IS虐殺のヤズィディー女性埋葬地みつかる
2015年11月15日付 Cumhuriyet紙


イラクのシンジャール県でISにより殺害されたヤズィディー教徒女性らの集団埋葬地が発見された。

イラクのシンジャール県近くで、ISにより殺害されたヤズィディー教徒女性らのものとみられる集団埋葬地が見つかった。つい先日、ISが一掃された都市の近くで見つかった集団墓地からは、40~80歳代まで幅広い年代の女性78名の遺体が発見されたと明らかにされた。

シンジャール県議会のミヤスィル・ハッジ議員はこれに関して、若い女性はISに奴隷として連れて行かれたのではないかと述べている。ハッジ議員は、「テロリストらが若い女性のみを奴隷として手元におきたかったことがうかがえる」と話した。

シンジャール県関係者の一人であるマフマ・ハリル氏も、集団埋葬地から女性の遺体80名分が見つかったと語った。

ISは2014年8月にシンジャール県を占領し、その際、数千人に及ぶヤズィディー教徒が避難したが、それでも多くのヤズィディー教徒がISの暴虐と殺戮に曝された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:39167)