キックボクサー世界チャンピオン大乱闘、8人を倒す
2016年04月28日付 Milliyet紙


イズミル県トルバル郡で道路で道を譲らなかったことが問題で起こった喧嘩で世界チャンピオンを4つ、トルコチャンピオンを9つ持つキックボクサーのジェスル・トゥルガイが一人で6人を病院送りにした。

入手した情報によると、事件はトルバル郡アイランジュラール地区で起こった。ジェスル・トゥルガイはキックボクシングで4つの世界チャンピオンと9つのトルコチャンピオンを獲得しているという。彼は車を右車線に駐車して買い物袋をトランクに入れたかったが、その時、他の車が彼の車の脇に近づいて止まると、車から5人降りてきた。チャンピオンは酔っぱらっていたと言われている5人を一人一人打ちのめしてKOした。このとき背後から3人が更に彼に攻撃してきたが、トゥルガイはこの三人もパンチ一発でKOしてしまった。強烈な一撃をお見舞いされた彼らは病院へ搬送された。喧嘩の後、ジェスル・トゥルガイ はというと鼻に軽い傷を負っただけであった。

■世界チャンピオン、以前に詐欺師をKO

ジェスル・トゥルガイは、世界チャンピオンを4つ、トルコチャンピオンを9つを保持しているが、以前に自分に電話をかけてきた詐欺師たちに会い、全員病院送りにした。このため、何十人もの被害者が彼に電話をかけ、感謝していた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:市野太音 )
(記事ID:40352)