退職者への「カーラーカード(国民社会福祉カード)」について、福祉省からのお知らせ
2016年05月09日付 Hamshahri紙


 「イラン国民社会福祉カード(カーラーカード)」が、テヘラン州とアルボルズ州の退職者全員に発行され、労働者福祉銀行の支店は、退職者らへの交付準備に携わっている。

 メフル通信の報告によれば、このことに関して親愛なる退職者らは、イラン暦1395年ホルダード月13日(西暦2016年6月2日)まで自身の身分証明書類を持参の上、各々の年金を受け取っている労働者福祉銀行支店で申請可能となっている。

 ほか、以下も言及する必要があろう。その他の諸州の申請希望者は、福祉サービスシステム(URL:www.smanehrefah.ir)や、同様のSMSサービス(10001422)を使って登録処理が可能となっている。

 発行されるクレジット機能付きカードは、特に加盟済みのすべてのチェーン店と生活協同組合での全商品とサービスの購入に利用可能で、毎回の買い物の後、12%利子の12か月分割払いで労働者福祉銀行を通して年金から引き落とされるようになる。

 次の点についても言及しておく必要がある。加盟店の裾野も広がりつつあり、プランで提供できる商品やサービスも増加中である。現在までに多くの国営あるいは非国営の機関や団体が、本プランの加入申請をしていることは特筆すべき点である。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:EK)
(記事ID:40525)