タルカン・コンサートツアー、雨の中でスタート
2014年09月05日付 Hurriyet紙


タルカンの屋外コンサートが始まった。嵐と雨の中、何千人もの人々が大スターの歌により添った。
大スター・タルカンは昨晩、熱狂的に待ち望まれていた屋外コンサートの初回公演を行った。有名スターは、会場をぎゅうぎゅうに埋めたファンたちの前に「Hop De」の曲とともに登場した。
だが、突然の雨が有名歌手を悩ませた。

■続けてもいいかい?

タルカンは「Sorma Ne Haldeyım」の歌詞を「ああ、この雨が私を殺そうとしているAh bu yağmur beni öldüruyor」に変えて歌った。また一時コンサートを半ばでやめようと考え、観客に「続けてもいいかい?」と尋ねた。タルカンは観客の「続けて」という叫びに元気づけられ、「Islak Islak」の曲とともにコンサートを続けた。

■雨の中でダンス

タルカンのコンサートを新しい恋人バシャル・サヴルと一緒に観ていたブルヂュ・エスメルソイは、雨の中でダンスをした。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:白鳥夏美)
(記事ID:35263)