週刊新聞『デイ月9日』の発行停止処分、取り消しか?
2014年04月24日付 Jam-e Jam紙
『デイ月9日』紙第42号、紙面トップの見出しは、「ザリーフ外相よ、これが最後の警告だ」
『デイ月9日』紙第42号、紙面トップの見出しは、「ザリーフ外相よ、これが最後の警告だ」

【同紙2面】週刊『デイ月9日』紙の統括責任者は、同紙の発行停止が取り消されたと伝えた。
 同紙責任者のハミード・レサーイー氏は、タスニーム通信の取材のなかでこう述べた。

週刊『デイ月9日』紙の発行停止処分取り消しは、昨日火曜日[4月23日]午後、当方に通知された。

これに対し、プレス監視委員会のセイエド・アッラーウッディーン・ゾフーリヤーン書記は、IRNA(イラン国営通信)のインタビューに応じ、この件については関知していないと述べ、こう話した。

これまでのところ、我々は司法関連当局からこの問題について何の知らせも受けていない。


Tweet
シェア


関連記事(「週刊『デイ月9日』誌、《大統領批判》を理由に発行停止」)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8400001)
(記事ID:33635)