       ■ユーフラテス解放旅団はYPG主導のシリア民主軍マンビジュ軍事評議会に合流(2016年10月2日) #シリア ユーフ 全文をよむ

2016-10-02 シリア:ロジャヴァ(西クルディスタン移行期民政局)執政官「アサド大統領よ、ここに来て自治の現実と優れたそのモデルに目を向けよ」 (その他紙)

■ケリー米国務長官が自身の外交努力を軍が後押ししてくれないと不満を述べる音声データが流出(2016年9月30日) #シリア 『ニューヨーク・タイムズ』(9月30日付)は、ジョン・ケリー米国務長官がシリアの市民グループとの懇談で、自身の外交努力を軍が後押ししてくれないことに繰り返し不満を述べる様子を録音した音声データを入手、インターネット(ht ... http://syriaarabspring.info/?p=31564       ■ロシア外務省報道官「米国がシリア政府・軍を直接攻撃すれば、 全文をよむ

2016-10-01 シリア:シリア軍がアレッポ市東部スライマーン・ハラビー地区に進軍する一方、米主導の有志連合はラッカとユーフラテス川左岸を結ぶ全生活道路を遮断 (その他紙)

■ケリー米国務長官「ロシアがアレッポへの攻撃を停止しなければ、ロシアとの二国間の取り組みを中止する」(2016年9月29日) #シリア 米国のジョン・ケリー国務長官はロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣と電話会談を行い、シリア情勢について意見を交わした。 電話会談のなかで、ケリー国務長官は、「ロシアがアレッポ市に対する攻撃をただちに停止しなければ、米国はシ ... http://syriaarabspring.info/?p=31538      ■ロシア軍がSu24、Su-34多数をシリア領内の 全文をよむ

2016-09-30 シリア:ロシアとの対テロ合同軍事作戦に応じない米国は自らがテロ組織に指定するヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)を直接支援しているのか? (その他紙)

【カービー米国務省報道官「過激派の作戦拡大で、ロシアは遺体袋に兵士を入れて帰国させ、これまで以上に多くのロシアの航空機を打ち落とされるだろう」(2016年9月29日) #シリア】米国務省のジョン・カービー報道官は、シリア情勢に関して「ロシアは遺体袋に兵士を入れて帰国させ、これまで以上に多くのロシアの航空機を打ち落とされるだろう」と述べた。 カービー報道官は、テレビ番組のインタビューのなかでこう述 ... http://syriaarabspring.info/?p=31512       【ロシ 全文をよむ

2016-09-29 シリア:ヌスラ戦線は「自発的」に拉致されていたドイツ人ジャーナリストを解放したと発表 (その他紙)

【「ユーフラテスの盾」作戦でダーイシュから奪取されたジャラーブルス市(アレッポ県)にトルコ保健省のジャラーブルス病院が開設(2016年9月27日) #シリア】アレッポ県では、SANA(9月28日付)などによると、トルコ軍と反体制武装集団による「ユーフラテスの盾」作戦により、ダーイシュ(イスラーム国)が掃討されたジャラーブルス市で、学校施設を流用した新病院「ジャラーブルス病院」 ... http://syriaarabspring.info/?p=31483      【米主導の有志連合は27日に 全文をよむ

2016-09-28 シリア:反体制派支配下のアレッポ市東部にシリア軍地上部隊が進攻し、ファラーフィル地区を完全制圧 (その他紙)

■米主導の有志連合は26日にシリア領内で9回の空爆を実施(2016年9月26日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月26日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を実施、この ... ?http://syriaarabspring.info/?p=31456      ■シリア軍は反体制派の支配下にあったアレッポ市ファラーフィル地区を完全制圧(2016年9月2 全文をよむ

2016-09-28 シリア:「ロジャヴァ北シリア民主連邦」拒否を訴える抗議デモが行われるなか、シリア政府とロジャヴァは中等教育におけるクルド語教育解禁で合意 (その他紙)

■ハサカ市で「ロジャヴァ北シリア民主連邦」拒否を訴える抗議デモ(2016年9月27日) #シリア ハサカ県では、SANA(9月27日付)によると、ハサカ市で、シリア部族名士評議会が同地の社会団体、バアス党、シリア民族社会党の支援を受け、シリアの領土統一維持と「ロジャヴァ北シリア民主連邦」の拒否を訴える抗議デモを組織し ... ?http://syriaarabspring.info/?p=31471      ■シリア政府と西クルディスタン移行期民政局がハサカ県での中等教育でのクルド語授業開講な 全文をよむ

2016-09-27 パレスチナ:24人のジャーナリスト囚人がハンスト (al-Hayat紙)

■24人のジャーナリスト囚人がハンガーストライキ      【ラマッラー、ガザ地区:本紙】      イスラエルの刑務所に入れられているパレスチナ人ジャーナリスト24人が、昨日、パレスチナ・ジャーナリストの日にハンガーストライキを行った。これは、〔イスラエル当局による〕彼らの拘禁に抗議するためである。      パレスチナ人囚人クラブは、ジャーナリストの囚人たちは彼らの正しい問題を世界に思い出させるため、一日に限りハンガーストライキを行ったと述べた。      声明では以下のように述べられた。最 全文をよむ

2016-09-27 シリア:反体制派支配下のアレッポ市東部へのシリア軍の猛攻続く (その他紙)

■米主導の有志連合は25日にシリア領内で10回の空爆を実施(2016年9月26日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月25日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して27回の空爆を実施、この ... http://syriaarabspring.info/?p=31438       ■ダーイシュの包囲が続くダイル・ザウル市内でムハーバラートと国防隊が衝突(2016年9月2 全文をよむ

2016-09-27 フーシ派の措置は無効 (al-Hayat紙)

■イエメン:イエメン政府はフーシ派の措置を無効とみなす      【アデン:本紙】      イエメン政府のアフマド・アビード・ビン・ダグル首相は昨日、フーシ派の民兵とアリー・サーリフ元大統領に対し、両者が掌握している地域にある国家の領土に侵犯する行為を警告した。同時に、彼らは自らの取った措置に従っているが、そうした措置には何ら法的効力はないと強調した。   また同首相は昨日、アデンにある土地測量・都市計画機構の本部を訪問した際に、国防のために払われた犠牲への補償として、遺族用の住居を建設するた 全文をよむ

2016-09-26 シリア:ファトフ軍を統括するサウジ人説教師が「反体制派」にヌールッディーン・ザンキー運動のシャーム・ファトフ戦線への合流に倣ってファトフ軍に参加するよう呼びかける (その他紙)

■米主導の有志連合は23~24日の2日間にシリア領内で24回の空爆を実施(2016年9月25日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月23、24日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 9月23日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して20回の空爆を実施、このうち ... http://syriaarabspring.info/?p=31405       ■ムアッリム外相は米ニューヨークでイラン、アルジェリア外相と会談(2016年 全文をよむ

2016-09-26 シナイ半島で爆発、7名が死傷 (al-Hayat紙)

■シナイ半島の爆発で1名死亡、6名が負傷      【カイロ:本紙】      治安情報筋と目撃者によると、シナイ半島北部の国境沿いにあるラファハ市南部の道路上で爆弾が爆発し、民間人の乗客を乗せていたバスが巻き込まれ乗客1名が死亡、他6名が負傷した。    医療関係者によると、負傷した6名のうち5名は重傷である。一般的に、爆弾は軍や治安部隊の車両を標的とする。爆弾はシナイ半島において、治安部隊にとってのもっとも顕著な障害となっている。つまり武装組織は、自動車爆弾ないし攻撃の実行能力が低下したため 全文をよむ

2016-09-26 ヨルダン:国王はムルキー首相に経済最優先の組閣を命じる (al-Hayat紙)

■アブドゥッラー2世はムルキー氏に経済最優先の組閣を命じる      【アンマーン:ムハンマド・ハイル・ラワーシュダ】      ヨルダンのハーニー・ムルキー首相は、昨日〔25日〕、先週火曜に行われたヨルダン国会議員選挙の最終結果を独立選挙委員会が発表したことを受け、首相を辞任した。〔その後、〕ヨルダン国王のアブドゥッラー2世は、ムルキー氏に新内閣の組織を命じた。      議会の信任を得ることができるか否かは、新内閣が通るべき最初の試練になると見られている。なぜなら、憲法により、新内閣は組閣後 全文をよむ

2016-09-25 シリア:米国が支援する「穏健な反体制派」がアル=カーイダ(ヌスラ戦線)主導のファトフ軍と統合 (その他紙)

■ムアッリム外相が国連総会で演説(2016年9月24日) #シリア ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣(兼副首相)は米ニューヨークで開催中の国連総会で演説し、シリア国内での「テロとの戦い」に向けたすべての国際的な取り組みを歓迎するとしつつ、シリア政府およびシリア軍と連携することで、シ ... http://syriaarabspring.info/?p=31391      ■反体制武装集団の退去が退去したヒムス市ワアル地区に国連とシリア赤新月社の支援チームが人道支援物資を搬入(2016年9 全文をよむ

2016-09-24 シリア:ロシア・シリア両軍がアレッポ市東部を激しく空爆し、90人あまりが死亡 (その他紙)

■米主導の有志連合は21日にダイル・ザウル市近郊を中心に14回の空爆を実施(2016年9月23日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月22日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して30回の空爆を実施、この ... http://syriaarabspring.info/?p=31370      ■シリアのアル=カーイダ「シャーム・ファトフ戦線」はトルコ軍との共闘を禁じる 全文をよむ

2016-09-24 パレスチナ:イスラエルにより封鎖された村の入口で抗議の集団礼拝 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルが封鎖する村の入口のそばでパレスチナ人が集団礼拝を行う      【ナーブルス:アナトリア通信】      およそ300人のパレスチナ人が、西岸地区北部の都市ナーブルスの北東部にあるベータ村への主要な入口の前で集団礼拝を行った。その入り口は、イスラエル軍により土砂の山とコンクリートブロックで数日前に封鎖された。      「ファタハ」はベータ村において、村の人々に対し、封鎖の継続に抗議して封鎖されている入口で集団礼拝を行い、入口の開放を求めるべきだとすでに訴えていた。アナトリア通信が 全文をよむ

2016-09-24 ヨルダン:下院選挙の結果と投票所襲撃問題 (al-Hayat紙)

■「イスラーム主義者」連合と派閥連立がヨルダン新国会の姿を描く      【アンマーン:ムハンマド・ハイル・ラワーシュダ】      ヨルダン議会の新下院選挙の最終結果は、イスラーム系野党の注目すべき存在感を示した。アンマーンの第三選挙区と一部諸県の議席において、民主国家の潮流をスローガンにした政治的野党が存在感を示すだろうとしたオブザーバーらの予測は正しかった。いまや、議会派閥の形成と今後に向けたそれら派閥の政治的プログラムの発表が待たれる。      諸々の国際的監視団の記録は数日間にわたる 全文をよむ

2016-09-23 シリア:シリア軍がアレッポ市東部に対する軍事作戦開始を宣言する一方、「ホワイト・ヘルメット」がスウェーデンのライト・ライブリフッド賞を受賞 (その他紙)

■米主導の有志連合は21日にシリア領内で16回の空爆を実施(2016年9月22日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を実施、この ... http://syriaarabspring.info/?p=31339      ■アサド大統領がAPのインタビューに応じる「ヌスラ戦線やダーイシュを攻撃してしまえば、米国は 全文をよむ

2016-09-22 シリア:ロシアで徴兵された兵士3,000人以上がアレッポ県のダーイシュの拠点都市バーブ市昨日のサフィーラ市一帯に派遣か? (その他紙)

■米主導の有志連合は20日にシリア領内で8回の空爆を実施(2016年9月21日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月20日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して22回の空爆を実施、この ... http://syriaarabspring.info/?p=31310      ■ロシア国防省「シリア赤新月社と国連の車列が攻撃を受けた時間、現場上空を有志連合の無人航空機が 全文をよむ

2016-09-21 シリア:米国による特別指定グローバル・テロ組織(SDGT)指定を免れたシャーム自由人イスラーム運動は同盟組織にトルコ軍との連携支援を呼びかける (その他紙)

■サウジアラビア主催の会合でリヤド最高交渉委員会はアサド政権排除を前提とする移行プロセス案を披露(2016年9月19日) #シリア サウジアラビア政府が国連総会期間に合わせて、米ニューヨークでシリア情勢への対応について協議するための高級レベル会合を主催した。 オーストラリア、マレーシア、オランダ、イタリア、ニュージーランド、日本、ノルウェー、カナダ、 ... http://syriaarabspring.info/?p=31285      ■米主導の有志連合は19日にシリア領内で9回の空爆を実 全文をよむ

2016-09-20 シリア:「反体制派」支配下のアレッポ市郊外でロシア軍と思われる戦闘機がシリア政府統括下の赤新月社の支援チームを「誤爆」(2016年9月19日) (その他紙)

■米主導の有志連合は17、18日の2日間でアレッポ県北部のマーリア市近郊に対する空爆を強化(2016年9月19日) #シリア 有志連合の合同司令部(CENTCOM)は、9月17、18日の2日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 9月17日はシリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対して21回の空爆を実施、このうち ... http://syriaarabspring.info/?p=31249      ■トルコのエルドーアン大統領「自由シリア軍は米軍特殊部隊の作 全文をよむ

2016-09-19 シリア:各地で停戦違反が相次ぐなか、シリア軍(ロシア軍)もアレッポ市などで空爆を再開 (その他紙)

■シリア人権監視団によるとダイル・ザウル県サルダ山での17日の米軍によるシリア軍拠点空爆での死者は94人(2016年9月18日) #シリア シリア人権監視団は、ダイル・ザウル県サルダ山のシリア軍拠点に対する米軍の空爆が実施された17日の1日間で、164人が死亡にのぼったと発表した。 うち94人がシリア軍兵士および親政権民兵で米軍の空爆により死亡、また24人が ... http://syriaarabspring.info/?p=31228      ■オーストラリア国防省はダイル・ザウル県サルダ 全文をよむ

2016-09-18 シリア:米国戦闘機がついにイスラーム国(ダーイシュ)を「航空支援」か?! (その他紙)

■シャーム・ファトフ戦線(ヌスラ戦線)の最高指導者ジャウラーニー氏がジャズィーラ・チャンネルに出演し「反体制派」の統合の必要を強調(2016年9月17日) #シリア シャーム・ファトフ戦線(シャームの民のヌスラ戦線)の最高指導者アブー・ムハンマド・ジャウラーニー氏がカタールの衛星テレビ・チャンネル「ジャズィーラ」の独占インタビューに応じた( ... http://syriaarabspring.info/?p=31210      ■インジルリク航空基地配備のドイツ軍による偵察飛行は500回、空 全文をよむ

2016-09-17 シリア:米軍特殊部隊がトルコ軍を支援するためにシリア領内に進攻するも、米英の支援を受ける「新シリア軍」を離反した武装集団の抗議を受けて撤退 (その他紙)

