イランの脳梗塞患者の年齢層、先進国より10歳若い
2015年05月05日付 Jam-e Jam紙

イラン臨床神経学・電気生理学国際会議書記を務めるマスウード・ナバヴィー博士は、この20年間の統計によれば、先進諸国では脳梗塞による死亡率が、著しく減少したことを指摘し、次のように強調した。

「しかし、イランでは、脳梗塞を引き起こす患者の年齢が、世界の先進諸国より10歳若い。」

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:画龍点睛)
(記事ID:37482)