UAE:2013年、アブダビのGDPは2600億ドル
2014年03月18日付 al-Hayat紙


■2013年、アブダビのGDPは2600億ドル

【アブダビ:シャフィーク・アサディー】

アブダビ経済開発局は、アブダビ首長国の昨年の国内総生産は時価で、4.8%の成長率となる9532億3900万ディルハム(約2600億ドル)を記録したと概算した。そして、2000年以来GDPは時価で2001年の1857億ディルハムから5倍に増加したと述べた。

同局のナースィル・ダイヤーン経済統計局長は同局本部で昨日(17日)開かれた記者会見において、「2011年の8466億8400万ディルハムに対し、2012年のGDPは時価で9090億ディルハムに達した」と述べた。

「アブダビ統計センター」が行った調査結果によると、天然資源産業(原油・天然ガス)の活動による付加価値は時価で、2013年には約1%の成長率となる5238億9900万ディルハムに達した。一方で、非石油部門のGDPについての同センターの見積もりは、時価で約10%の成長となる4293億4000万ディルハムに達した。

アブダビ経済開発局は、非石油部門におけるこの飛躍は、アブダビが経済基盤を多様化するために、その発展過程において過去10年間で行ってきた努力の大きさを反映していると述べた。

同局は、「民間部門も同様の飛躍を実現した。そして、生産と輸出分野での相対的競争優位性を大きく享受するようになった。これにより、地域的・国際的なこれからの経済状況や動向に対して、より効率的な役割を果たすことができる」と指摘した。

「アブダビ統計センター」は、2012年のGDPへの天然資源産業の活動の占める割合は2011年の57.3%に対して、時価で57%に達したと指摘した。そして、2013年のGDPに占める割合は時価で55%になると予測した。

同センターは、GDPへの非石油部門の活動の占める割合は時価で、2012年の43%から2013年の予想では45%に上昇したと述べた。



本記事はAsahi 中東マガジンでも紹介されています。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:田村颯)
(記事ID:33255)