■米主導の有志連合は15日にダイル・ザウル県で17回の空爆を実施(2016年9月16日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月15日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して17回の空爆を実施、このうちシリア領内での ... http://syriaarabspring.info/?p=31189      ■米主導の有志連合は7日のラッカ市近郊の空爆でダーイシュの古参幹部で喧伝ビデオの制作を 全文をよむ

2016-09-17 パレスチナ:イスラエル軍がパレスチナ人を殺害 (al-Hayat紙)

■イスラエル軍が西岸でパレスチナ人を殺害      【ヘブロン(西岸):ロイター】      イスラエル軍は本日(土曜日)、被占領下西岸のヘブロン市のテル・ルメイダで〔イスラエル〕兵士を刺したパレスチナ人を殺害したと発表した。イスラエル軍のオフェーハー・アドライー広報官は、SNS「ツイッター」の自身のアカウントを通じて、以下のように述べた。「パレスチナ人の若者が今朝、テル・ルメイダでの保安検査中に兵士を刺した。軍隊の人員がすぐにこの男を取り囲み、発砲し、殺害に至った。」刺し傷を受けた兵士の負傷の 全文をよむ

2016-09-16 シリア:米国が「テロ組織」と「穏健な反体制派」の峻別を猶予するなか、各地で徐々に戦闘が再燃 (その他紙)

■米主導の有志連合は14日にダイル・ザウル県を中心に10回の空爆を実施(2016年9月15日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月14日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して20回の空爆を実施、このうちシリア領内での ... http://syriaarabspring.info/?p=31177      ■シリア軍消息筋は反体制派の停戦違反が15日だけで55件に達したと述べる一方、シ 全文をよむ

2016-09-15 シリア:米露による新停戦合意が概ね遵守されるなか、アレッポ市東部各所で人道支援物資受け入れ拒否とアル=カーイダとの共闘を求めるデモ (その他紙)

■米主導の有志連合はシリア領内での空爆で民間人を殺害したことを認める(2016年9月13日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月7日から12日までの6日間にシリア領内で実施された空爆によって複数の民間人が巻き添えとなって犠牲となったと発表した。 発表によると、9月7日のダイル・ザウル市近郊での空爆では、非軍用車輌1輌が ... http://syriaarabspring.info/?p=31159      ■米主導の有志連合は13日にシリア領内で17回の空爆を実施(2016年9月14日) 全文をよむ

2016-09-14 シリア:ロシアは「ヌスラ戦線保護を目的とした改ざん」を避けるため米・ロシアの新和平合意の内容公開と国連安保理決議としての採択を提案、米国は「文書の秘密性を保持したい」意向 (その他紙)

■米主導の有志連合は停戦初日の12日にシリア領内で15回の空爆を実施(2016年9月13日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月12日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して24回の空爆を実施、このうちシリア領内での ... http://syriaarabspring.info/?p=31132      ■米・ロシアの新停戦合意発効後もシリア各地で若干の戦闘続く(2016年9月13日) 全文をよむ

2016-09-14 パレスチナ:電気部門のイスラエルからの解放 (al-Hayat紙)

■電気部門の解放に関するイスラエルとの歴史的合意      【ラーマッラー: ワファー通信】      パレスチナはイスラエルとの歴史的合意を成し遂げた。この合意によって、パレスチナは電気部門においてイスラエルの占領支配から解放され、この部門の管理運営をパレスチナのエネルギー当局が担うことになる。      昨日、内政問題機構長のフサイン・シェイフ大臣は、パレスチナの「ワファー」通信社に対し、この合意が、明確な形で電気料金の支払いを行う方法を含んだものであり、パレスチナ当局に1994年の〔自 全文をよむ

2016-09-14 パレスチナ:ネタニヤフ首相の「民族浄化」発言に対する反論 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル領内のパレスチナ人がネタニヤフ首相に反対「『民族浄化』は1948年にイスラエルが行ったこと」      【ナザレ:本紙】      1948年に占領された地域内の政治活動では、イスラエル領内のパレスチナ人と入植者の間での[土地に対する]優先権を判じたベンヤミン・ネタニヤフ首相の主張への反論が行われた。アフマド・ティービー議員は以下のように強調した。「本当の民族浄化はイスラエルによって1948年のナクバ(訳者注:イスラエル建国に伴う難民発生と虐殺)の時に行われた。」昨日(13日)行わ 全文をよむ

2016-09-12 イラク:戦闘の優先事項をめぐる「人民動員部隊」とアメリカの反目 (al-Hayat紙)

シリア:戦闘の優先事項をめぐる「人民動員部隊」とアメリカの反目      【バグダード:フサイン・ダウド】      ダーイシュを優先して攻撃するにあたり、「人民動員部隊」の諸勢力とアメリカとの対立が改めて浮き彫りとなった。「人民動員部隊」が、モスルを奪還する前に、カルクーク県のハウィージャとサラーフッディーン県のシュルカートの奪還を志向する一方で、アメリカ政府はモスルをまず解放することに専念している。すでにアメリカ軍は、モスル開放を目指し、同都市南部にある基地で兵站強化の準備を行った。     全文をよむ

2016-09-12 シリア:ヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)と共闘するシャーム自由人イスラーム運動は米・露の新停戦合意を拒否、「穏健な反体制派」も態度保留 (al-Hayat紙)

■シャーム自由人イスラーム運動は米国・ロシアによる新停戦合意(12日発効予定)を拒否、「自由シリア軍」も態度留保(2016年9月11日) #シリア シャーム自由人イスラーム運動のアブー・ユースフ・ムハージル報道官は声明を出し、9日の米・ロシアによる新停戦合意に関して、「バッシャール・アサドを救出するようなものだ」と批判、拒否すると発表した。 ムハージル報道官は声明で ... http://syriaarabspring.info/?p=31095      ■ヒムス県東部でシリア軍とダーイシュが 全文をよむ

2016-09-12 チュニジア:シャーヒド首相、経済政策で内陸部の不満解消へ (al-Hayat紙)

■チュニジア:シャーヒド首相、経済政策で内陸部の不満解消へ      【チュニス:ムハンマド・ヤースィン・ジラースィー】      チュニジアのハミース・ジャヒナーウィー外相は「もし、リビア危機に対する政治的解決策を早急に講じなければ、チュニジアはテロリスト集団の温床へと変貌する。」と警告した。また、ユーセフ・シャーヒド首相は実業家らに、開発が進まず、貧困率の上昇に苦しんでいる内陸部への投資を呼びかけた。      ジャヒナーウィー外相は記者との対談で「チュニジアにとって最も重要なのは、同国がテ 全文をよむ

2016-09-12 アフガニスタン:タリバン撃退のため軍が南部の町を攻撃 (al-Hayat紙)

■アフガニスタン軍はタリバンによる包囲解除のために同国南部の町を攻撃      【アフガニスタン:AFP】      関係者が昨日発表したところによると、タリバンが南部ウルズガーン州の州都タリンコートで数か月前から敷いている包囲を解除するために、航空支援を受けたアフガニスタン軍が攻撃を開始したという。      反政府運動の戦闘員たちは木曜日の時点で、タリンコートへの突破を試みる大規模な攻撃を仕掛けていた。そこでは、多数の政府関係の建物を中心に激しい戦闘が展開され、急いで逃げた住民がパニックに陥 全文をよむ

2016-09-12 パレスチナ:イード礼拝後のアッバース大統領の願い (al-Quds al-Arabi紙)

■イードの礼拝後のパレスチナ大統領:今年が独立の年になることを願う      【ラーマッラー:アナトリア通信】      パレスチナのマフムード・アッバース大統領は月曜日〔12日〕、イード・アドハー〔犠牲祭〕の礼拝を行った後、次のように述べた。「今年がパレスチナ問題に関して良い年となり、私たちパレスチナ人に自由と独立がもたらされ、1967年の境界に基づき、東エルサレムを首都とする独立国家が建てられることを私たちは願っている。」      上記の発言は、同大統領が(ラーマッラーにある大統領府の)「 全文をよむ

2016-09-12 シリア:政府軍、YPGは米・露停戦合意を受諾、「穏健な反体制派」、イスラーム過激派はアル=カーイダへの攻撃は許されないとして受諾拒否 (その他紙)

■米主導の有志連合は9~11日の3日間でシリア領内で40回の空爆を実施(2016年9月12日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月9~11日までの3日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 9月9日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して16回の空爆を実施、このうちシ ... http://syriaarabspring.info/?p=31107      ■アサド大統領がダーライヤー市で犠牲祭の礼拝「我々はテロリストからすべての地域を 全文をよむ

2016-09-12 イラク:爆破テロの脅威が首都バグダードを覆う (al-Hayat紙)

■爆破テロの脅威がバグダードを覆う      【バグダード:本紙】      イラクのハイダル・アバーディー首相は、イード・アル=アドハー期間中のバグダードの治安維持を治安部隊に呼びかけた。これは、数十の街道や市場の封鎖、複数地区の封鎖など、政府が2日前に講じた厳戒措置を受けたもの。しかし、バグダードでは爆発物の爆発で多数のイラク人が死傷した。一方、首都作戦司令室は「民間人の命を守るため」必要な計画を準備していると発表した。      (後略) 全文をよむ

2016-09-11 シリア:イスラエル軍がアル=カーイダ系のヌスラ戦線、自由シリア軍とともにクナイトラ県のシリア軍拠点を攻撃 (その他紙)

■ダイル・ザウル市一帯でシリア軍とダーイシュの戦闘続く(2016年9月10日) #シリア ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区、ブガイリーヤ村でシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦、シリア軍が同地一帯を空爆した。 またダーイシュはダイル・ザウル市ジャウラ地区、ク ... http://syriaarabspring.info/?p=31084      ■反体制武装集団(イスラーム軍)が前日に引き続きダマスカス県マッザ区などを砲撃する一方、ロシア軍 全文をよむ

2016-09-10 シリア:米・露は12日からの戦闘行為停止、アレッポ市への人道支援、「テロとの戦い」合同作戦実施に向けて合意 (その他紙)

■米主導の有志連合は8日にシリア領内で9回の空爆を実施(2016年9月9日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月8日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して14回の空爆を実施、このうちシリア領内での空 ... http://syriaarabspring.info/?p=31061      ■米国・ロシアが、ダーイシュ、ヌスラ戦線に対する「テロとの戦い」での合同軍事作戦実施に向けてシリア 全文をよむ

2016-09-09 シリア:米主導の有志連合がイドリブ県を空爆し、シャーム・ファトフ戦線(旧ヌスラ戦線)の幹部2人を殺害か? (その他紙)

■米主導の有志連合は7日にシリア領内で5回の空爆を実施(2016年9月8日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月7日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して12回の空爆を実施、このうちシリア領内での空 ... http://syriaarabspring.info/?p=31027      ■化学兵器禁止機関のウズムジュ事務局長はアレッポ市スッカリー地区での塩素ガス使用疑惑を調査する意向 全文をよむ

2016-09-08 スーダン:バシール大統領はダルフール和平合意を祝う (al-Hayat紙)

■バシールはダルフール合意を祝う:平和を望む者には大赦を与える      【ハルトゥーム:ヌール・アフマド・ヌール】      スーダン大統領のウマル・バシール氏は昨日、「武器を放棄し、青ナイルと南クルドファーンの二地域、加えてダルフール州において戦闘を停止したすべての者に、個人・組織を問わず」大赦を与えることを改めて宣言した。バシール大統領はこう述べた。「平和を望む者には大赦を与える。武器を持つことにこだわる者は、戦場で会うことになるだろう。」そしてバシール大統領は、ドーハ和平合意の達成を祝し 全文をよむ

2016-09-08 シリア:ジャラーブルス市(アレッポ県)の統治をめぐってジャラーブルス市地元評議会とトルコが支援する武装集団が対立 (その他紙)

■米主導の有志連合は9月1~6日までのシリア国内での空爆実績を発表、ラッカ市一帯の空爆を重点化していることを明らかに(2016年9月7日) #シリア 有志連合の合同司令部は、9月1日および4~6日までの4日間のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 9月1日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して14回の空爆を実施、こ ... http://syriaarabspring.info/?p=31006      ■ロシア外務省はトルコ軍のシリア領内 全文をよむ

2016-09-07 シリア:政府軍がアレッポ市南西部で支配地域を拡大するなか、反体制派はアレッポ市東部でシリア軍が塩素ガスを使用したと主張して対抗 (その他紙)

■「シリアの友連絡グループ」閣僚級会合がロンドンで開催され、リヤド最高交渉委員会のヒジャーブ委員長が参加(2016年9月6日) #シリア 「シリアの友連絡グループ」(ロンドン11)閣僚級会合がロンドンで開催され、リヤド最高交渉委員会の委員長を務めるリヤード・ヒジャーブ元首相が参加し、移行期に向けた反体制派への支援策などについて協議した。 『ハヤート』(9月 ... http://syriaarabspring.info/?p=30977      ■サウジアラビアのジュバイル外務大臣「向こう24 全文をよむ

2016-09-07 エジプト:治安部隊はシナイ半島で「タクフィール主義者」11人を殺害 (al-Hayat紙)

■治安部隊はシナイ半島で「タクフィール主義者」11人を殺害      【カイロ:本紙】      エジプト軍は、この5日間の治安部隊との戦闘でシナイ半島北部の「タクフィール主義者」11人を殺害したと発表した。      軍報道官のムハンマド・サミール准将は、第二軍および第三軍がシナイ半島北部および中部におけるテロ活動撲滅指定地区で治安維持作戦を遂行、その結果として、この5日間の「治安部隊との銃撃戦によって、11人の凶悪タクフィール主義者を殲滅、他にも5人を負傷させた」と述べた。      (後略 全文をよむ

2016-09-06 シリア:トルコ軍の進攻やダーイシュによる連続自爆テロの陰で、ムウダミーヤト・シャーム市、ヒムス市ワアル地区の停戦合意は粛々と進行 (その他紙)

■オバマ米大統領とプーチン露大統領、シリア国内で活動する「テロ組織」の定義と人道支援の搬入経路をめぐって合意に達せず(2016年9月5日) #シリア バラク・オバマ米大統領とロシアのヴラジミール・プーチン大統領はG20が開催されている中国の杭州で会談し、シリア情勢への対応について協議した。 90分におよぶ会談で、両首脳は、シリア国内での戦闘停止、アレッポ市への人道支援 ... http://syriaarabspring.info/?p=30954      ■トルコのエルドーアン大統領はアレッ 全文をよむ

2016-09-05 シリア:反体制派の支配下にあるアレッポ市東部をシリア軍が再び包囲する一方、トルコ軍の支援を受けた反体制派はラーイー村とジャラーブルス市を結ぶ国境地帯全土からダーイシュを放逐 (その他紙)

■アサド大統領は英国議員らの使節団と会談(2016年9月4日) #シリア アサド大統領は英国の上下両院の議員、宗教関係者、学術関係者からなる使節団とダマスカスで会談した。 SANA(9月4日付)によると、会談ではシリア情勢や同国における「テロとの戦い」などについて意見が交わされたという。 ... ?http://syriaarabspring.info/?p=30933      ■シリア軍がヒムス県東部でダーイシュと交戦(2016年9月4日) #シリア ヒムス県では、SANA(9月4日付)によ 全文をよむ

