脱出!IS(イスラム国)から逃れ、黒衣脱ぎ捨てる
2015年06月06日付 Radikal紙


ISの占領地域から脱出することに成功した女性たちが、YPG(人民防衛隊)の支配地域に入った後、ISが着用を強制したチャルシャフ(目の部分のみが開けられた全身を覆うベール)を脱ぐ姿が見られた。

シリアで活動するフリージャーナリストのジャック・シャーヒン氏は、ISの占領地域から逃れた女性たちの喜ぶ姿をとらえた。女性たちが、YPGの支配地域に入った後、ISが着用を強制したチャルシャフを脱ぐ姿が注意を引いた。

インデペンデント紙の報道によれば、写真にうつっている白い車の上の女性はアラブ人であり、青い車の上の女性はクルド人であることが明らかとなった。ジャック・シャーヒン氏は、テル・アブヤドから逃れた人々が、安全な地域へ到達したことに大変喜んだことを述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:白尾みさき)
(記事ID:37740)