エジプト:数日中にムスリム同胞団に解散命令
2013年09月06日付 Al-Ahram紙


■数日中にムスリム同胞団解散

【本紙】

社会連帯省のスポークスマンであるハーニー・ミハンナー氏は昨日(5日)、執務時間の終了した時点において、ムスリム同胞団の責任者が誰も、社会連帯省にやって来なかったことで、三度目の、そして最後の猶予期間が終了することを明らかにした。その猶予期間とは、同胞団に向けられている容疑に反論する機会を与えるべく、社会連帯相が与えたものである。

同スポークスマンは昨日、(国営通信社の)シャルク・アウサトに対し、社会連帯省は法的な措置を取り、数日中に同胞団の解散という決定を出すだろうと語った。これは市民団体連合の勧告を受けてのものである。



本記事はAsahi 中東マガジンでも紹介されています。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:八木久美子)
(記事ID:31360)