テヘラン大学に女性学長、誕生か?
2014年02月27日付 E'temad-e Melli紙
(IRNAニュースサイトより)
(IRNAニュースサイトより)

エラーヘ・クーラーイー女史は、テヘラン大学から学長就任への打診があったことを認めた。エラーヘ・クーラーイーは、このことを受け、ILNA(イラン労働者通信)の取材に対し、次のように述べた。

この件での提案が出され、現在、大学でも教育省でも協議が行われている最中だ。

クーラーイーはこう述べた。

私のテヘラン大学学長就任は、大学担当者らの決定、とくに、[現学長の]オミード博士の決定によって行われるものだ。過去何年にもわたり、学術研究分野で大きく力を尽くしてきた。様々な学生・教授陣からこの件に関しての強い要請があったようだ。

エラーヘ・クーラーイーは、テヘラン大学法律政治学部、政治学教授。2011年にはテヘラン大学の「優秀」研究者、そして、2013年には「最優秀」研究者に選ばれた。学内ではこれまでに数々の役職を歴任している。

Tweet
シェア


関連記事(「コラム:イラン・米協議には現実的な視点が必要」)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8400001)
(記事ID:33097)