「ジン使い」の相場はおいくら?(7)
2015年09月20日付 Jam-e Jam紙

ジンは実在するのか?

 ホッジャトルエスラーム〔※アーヤトッラーよりもランクの低い宗教指導者への尊称〕で、イスラーム神学校と大学で教授を務めるモハンマド・ペイキャリー師はコーランの節を根拠に、ジンは実在すると指摘する。同師はイラン国営通信(IRNA)とのインタビューの中で、ジンを操る行為はハラーム(イスラーム法上の禁止)であると強調した上で、「ジン使いたちの9割以上は嘘つきだ」と述べている。

 ペイキャリー師はさらに、次のように続けている。

実際にこのようなことに精通している者たちは、さまざまな方法でジンと交信しており、コーランもそうした方法の一つである。なかには、善いジンに対してコーランを持ち出して誓いをたてさせるジン使いたちもいるが、その他の多くはコーランを侮辱することでジンとの交信を図っている。

 同師はコーランの「ジン」章〔※コーラン第72章「アル・ジン」〕の章句に触れ、次のように述べている。

悪魔には人間とジンの二種類がいる。神は「ナース(人々)」章〔※コーラン第114章「アン・ナース」〕で、自らの僕〔=預言者ムハンマド〕に向けて、「言え、私をジンと人間の悪から救いたまえ、と」と仰っている。

 イスラーム神学校の教授で、ケルマーンシャー州の礼拝本部長でもあるホッジャトルエスラーム・アリー・モウラヴィーもまた、IRNAとのインタビューで、ジン使いや占い師を名乗る者たちのほとんどは詐欺師だと指摘し、次のように言っている。

コーランの章句によれば、神を除いて何人たりとも霊界を知り得ない。ただ預言者と無謬の者たち〔=シーア派の12人のイマームならびにファーティマ〕のみが、神意により、ときに霊界についての情報を得られるのだ。

 同師によると、われわれに与えられた霊界についての唯一の情報源は、神の啓示とイマームたちのお言葉だという。

 モウラヴィー師もまた、コーランの明解なる章句を引用して、ジンは実在すると強調している。ジンたちにも人間と同様に、敬虔な者たちと不信心な者たちがいるが、イスラーム法ならびにマルジャエ・タクリード(シーア派の最高権威)のファトワー(教令)によると、ジンたちの世界に近づいてはならないという。

 パリーとの面会から7日が経つが、私はいまだ彼女の言葉を信じてよいものか判じかねている。しかしパリーのお守りは今なお私のポケットのなかにあるが、私は車を買えずにいる。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
この記事の冒頭に戻る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:MSK)
(記事ID:38892)