キリスト教徒の男、服役中にムスリムに改宗
2015年05月04日付 Jam-e Jam紙

覚醒剤密輸の容疑で逮捕され、バンダレ・レンゲ[イラン南部・ペルシア湾岸の都市]の悔悛所[刑務所]で服役中のキリスト教徒の男が、イスラーム教徒になった。

イラン国営放送通信の報道によれば、バンダレ・レンゲ悔悛所の所長は、こう述べた。

「この救いを求める者は、フィリピン国籍であり、イスラームの宗教についての詳細で完璧な学習ののち、シーア派を選び、悔悛所の宗教専門家の立会のもとシャハーダ[信仰告白]を唱え、ムスリムとなった。」

サボクルーフ所長は、さらに、こう述べた。

「彼は、覚醒剤密輸の罪によりバンダレ・ランギャネ悔悛所で5ヶ月間収監されている。この間に、コーランおよび宗教書を英語で読んだのだ。」

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:有為転変)
(記事ID:37489)