ボアズィチ大学にナーズム・ヒクメト・センター開設
2014年12月20日付 Zaman紙


ボアズィチ大学ナーズム・ヒクメト文化・芸術研究センターが、昨日(12月15日)、作家のムラト・ギュルソイ氏により取り仕切られた式典で開かれた。

ギュライ・バルバロスオール学長の開設記念講演が行われた式典において、ジャン・デュンダル氏の『ナーズムのカメラから』というドキュメンタリーが上映された。 式典でスピーチを行うとされていたオルハン・パムク氏は、大学に対して始められたキャンペーンを理由に、ビデオでの参加となった。式典には、ザフェル・トプラク氏がキュレーターを務め、用意された「トルコインテリ史のブレイクポイント:ナーズム・ヒクメトのハンガーストライキ」という展示も開かれた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:白尾みさき)
(記事ID:36278)