産休延長の予算確保される:産休明けの退職・失職が課題
2014年05月16日付 Hamshahri紙


社会保障庁の保険担当次官は以下のように述べた。

6か月から9か月への産休延長に関する法律が、今年度、関連予算が確保されたことにより執行される。

ファールス通信は以下のように伝えている。

モハマド・ハサン・ゼダー同次官は、今年度、6か月から9か月への産休延長について次のように述べた。
「昨年の下半期、産休を利用していた女性14万5000人を対象に調査が行われた。これによれば、産休を終えた女性のうち4万7000人が職を退いており、現在は、失業保険の給付を受けていることが明らかになった。」

同次官は続けて以下のように述べた。

産休期間を6か月から9か月に延長することは、職をもつ者にとって、職を失いかねない脅威となる。

ゼダー次官は、続けてこう述べた。

産休を6か月から9か月に延長するために今年度、[関連項目]予算が社会保障庁に配分されたため、この法律に関わる予算を得て、執行される予定だ。

社会保障庁の保険担当次官は次のように説明した。

この法律を執行するために社会保障庁では様々な点を考慮しなければならない。


Tweet
シェア


関連記事(「穏健派候補は女性たちの味方?(2):アフマディーネジャード政権の女性政策への失望」)
関連記事(「産休拡大法案、賛成290票で国会可決の見込み」)
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:8412108)
(記事ID:34010)