ナイジェリアで誘拐されたトルコ人船員6名、解放!
2016年04月26日付 Hurriyet紙


ナイジェリアで誘拐された6人のトルコ人船員が解放された。カプタンオール海運所有のM/Tプリと名付けられたタンカーが海賊の攻撃にあった。

ナイジェリアのポートハーコート港の南部で誘拐された船員とプリという名の船が所属する会社の弁護士、フェフミ・ユゥルゲネル氏は、6人の船員が解放されたことを明らかにした。

ユゥルゲネル弁護士は、事件に関して行った文書による発表で、依頼人が所有する船の6人のトルコ人船員が、ナイジェリアの沖を離れて航海を行っている際、4月11日に誘拐されたことを確認のため再度述べた。船員のイルカイ・オガンさん、ハルク・ブランさん、フルカン・トプジュさん、メフメト・ババジャンさん、シュクリュ・ドムベキさん、エライ・ファライさん、以上6名が4月25日に解放されたことを報告したユゥルゲネル弁護士は、「船員は健康診断を終え、全員が良好な状態にある」と述べた。ユゥルゲネル弁護士は、事件に関する支援に対して、外務省、交通海事通信省、またその他関連する機関の責任者らに対して感謝の意を表した。 

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:大畠梨紗子)
(記事ID:40334)