2万3千ユーロの豪華メッカ巡礼はいかが?
2014年09月14日付 Milliyet紙


トルコで「豪華な」メッカ巡礼への関心が高まっている。7つ星ホテルでの宿泊を含む特別プログラムでは、博士や案内役など50人のチームがトルコからのメッカ巡礼者らをもてなす。

ヴィジョン・ツーリズムは5つ星のメッカ巡礼とウムラ(小巡礼)ツアーを始めた。9月29日に出発する12泊13日のプログラムでは、7つ星と5つ星の宿泊プランを選択できる。
この特別ツアーには24時間体制の警備員、博士、導師や暗誦者らも随行する。5人のメッカ巡礼者に対し、担当者が1人つく。必要な認可を受けている場合には、ジャマラートの投石場やその他特定の場所へ特別車やヘリコプターで行ける機会を提供している。アラファト山でも、中にオープン・ビュッフェがある豪華なテントでサービスを受けることができる。このデラックスなメッカ巡礼イベントへの参加費は1人につき23,000ユーロだ。

■「カーバ神殿」には追加で2000ユーロ

プログラム中にラッフルズ・ホテルでの宿泊を希望する参加者の料金は28,000ユーロに上る。カーバ神殿を臨む部屋を希望した場合は、追加で2000ユーロかかる。
ヴィジョン・ツーリズム執行委員のメフメト・アリ・メンテシェ氏は、メッカ巡礼の前に巡礼者らに特別講習を用意すると語る。「私たちはメッカ巡礼の前に巡礼者のためのセミナーを行なっています。この講習では、お客様に対して1から10まで様々な観点からメッカ巡礼を説明します。旅程の詳細を視聴覚機器を用いながら具体的に解説し、バーチャルな形でカーバ神殿を紹介します。またうちの博士や宗教チームがお客様にテーマごとの情報をお伝えいたします」

■バーチャルな形で経験させている

ヴィジョン・ツーリズム取締役会のオスマン・メミシュ氏は、巡礼者らはメッカ巡礼に行く前にいくつかの準備をしなければならないとして、以下のように述べた。「メッカ巡礼者は全く慣れていない環境や気候に置かれるため、巡礼前に多くの事柄に関して不安を覚えています。そのため、視覚的・聴覚的に前もってバーチャルな形で経験させているのです」

■ウムレに6000人をお連れした

メミシュ氏は、今年は200人をメッカ巡礼に連れて行くと話す。「彼らを50人のチームがおもてなしいたします。プログラムには3日間続くメディナ訪問も含まれています。ここでは聖預言者を訪問する予定です。」と述べた。
また、ウムレではこれまで6000人の実績があるという。
「私たちはビジネス界の多くの人をウムレとメッカ巡礼にお連れしました。ヴィジョン・ツーリズムは、ほかにも様々なイベントを企画しています。たとえば、大統領選の候補であったエクメレッティン・イフサンオール氏のご子息の結婚に際しては、クナの夜(訳注:結婚式前夜、新婦と新婦友人が染料で装飾を施す行事)がサウジアラビアのジッダで行なわれましたが、その際にはトルコからこのイベントに120人をお連れしました。お客様のうち希望者にはウムレ巡礼も用意しました。クナの夜には王妃や王女、その他のプリンセスも参加しています」

■「昇天の夜」にエルサレム・ツアー

メフメト・アリ・メンテシェ氏はメッカ巡礼やウムラは現在牽引的な企画であるが、さらにオーストラリアやアメリカなどへの海外ツアーも用意していると述べた。
昇天の夜(ムハンマドが昇天した日)でもエルサレム・ツアーを準備しているというメンテシェ氏は、トルコに観光客を集め始めたことを明らかにした。
またサウジアラビアでは船でのメッカ巡礼やウムラ巡礼のプログラムに向けて取り組まれており、この計画が実現すれば、自分たちもこのサービスを開始するだろうと話した。



本記事はAsahi 中東マガジンでも紹介されています。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:星井菜月)
(記事ID:35350)