ルーマニアに2―0、サッカーワールドカップ出場に望みつなぐ
2013年09月11日付 Hurriyet紙


サッカートルコ代表チームは、ワールドカップ本選に進むための、ヨーロッパ予選Dグループにおいてもっとも重要な試合で、アウェーでのルーマニア戦を2-0で勝利した。この結果でトルコ代表月星チームは、2011年以来初めて2二試合連勝した。試合の最後に、セルチュク・イナンに関して悲しい知らせが入ってきた。後半35分に左足にファールを受けたセルチュク・イナンは、試合後、スタジアムを松葉づえをついて後にした。

サッカートルコ代表チームは、ワールドカップ本選に進むための、ヨーロッパ予選Dグループにおいてもっとも重要な試合で、アウェーでのルーマニア戦を2-0で勝利した

トルコ代表月星チームは、この勝ち点3により、Dグループの、10月に戦う予定の、エストニアとオランダとの試合に勝つと、グループ2位通過となるチャンスを手にした。グループ内の、我々にも関わってくる試合では、ハンガリーが、ホームゲームでエストニアを5-1で下した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岡田 唯)
(記事ID:31416)