フェネルバフチェ優勝祝賀暴徒化、ガラタサライショップを襲う
2014年04月29日付 Zaman紙


フェネルバフチェの優勝を祝う人々の一方で、暴徒がカドゥキョイのバーダト通りにあるガラタサライショップを襲撃した。

店の閉じてあったシャッターを壊し中に侵入した一部サポーターは、商品を外に持ち出し燃やした。暴徒らは店の警備カメラを壊し隣の店にも損害を与えた。事件に関係した20人が拘束されたと伝えられた。容疑者らに対し行われている捜査において7人が様々な犯罪の前科を持っていることが判明した。犯行を供述した容疑者はカルタル地区にあるアナトリア正義裁判所に送致された。事件は窃盗を目的としたものであったこと、カルタルのある家からたくさんのガラタサライの公式ライセンス商品が押収されたことが伝えられた。さらに、フェネルバフチェのユニフォームを着た幾人かのファンもシャッターが破壊された後店に損害を与えていたことが明らかとなった。

ガラタサライは、襲撃を非難する文書を公開した。声明において「フェネルバフチェが何年も待ちわびてきた優勝の後に、フェネルバフチェのフーリガンによってバーダト通りにあるガラタサライショップの店舗に襲撃があったことを強く非難する。店舗は、営業していないように見えてもおかれているすべての場所でガラタサライのアイデンティティと精神的存在を代表する組織である。この暴力行為はわれらがクラブの精神的存在に対する不道徳で卑劣な攻撃である」と述べた。一方でフェネルバフチェはガラタサライクラブに対してお見舞いのメッセージを公表した。

■ガラタサライにムスレラショック

ガラタサライにフェルナンド・ムスレラ・ショックが起きている。おとといエラズー・スポル戦で転倒のため負傷し退場したウルグアイ出身のゴールキーパーは、昨日行った検査で左膝骨折、及び浮腫と診断された。メディカルチームは、5月7日水曜に行われるエスキシェヒル・スポルとのトルコカップ決勝には間に合うようムスレラ選手の治療に努めている。Gビルリイとの試合ではウフク選手がゴールを守る。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:菱川大喜)
(記事ID:33698)