2016-09-04 シリア:トルコ軍、シリア軍、そしてロシア軍の航空支援を受けたPYDがアレッポ市北部のダーイシュ支配地域を事実上挟撃 (その他紙)

■アル=カーイダ系のシャーム・ファトフ戦線(旧ヌスラ戦線)、シャーム自由人イスラーム運動がヌールッディーン・ザンキー運動(米国が支援)などと統一組織結成に向けた協議を続ける(2016年9月3日) #シリア ARA News(9月3日付)は、シャーム自由人イスラーム運動に近い消息筋の話として、アル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線(旧シャームの民のヌスラ戦線)がイドリブ県で活動する複数の武装集団と、組織逃亡に向けた会合 ... http://syriaarabspring.info/?p=3 全文をよむ

2016-09-03 シリア:「反体制派」がハマー県北西部のシリア軍拠点に対して初の空爆を成功させたと発表、その映像を公開 (その他紙)

■ロシアのプーチン大統領「アサド大統領を退陣させるのでなく、シリア国内の本質的変化を待った方が良い」(2016年9月2日) #シリア ロシアのヴラジミール・プーチン大統領はブルームバーグ(9月2日付)のインタビューで、シリア情勢に触れ、「我々は少しずつ正しい報告に前進している。我々が近く(米国と)何らかの合意に達し、国際社会に発表することを否定しない」 ... http://syriaarabspring.info/?p=30898      ■トルコのユルドゥルム首相「トルコはエジプト、シリア 全文をよむ

2016-09-03 シリア:反体制抗議デモを主導してきたダーライヤー市の住民300人が政府の仮設住居に移転 (al-Hayat紙)

■ムウダミーヤト・シャーム市から避難民300人が退避する一方、ハマー県では政権側が反撃に      【ロンドン、ベイルート:本紙、AFP】      シリア政府に対する抗議運動の前衛であるダーライヤー市出身の住民数百人を避難させるプロセスが昨日金曜日、始まった。これは、住民を仮設居住センターに移送するためのもので、政府と反体制武装集団の合意に基づいている。      (後略) 全文をよむ

2016-09-02 シリア:ヨルダンの教育副大臣はシリア人生徒を受け入れ続ければ学校運営が破綻すると警鐘を鳴らす (その他紙)

■バアス党シリア地域指導部が各支部指導部メンバーを大幅改編(2016年8月31日) #シリア バアス党シリア地域指導部は、クナイトラ支部、ダルアー支部、スワイダー支部、イドリブ支部、ティシュリーン大学支部、バアス大学支部、アレッポ大学支部、ラッカ県委員会(ラッカ支部)、アレッポ支部、ラタキア支部、ハマー支部、タル ... http://syriaarabspring.info/?p=30873      ■米主導の有志連合は8月31日にシリア領内で8回の空爆を実施(2016年9月1日) #シリア 全文をよむ

2016-09-01 シリア:ダーイシュのアドナーニー報道官に関して、米国に続いてロシア国防省がファトフ軍支配地域に対する空爆で殺害したと発表 (その他紙)

■国連安保理でシリア国内での化学兵器使用への対応を協議するための非公開会合が開催(2016年8月30日) #シリア 国連安保理では、シリア国内での化学兵器(塩素ガスを含む)の使用実態に関する国連および化学兵器禁止機関(OPCW)の合同査察機構が作成した報告書に関する非公開会合が行われた。 『ハヤート』(9月1日付)によると、この会合で ... http://syriaarabspring.info/?p=30859      ■米主導の有志連合は30日にシリア領内で8回の空爆を実施(2016年8 全文をよむ

2016-08-31 シリア:ジュンド・アクサー機構などがハマー県北西部のタイバト・イマーム市内北西部を、シリア軍がアレッポ市南西部のカラースィー村一帯を制圧 (その他紙)

■シリア軍がアレッポ市南部郊外のカラースィー村一帯で制圧地域を拡大(2016年8月30日) #シリア アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市のマシュハド地区、アンサーリー地区、サーリヒーン地区を「樽爆弾」で空爆する一方、アレッポ市南西部郊外の第1070集合住宅計画地区、士官学校一帯、アフルーカート ... http://syriaarabspring.info/?p=30852      ■ジュンド・アクサー機構などからなる反体制武装集団がハマー県北西部のタイバト・イマー 全文をよむ

2016-08-30 シリア:ハマー県北部でアル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」がシリア軍に猛攻 (その他紙)

■ハマー県北西部でジュンド・アクサー機構、イッザ軍がシリア軍に猛攻を加え、複数カ村を制圧か(2016年8月29日) #シリア ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が北西部のハルファーヤー市一帯でジュンド・アクサー機構などからなる反体制武装集団と交戦し、シリア軍は同地を激しく空爆・砲撃した。 ドゥラル・シャーミーヤ(8月29日付)によ ... http://syriaarabspring.info/?p=30815      ■トルコ軍の攻勢を受けてYPG主導のシリア民主軍はサージュー 全文をよむ

2016-08-30 イスラエル:ガザ市民の生活は貧困ライン以下 (al-Quds al-Arabi紙)

■14のイスラエル人権機関:テル・アビブはガザ市民に貧困ライン以下の生活を強いている      【ナザレ:ワディーウ・アワーウダ】      複数のイスラエルの人権機関が述べたところによると、イスラエルが10年前に開始した封鎖によって、ガザ地区のパレスチナ住民(180万人)は貧困ライン以下の生活を強いられているという。これら人権機関は、住民を支援する諸機関に注意を促し、共同声明の中で以下のことを明らかにした。約10年に及ぶ封鎖と度重なる戦争を受けて、ガザ地区の経済状況はまさに崩壊寸前である。失業 全文をよむ

2016-08-29 シリア:トルコ軍のジャラーブルス一帯への越境攻撃で民間人20人死亡、トルコ側は「テロリスト」を殺害したと発表 (その他紙)

■トルコ軍によるジャラーブルス市郊外一帯での越境攻撃で民間人20人が死亡、トルコ側はテロリスト25人を殺害したと発表(2016年8月28日) #シリア アレッポ県では、『ハヤート』(8月29日付)などによると、トルコ軍がジャラーブルス市郊外一帯で西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍の拠点に対して砲撃と空爆を続け、シリア人権監視団によると、ジャラーブ ... http://syriaarabspring.info/?p=30795      ■PYGと共闘する「自由シリア軍」 全文をよむ

2016-08-29 レバノン:軍諜報局がダーイシュに所属するとされるシリア人2人を逮捕 (al-Hayat紙)

■シリア人2名が「ダーイシュ」に所属する罪によりカフルルンマーン町で逮捕      【ベイルート:本紙】      レバノン国営のNNA通信によると、カフルルンマーン町でシリア人2名(Y.MおよびA.H)がダーイシュ(イスラーム国)に所属し、その幹部と接触した罪で、ナバティーヤ県(レバノン南部)のレバノン軍諜報局偵察隊に逮捕された。両名の身柄は関係治安当局に引き渡された。 全文をよむ

2016-08-29 チュニジア:シャーヒド新内閣が発足 (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジア:シャーヒド内閣が正式発足      【チュニス:アナトリア通信】      ユースフ・シャーヒド氏を首班とするチュニジア新内閣は月曜日、カルタゴ市にある迎賓館での引継ぎの式典により、ハビーブ・スィード前首相の内閣から正式に職務を受け継いだ。      引継ぎ式は、「カルタゴ合意」に署名した諸政党と諸団体そして諸憲法機関の代表者の出席の下で執り行われた。      スィード前首相は発言の中で、同国の全体的な状況としてすぐに政権変更が求められることに警鐘を鳴らし、こう述べた。「この新内 全文をよむ

2016-08-29 西サハラ:国連安保理におけるモロッコとポリサリオ戦線の争い (al-Quds al-Arabi紙)

■安保理はモロッコ・モーリタニア国境における「浄化」作戦に対する非難決議を否決      【ラバト:マフムード・マアルーフ】      国連安全保障理事会は、金曜〔26日〕夕方、モロッコ当局がモーリタニアとの国境近くの「カンダハール※」地域において実施している浄化作戦を非難する旨の決議を否決した。同決議は、ポリサリオ戦線がモロッコ側の活動を停戦協定違反として訴えた異議申立てに基づくものだった。      ※訳注:原文では「カンダハール」だが、記事内容から後述する「カルカラート」の誤植と思われる。 全文をよむ

2016-08-28 シリア:ダーイシュ掃討後のジャラーブルス市一帯でトルコ軍戦車部隊がYPG主導のシリア民主軍と初めて本格交戦 (その他紙)

■ダーイシュ掃討を目的にシリア領内に進攻したトルコ軍戦車部隊がYPG主導のシリア民主軍と初めて本格交戦(2016年8月27日) #シリア アレッポ県では、AFP(8月27日付)によると、トルコ軍がジャラーブルス市一帯に戦車部隊を増派し、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍所属部隊と交戦した。 トルコ軍とシリア民主軍が本格的に交戦したの ... http://syriaarabspring.info/?p=30788      ■停戦合意が成立したダーライヤー市(ダマスカス郊 全文をよむ

2016-08-27 シリア:トルコ軍と反体制武装集団はYPGに先んじてアレッポ県北部国境ベルト地帯の掌握をめざす (その他紙)

■トルコ軍と反体制武装集団はアレッポ県アアザーズ市とジャラーブルス市を結ぶ国境地帯の掌握をめざし、ダーイシュとの戦いを続ける一方、アフリーン市一帯のYPG拠点をともに攻撃(2016年8月26日) #シリア】アレッポ県では、ARA News(8月26日付)によると、ジャラーブルス市一帯では、トルコ軍によるダーイシュ(イスラーム国)拠点への砲撃と反体制武装集団とダーイシュの戦闘が続いた。 シャーム軍団、スルターン・ムラード師団 ... http://syriaarabspring.info/?p=3 全文をよむ

2016-08-26 シリア:ジャラーブルス市を「無血開城」したトルコ軍と反体制武装集団が同市南部でYPGと交戦する一方、シリア軍はダマスカス郊外県西グータ地方の反体制派の拠点ダーライヤー市での停戦を実現 (その他紙)

■西グータ地方(ダマスカス郊外県)の反体制武装集団の拠点都市ダーライヤー市で停戦が成立、戦闘員700人はイドリブ県に退去(2016年8月25日) #シリア ダマスカス郊外県では、SANA(8月25日付)によると、西グータ地方における反体制武装集団(イスラーム軍など)の拠点都市であるダーライヤー市で停戦合意が成立した。 ダーライヤー市長のマルワーン・ウバイド氏がSANA特派員 ... http://syriaarabspring.info/?p=30705      ■アレッポ市内ではシリア軍の空 全文をよむ

2016-08-26 西岸でイスラエルの銃弾によりパレスチナ人死亡 (al-Hayat紙)

■ 西岸でイスラエル兵の銃弾でパレスチナ人が死亡   【シルワード(西岸):ロイター、AFP】      パレスチナ医療筋は本日(金曜日)、被占領下西岸のラマッラー市東部の町シルワードにおいて、パレスチナ人一名がイスラエル兵たちの銃弾で殺害されたと発表した。      パレスチナ自治政府厚生省は、シルワードの入り口を見下ろすイスラエル軍監視塔の中にいた占領軍兵士たちの発砲により、イッヤード・ハーミド(38歳)が殺されたことを公式筋から伝えられたと明らかにした。      シルワード町議会議員のマ 全文をよむ

2016-08-25 エジプト:次期大統領選出馬に意欲 (al-Hayat紙)

■スィースィーは次期大統領選の立候補に可能性を示す      【カイロ:本紙】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は、2018年半ばに実施予定の大統領選挙における自身の立候補について広い可能性を示したが、それは「人民の意思」にかかっているとした。昨日にはヨルダン国王のアブドゥッラー2世とともに、「二カ国間の連携強化、特にテロとの戦いの取り組みと地域情勢」について議論した。      「フェイスブック」上のスィースィー公式ページでは、全国紙の編集長らによるインタビュー記 全文をよむ

2016-08-25 シリア:トルコ軍がダーイシュとPYDの排除をめざしてシリア領内に進攻、反体制武装集団が同市を制圧 (その他紙)

【トルコ軍がジャラーブルス市(アレッポ県)一帯からのダーイシュとPYDの排除を目的としてシリア領内に進攻、「穏健な反体制派」を主体とする反体制武装集団が同市一帯を制圧(2016年8月24日) #シリア】アレッポ県では、『ハヤート』(8月25日付)などによると、トルコ軍が午前2時、トルコ国境におけるダーイシュ(イスラーム国)の最後の拠点ジャラーブルス市一帯からダーイシュおよび西クルディスタン移行期民政局を排除するための作 ... http://syriaarabspring.info/?p=306 全文をよむ

2016-08-22 シリア諸勢力、トルコ国境で「ダーイシュ」を遠ざける準備 (al-Hayat紙)

シリア諸勢力、トルコ国境で「ダーイシュ」を遠ざける準備      【ロンドン:本紙】      クルド人は昨日、政府軍をシリア北東部のハサカ市の複数の地区から追い出し、同市において驚異的な前進を見せた。これはトルコ・イラク国境沿いに位置する同地域におけるプレゼンスを保持したいシリア政府の努力が失敗する状況下でのことであった。それにも関わらず、ロシアはクルド人勢力とシリア政府が展開しているこの「骨の折れる戦い」を止めるため、両当事者と接触し続けた。一方、シリア北部では新しい戦闘の兆しが現れた。時期 全文をよむ

2016-08-21 ガザ:イスラエル刑務所当局、ビラール・カーイド、ジャラール・ファキーフ両受刑者の危篤状態の中で獄中暴動に備えて厳戒体制をしく (al-Hayat紙)

【ガザ:ファトヒー・サバーフ】      パレスチナ解放人民戦線指導部のメンバーで約70日間にわたるハンガー・ストライキを決行中のビラール・カーイドと彼に連帯して本日21日(未明)もハンガー・ストライキを続けているジャラール・ファキーフは体調を崩して危篤状態に陥り、多くのパレスチナ人たちは二人の受刑者が落命するのではないかと危惧している。      ファキーフ氏は、パレスチナ解放人民戦線軍事部門の<シャヒード・アブー・アリー・ムスタファー軍団>の一員としてイスラエル占領に反対する軍事活動を行った 全文をよむ

2016-08-21 エジプト:シナイ半島と紅海国境を巡る動き (al-Hayat紙)

エジプト:ロシアの観光客回復は「時間の問題」      【カイロ:本紙】      エジプト政府は昨日(20日)、昨年10月、シナイ半島上空でロシア旅客機が墜落して以来落ち込んでいたロシアの観光客の回復が「時間の問題である」とした。一方、今月末に司法当局は、今年4月にエジプトとサウジアラビアの間で調印された国境線画定に関する協定の無効判決に向けられた新たな控訴に関して、調査を行うことを決定した。      エジプトのシャリーフ・ファトヒー航空大臣は昨日、ロシアの使節団が「エジプト国内の諸空港のセ 全文をよむ

