大卒の失業率、18.9%
2015年05月15日付 Jam-e Jam紙

国家技術・職業訓練庁長官のクロシュ・パランド長官は、こう述べた。

「国全体の[大学]卒業者の失業率は、18.9パーセントで、女子の方が男子よりも割合が高い。」

同長官は、さらに次のように発言した。

「上記の失業率は、男子が12.9パーセントで、女子が31.3%である。何故なら、残念ながら大学での専門専攻分野が、国の労働市場の需要と合致していないからである。」[※]

※訳注:イランではとくに1990年代後半以降、男子よりも女子の方が大学への進学率が高いことが報告されている。2010年前後には、大学進学者のうち6割が女子学生とも報じられた。その一方で、〈職業・技術〉系を高校の専攻コースとしている学生に限れば、大学進学者の6割が男子であるとの分析も一部報道で示された。

Tweet
シェア


関連記事(「「個人的関心」と「収入の見込み」が大学入試の学科選びで一番重要な基準 ハムシャフリー紙」)
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:有為転変)
(記事ID:37560)