EURO2016予選、開幕!
2014年09月09日付 Zaman紙

Aナショナルチームの、フランスで行われる2016年UEFA欧州選手権への歩みが今日始まる。Aグループに属する月と星の (トルコ)チームの最初の対戦相手はアイスランドである。EURO2012に進むことができなかった代表チームは次の決勝トーナメントの前にサプライズを味わいたくはない。

われらがAナショナルチームはアイスランドを相手に2016年UEFA欧州選手権Aグループの最初の試合に登場する。レイキャビックのラウガウダルス・スタジアムにおいてトルコ時間9時45分に開始予定の対戦ではクロアチア人審判のイヴァン・ベベキが審判を務める。アイスランドで活発になっている火山に噴火の危険性があったため、試合の開催が危ぶまれていたが、支障をきたすことはなかった。

EURO2008を第三位で終えたトルコ代表チームは、EURO2012では本大会に進むことができなかった。2010年と2014年のワールドカップに出場できなかった代表チームはフランスで開催される本大会に必ず進むことを目標としている。この目標を達成するための最初の停留地はアイスランドである。北ヨーロッパの寒い気候と厳しいサッカーによって知られる国を前に難しい試合が我々を待ち受けている。

9月1日にイスタンブルに集められた選手たちは準備試合をアウェイで2-1で破り士気を高めた。その後にスコットランドに移り4日間合同練習を続行した。ファーティフ・テリム監督はキャンプにおいてライバルの分析をする際自分たちの状況についても評価した。デンマークとの試合の前半と後半のそれぞれ異なる状況は経験豊富な監督を悩ませた。しかしながら特に後半見られた積極的なサッカーは希望を高めた。セミフ・カヤ選手とオウズハン・オズヤクプ選手が負傷のためメンバーから外れたことは計算内であり、アルダ・トゥラン選手とハカン・チャルハノール選手が代表ユニフォームを着たことはコーチ陣を喜ばせた。

■テリム監督:よい始まりにしたい

トルコナショナルチームの監督であるファーティフ・テリム氏はアイスランド戦に勝利してEURO2016予選を滞りなく始めたいと述べた。難しい敵を相 手にすることになると述べる経験豊富な指導者は「アイスランドに対しては前に選手としてまた監督として対戦したことがあります。アイスランドは近年体力だけでなく技術も向上させています。対戦のいかなる瞬間においてもとても注意深くならなくてはなりません。不慮の事態とはならずにEURO2016予選の素晴らしい始まりとしたいと思っています」と述べた。
対戦相手に対する敬意強調する経験豊富な監督は「アイスランドがこれまで今季に私たち以上に試合を積んでいることや、私たちが万全の状態ではないことは、私たちにとって不利です。アイスランドの監督であるラーゲルベック氏は前スウェーデン代表監督です。彼には敬意を感じています。素早くテンポがよく力強いサッカーをするチームが勝利するでしょう。毎回相手のことを気にするのではなく自分たちのプレイをピッチに反映できるチームでなければなりません」という表現を用い た。

トルコAナショナルチームのキャプテンのエムレ・ベリョゾール選手は2回のトーナメントを逃したナショナルチームとして2016年のヨーロッパチャンピオンとなることを強く望んでいると述べた。

総合結果
Dグループ:グルジア-アイルランド共和国 1-2、ドイツ-スコットランド 2-1、ジブラタル‐ポーランド 0-7
Fグループ:ハンガリー-北アイルランド 1-2、フェロー諸島-フィンランド 1-3、ギリシャ―ルーマニア 0-1
Iグループ:デンマーク-アルメニア 2-1、ポルトガル-アルバニア0-1

日程
Aグループ:21時45分アイスランド-トルコ、21時45分 チェコ共和国-オランダ、19時 カザフスタン-ラトビア
Bグループ:21時45分 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ-ギリシャ領南キプロス、21時45分 アンドラ-ベルギー
Hグループ:19時 アゼルバイジャン-ブルガリア、21時45分 クロアチア-マルタ、21時45分 ノルウェー-イタリア

■チームは「12人の巨人」で活気づいた

Aナショナルチームはバスケットボール世界選手権でトルコ代表の「12人の巨人」がオーストラリアを下し準々決勝へ進んだ試合を観戦した。スコットランドで滞在したホテルでテレビの前に陣取ったチームはバスケ選手が最後の瞬間にゴール決めて勝利する喜びに沸いた。チームの選手の中でナショナルチームのユニフォームを最も着用している(92回)現役のサッカー選手であるエムレ・ベリョゾール選手の34歳の誕生日がケーキを切って祝われた。代表チームは昨日、スコットラ ンドを離れアイスランドへ向かった。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:35299)