エジルのユニフォームは、誰の手に?
2014年07月14日付 Hurriyet紙


昨日行われ、ドイツ優勝で幕を閉じたワールドカップ決勝で、注目されている話題の一つが、ミシェル・プラティニUEFA会長が表彰式の最中にメスト・エジル選手のユニフォームをもらったことであった。

マラカナン・スタジアムでの試合の後、素晴らしい表彰式が催された…ドイツチームが優勝杯を受け取るために檀上に上がると、スタンドの観客は立ち上がり拍手を送った…
優勝杯がフィリップ・ラーム選手の両手で掲げられたとき、トルコ人のメスト・エジル選手はユニフォームを脱ぎミシェル・プラティニUEFA会長に渡し、二人で後ろにいた何者かと話していた。
このショットの後、世間が最も気になったことはこれだ:メスト・エジルのユニフォームはUEFA会長に渡ったのか?それともプラティニ会長によって他の誰かの物になったのか?である。




本記事はAsahi 中東マガジンでも紹介されています。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小幡あい)
(記事ID:34702)