PYDの武闘組織YPGによる遺体侮辱の蛮行に、批判の声
2016年04月30日付 Hurriyet紙


PKK(クルディスタン労働者党:非合法)との関係性からトルコではテロ組織として公式に容認されているシリアで組織化されたPYD(民主統一党)の武装派組織YPG(クルド人民防衛隊)が、戦闘で死亡した敵対グループの戦闘員らの遺体をトラックのトレーラーに並べて昨日(28日)アフリーンの街頭で見世物としたことに対して反発が相次いでいる。

この画像に対し、敵対グループからだけでなくPYD内部や支持者からも厳しい反発意見が相次いだ。シリア北部から情報を発信しているARAニュースがサイト上で報じたところによると、構成員の最大多数をPYDが占めるシリア民主軍のシャルヴァン・ダルウィッシュ広報担当も今回の件を非難し、「アフリーンでの出来事は、われわれの主義や価値観を表現するものではない」と発言した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:指宿美穂)
(記事ID:40364)