2016-08-17 シリア:イラン国内の基地を離陸したロシアの戦略爆撃機がアレッポ市一帯などを空爆 (al-Hayat紙)

■ロシアの爆撃機が油田地帯に配備      【モスクワ、テヘラン、ワシントン:ラーイド・ジブル、ムハンマド・サーリフ・スィドキヤーン、ジュワイス・カラム】      ロシア軍の長距離爆撃機が昨日、イラン国内の軍事基地を離陸し、シリア北部の複数カ所を初めて空爆し、アレッポ市ラームーサ地区のイスラーム過激派拠点複数カ所が標的となった。ロシア政府の発表によると、イランの油田地帯にあるハムダーン航空基地に戦略爆撃機が展開し、シリアでの空爆に向かうための拠点として同基地の使用を開始した。またロシアの複数の 全文をよむ

2016-08-15 チュニジア:UTICA副会長が次期首相と会談 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヒシャーム・ロウミー:次期チュニジア政府は社会平和の実現と早急な成長促進を求める      【チュニス:ハサン・サルマーン】      チュニジア商工業〔・手工業〕連合(経営者団体)のヒシャーム・ロウミー副会長は、同連合がユースフ・シャーヒド内閣に参加する予定はないが、経済関連の閣僚ポストを占める人物については提案する可能性があることを述べた。ロウミー副会長は、シャーヒド内閣が社会平和の実現や投資家の誘致、経済成長の早期促進を求めることになると指摘した。      また、同副会長は、民間部門の 全文をよむ

2016-08-11 モロッコ:人権センターは今秋の総選挙における政教分離を求める (al-Quds al-Arabi紙)

■モロッコ:モロッコ人権センターが総選挙における宗教的象徴や宗教家の使用に対し警告      【ラバト・本紙】      モロッコ人権センターは、10月初週に行われる総選挙における宗教的象徴や聖職者、礼拝室の使用に対し警鐘を鳴らした。      同センターが述べたところによると、ワクフ・イスラーム担当大臣がイマームおよび宗教指導者らに対し、民主的選挙のために、来る選挙では中立が不可欠であるとの文書を送付したが、同文書は「選挙から宗教を隔離する水準には達しておらず、不十分である」という。      全文をよむ

2016-08-11 シリア:ダーイシュがマンビジュの3地点を攻撃 (al-Hayat紙)

■「ダーイシュ」がマンビジュ近郊 の3地点を攻撃      【ロンドン:本紙】      「ダーイシュ」は米国主導の有志連合の支援を受けるクルド人・アラブ人の合同部隊「シリア民主軍」の前にマンビジュで敗北をしたことを受けて、マンビジュ北部と南西部の3地点を攻撃した。      「シリア人権監視団」は以下のように述べた。「ダーイシュはアレッポ北東部に位置するマンビジュ北部、南部、西部に対し激しい攻撃を実施。3地点から市内へと進軍を目指していた。また両陣営間での 相互砲撃や爆撃による爆発音を伴う戦闘 全文をよむ

2016-08-10 イラク:ダーイシュ(イスラーム国)のメンバー多数がアル=カーイダに「バイア」(忠誠)を誓う (その他紙)

■キルクークのダーイシュ(イスラーム国)の司令官とメンバーがアル=カーイダとザワーヒリーに忠誠を誓う      【カーミシュリー:アフマド・シュワイシュ(ARA News)】      ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にある地域の地元消息筋は水曜日(10日)、司令官(アミール)複数人を含むメンバー多数が、アル=カーイダの指導者アイマン・ザワーヒリーに「バイア」(忠誠)を誓ったと述べる一方、専門家らはこの動きを「アブー・バクル・バグダーディーに対するクーデタ」だと見ている。      イラク北部 全文をよむ

2016-08-09 イラク:ダーイシュ(イスラーム国)支配下のモスル奪還の戦い開始間近 (al-Hayat紙)

■ハーリド・ウバイディー国防大臣はモスル奪還の戦い開始間近と述べる      【アルビール:バースィム・フランスィース】      イラクのハーリド・ウバイディー国防大臣は、モスル奪還の戦いが開始間近だと発表、この戦いがクルド人自治政府の武装組織「ペシュメルガ」との連携を伴うだろうと明言した。一方、宗教指導者 のムクタダ―・サドル氏は、自身の配下にある「サラーム中隊」 と米軍がこの戦いに参加することを 拒否すると発表した。      ウバイディー国防大臣は昨日、アルビール南西でのニナワ作戦司令 全文をよむ

2016-08-05 イラク:空爆で「ダーイシュ」(イスラーム国)メンバー数十人が死亡 (al-Hayat紙)

■空爆で「ダーイシュ」(イスラーム国)メンバー数十人が死亡      【バグダード・ブシュラー・マズファル】      イラクは、アンバール県でダーイシュの拠点を狙った空爆によってそのメンバー数十人を殺害したと発表した。またラブタ市の地元当局は、部族民兵が最近になって解放した対シリア国境のワリード通行所の死守を中央政府に求めた。      「合同作戦司令部」の戦時広報部隊は、有志連合の航空機が、司令本部が使用するジャズィーラト・ハーリディーヤにあるテロ一味「ダーイシュ」を空爆したと発表した。   全文をよむ

2016-08-05 チュニジア:労働総同盟はシャーヒド新首相に「カルタージュ文書」に準じるよう求める (al-Quds al-Arabi紙)

■チュニジア労働総同盟:私たちは新内閣に白紙の小切手を与えはしない      【チュニス:DPA】      国民対話カルテットの一翼として昨年ノーベル平和賞を受賞したチュニジア労働総同盟の事務局長は、新内閣に白紙の小切手を与えず、合意済みの優先事項をどの程度遵守するかを監視する、と述べた。      フサイン・アッバースィー事務局長は金曜日、プレス向け声明のなかで、「組合は組閣を命じられたユースフ・シャーヒド首相がカルタージュ文書の文言をどの程度遵守するかにだけ関心がある」と述べた。      全文をよむ

2016-08-05 イスラエル・パレスチナ:パレスチナ人拘留者約400人が刑務所でハンスト (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルの刑務所でパレスチナ人拘留者約400人が刑務所でハンスト      【ラーマッラー:ファーディー・アブー・サアディー】      パレスチナ人捕虜協会が発表したところによると、イスラエルの刑務所で、パレスチナ人拘留者約400人がさまざまな理由でハンガー・ストライキを開始、またレイモンド刑務所の拘留者80人も他刑務所の拘留者ととも無期限のハンストに加わった。これは、イスラエルの刑務所当局や抑圧的な看守が収監者に対して行う忌まわしい強制捜索や尋問などの厳罰政策に対する抗議である。     全文をよむ

2016-08-04 シリア:政府軍はロシア・イランの支援によりアレッポ近郊の複数地域を奪還 (al-Hayat紙)

■ 政府軍はロシア・イランの支援によりアレッポ近郊の複数地域を奪還する      【ロンドン、ベイルート:本紙、AEP】      アレッポで、シリア政府軍とそれを支援するイラン人民兵 と 、反体制イスラーム主義 勢力間で戦闘が続くなか、同地南西地域に対するロシアの激しい空爆もあり 、シリア政府軍側は複数地域を奪還した。一方、ロシア軍機 は、イドリブ郊外 とダマスカスのグータ地方に空爆 を続けている。      (後略) 全文をよむ

2016-08-03 ヨルダン:ヨルダンの活動家、ヨルダン公立高校試験でベドウィン(遊牧民)生徒合格者の比率引き下げでイスラエル治安強化を図る由々しき事態を訴える (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン:ヨルダンの活動家、ヨルダン公立高校試験でのベドウィン(遊牧民)生徒合格者比率を引き下げてイスラエル治安強化を図る由々しき事態を訴える      【アンマン、本紙】      ヨルダンのベドウィン住民の政治活動家として有名な人物が、ヨルダン文部省は、イスラエルのヨルダン王国軍兵員を大幅増強せよとの強い要請のもとで、公立高校卒業試験合格者数を減らしていると警告した。      活動家のムハンマド・ハラフ・アルハディード氏は、アル・クドゥス紙支局へ宛てた私信の中で、ヨルダン文部大臣のムハン 全文をよむ

2016-08-03 イスラエル:米国での軍事演習にUAEとパキスタンとともに参加か (al-Quds al-Arabi紙)

■『ハアレツ』紙:UAEとパキスタンは2週間後の米国での軍事演習にイスラエルとともに参加      【被占領地エルサレム:アナトリア通信】      イスラエル軍は水曜日(3日)、一部アラブ・イスラーム諸国が米国での軍事演習にイスラエルとともに参加するとされることについてのコメントを拒否した。      イスラエルの(政府系)ラジオは次のように伝えた。「複数の非公式情報筋は、約2週間後に米国で行われる国際空軍演習に、イスラエル空軍がパキスタン空軍と首長国空軍とともに参加することを確認した」。   全文をよむ

2016-07-29 イラク:有志連合とイラク軍の空爆で「ダーイシュ」(イスラーム国)メンバーが多数死亡 (al-Hayat紙)

■空爆で「ダーイシュ」(イスラーム国)メンバーが多数死亡      【 バクダード:ブシュラー・マズファル】      有志連合とイラク空軍が行った空爆で「ダーイシュ」(イスラーム国)のメンバー多数が死亡したとバクダードで発表される一方、陸上作戦では、多くの地域で「ダーイシュ」の拠点が攻撃目標となった。また合同作戦司令部 は、首都バクダードで 先日、自爆攻撃未遂事件を起こしたテロ細胞 の摘発作戦の詳細を明らかにした。      (後略) 全文をよむ

2016-07-29 イエメン:政治評議会は和平協議の頓挫を警告 (al-Hayat紙)

■イエメンの運営を掲げる「政治評議会」は「和平交渉」の頓挫を警告      【クウェート:アフマド・ガラーブ・サナーア、本紙】      昨日、フーシー派とアリー・アブドゥッラー・サーレハ前イエメン大統領派の勢力は「政治、軍事、経済、行政の面で国を運営するための最高政治評議会」の形成を発表した。それは国連の主催の下、クウェートで開催されている政府使節団と反乱勢力間の和平交渉の頓挫が危ぶまれる局面において、行われた。さらに、今回の発表は、イエメンの危機に対する包括的且つ恒常的な解決の実現を目指す国 全文をよむ

2016-07-26 サウジアラビア:イエメンからの武装集団が国境地帯に侵攻、国境警備隊がこれを迎撃 (al-Hayat紙)

■サウジアラビア国境警備隊5人が死亡      【リヤド、サヌア、アデン:本紙】      サウジアラビア内務省は昨日、国境警備隊の隊員5人が、イエメン国境で早朝に起こった交戦と銃撃戦により死亡したと発表した。これにより前から国境警備隊は、ジュラーン地区からサウジアラビア領の侵攻を試みる敵対武装集団の監視を行っていた。      内務省声明は以下の通り:「地上部隊の支援を受け、国境警備隊はただちに武装集団への迎撃を行い、彼らと銃撃戦を行い、その試みは阻止された…」。      (後略) 全文をよむ

2016-07-25 シリア:アレッポ市東部の病院は「利用不能」に (al-Hayat紙)

■アレッポ市東部の病院は「利用不能」に      【ロンドン、ジュネーブ、ダマスカス:本紙、ロイター、AFP】      シリア政府軍による空爆を受け、アレッポ市東部にある唯一の小児病院と血液貯蔵施設を含む4軒の野戦病院が利用不能となった。これにより、昨日も続いたシリア空軍によるアレッポへの空爆のなかで、20万人の民間人が医療サービス不足の脅威に晒されることになった。一方、「赤十字国際委員会」は、アレッポ市東部の現状に対し「途方もない絶望感」を表明、同地では、負傷者を捜索して巡回する救急車が反体 全文をよむ

2016-07-24 ベイルート:レバノン軍がシリア人を拘束 (al-Hayat紙)

■レバノン軍がアルサールとキャンプ地内部で諸処の措置を取りシリア人を拘束      【ベイルート:本紙】      国民の保護と治安維持のミッション、特にレバノン軍が展開する国境地域におけるそれらの枠組みの中で、昨日の早朝から同軍は、車両と歩兵によるパトロールをアルサール市内と同市の諸地区、シリア移民キャンプの複数の入り口で開始した。      まるでレバノン軍は、広範かつ包括的な措置をとったかのようだ。同軍はワーディー・アルナブで車両を使ったパトロールを開始し、ワーディー・ハスヌではバリケード 全文をよむ

2016-07-20 シリア:ダーイシュが籠城を続けるマンビジュ市郊外に対する米主導の有志連合の空爆で民間人90人が死亡 (al-Quds al-Arabi紙)

■有志連合はマンビジュ郊外での虐殺で民間人90人を殺害:英国はアサド大統領による都市包囲を拒否、「西側は彼の退陣で合意している」と主張      【アレッポ:本紙バドル・フサイン記者】         米軍主導の有志連合は昨日火曜日朝、航空機によってマンビジュ市(アレッポ県)北東部のトゥーハール村の住民を虐殺、その犠牲者数は90人に及んだ。犠牲者のほとんどは子供と女性。      マンビジュ市の複数の活動家によると、有志連合は昨日朝、ダーイシュ(イスラーム国)とシリア民主軍(西クルディスタン移行 全文をよむ

2016-07-20 エジプト:今年のハッジ巡礼の準備 (Al-Ahram紙)

■帰国便は9月17日から……エジプト航空は6万5千人のハッジ巡礼者を輸送する準備にとりかかる……最初のツアーは8月20日から      【アフマド・マスウード、ライラ・アブドゥルハミード】      エジプト航空は、6万5千人が見込まれるハッジ巡礼者たちを飛行機に搭乗させ、神聖なる神の家への巡礼者を輸送する準備にとりかかっている。抽選によって選ばれた第一便が、翌8月20日に始まる予定だ。      エジプト航空株式会社のサフワト・ムサッリム社長は、次のように説明した。エジプト航空は、関係諸機関・ 全文をよむ

2016-07-20 モロッコ:アフリカ連合の28ヵ国が西サハラの資格停止を求める (al-Hayat紙)

■アフリカ連合の28ヵ国が「サハラ共和国(※)」の加盟資格の停止を求める   (※正式名称はサハラ・アラブ民主共和国だが、原文ではサハラ共和国と表記される。モロッコの南に位置する西サハラのこと)      【ラバト:ムハンマド・アシュハブ】      アフリカ連合の28ヵ国は、いわゆる「サハラ共和国」のアフリカ連合への加盟資格の停止を求めた。これは、モロッコが、1984年11月の〔西サハラ加入問題から、アフリカ連合の前身である〕アフリカ統一機構から脱退した後、空席となっていた自らの加盟資格の回復 全文をよむ

2016-07-19 サウジアラビア:皇太子は同国内での連続テロを非難したアラブ諸国に謝意を表明 (al-Hayat紙)

