撃墜された戦闘機パイロット、銃撃の瞬間
2015年11月24日付 Hurriyet紙


DHA特派員がシリアのトゥルクメン隊の戦線で面会した沿岸部隊第二指揮官のアルパスラン・チェリキ氏は、「パイロットらを、パラシュートで落ちてくるときに撃った。遺体はここにある」と述べた。バシャル・モッラー指揮官も、この地域の丘を再び支配下においたと述べ、広汎で詳細な情報を提供した。また、映像では、パラシュートで落下する二人のロシア・パイロットに対し、空中にいるときに銃撃が行われ、部隊の一部からは「撃つな、捕虜にしよう、捕虜に・・」と言っている姿も映っている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:39231)