ガラタサライ優勝、各地でお祭り騒ぎ
2015年05月25日付 Radikal紙


ガラタサライのリーグ終了まで一週間を残しての優勝宣言に、通りは黄色と赤色(ガラタサライ)のサポーターで溢れかえった。イスタンブルでの祝いの中心は タクスィム広場だった。チャナッカレからシャンルウルファまでの多くの都市でユニフォームを身に付け旗を掴んだ何万人もの人々がジムボム(ガラタサライの 愛称)の4つめの星を祝福した。

フェネルバフチェがイスタンブル・バシャクシェヒルと2-2で引き分けたことを受け、ガラタサライが通算20回目のリーグ優勝を宣言した後、黄色と赤色のサポーターがトルコ各地でお祝いをした。試合終了のホイッスルとともに通りや広場に溢れかえったガラタサライサポーターは、フロリヤにあるメティン・オクタイ複合スポーツ施設に押し寄せた。チャナッカレ、バルケスィル、シャンルウルファといった多くの都市で、老若男女のサポーターが深夜までお祭り騒ぎをした。

■タクスィムで喜びのショー

フェネルバフチェがイスタンブル・バシャクシェヒルと2-2で引き分けたことを受けて、ガラタサライはリーグ終了まで1週間を残し優勝を宣言した。タクスィム広場に集まったガラタサライサポーターは優勝の喜びを思う存分に味わった。
試合終了のホイッスルとともに黄色と赤色のサポーターは優勝を祝うためタクスィム広場に押し寄せた。旗を手に広場に集まった多くのガラタサライサポーターは、手に黄色と赤色の旗や発煙筒を持って優勝を思う存分に祝った。

■ヘンナ染めの羊が注目の的になった

優勝のお祝いにヘンナ染めの羊と参加した市民はサポーターの間で注目の的になった。ヘンナ染めの羊の首に黄色と赤色のショールを付けたサポーターは多くの写真を撮った。幾人かのサポーターは優勝を広場で車を走らせながら祝った。警官隊がタクスィム共和国モニュメントの周りで安全対策を取っているのが見ら れた。

■バルケスィルで緊張

ガラタサライが優勝を宣言したことを受けてバルケスィルでもサポーターが通りに出た。ヒュキュメット通りを歩きながら広域市役所前に集まったサポーターのグループは、ガラタサライの旗を振り、大歓声を上げた。お祝いの時ヒュキュメット通りを通った一人のガラタサライサポーターが運転していた自動車が警察官に当たったため緊張が生まれた。警察官は、後ろから走って当該の車を止め、サポーターを降りさせた。車の運転手と警察官の間で始まった口論は集団から事故現場まで来た一部のサポーターも加わったことにより大きくなった。緊張が収まったことを受けて警察官は車に子供がいるサポーターに警告し、情報を得た後解放した。

■シャンルウルファで太鼓とダンスのお祝い

シャンルウルファでガラタサライサポーターはチームがスポーツ・トト・スーパーリーグの2014-2015年シーズンのチャンピオンになったことを祝った。アタテュルク大通りに集まった黄色と赤色のチームのサポーターは道路を占領しながら喜びを分かち合った。チームのユニフォームを着た大勢のサ ポーターのグループが太鼓を鳴らしハライを踊った後、車で市内を乗り回し優勝を祝った。

■チャナッカレの海岸で大興奮

チャナッカレでサポーターは通算20回目のリーグ優勝を町の中心で思う存分に祝った。港の広場に集まったグループのガラタサライサポーターは手に発煙筒を持って優勝の歌を歌いながらモラッビン公園に向けて行進した。グループは海岸での優勝のお祝いを港の広場でも続けた。町の中心の道路に出た数人のガラタサライサポーターは、車で長い行列をつくりクラクションを鳴らしながら優勝を深夜まで思う存分に祝った。

■アダナで「幸せ」の行列

サポーターはリーグ終了まで1週間を残して決まった優勝を、道路で行列をつくり行進と大歓声で祝った。何千人ものガラタサライサポーターが夜通し町の中心 で何百台もの車で行列をつくった。カラフルな光景をつくったサポーターは黄色と赤色の旗を振りながら優勝の興奮を思う存分に味わった。

■マルマリスで3人逮捕

ムーラ県のマルマリス郡で、ガラタサライがリーグ終了まで1週間を残し優勝を宣言したことでサポーターはお祝いをした。サポーターは郡の最も交通量の多い二つの通りを占領しながら優勝の歌を歌った。許可なく花火を打ち上げた3人のサポーターが逮捕された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:須藤夏海)
(記事ID:37629)