タラート・テキン氏、死去
2015年11月28日付 Hurriyet紙


著名なロックミュージシャンであるオズレム・テキンさんの父、タラート・テキン教授が、今日ボドルムの自宅で死去した。

トルコのロックミュージシャンであるオズレム・テキンさんの父親、タラート・テキン氏は、ムーラ県ボドルム郡ギュンドアン地区のハジェテペリレル住宅地で、妻のセヴィム・テキンさんとともに暮らし、およそ2年間パーキンソン病で闘病生活を送っていたが、28日の朝亡くなった。88歳だった。

トルコの言語学者であるタラート・テキン氏には妻と3人の子供がいる。1994年に退職した後、イスタンブルのイェディテペ大学で、トルコ言語文学部の学部長に就任した。

妻のセヴィム・テキンさんによると、約10年間ボドルムで妻とともに生活していたテキン氏の葬儀は、明日(月曜日)にギュンドアン・ジャーミィで執り行われ、昼の祈りの後ギュンドアン墓地で埋葬される。セヴィム夫人は、「テキンさんはおよそ2年間、寝たきりの生活を送っていました。パーキンソン病と闘っていたのです。私たちの苦しみと悲しみは大きく、明日子ども達と近所の方々とともに、最後の旅へ送り出したいと思います」と話した。ミュージシャンであるオズレム・テキンさんは、父親を失った苦しみを、「父はあらゆる文章の意味、重要性を、熱心に、胸を躍らせて説明してくれました。嵐を恐れないこと、『他者』に耳を傾けること、好きになることを学びました。ありがとう」とSNSで語った。

オズレム・テキン氏のTwitterへの投稿より
私の大好きなお父さん、私たちの尊敬すべき師であったタラート・テキン教授を失いました。私たちはあなたをいつまでも誇りに思います。安らかに眠ってください。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:粕川葵)
(記事ID:39277)