ロシア機、シリア国境で撃墜される
2015年11月24日付 Hurriyet紙


参謀本部は、シリア国境で撃墜された戦闘機に関し発表を行った。空域に関するレーダーの軌跡分析も、軍関係者により公開された。トルコ国軍の発表では、次のように述べられている。

「2015年11月24日9時20分ごろ、ハタイ県ヤイラダー地区でトルコ領内に侵入した国籍不明の飛行機は、複数回にわたり(5分間に10回)警告されたにもかかわらず、トルコ空域に入り込んだ。当該の飛行機は、交戦規定にもとづき、2915年11月24日9時24分に、この地域で警戒任務にあたっていて我が国の2機のF16戦闘機により攻撃された。」

■領空侵犯は、レーダーに記録されている

一方、軍関係者は、領域侵犯に関するレーダーの軌跡分析地図を公開した。この分析によると、撃墜された飛行機がトルコの空域への侵犯を、いかに行われたかが判明する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:39226)