■サウジアラビアは「世界規模のテロ」に警鐘を鳴らす      【ジェッダ:本紙】      二大聖名の守護者の代理であるムハンマド・ビン・ナーイフ・ビン・アブドゥルアズィーズ皇太子は昨日午後、ジェッダのサラーム宮殿で閣議を主催した。皇太子は、ジェッダ、クタイフ、メディナの各所を標的としたテロ事件に関してアラブ友好諸国の首脳らが行った非難に対して、感謝と評価の意を表明し、「祖国の治安は大丈夫です、しかも最高レベルで…」と強調した。      (後略) 全文をよむ

2016-07-19 シリア:「反体制派」はYPGがシリア軍によるアレッポ包囲に荷担したと非難 (al-Hayat紙)

■クルド人はアレッポ包囲への支援を疑われる一方…ダマスカス郊外に空爆      【ロンドン:本紙】      アレッポ市での戦闘を継続するシリアの反体制諸派は、クルド民族主義政党の民主統一党(PYD)に属するクルド人戦闘員(YPGのこと)が(シリア軍による同市)包囲に荷担していると非難した。またラタキア郊外では、シリア政府軍・親政権民兵と反体制諸派との間で激しい衝突があり、ダマスカス西南のダーライヤー市ではシリア政府軍ヘリコプターが大量の「樽爆弾」を投下した。      (後略) 全文をよむ

2016-07-17 エジプト:トルコの事態を受け対策本部を設置、一方安保理決議の妨害を否定 (Al-Ahram紙)

■エジプト:トルコの事態を受け対策本部を設置、一方安保理決議の妨害を否定      トルコにいるエジプト人を支援するため外務省は危機対策本部を設置。・エジプトはトルコでの事件を非難する安全保障理事会決議を妨害したことを否定      【サーミー・カムハーウィー】      領事担当外務大臣補佐ヒシャーム・ナキーブ氏は、トルコで諸々の事件が起きた直後から、トルコに在留するエジプト人を安心させるため、在アンカラ・エジプト事業を担当するワーイル・ナッガール大使及び在イスタンブールのバッサーム・ラーディ 全文をよむ

2016-07-17 サウジアラビア:トルコ政府の要請を受け、在クウェート・トルコ大使館の防衛駐在官を国内で拘束 (al-Hayat紙)

■サウジアラビア政府はダンマームで在クウェート・トルコ大使館の防衛駐在官を拘束      【ダンマーム:アナトリア通信】      サウジアラビア政府は今日(17日日曜日)の夜、在クウェート・トルコ大使館のミカエル・ギョレル防衛駐在官を、トルコでのクーデタ未遂に関与した容疑で、サウジアラビアのダンマームにある空港で拘束した。身柄拘束はトルコ政府の要請を受けたもの。トルコの複数の外交筋がアナトリア通信(トルコ)に明らかにしたところによると、サウジアラビアは、ダンマーム市にあるキング・ファハド国際空 全文をよむ

2016-07-16 イラク・シリア:ダーイシュの「戦争大臣」の家族が地元ジョージアで弔意を受ける (al-Hayat紙)

■ジョージアのシーシャーニー氏の家族が同氏の死への弔意を受ける      【ビルキアニ(ジョージア):AFP】      水曜日に殺害が発表されたダーイシュ(イスラーム国)の著名なリーダーの1人であるウマル・シーシャーニーの家族は、ジョージアのビルキアニ地域にある彼の生まれ故郷で昨日、弔問を受けた。これにより、シーシャーニー氏の死は確実となった。数十人が、シーシャーニー氏の兄弟であるタンジーズ・バティラシヴィリを訪ね、シーシャーニー氏の死を少しも疑っていないと口々に述べた。      (後略) 全文をよむ

2016-07-16 ヨルダン:「富裕層候補者」たちが大多数を占めている (al-Quds al-Arabi紙)

ヨルダンにて「富裕層候補者」たちが大多数を占めている      ■ヨルダンにて「富裕層候補者」たちが大多数を占めている   推論の不足、現状分析の難航、十分な審議の欠如      【本誌:バサーム・アル=バダーリーン・アンマン】      ヨルダン議会選挙の反響にかかる初審議では、投票から約8週間前の人民の志向が完全に反映された。今回の初審議に対し、何らかの政治性に依る予想を立てることは難しいとみられる。その原因として、予想される選挙リストの仕組みや性質が挙げられる。さらには、政党や政党プログラ 全文をよむ

2016-07-15 パレスチナ:ガザ地区で発電所が停止 (al-Quds al-Arabi紙)

■ガザ地区電力会社が発電機一基を停止…気温が上昇する中で、燃料税徴収をめぐる西岸とガザの相違が一段と深刻化      【ガザ:本紙】2016年7月15日      パレスチナ自治政府ガザ地区のエネルギー当局は、火力発電所の燃料不足のため発電機一台を停める決定をした。同庁は燃料不足が、西岸地区の自治政府財務省が発電用燃料に対するいわゆる「ブルー」税を徴収し続けていることに起因するとしており、こうした事態は、気温上昇による酷暑のガザにおける配電計画に悪影響を及ぼしている。       エネルギー当局 全文をよむ

2016-07-14 モロッコ:イスラエルにおけるモロッコ系ユダヤ人の数は70~80万人に及ぶ (al-Quds al-Arabi紙)

2016年07月14日付 al-Quds al-Arabi紙   【ラバト:アナトリア通信】    モロッコのムハンマド・ハッサ-ド内務大臣は、イスラエルにおけるモロッコ系ユダヤ人(モロッコ王国出身者)は70~80万人であると述べた。   この数字は、火曜(12日)の夜、今年の10月7日に実施予定の国政選挙に関する法律の制定について討議するため開かれた下院内務委員会の席上で明らかにされた。    ハッサード内相は、本紙(アナトリア通信)が入手した委員会の音声記録コピーの中で以下のように述べて 全文をよむ

2016-07-13 アメリカ:ISは「カリフ制」の崩壊に備えている (al-Hayat紙)

「ワシントンポスト」:「ダーイシュ」は静かに「カリフ制」崩壊に備える      【ドバイ:本紙】      「ワシントンポスト」の今日(水曜)の記事によれば、「イスラーム国」組織(ダーイシュ)は、世界中で血みどろの攻撃を進める一方で、2年前に大騒乱の中で宣言した「カリフ制」が崩壊する可能性に静かに備えている。      同紙は以下のように加えた。「ダーイシュの指導部は、公開のメッセージにおいて、そしてシリアでの最近の活動を通じて、同テロ組織の戦闘能力が下がってきており、いま残っている拠点もやがて 全文をよむ

2016-07-12 シリア:「ジャズィーラ」に協力する記者がイドリブでの爆撃で死亡 (al-Hayat紙)

■「ジャズィーラ」の記者がイドリブでの爆撃で死亡      【ドーハ:AFP】      カタールの衛星テレビ局ジャズィーラ・チャンネルは月曜日、シリア北東部での爆撃により、同局に協力している記者が死亡したと報じ、この爆撃がシリア政府と同盟関係にあるロシアの空爆によるものだと非難した。      同局は、シリア北部に位置する「イドリブ県タルマニーン村に対するロシア軍の空爆によって、ジャズィーラ・チャンネルに協力するイブラーヒーム・ウマル記者が死亡した」と伝えた。      「シリア人権監視団」は 全文をよむ

2016-07-11 シリア:ホムスで死亡した米女性ジャーナリストの家族がシリア政府を提訴 (al-Hayat紙)

■ホムスで殺害された米女性ジャーナリストの家族はシリア政府を提訴      【ベイルート、ロンドン:本紙、ロイター】      2012年にシリアで殺害された米女性ジャーナリストのマリー・コルヴィン氏の家族は、アメリカ裁判所に訴えを起こした。家族は、シリア政府がコルヴィン氏を意図的に殺害したと疑っている。      また、コルヴィン氏が殺害時に勤務していた英『サンデー・タイムズ』紙が伝えたところによると、提訴はシリア人高官8人を名指し、彼らがジャーナリスト殺害を企ててきたとしたうえで、シリアのバ 全文をよむ

2016-07-10 イラク:アンバール県での解放作戦は依然として不完全 (al-Hayat紙)

■ジャズィーラ地方に残されたダーイシュ(イスラーム国)の支配地域の存在はアンバール県の諸都市にとって懸念の種      【バグダード:本紙】      アンバール県で最近解放された諸都市が、ラマーディー、ファッルージャ、ヒート、クバイクといった都市郊外でいまだに影響力を温存するダーイシュ(イスラーム国)の支配地域からの大きな脅威に直面し続けるなか、ハイダル・アバーディー首相は昨日、モスル市南部に位置するカイヤーラ戦略航空基地の再制圧を宣言した。      地元高官と部族長らは、最近の諸都市の解放 全文をよむ

2016-07-10 サナーア:フーシ―派の武器密輸は失敗 (al-Hayat紙)

■フーシー派によるミサイル密輸作戦は失敗      【サナアー、アデン:本紙】      昨日、サウジ主導の軍事同盟による空爆が激化するサナアー東部のナハム地方では、アブド・ラッボ・マンスール・ハーディー大統領支持派の正規軍とフーシー派武装集団の間で、ここ数週間で最も暴力的とされる衝突が勃発した。      イエメン軍や反体制派といった戦闘員は、同国南西部のサビーハ地域のラアス・アーラ地区沿岸部にて、カラシニコフ用の弾丸6000発をボートでフーシー派に運ぼうとする密輸作戦を頓挫させた。      全文をよむ

2016-07-10 シリア:YPG主導のシリア民主軍がマンビジュ市(アレッポ県)の4分の1を制圧 (al-Hayat紙)

■「シリア民主軍」はマンビジュの4分の1を制圧する      【ロンドン:本紙】      クルド人とアラブ人で構成されている「シリア民主軍」は、トルコとの国境に近いアレッポ県東部のマンビジュ市の4分の1の面積を制圧した。「シリア民主軍」は、有志連合の空爆による支援を受けて、41日ほど前にマンビジュ市に対する(自らの)攻撃を開始、同市では同軍とダーイシュ(イスラーム国)との間で戦闘が続いていた。      (後略) 全文をよむ

2016-07-09 イラク:バグダードでのダーイシュによるテロをめぐって同地の作戦司令官ら解任 (al-Hayat紙)

■アバーディー首相がバグダードの作戦司令官と上級士官を解任      【バグダード:フサイン・ダーウド】      イラクのハイダル・アバーディー首相は昨日、バグダードの作戦司令官と治安機関と諜報機関の高官を解任した。これは、カラーダ地区(バグダード)を狙い、死者約300人を出した爆発を受けたものだ。一方、辞任した内務大臣は、アバーディー首相が治安にかかる責任を免れようとしていると非難した。      (後略) 全文をよむ

2016-07-08 イラク:ダーイシュの攻撃により少なくとも35人死亡、60人負傷 (al-Hayat紙)

■バグダード北部、ダーイシュの攻撃により少なくとも35人死亡、60人負傷      【バグダード:ロイター】      イラク治安情報筋によると、昨日(木曜日)深夜、イラクの首都バグダード北部の霊廟を標的とした攻撃で、少なくとも35人が殺害され、他60人が負傷した。イスラム国(ダーイシュ)の組織が犯行を自認した。      攻撃は南サラーフッディーン県バラド地区にあるムハンマド・ビン・イマーム・アリー・ハーディーの霊廟を狙ったものであった。治安情報筋は夜11時近くに霊廟の外門で、男が爆弾ベルトを 全文をよむ

2016-07-06 イラク:「人民動員隊」へのバグダード治安確保要請、宗派間対立再燃の懸念増大 (al-Quds al-Arabi紙)

■「人民動員隊」へのバグダード安全確保の要請を受け、宗派間対立再燃の懸念増大      【バグダード:本紙】      カッラーダ地区における複数の爆発―「イスラーム国」が少なくとも213人殺害し、現代イラク史上最大とされる事件―に対する反応の一つとして、イラク諜報機関はテロに関与した全ての集団を逮捕すると発表した。これに伴い、罪状が特定されないままテロ犯罪の有罪人に対する死刑実施が発表された。      一方、シーア派諸勢力や諸政党は、解放された地区の住民らが首都バグダードに入ることを禁じるよ 全文をよむ

2016-06-28 ヨルダン:シリア反体制派用武器窃盗事件を受け、「治安改革」 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア反体制派戦闘員用の武器をヨルダン総合情報部職員が窃盗したことが明らかになり、ヨルダンで「治安改革」か      【ロンドン:本紙】      「ニューヨークタイムズ」紙はアメリカとヨルダン責任筋との取材をもとに、ヨルダン総合情報部の職員が、アメリカとCIAとサウジアラビアのGIPからシリア反体制派戦闘員用にヨルダンに送られた武器を窃盗し、闇市の武器商人に販売していたと伝えた。      また、同紙と「アル=ジャジーラ」の合同調査によると、盗まれた武器の一部は2015年11月にアンマンの警 全文をよむ

2016-06-28 レバノン:レバノン政府軍がバアルベックの難民キャンプを攻撃、103人のシリア人を逮捕 (al-Quds al-Arabi紙)

■レバノン政府軍がバアルベックの難民キャンプを攻撃、103人のシリア人を逮捕      【ベイルート:アナトリア通信】      レバノン政府軍は、シリアとの国境に隣接するアル・カーア村を襲った自爆攻撃で死傷者が出たのを受けて、翌日火曜日(6月28日)の明け方、レバノン東部のバアルベック地方のシリア人難民キャンプ数カ所への軍事作戦を行い、シリア人103人を逮捕した。      本日(28日)、政府軍は公式ホームページに発表した軍当局声明において、「本日の明け方、バアルベック地方の数カ所に配備され 全文をよむ

2016-06-27 エジプト:6月革命の3周年にあたって (Al-Ahram紙)

■革命の3周年に……政治家たち「6月30日革命はエジプト国家を分解から守った」      【アビール・ムルスィー】      政治家たちが意見を一致させたところによれば、3周年を迎える6月革命の諸目的のなかで達成された最も重要なことは、テロ組織であるムスリム同胞団を表舞台から退場させたこと、それにより宗教国家の思想を終焉させ、エジプト国家を分解から守ったことにある。しかし同時に、6月30日革命のすべての目的を達成するべく、近代的で市民的な民主国家を建設する速度を上げる必要性があることにも、政治家 全文をよむ

2016-06-27 クウェート:選挙法の改正に対して国民の不満が爆発 (al-Quds al-Arabi紙)

■:クウェート:選挙法の改正に対して国民の不満が爆発      クウェート:選挙法の改正に対して国民の不満が爆発      【本誌:モナ・アッ=シャムリー】      クウェートでは、選挙法の改正を受けて国民の不満が爆発している。そこでは、諸政治潮流や運動、そして多くの国民議会議員がこの改正に反対を表明した。この改正法の中では、神性や首長性を侮辱した市民は、選挙権と立候補権を一生涯剥奪されると定められている。      政治家や国民の間では、この改正法は「政治上の死刑」とさえ呼ばれており、彼らの 全文をよむ

2016-06-25 イラク:2000人以上の「ダーイシュ」構成員が後悔を表明 (al-Hayat紙)

