性同一性障害を抱える人々を保護する法案が作成
2015年05月27日付 Jam-e Jam紙

 国家福祉庁の社会問題担当次長は、

性同一性障害を抱えている人々をさらに保護するために、彼らを保護する政府提出法案が協同労働社会福祉省に送られた。この法案には、この問題の一般法上、およびイスラーム法上のあらゆる側面が、こうした人々を可能な限り保護する目的で盛り込まれており、現在国会調査センターで検討中である。

 と述べた。

 イラン学生通信(ISNA)の報道によると、ハビーボッラー・マスウーディーファリード氏はさらに、

世界的な統計によると、女性的な傾向を持つ男性でこの障害にかかっている人の割合は、約3万人から5万人に1人であり、その一方で男性的な傾向をもつ女性の割合はより少なく、約7万人から10万人に1人である。

 と指摘した。

Tweet
シェア


原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:TM)
(記事ID:37726)