トルコ軍北イラクPKK拠点爆撃で、PKK幹部死亡
2015年07月26日付 Radikal紙


クルディスタン労働者党(PKK)の幹部評議会メンバーのオンデル・アスラン(コードネーム:シェルヴァン・ヴァルト)がトルコ軍による爆撃で死亡した。

PKKはカンディル、ザプ、メティナ、ガレ、アヴァシン、ハクルクといった地域を対象に昨夜から今日にかけて続く拠点爆撃に関する文書発表を行った。この発表において人民防衛軍(HPG)幹部評議会のメンバーであるオンデル・アスラン(コードネーム:シェルヴァン・ヴァルト)が死亡し、3名のPKK党員が負傷したと伝えられた。アスランは1993年以降、PKK軍の中心人物だったことが明らかになっている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:38279)