■2000人以上の「ダーイシュ」構成員が後悔を表明する      【バグダード:本紙】      地域の「ダーイシュ」戦闘員2000人以上が、将校と部族長ら5名で構成される委員会の前で後悔を表明した。この委員会は、数日前からアーミリーヤ・ファルージャ市の酷い状況の最中に逃れてきた避難民2万人の書類調査を監督している。避難民らは、家族とともに長距離を移動したのちに到着した。      また本紙は、スンニ派の政治家たちが、「ダーイシュ」に志願したものの「殺人行為を行っておらず後悔を示している」200 全文をよむ

2016-06-23 シリア:アサド大統領が電力大臣に組閣を命じる (al-Hayat紙)

■アサド大統領、イマード・ハミースに対し新たに組閣を命じる      【ロンドン、ベイルート:本紙、ロイター】      シリア国営通信SANAは昨日水曜日、シリアのバッシャール・アサド大統領が電力大臣のイマード・ムハンマド・ディーブ・ハミース技師に新たに組閣を命じたと報じた。しかし、同通信社は組閣の理由については直ちに報じなかった。また、ハミース氏がワーイル・ハルキー氏の後継者となった理由についての詳細や、ハルキー氏が権力の座に留まるか引退するかについても報じなかった。      ハルキー氏は 全文をよむ

2016-06-23 ヨルダン:激動の中でヨルダン王国に息づく自制心 (al-Quds al-Arabi紙)

2016年06月23日付 al-Quds al-Arabi紙   ■ヨルダン:激動の中でヨルダン王国に息づく自制心      【ヨルダン:本紙記者】      中東が混乱を極めている今日、ヨルダンは約一週間前に生誕100周年を祝った。今年の5月にヨルダン国民が祝った独立70周年の話ではなく(それも祝福すべきことではあるが)、第一次世界大戦中にハーシム家が指導して引き起こしたオスマン帝国に対するアラブ大反乱勃発100周年のことである。この叛乱終結とともに、ハーシム家の子息であるアブドゥッラー国王が 全文をよむ

2016-06-22 パレスチナ:イスラエル占領当局と遺族ら、少年殺害に関して相反する主張 (al-Hayat紙)

■イスラエル占領当局はパレスチナ人少年殺害は過失であると決定したが、遺族は意図的な殺害であると主張      【ラーマッラー:本紙】      イスラエル軍は昨日(6月21日)未明、少年たちを乗せたパレスチナ人車両に向けて発砲し、マフムード・バドラーン少年(15歳)が殺害され、他の5人が負傷した。事件後、車両への発砲は意図的ではなかったとする軍の発表に対して、ヨルダン川西岸中部のラーマッラー市近郊のバイト・ウール・タフター村に住むバドラーン少年の遺族は、イスラエル兵士たちはパレスチナ人を見さかい 全文をよむ

2016-06-17 ダーイシュ、監獄、学校、モスクの児童を徴兵。児童を被害者から加害者へ① (al-Hayat紙)

■ダーイシュは刑務所や学校、モスクから子どもを徴用し……犠牲者から殺人者に変えた      【モスル:ムハンマド・アワード】      「ダーイシュ」〔訳者注:ISIS/ISILのアラビア語略称〕の旗を掲げた白色の車が、モスル市の西部に位置するマターヒン地区に入ってきた。そして車は住民でごった返す狭い小路の真ん中で止まった。武装した3人組が車から降り、ファラーフ・ウバイドの家へと向かい、家の扉をノックした。「ご主人、おめでとう。」3人のうちの1人、髭を生やした巨漢が家の主人の肩を右手でポンと叩い 全文をよむ

2016-06-17 ダーイシュ、監獄、学校、モスクの児童を徴兵。児童を被害者から加害者へ② (al-Hayat紙)

■ダーイシュは刑務所や学校、モスクから子どもを徴用し……犠牲者から殺人者に変えた      ※この記事は、以前に冒頭部分を訳出した記事の続きです。(前回記事⇒http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20160630_190137.html)      【モスル:ムハンマド・アワード】      〔モスル市西部の〕マターヒン地区で行われたサーリムの葬儀の席では、少年の遺影が飾られ、「ジハードと殉教」にまつわる彼の最後の話が遺族や親戚、友人たちの心を占 全文をよむ

2016-06-17 ダーイシュ、監獄、学校、モスクの児童を徴兵。児童を被害者から加害者へ③ (al-Hayat紙)

■ダーイシュは刑務所や学校、モスクから子どもを徴用し……犠牲者から殺人者に変えた③      ※この記事は、以前に二つに分けて前半部を訳した記事の続きです。      【モスル:ムハンマド・アワード】      ■「軍司令官の子獅子」から「カリフ制の子獅子」へ      ニーナワー県の地方行政官たちによれば、同県における18歳未満男子の人口は約75万人と推定される。侵攻の手始めとして、武装集団〔IS〕はこれらの少年を数十名徴兵し、消音機付き拳銃や即席爆弾を用いて地方行政官や政府官僚を狙う暗殺作戦 全文をよむ

2016-06-17 ダーイシュ、監獄、学校、モスクの児童を徴兵。児童を被害者から加害者へ④ (al-Hayat紙)

■ダーイシュは刑務所や学校、モスクから子どもを徴用し……犠牲者から殺人者に変えた④      【モスル:ムハンマド・アワード】      ※この記事は、以前に三つに分けて訳出したものの続きです。      ■疑いを強め、冒涜を勧める学習      〔モスル西部のモスクで教師を務めていた〕ジャブーリー氏が明らかにしたところによれば、「カリフ制の子獅子」計画の第一歩は、宗教的中心に押さえるところから始まった。ISはすでに、宗教指導者や説教師を拘束する広範なキャンペーンを行い、その数は数百名に及んでい 全文をよむ

2016-06-16 エジプトの偉大な知識人ビントゥッシャーティという女性の偉大さ (Al-Ahram紙)

■千人の男に値する女性      【ファールーク・ジュウェイダ】         偉大な文人である故タウフィーク・アル=ハキーム(1898~1987)を前にして 、私は恥じ入って座っていた。そこにはフセイン・ファウジー博士(1900~1988)やザキー・ナギーブ・マフムード(1905~1995)、ナギーブ・マフフーズ(1911~2006)、サラーフ・ターヒル(1911~2007)、ユースフ・イドリース(1927~1991)、サルワト・アバーザ(1927~2002)、ルイス・アワド博士(1915~ 全文をよむ

2016-06-15 イラク:ファッルージャからの避難民が急増 (al-Hayat紙)

■国連はファルージャからの避難民を収容するための新しいキャンプを設営する      【バグダード:本紙】   国連は、ファルージャにおける戦火から避難する人々の数が増加したため、さらなる避難民キャンプの設営を行ったと述べた。イラク議会は、政府と国際社会に対し、彼らを救助するために必要な資金を充足させるよう呼びかけ、人道危機に対する警鐘を鳴らした。   リーズ・グランディー国連イラク人道問題担当調査官は、次のように述べた。「数千人の市民が、イラク軍が開通させた安全な回廊を経由してファルージャから逃 全文をよむ

2016-06-13 パレスチナ人の強制退去のリスク増大 (al-Quds al-Arabi紙)

□国際連合:パレスチナ人コミュニティーが直面する住宅強制退去リスクの増大      【本紙=アナトリア通信】      国連は「イスラエルが繰り返すパレスチナ人たちの住宅破壊策によって、パレスチナ人コミュニティにおける住宅強制退去リスクが増大している」と発表した。      パレスチナ自治区の国連人道問題調整事務所は、「分断された暮らし」と題した報告書の中で以下のように述べた。「ヨルダン川西岸地区のパレスチナ人が自宅から強制退去させられる割合は2015年に減少した後、2016年はじめの4か月間に 全文をよむ

2016-06-11 スーダン:学生逮捕に対する抗議のラマダーン (al-Quds al-Arabi紙)

■逮捕されたハルツーム大学学生の家族は、ラマダーン月の開始以来、スーダン治安当局前でイフタールを食べる      【ハルツーム:本紙】      逮捕されたハルツーム大学学生たちの家族は、スーダン治安当局の前で、恵み深きラマダーン月を過ごし、1ヶ月以上に及ぶ息子たちの逮捕に抗議している。逮捕された者たちの家族は連続して4日間、ハルツームの治安・諜報機関の本部前でラマダーンのイフタールを食べ、いくつかのメモを提示し、学生の逮捕を批判するプラカードを掲げた。      ハルツーム大学の学生の一団が大 全文をよむ

2016-06-10 パレスチナ:イスラエル、パレスチナ人数百人に対し、金曜礼拝のためのエルサレムの立ち入りを禁止 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエル、パレスチナ人数百人に対し、金曜礼拝のためのエルサレムの立ち入りを禁止      【ラーマッラー:カイス・アブー・サムラ、アナトリア通信】      イスラエル占領当局は金曜日(10日)の朝、数百人のパレスチナ人に対してエルサレム市への立ち入りを禁止した。イスラエルの厳しいセキュリティ体制が敷かれているエルサレムへ向けて、ラマダン月最初の金曜日のアクサーモスクでの合同礼拝に参加しようとヨルダン川西岸諸県から多くの人々が押し寄せている。      アナトリア通信の特派員によると、イスラ 全文をよむ

2016-06-10 パレスチナ:イスラエル当局はテルアビブ襲撃事件を受け、パレスチナ人の通行許可証停止および西岸への増援部隊派遣を決定 (al-Quds al-Arabi紙)

■イスラエルがテルアビブの襲撃事件を受けてパレスチナ人8万3千人の通行許可を停止、西岸地区に増援部隊を派遣      【首都:本紙=ワディーウ・アワーウダ/ファーディー・アブー・サアディー両特派員発】      イスラエル当局は昨日木曜日(6月9日)、パレスチナ人8万3千人に対するラマダーン期間中のイスラエル領内および東エルサレへの通行許可を取り消した。またイスラエル軍は、テルアビブで二人のパレスチナ人の襲撃によりイスラエル人四人が死亡した翌日、西岸占領地への増援部隊派遣を発表した。      全文をよむ

2016-06-09 国連:ダーイシュへの警戒を強める (al-Hayat紙)

■「ダーイシュ」が「より深刻な」局面を開始することを警戒      【ニューヨーク:本紙】      国連は、「ダーイシュ」が「より深刻な新局面」を開始し、それは「市民・国家などの目標に対する、さまざまな方法による、完全な形で準備され中央統制された攻撃の危険性の増加によって」特徴付けられると警告した。安全保障理事会は昨日夕方、潘基文・国連事務総長の報告書について検討することを決定した。同報告書はさまざまな勧告を含んでいるが、その中には、各国が外国人テロ戦闘員の移動に対する監視を強め、彼らに関する 全文をよむ

2016-06-08 シリア:「自由シリア軍」南部戦線所属部隊がイスラエルとの合意に基づき、シリア領内に人道支援物資を搬入 (その他紙)

■イスラエルは非難のただ中でクナイトラ郊外に人道支援物資を搬入      【ホムス:ハイサム・ムスタファー、ARA News】      水曜日の朝、イスラエル国境の町イッシャの通行所からシリア南部のクナイトラ郊外県の町にイスラエル政府から提供された人道支援物資が搬入され、「自由」県議会(訳注:後述の暫定政府傘下の議会のこと)は援助配給を非難した。      人権活動家でクナイトラ郊外出身のアーミル・アーミル氏がARA Newsに述べたところによると、「今朝イスラエル側からクナイトラ西部郊外にあ 全文をよむ

2016-06-06 サウジアラビア:在イラク大使が語る両国関係の変化 (al-Hayat紙)

■サブハーン氏:イラクのサウジアラビアへの開放は反対諸派に怒り      【ジッダ:イナード・ウタイビー】      在イラク・サウジアラビア大使のサーミル・サブハーン氏は、(名前の明かされない)諸派が、サウジアラビア―イラク関係、中でも特にシーア派―アラブ関係における開放〔の動き」を不安に感じていることを強調した。また、テヘランが2003年のアメリカによるイラク侵攻とサッダーム・フセイン体制の崩壊以来、イラク情勢を支配しようと試みていることを指摘した。      サブハーン氏は本紙との通信にお 全文をよむ

2016-06-05 シリア:革命以降政府軍が1万9千人以上の子どもを殺害した疑い (al-Hayat紙)

■報告書は、革命以降シリア政権が1万9千人以上の子どもを殺害したと疑っている      【ロンドン:本紙】      反体制系のシリア人権ネットワークは、最新の報告書の中で以下のように述べた。「我々は2011年3月の革命勃発以来、シリア政府軍の手によって19,773名の子どもたちが殺害されたことを証明した。うちの297名は狙撃手による銃弾に倒れ、少なくとも159名が拷問のために死亡した。また、殺害された子どもたちのうち拘束されていた子どもの数は1万人を超え、うち2,716名は今日に至るまで依然と 全文をよむ

2016-06-01 チュニジア:テロリスト勧誘細胞を摘発 (al-Hayat紙)

■チュニジア政府:紛争地帯へ若者を派遣するテロ細胞を解体      チュニス:ムハンマド・ヤースィーン・ジャラースィー         チュニジア当局は若者を勧誘し紛争地域へ派遣することを中心的に行うスース県のテロ細胞を解体することに成功した。一方国会議員は同僚議員が便宜供与の見返りとして賄賂を受領した疑惑の解明を求めた。チュニジア内務省は昨日発表した声明で国防部隊(憲兵)がスース県沿岸部(北東部)で7人からなるテロ細胞を解体したと述べた。彼らはいわゆる「ジハード」のために若者を勧誘し武装組織に 全文をよむ

2016-05-31 イエメン:国連特使による和平協議の進行 (al-Hayat紙)

■イエメン政府は防衛大臣の釈放を条件付ける      【クウェート:本紙】      包括的和平合意の内容形成に近づきつつある見通しの中、国連イエメン担当特使のイスマーイール・ウルド・シャイフ氏は、昨日、クウェートにおける連続協議の3日目として、イエメン政府代表団、フースィー派代表団およびアリー・サーリフ前大統領派との間で、治安・政治の両課題に関する間接協議を行った。これは複数の当事者が停戦を破りつつある中で進められている。      同日早朝には、両代表団は、囚人および捕虜の名前のリストを交換 全文をよむ

2016-05-26 シリア:オブライエン国連事務次長「必要とあれば、ダーイシュと連絡を取り合う用意はある」 (al-Quds al-Arabi紙)

■シリア民主軍がラッカ農村地帯での作戦開始後初めて1カ村を制圧      【各国首都:各国通信社、本紙】      シリア人権監視団は昨日水曜日、シリア民主軍がラッカ北部農村地帯での作戦開始後初めて1カ村を制圧した、と発表した。      同監視団はまた、有志連合の戦闘機がラッカ県北部のヒーシャ村一帯にあるダーイシュの拠点に対して複数回の空爆を実施したことを明らかにした。同地では、南部のアイン・イーサー市農村地帯とともに、シリア民主軍とダーイシュ間で散発的な交戦が起こっている。      シリア 全文をよむ

2016-05-26 レバノン:国連は早期の大統領選を求める (al-Hayat紙)

