イスラム教徒の若者、お祈りをしたため飛行機から降ろされる
2015年12月07日付 Radikal紙


コペンハーゲン発パリ行きの飛行機で、お祈りをしたためにある乗客のクレームを受けたイスラム教徒の若者が、安全上の理由で飛行機から降ろされた。


デンマークで、お祈りをしたためにある乗客のクレームを受けたイスラム教徒の若者が、安全上の理由でコペンハーゲン発パリ行きの飛行機から降ろされた。
パリでのテロ事件のあと、ヨーロッパで形作られている妄想が、その姿を現した。
スウェーデンである競技会に出席した後、デンマークの首都コペンハーゲンからエアーフランス機でパリに、そこから自国モロッコへ戻ろうとした20歳のイスラム教徒の若者は、飛行機が離陸する前にお祈りをし、宗教的な映画を観はじめたため、カストロプ空港で飛行機から降ろされた。
若者は、ある乗客のクレームに基づき、機長により飛行機から降ろされたことが分かった。
カストロプ空港の警察局の発表で、捜査の結果若者の鞄の中には不審物はなかったと述べられ、モロッコ人の若者は誤解を受け飛行機から降ろされたことが明らかとなった。
若者の氏名は公表されていないが、彼はその後の便でモロッコに戻ったと伝えられている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:トルコ語メディア翻訳班)
(記事ID:39402)