トルコ潜入のイスラム国2戦闘員、逮捕
2015年06月16日付 Radikal紙


武器を鞄に入れてトルコに潜入し、国境で兵士によって捕まえられたIS(イスラム国)戦闘員2人が今晩裁判所により逮捕された。

 IS戦闘員2人が、昨夜5日の夕刻にシャンルウルファのアクチャカレ郡の向かい側にある[シリア側の]統制がクルド人民防衛隊(YPG)と自由シリア軍(ÖSO)の管理下に入ったことを受け、鞄に入れた武器を持ってトルコに潜入しようとした。しかし国境でトルコ軍兵士によって捕まえられ、今晩裁判所[の決定に]よって逮捕された。

 テル=アブヤドの統制がYPGとÖSOの管理下に入ったことを受けてトルコに潜入しよとし、捕まえられた5人のうち3人がシリア国籍であり、難民として避難するためにトルコに入国したことが確認され、釈放された。一方残りの2人はアクチャカレ国境ゲートの防犯カメラによって、武器、弾丸、手りゅう弾入りの鞄をトルコ側に放り投げ、テル=アブヤドから逃れるイスラム国戦闘員と判明した。

 二人は、アクチャカレ警察によって行われた尋問によって、本人らはシリア人と主張するが、調査によりコソボ出身と判明し、名前は明らかにされなかった。二人は手順に従って夕刻に裁判所に送検された。検察官への供述後、裁判所[の決定]により逮捕された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:松井友紀)
(記事ID:37875)