■安保理はレバノン大統領不在に対し強い懸念を表明      【ベイルート:本紙】      国連安全保障理事会は、「2年間続くレバノン大統領の不在と、これが招いた内閣機能の制限、これにより国民議会が可決された法案を公布することができない事態に対して、極めて強い表現により、深い」懸念を表明した。同理事会は、昨日の声明の中で、「大統領不在とそこから生じた政治的麻痺は、同国が直面している治安・経済・社会・人道分野での高まる脅威に対処する力を深刻なまでに弱めている」と述べた。あわせて、安保理加盟国が「レ 全文をよむ

2016-05-25 シリア:サウジが後援するイスラーム軍と、ヌスラ戦線に近いラフマーン軍団がカタールの仲介で停戦合意 (Al-Nahar紙)

■東グータで活動する二つの武装集団がカタールで停戦合意      【n.p.:AFP】      シリアの反政府勢力の対立し合う二つの派閥が、カタールで行われた交渉で停戦合意をしたとの声明をそれぞれ発表した。      イスラーム軍とラフマーン軍団との戦闘が勃発した4月以降、500人以上が死亡、シリア政府軍は、この戦闘に乗じてダマスカス郊外県東グータ地方で戦果を得た。      イスラーム軍が昨日発表した声明によると、最高交渉委員会総合調整役のリヤード・ヒジャーブ博士のもと、停戦のための包括合意 全文をよむ

2016-05-24 イラク:政府軍がファッルージャ奪還へ (al-Quds al-Arabi紙)

■イラク:ファッルージャへの侵攻の開始、謎の迫撃砲がバクダードを攻撃      【バグダード:本紙(ムスタファー・ウバイディーと諸通信社)】      昨日月曜日〔5月23日〕、イラク軍の戦闘員2万人が――戦闘機や装甲車、砲兵旅団に援護されながら――、長きにわたった包囲後の突入に向け、ファッルージャの丘陵部に到着した。      彼らは同市を奪還するための「テロの破壊」作戦を開始した。ファッルージャは、バクダードの西60kmに位置し、米軍が駐在した時期にも熾烈な戦いが行われてきた地域である。現在 全文をよむ

2016-05-22 イラク:イラク軍、キム地区前線の解放を計画 (al-Hayat紙)

■イラク軍、シリア国境監視所奪還を計画      【バグダード:フサイン・ダーウード】      イラク軍はキム地区への攻撃を計画している。キム地区は、シリアと国境を接するアンバール県最西部に位置する「フラート州」の州都である。現在、「ダーイシュ」が同地域を実行支配している。今回の計画にあたって、イラク軍は数日前に国際道路やヨルダンとの国境監視所における支配地を拡大した。アンバール県の部族の長老の一人であるシャアラーン・ナムラーウィーは「ハヤート紙」にこう発言した。「治安部隊は、アメリカに支持さ 全文をよむ

2016-05-21 パレスチナ:パレスチナの分裂問題はエジプトに任せるべき (al-Hayat紙)

■パレスチナ指導部:地域間の争いは和解を妨げる      【ロンドン:本紙】      パレスチナ指導部の高官が本紙に対し述べたところによれば、「地域間の争いは、パレスチナ地域における「ファタハ」と「ハマース」間での和解と、分裂の終了を妨げる主な要因となっている。このような地域間の争いは陰を投げかけており、和解問題にマイナスの影響を与え、和解策の実行を妨げ、トルコ・カタール両国に〔パレスチナ介入を〕促した」。また同氏は「例えば、トルコはエジプトがこの役割を勝ち取ることを望んでいない。ここには、エ 全文をよむ

2016-05-20 イラク:イラク軍、アンバール県ルトバ郡を解放 (al-Hayat紙)

■敗北により「ダーイシュ」は「国家」から眠れる細胞の集まりへと変化するだろう      【バグダード:本紙】      イラク政府はアンバール県ルトバ郡の解放を達成したと発表した。この発表で中心となったのは同県内における「ダーイシュ」の後退と「人民動員部隊」によるファルージャ解放の戦闘準備に関する情報である。オブザーバーたちは、劣勢のダーイシュはモースルでの勢力を強固にし、自称する「国家」の状態から「眠れる細胞〔訳者注:普段は一般市民を装っているが組織からの指令を受けてテロなどを実行する潜伏者〕 全文をよむ

2016-05-20 パレスチナ:フェイスブック上の投稿を理由にパレスチナ人の少女28名を逮捕 (al-Quds al-Arabi紙)

■フェイスブック上の投稿を理由にパレスチナ人の少女28名が逮捕      【ラマッラー:本紙、ファーディー・アブー・サアダー】      パレスチナ囚人調査センターが明らかにしたところによれば、2015年の10月1日にパレスチナの民衆抵抗が勃発してから7ヶ月の間、パレスチナ人女性が様々な口実で逮捕される傾向が強かった。こうした口実のうち特に目立ったのは、入植者によるアクサー・モスクへの侵入と侵害行為に対する妨害、或いは「刺傷作戦」に代表される占領への抵抗作戦の実施を計画するといったものであった。 全文をよむ

2016-05-19 パレスチナ:ベルギー議会がパレスチナ人議員をノーベル平和賞に推薦 (al-Quds al-Arabi紙)

■ベルギー議会がマルワーン・バルグースィー氏をノーベル平和賞に推薦      【ラマッラー:アナトリア通信】      ベルギー議会は昨日〔18日〕、マルワーン・バルグースィー氏をノーベル平和賞に推薦した。バルグースィー氏はパレスチナ人の代議士であり、2002年からイスラエルの刑務所に投獄されている。      ベルギー議会がノーベル賞委員会に宛てた手紙には、次のように記されていた。「私たちベルギー議会の議員は、政治的立場を超え、上院・下院ともに、マルワーン・バルグースィー氏をノーベル平和賞へ推 全文をよむ

2016-05-16 シリア:シリア人からの臓器買取が横行 (al-Hayat紙)

■生きるために―少なくとも1万8千人のシリア人が臓器を売る      【ドバイ:本紙】      「ダマスカス大学」法医学科の学科長で、「法医学総合委員会会長」のフサイン・ナウファル氏が述べたところによると「臓器売買がこの4年間でシリア人約1万8千人に及んだ」という。また同学科長は「これらの手術の多くはレバノン、トルコなどのシリア近隣諸国の難民キャンプで行われた」と付言した。      同学科長の発言は「ニュース・ディープリー」のサイトで公開された徹底調査のなかで述べられた。「インターナショナル 全文をよむ

2016-05-12 エジプト:テロリストによるインターネット利用抑止の必要を強調 (al-Hayat紙)

■スィースィー大統領は「テロリスト」のインターネット活用に抵抗し、域内での協力を唱道      【カイロ:アフマド・ムスタファー】      エジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は「テロリストが自らの思想の拡散や新たな構成員の勧誘にインターネットサイトを活用していることに抵抗」するよう呼びかけた。また、昨日のカイロでのクウェートのヤアクーブ・アブドゥルムフスィン・サーニウ法務宗教関係大臣との会談で、スィースィー大統領は「テロ撲滅のための地域的、国際的取り組みにおいて、本件へ関心を 全文をよむ

2016-04-29 イスラエル:第三国の主導権を拒否 (al-Hayat紙)

■イスラエルがフランスの主導権を拒否      【占領地エルサレム:サマー通信】      イスラエルは昨日、国際和平会議の開催についてフランスが主導権をとることを公式に拒否した。これは、来月〔5月〕末に予定される関係国外相会議に先立ってのことである。      ネタニヤフ首相官邸は、ユダヤ教の過ぎ越しの祝いに入る前の最終日である公休日に声明を発し、以下のように述べた。「わが国は、二国間直接交渉こそがパレスチナ・イスラエル間の争いを解決する最善の方法とする現在の立場をかたく守る。」加えて、イスラ 全文をよむ

2016-04-27 ヨルダン:憲法改正で国王の権限強化、国王のサウジアラビア訪問歓待される (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン:下院が憲法改正案を可決、国王の権限強化   国王アブドゥッラー2世「7度目の」サウジアラビア訪問、「大歓待」される      【アンマン:本紙】      ヨルダンの国会は昨日水曜日の午後アンマンで、新たな憲法改正諸案を可決した。同改正案は一連の主要統治機関に対する責任を国王が専有するとし、議会による統治モデルから一歩後退した。物議を醸す憲法改正案は下院において150議席中120人の賛成多数で可決された。一方、反対はわずか5人で、欠席は25人。改正案によれば、上院の議長および議員、司 全文をよむ

2016-04-26 ロシア:シリアの和平交渉停滞で反体制派を非難する (al-Hayat紙)

■ロシア政府は高等交渉委員会を強く非難し、テロ組織リストに複数の反体制派グループを加えるよう強硬に主張する      【モスクワ:ラーイド・ジャブル】      ロシア大統領府はシリア交渉が行き詰まったことで、同国の懸念を表明した。しかし国際シリア支援グループに政治プロセス推進のための会合を呼びかけることを否定した。また一方でセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は「高等交渉委員会を除外した交渉プロセスの継続」が必要であると強調した。また彼は同委員会が「安保理諸決議を履行していない」と非難した。      全文をよむ

2016-04-21 シリア:政府、反体制派は包囲する四つの町の住民合わせて500人を「交換」 (al-Hayat紙)

■ダマスカスとシリア北部付近の包囲下にある町々の住民が避難開始      【ロンドン、ベイルート:本紙、AFP】      反政府勢力包囲下にあるシリア北西部の二つの町の住民250人の避難許可の合意を受けて、親政府部隊包囲下にあるレバノン国境近くの二つの町の住民250人が昨日避難を開始した。      「シリア人権監視団」によると、「バス複数台がイドリブ北東の郊外のフーア市、カファルヤー町に入り、負傷者や患者と彼らの付き添い約250人を乗せた。またダマスカス郊外のザバダニ市、マダーヤー町にも、同 全文をよむ

2016-04-14 シリア:ジュネーブ和平協議再開 (al-Hayat紙)

■デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表が反体制派の代表団と会談し、和平協議が再開      【ロンドン、ニューヨーク、ジュネーブ:本紙、AFP】      昨日(13日)、ジュネーブでスタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表と反体制派の「最高交渉委員会」の代表団が会談し、シリア和平協議が再開された。一方、バッシャール・ジャアファリー氏率いるシリア政府代表団は金曜日(15日)に同地に到着する。      デミストゥラ国連特別代表とシリア政府代表団および反体制派代表団は2週間ぶりに再 全文をよむ

2016-04-12 ロシアのヘリコプターがシリアで墜落 (al-Hayat紙)

■ロシアのヘリコプターがシリアで墜落、パイロット2人が死亡      【モスクワ:AFP、本紙】      本日火曜日、ロシア国防省はシリアのホムス市近郊でヘリコプターが墜落し、ロシア人パイロット2人が死亡したと発表した。リア・ノーヴォスティ通信は、ヘリコプターは射撃されたわけではないと指摘した。また国防省は声明で、ヘリコプターの乗組員2人が死亡し、遺体は救出作戦を通じて搬出され、シリア北西部にある「ハミーミーム基地」へ運ばれたとし、ヘリコプターは射撃にさらされたのではないと付け加えた。     全文をよむ

2016-04-12 イエメン:340万人のイエメン人女性が健康上の危険にさらされる (al-Hayat紙)

■健康上の危険にさらされる340万人のイエメン女性      【サナア:ジャマール・ムハンマド】      国連人口基金は15歳から49歳までの出産適齢期の約340万人のイエメン女性たちのニーズに対する更なる懸念について公表した。そのうち約50万人の妊婦は9か月の間に出産を控えている。      1年間に及ぶ紛争により、2120万人が何らかの形で人道支援を必要とする事態がもたらされた。そのうちの約半数は女性と子供である。また、医療サービスの崩壊と、医療分野の資格を有している労働者と出産時の救命に 全文をよむ

2016-04-10 エジプト:サウジ国王が経済協力とテロ撲滅を訴える (al-Hayat紙)

■二聖都の守護者:サウジアラビアとエジプトにとって非常に大きな経済的飛躍を実現するための歴史的機会      【カイロ:本紙】      二聖都の守護者サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王は、本日(日曜)、サウジアラビア王国とエジプト・アラブ共和国が両国間の協力により非常に大きな経済的飛躍を実現する歴史的機会にあることを確認し、過激主義とテロの撲滅のために協働する必要性を強調した。      同国王は、両国間の緊密な協力がアラブ・イスラーム世界にとって、数年にわたる混乱の後の秩序形成のため 全文をよむ

2016-04-08 シリア:ジュネーブ和平交渉に向けた準備 (al-Hayat紙)

■「合同軍事評議会」と「憲法公布」―シリア「移行政権」設立のための二つの新たな考え      【ロンドン:イブラーヒーム・ハミーディー】      ロシア当局は昨日(7日)反体制派の指導者に対し、来週行われるジュネーブ和平交渉への参加を促しつつ、「バッシャール・アサド大統領が次期大統領選に出馬する権利」を強調しながら同勢力への圧力を継続した。また、シリア政府軍と反体制派グループの代表から構成される「合同軍事評議会」の創設案が最優先事項として蘇る一方、次期和平交渉の場で新憲法もしくはその基礎となる 全文をよむ

2016-04-06 サウジアラビア:「ダーイシュ」(イスラーム国)がサウジアラビア人士官暗殺を認める (al-Hayat紙)

■「ダーイシュ」はサウジアラビア人士官暗殺を認める      【ダンマーム:ムニーラ・フダイブ】      サウジアラビア人士官(階級は大佐)が昨日火曜日の朝、銃撃により負傷し、アルジャー町(リヤド北西部)で殺され、テロ組織「ダーイシュ」(イスラーム国)は犯行への関与を認めた。      サウジアラビア内務省治安担当報道官は報道発表のなかで次のように述べた。「昨日火曜日朝8時半、ダワーディミー県のアルジャーの中心で、キターブ・マージド・ハマーディー大佐が何者かの銃撃を受け、殉職した」。また関係治 全文をよむ

2016-04-06 イラク:イラク軍によるニーナワー解放作戦は難航 (al-Quds al-Arabi紙)

■ペシュメルガ高官「イラク軍はニーナワー解放作戦において人的・物的被害を被った」      【アルビール:アナトリア通信】      イラク北部のペシュメルガのジャバール・ヤヴィル書記長はイラク軍がダーイシュからのニーナワー解放(開放)作戦を進めることができなかったことによる懸念を表明し、作戦は著しい進展を見せないままイラク軍が人的・物的被害を被ったことを明らかにした。      ニーナワー一帯を解放する軍事作戦は13日前にマフムール(モースルの60km南東)を主目標に始まった。これについてヤヴ 全文をよむ

2016-04-06 エジプト:サウジ国王初訪問 (al-Hayat紙)

■二聖都の守護者〔サウジ国王〕が今日エジプトへの歴史的訪問を開始      【カイロ:ムハンマド・サラーフ】      二聖都の守護者サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王が、本日〔6日〕夕方、カイロに到着する。これに対しエジプトのアブドゥルファッターフ・スィースィー大統領はカイロ国際空港で国王を出迎え、国王と随行派遣団をヘリオポリスの大統領官邸まで案内する予定だ。そこで両首脳は、来週月曜まで続く本訪問中の初会談を開く。      ニ聖都の守護者がエジプトを公式に訪問するのは今回が初めてで、 全文をよむ

