司法権報道官「ガメ・ザニーのような誤った伝統には取り締まりを行う」
2013年11月12日付 Jam-e Jam紙

 モフセニー=エジェイー司法権報道官は昨日、記者会見でアフマディーネジャードやメフディー・ハーシェミーに対する裁判から、妨害電波をめぐる問題に至るまで、記者からのさまざまな質問に答えた。その中で同報道官は、ムハッラム月の行事で行われる一部の「誤った伝統」について、取り締まりを行う予定であることを明らかにした。

 ファールス通信の報道によると、ゴラームホセイン・モフセニー=エジェイー師はホセイン哀悼行事の際に行われる、〔ナイフで額を突く〕ガメ・ザニーのような一部の「誤った伝統」について、質問に答える中で、「司法ならびに治安機関は、何年も前からこの問題で予防措置を講じてきたし、今も講じている」と述べた。

 同師はさらに、「人々も、今ではこの問題で〔当局・宗教指導者の指導に〕従うようになってきており、こうした行動は以前と比べて少なくなってきている。しかしもしこうした行為が行われるようなことがあれば、彼らにまずは注意を与え、その後に取り締まりを行うことになろう」と続けた。

〔‥‥〕

Tweet
シェア


関連記事(マカーレム=シーラーズィー「ホセイン哀悼行事が政治的問題とまぜこぜになるようなことは避けよ」)
関連記事(エスファハーンで哀悼行事中に事件が続発)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:白糸台国際問題研究所)
(記事ID:31955)