ベシクタシュに、大きなペナルティ確実―ガラタサライ戦ピッチへ乱入
2013年09月23日付 Milliyet紙


ベシクタシュ・ファンにとって、(延長戦でベシクタシュ側の応援団がピッチに流れ込み、殴る蹴るの騒ぎをおこした)ガラタサライ戦での混乱は、大きな打撃となるだろう。ベシクタシュには、6~10試合の観客なしでの試合が課せられるとみられている。審判団と代表団の報告書が、罰則の内容を決定する。

アタテュルク・オリンピックスタジアムでおきた事件は、ベシクタシュ・ファンに重くのしかかるだろう。ガラタサライとの試合の4試合を全勝し、快進撃を続けていたベシクタシュは、今回の事件により、大きなペナルティを課せられることになる。試合の監視にあたっていたハリト・アルスラン、ヤシャル・チャタル、アリ・テミズの3氏からなる代表団、および審判団のレポートを、プロサッカー規律委員会が裁定し、ベシクタシュに対し6~10試合の観客なしでのプレーを内容とする処罰が下されるものとみられている。事件の重要性を考え、この決定を、委員会を開催して決定する。(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:31504)