2016-04-05 シリア:ヌスラ戦線が戦闘機を撃墜 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヌスラ戦線、アレッポ南部で戦闘機を撃墜し操縦士を拘束。反政府軍はトルコ国境付近で「イスラーム国」の拠点に向けて進軍      【各国:外部通信社、本紙】      シリア人権監視団によると、昨日(4日)月曜日に、シリアのアレッポ市南部の地域でイスラーム主義勢力の戦闘員が戦闘機を撃墜した。同地域では武装集団がシリア軍やその同盟関係にあるグループとの戦闘を繰り広げている。      同団体は、戦闘機は「ヌスラ戦線」の支配下にあるアレッポ南部郊外に位置するアイス地域のイスラーム主義勢力により撃墜され 全文をよむ

2016-03-30 イラク:ダーイシュ(イスラーム国)はペシュメルガ隊員1人を処刑 (al-Hayat紙)

■ダーイシュは「ペシュメルガ」隊員1人を処刑      【アルビール:バースィム・フランスィース】      ダーイシュ(イスラーム国)は「ペシュメルガ」隊員のクルド人捕虜1人を処刑するビデオ映像を放映し、クルディスタン地域のマスウード・バールザーニー大統領に対して、「モスルの民間人」への砲撃を続ければ、他の捕虜も殺すと脅迫した。一方、モスル南部からの住民らの避難も激しさを増した。      ダーイシュの軍事拠点に対する空爆が激化し、「モスル解放作戦の第一段階」が開始されるなか、ダーイシュは最近 全文をよむ

2016-03-30 シリア:軍はダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるホムス県中部のカルヤタイン市に向け進軍 (al-Hayat紙)

■アサド大統領は紛争解決を加速させるため「勝利」に賭ける      【モスクワ:ラーイド・ジャブル、ニューヨーク、ロンドン:本紙】      シリア軍は昨日、シリア中部のホムス県東部農村地帯 に支配地域を広げようとした 。また、タドムル市からのダーイシュ掃討から2日が経った昨日、ダーイシュに支配されているカルヤタイン 市への進軍に成功した。こうしたなか、英『テレグラフ』紙は、「砂漠の真珠」と称される(パルミラ)遺跡の大部分を破壊せずに維持するとする「秘密合意」をシリア政府とダーイシュが交わしてい 全文をよむ

2016-03-30 エジプト:スィースィー大統領、中央会計検査院長を罷免 (al-Hayat紙)

■エジプト:スィースィー大統領が中央会計検査院長を罷免する       【カイロ:本紙】      一昨日の夕方、アブドゥルファッターフ・スィースィー大統領は、中央会計検査院院長のヒシャーム・ゲニーナ判事を免職する決定を下した。また、副院長のヒシャーム・バダウィー判事に対し、新院長が任命されるまでの間、院長の職責を務めることを課した。      大統領の声明にはゲニーナ氏の免職に関する詳細な情報は含まれていなかったが、その後、国家安全高等検察庁が発した声明の要約が出された。そこでは、エジプトにお 全文をよむ

2016-03-30 アルジェリア:西サハラ問題でフランスに介入を要求 (al-Hayat紙)

■アルジェリア、モロッコとの間の危機を解決するための介入をフランスに要求      【アルジェ:アーティフ・カダーダラ】      フランスのジャン=マルク・エロー外務大臣は、同国が西サハラにおける国連西サハラ住民投票ミッション(MINURSO)の継続を支援すると発表した。一方、アルジェリアはこの問題においてフランスがより大きな役割を果たすよう要求した。      昨日(29日)、フランスのジャン=マルク・エロー外務大臣とシリアのワリード・ムアッリム外務大臣はアルジェを訪問した。これは4月9日に 全文をよむ

2016-03-27 エジプト:シナイ半島で軍がダーイシュに対する攻撃を拡大 (al-Hayat紙)

■軍がシナイ半島でダーイシュに対する攻撃を拡大、戦闘員19名を殺害      【シナイ半島:本紙】      エジプト軍は北シナイ県での銃撃戦で「ダーイシュ(イスラーム国)」のエジプト支部「アンサール・バイト・マクディス」の戦闘員19名を殺害した。一方、マジュディー・アブドゥルガッファール内務大臣は昨日(26日)、イタリア人学生レジェーニさんの殺害事件の真相究明に向けた捜査が進行中であると強調し、この事件は難しい問題で、内務省は重大な関心を払っていると指摘した。      また同大臣は昨日(26 全文をよむ

2016-03-21 シリア:ロシア軍が2日間でダーイシュの本拠地を2度にわたり空爆し、55人が死亡 (al-Hayat紙)

■ラッカへのロシアの空爆で虐殺発生、ダーイシュはシリア中部と北部を攻撃      【ロンドン、ベイルート:本紙、AFP】      ロシア軍機はシリア北東部ラッカ市に対して2日間で2回目となる虐殺を行い、激しい爆撃で市民約60人が犠牲になった。ロシア軍機はまた、ダーイシュ(イスラーム国)とシリア軍の戦闘が行われている遺跡の町タドムル市への爆撃も継続した。      シリア人権監視団は「ラッカ市に対する数時間に及ぶ二つの虐殺で、子供13人、女性(市民)12人、さらには妊婦1人とその胎児を含む55人 全文をよむ

2016-03-21 エジプト:シナイ半島北部で再びダーイシュによるテロ (al-Hayat紙)

■ダーイシュによるアリーシュでの攻撃によりシナイでの暴力が再び前面に      【カイロ:アフマド・ラヒーム】      アリーシュ市南部の警察拠点を狙った流血を伴う攻撃により、北シナイ県で再びテロが勃発した。攻撃により、3名の将校を含む15名の警察官が殺害された。これに先立ち、同県の各都市で散発的な攻撃が起こり、軍の将校や兵士が殺害された。最も大きな攻撃はラファフの軍営地内における即席爆弾の爆発で、これにより5名の兵士が殺害された。      ダーイシュのエジプト支部「シナイ州」の一団は一昨日 全文をよむ

2016-03-18 イエメン:アラブ連合の空爆がマアリブ・ジャウフに拡大 (al-Hayat紙)

■アラブ連合の空爆がマアリブ・ジャウフに拡大      【サナア、アデン、タイズ:本紙】      イエメンの正統政府を支持するアラブ連合の戦闘機は昨日(17日)、サナアと同市周辺にあるフースィー派の武装兵およびアリー・サーリフ前大統領の部隊の拠点複数に対する空爆を再開した。同時に、タイズ県の反乱者およびその増援部隊の拠点にも集中的な攻撃を行った。同県では、「人民抵抗」とイエメン軍の合同部隊と、フースィー派民兵との戦闘が続いている。      空爆はサナア東部ナクム地域のハファー軍営地、また首都 全文をよむ

2016-03-18 ヨルダン:神殿の丘に監視カメラを設置 (al-Quds al-Arabi紙)

■ヨルダン:来週神殿の丘に監視カメラを設置、クネセトは作戦実行犯の死刑法案を審議      【ラーマッラー:本紙】      イスラエル・ヨルダン間の合意に基づき、東エルサレムにある神殿の丘に監視カメラを設置すべく、ヨルダンが来週からインフラ整備に着手する予定だ。      一方、クネセト(議会)の司法閣僚委員会は明日、イスラエル人殺害を実行するパレスチナ人に死刑を科す法案について審議する。ヘブライ語の放送局によると、同法案は犯行を通してイスラエル人を殺害するパレスチナ人を死刑と定めるもので、受 全文をよむ

2016-03-16 リビア:ダーイシュが南部油田に勢力を伸長 (al-Hayat紙)

■ダーイシュがリビア南部の油田に勢力を伸張      【トリポリ:アリー・シュアイブ】      ダーイシュがリビア東南部のサリール油田を襲撃したというニュースは、政府関係者の間に大きな動揺をもたらした。北部海岸沿い中部のスルトに存在が確認されていたダーイシュが、南端の新たな諸地域へ勢力を伸張し、同地の石油プラントを標的としているということが、重大な意味をもつためである。これまでのダーイシュの攻撃は、スルトから「石油の三日月地帯」までの地域にとどまっていたが、それでも各地の港は石油輸出を一年以上 全文をよむ

2016-03-16 イラク:ダーイシュ(イスラーム国)がアンバール県東部でイラク軍を攻撃 (al-Hayat紙)

■アンバールの戦闘地域からイラク人3万5,000人が避難      【バグダード:フサイン・ダーウド】      ダーイシュ(イスラーム国)がアンバール県東部の町で、イラク軍部隊の進軍を食い止めようとして一連の攻撃を行う一方、国連はこの戦闘によって過去4日間に約3万5,000人が避難したと発表した。      本紙に対し、アンバール県の長老の一人アブドゥルマジード・ファフダーウィー氏が述べたところによれば「ダーイシュはヒート郡東部のムハンマディー町で、対テロ部隊が同町中心部に向けて進軍するのを食 全文をよむ

2016-03-14 サウジ政府:国内のヒズブッラー関係者を処罰する (al-Hayat紙)

■サウジ政府は「ヒズブッラー」の共鳴者を訴追する      【リヤド:本紙】      サウジアラビア内務省は、サウジアラビア国民と同国の居住者のうち、民兵組織「ヒズブッラー」のすべての共鳴者や協力者、および資金提供者を起訴する強い意向を発表した。同省公式筋によると、「ヒズブッラー」への支持や所属を表明する者だけでなく、同組織に共鳴する者やその宣伝をする者、寄付をする者、連絡を取る者、あるいはメンバーを隠避する者に対し、「『テロ犯罪およびテロ資金提供処罰法』等の法律および命令を適用し、厳罰に処す 全文をよむ

2016-03-13 パレスチナ:イスラエルのガザ空爆で幼い姉妹が死亡 (al-Hayat紙)

■イスラエルによるガザへの空爆により児童が2人死亡      【ガザ : ファトワー・サッバーフ】      イスラエル占領軍は金曜日の夜から土曜日にかけてガザ地区に対して行った戦闘機による一連の空爆でパレスチナ人児童2人を殺害した。      ガザ地区における保健省報道官のアシュラフ・クドラ氏の発表によると、女児イスラー・アブー・クーサさん(6才)はイスラエルによる空爆の最中に受けた傷が原因で、昨日午後に亡くなったという。この空爆は、ガザ地区西北端にある「ハマース」の軍事部門「カッサーム大隊」 全文をよむ

2016-03-11 シリア・イラク:ダーイシュの「戦争大臣」の生死いまだ確認できず (al-Hayat紙)

■シーシャーニー氏は「死んだのか…死んでいないのか」      【ベイルート:ロイター、AFP】      シリア人権監視団は昨日木曜日、「ダーイシュ(イスラーム国)のアブー・ウマル・シーシャーニー氏は重傷を負っているが、まだ生きている」と発表した。この発表は「シーシャーニー氏はアメリカの空爆によって死亡した可能性が高い」とするアメリカの複数の高官の発言と矛盾している。      シーシャーニー氏は、アメリカ国防総省がダーイシュの「戦争大臣」と称している人物だが、同高官らは火曜日、彼がハサカ県( 全文をよむ

2016-03-11 イエメン:軍と人民抵抗勢力、複数地区でフースィー派民兵らを掃討 (al-Hayat紙)

■イエメン軍と「人民抵抗」勢力、第35旅団を制圧      【タイズ:本紙】      イエメン軍は本日(金曜日)、「人民抵抗」勢力支援のもと、フースィー派民兵ならびにアリー・アブドゥッラー・サーリフ元大統領による武装勢力の形勢が悪化した後、タイズ市西部の旧空港内にある第35旅団基地の制圧に成功した。      人民抵抗勢力の情報筋はイエメン通信に対し「イエメン軍と人民抵抗勢力の部隊は金曜日午前、タイズ市西部ならびに南部の地区複数を標的とした最大級の攻撃を実施。ミスラーフ地区、ワラカ山地帯、ビイ 全文をよむ

2016-03-10 イラク:ラマーディー東でイラク軍とイスラーム国が衝突 (al-Hayat紙)

■ラマーディー東でイラク軍とダーイシュ間の激しい戦闘      【バグダード:ブシュラー・ムザッファル】      アンバール県の地元筋は、ラマーディー東にて治安部隊ならびに部族民兵らとイスラーム国(ダーイシュ)間で戦闘が勃発したと明らかにした。時を同じくして、ラマーディー市北部の村はイスラーム国から解放されたとの報道がなされた。一方イスラーム国は、サラーフッディーン県東のトゥール・フーズマートゥー郡を狙ったミサイル攻撃を行った。      同地元筋は「ラマーディー東のブーウバイド、ブーバーリー 全文をよむ

2016-03-09 イラク:軍はラマーディー西部の地域複数を解放 (al-Hayat紙)

■イラク軍はラマーディー西部の地域複数を解放      【バグダード:ブシュラー・ムザッファル】      イラク軍はラマーディー西部の解放に成功した。一方防衛省は、軍の部隊からモスル近郊のマフムール郡に食糧が新たに届けられ、モースル解放作戦を準備していると発表した。      防衛省は声明の中で、「第16歩兵部隊司令部および随行部隊、特別作戦司令部は今朝(昨日、8日)、ヒート郡浄化作戦の一環として、ラマーディー西端に位置するザンクーラ地域とアスリーヤ村の大規模浄化作戦を行った。これは、軍と有志 全文をよむ

2016-03-08 サウジアラビア:核の平和的利用でロシアと協力合意 (al-Hayat紙)

■サウジアラビアは、核エネルギーの平和的利用分野でのロシアとの協力合意を承認する。      【リヤド:本紙】      サウジアラビア内閣は昨日、ヒジュラ暦1436年9月1日付でサンクトペテルブルクで署名されたサウジアラビア・ロシア両政府間の核エネルギーの平和的利用分野の協力合意を承認した。      二聖モスクの守護者サルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王はまた、マレーシアのムハンマド・ナジブ・アブドゥルラザーク首相との会談の成果を内閣に報告、二国間関係の深化と、さまざまな分野で関係を支え 全文をよむ

2016-03-08 シリア:YPG主導のシリア民主軍がダーイシュ支配下のハサカ・ラッカ県境に進軍 (al-Hayat紙)

■「シリア民主軍」はハサカ・ラッカ県境に進軍      【ロンドン:本紙】      ハサカ県に展開する「シリア民主軍」部隊が、ラッカ県からの部隊と合流したとの情報が流れるなか、「シリア民主軍」はシリア北東部における「ダーイシュ」(イスラーム国)との戦闘で新たな進軍を遂げ、過激派「ダーイシュ」への圧力を強めている。      シリア人権監視団はハサカ県に関する昨日の報告のなかで、ハサカ市南部郊外に位置するマルカダ地区一帯で、「シリア民主軍」(クルド人が支配的)とダーイシュが激しく